2016
04.27

KALラウンジ@金浦空港

タクシーで5時にホテルを出ましたが、到着したのは5時33分。
JALのカウンターは6時からオープンなので、しばしウエイティングですな。
この時間なら30分あれば余裕で着くだろうと思っていたのですが
フロントのお姉さんが余裕を持った方がいいですよと、1時間前に手配して
くれたのだった。
まま、時間が余るのは、足りないよりもいいに決まってる。
でもあと30分寝られたよなあと、ぷち二日酔いの頭が不満を言うんだわ。

JGCの恩恵で、ビジネスクラスのカウンターでチェックイン。
ここで忘れずに、頼まれたお化粧品を預けました。
(ホントにありがたいことに専用段ボールに詰めてくれるのだった)

金浦空港のラウンジはKALです。
朝のオープンはチェックインカウンターがあいたあとの、6時15分から。
いっつも不便だなあって思うけど、ここのラウンジはイミグレを通る前にあるのです。
「○○分くらいにはイミグレに向かってくださいね」とは言われるものの
ラウンジ内では混雑状況もわからないし、いまひとつ落ち着かないのである。


これは仁川空港とほぼ同じ揃えですね。


お馴染み辛ラーメンの他に、もう1種類。


乾きもの少々と、チーズとケーキなど。
仁川ではスープやサラダ、パスタなどがあったので、できれば汁物が飲みたかった
私は大いに期待したんだけど、時間のせいか置いていませんでした。


ビールもありますが、無理無理。
さすがのダンナもお酒には手を伸ばしませんでしたわ。
瓶に入ったトマトジュースがえらいこと美味しく体に染み渡り、これを飲んだら
ちょっとだけ食欲が出てきました。
で、ダンナと辛ラーメンでない方を半分こしました。
やっぱ汁は最強のヘジャンクク(酔い覚まし)ですなあ。


ホテルを出た時は雨が降っていましたが、そろそろやみそうな雲行き。
これから搭乗です~。


事前にメニューを調べたら、チーズオムレツとのことだったので、そのまま
通常の機内食をもらいました。
卵は全部は食べられなかったけど。


この日はえらいこと強風で、途中も揺れましたわ。
サービスも短時間で終わりになって、食事のトレイの回収がものすごく早かった。
羽田に着く直前は風にあおられているなあというのが乗っている私でも
すごくわかって、どきどきしました。
この日はダイバート(目的地変更)が相次ぎ、空の便はかなり乱れたよう。
ちゃんと羽田に降りられてよかったなあ。
朝イチだったのがラッキーだったのかもしれません。

さて、おうち用に買ったのはダシダ。
最近はNO MSG(無化調)のものを選んで買ってます。
通常のものにくらべると倍近いお値段します(といっても1袋5500KRW)。
開封するとすぐに湿気ちゃうので、今度からは容器に移し替え、スプーンを
いれて冷蔵庫に保存しようと思います。


東村の高さん、ジオンさんからのお土産。
雨の中、わざわざ買いに行ってくれたものです。


重さから「多分そうだろう」と思ってはいましたが、やはり餅でした。
仁寺洞は餅屋さんがいくつもあり、この手の高級な贈答用を扱ってる店も
見たことあるわ。
確か素敵なカフェなんかをやってる店もあったはず。。。前に行ったなあと思って
検索してみたら、ビンゴだった。
店名は「ピジュン(빚은)」で、頂戴したこのお餅は「チャルッ」って言うみたい。


その日に作られた新鮮なもののみを販売しており、国内産の餅米にこだわり
添加物などは使っていないんだって。
早速ひとついただいてみましたが、中には木の実などが使われていて甘くないの。
大変美味しいお餅でした。

が、この量!
2~3日もすると固くなり、あまつさえカビが生えてきちゃうのを前回知りましたので
勤務先に持っていって食べてもらうしかないと思っていましたら。
手書きのこんなメモが入っていたのです。


なあんだ、冷凍保存ができるのですね!
さっそく自宅用に少し取り分けて冷凍しちゃいましたわ。
2016年4月の1泊韓国はこれにて終了です、次は8月に行く予定。
スポンサーサイト
2016
04.26

2016年4月の東村

いささか長すぎるお昼寝から目が覚めたら、もう夕方。
朝のチョゲクイがまだ消化しきれてません。。。
しばらくだらだらするも、マッコリが飲みたい気持ちは抑えきれず
雨の中を仁寺洞に向かいます。

土曜日の東村はいつものように混んでます。
雨だけど、お客さん入っているナア。
私たちに気がついて笑顔になる高さんと握手、そしてお土産を渡して
テーブルにつきます。
「ドンドンジュ?」って一応聞いてくれますが、ここでそれ以外飲んだことないよ(笑)。

おう、会いたかったぜ。
冷たいやかんいっぱいにみちみちたドンドンジュ。
それを注ぐ喜び。


イカの和え物が出ました。
チョゲクイの影響が私ほど及んでいないダンナに丸ごと渡す。


ハイ、まさかの貝鍋来ました~!
もう笑っちゃった。でも貝は好きだもん、有り難くいただくわっ。
まわりを見れば、通常コースの鍋は貝ではなく、違うもの。
私が好きだと知っているから出してくれるのだろうなあ。
焼くのとはまた違った美味しさで、結局全部食べちゃいましたが。


イカと貝と海老がたっぷり入った海鮮チヂミ。
いつもより具が豪華かも。。。
どういう配分かわからないんだけど、玉葱やらパプリカが使ったこのつけだれが
えらいこと美味しいのよねえ。
中に入っている野菜は箸休めのピクルス代わりになるのよ。


雨の日の東村に来るのは久しぶりだわ。
前は路地に面したテーブルで、雨を眺めながらドンドンジュを楽しんだものだ。
そういえば雨の日の韓国のひとの定番はマッコリ&チヂミなんですってね。

〆はすき焼き風のお肉料理。
ラムだってダンナは言ってましたが、韓国でラムなんて出るかなあ?
辛くないので食べやすいそうですが、さすがのおっさんも完食は無理でした。


いい感じにドンドンジュを楽しみ、最後の最後にどうしても食べたくなっちゃった
ケランチムをお願いすると、快く作ってくださった。
熱くて、ふわっふわで、本当に好きだ。


この日は久しぶりに妹さんのジオンさんがいて、日本語で会話ができました。
次に行く予定などを伝えられてラッキーでした。
また来るからね~!

いつも仁寺洞で泊まるのですが、今日の宿は10分ほど歩きます。
清渓川を渡ったところに鯨のオブジェがあって、思わずぱちり。


少し先のロッテシティホテル前にも、こんなオブジェがありまして。
夜になるとこんな風に発光するんだね。


見るからに日本人の団体さんがチェックインしてました。
女子ばっかなので、なにかのツアーなんだろう。
こんな時間に、こんな混んだフロントでチェックイン大変だわね。


帰ったら、昨日からの疲れもあって爆睡してしまいました。
服とか畳んであったけど、覚えていないわ(笑)。
2016
04.23

ホリデイイン エクスプレス@乙支路

リニアで仁川国際空港に帰り、さあ市内へ向かいましょう。
乗り場は10Bです(4番あたりにも乗り場があるはず)。
しばらくこないうち、モニター表示になっており、日時や現在時刻なども
確認できるし、時刻表もわかりやすいですね。
停留所はハングル、英語、日本語の繰り返し表示。中国語もあったかも。


ロッテホテル行きのKALリムジンに乗りました。
普通のエアポートバスよりも早いらしい。
その分ひとり16000KRWと、ちょいお高いです。
シートは3列シートで座席も大変ゆったり。


ホテル前から、デパートに歩きまして。
10階の免税店で頼まれていたクリームを購入。
地下では自宅用にこれまた買い物を。

外に出ると、今にも降り出しそうなお天気ですが、どうやらもってくれたわ。
ここから歩いて宿泊予定のホテルへ向かいます。


今夜は「Holiday Inn Express Seoul Euljiro」に泊まります。
IHGのポイントがもうすぐ失効してしまうので、アクティビティを追加したのです。
アサインされたのは12階。
明るくてきれいな内装ね。


「Double Bed Superior Non Smoking」で130966KRW。
ホリディインでこの値段かあ。。。


スーペリアルームなので仕方ないですが、日本のやっすいビジネスホテル並。
ベッドの隣の椅子は、あまりに狭いので、座るのすら無理だから。


インスタントコーヒー、紅茶、緑茶。


使い捨てスリッパと、セイフティボックスもありました。
さすがにバスローブは置いてないわ。


2015年にオープンしただけあって、設備はどこも新品でへたりなし。
水回りは最新なので、気持ちがよいですねえ。


アメニティは最小限ですが、歯ブラシはありました。
この朝スパに入ってきたし、翌朝は早朝チェックアウトだったので
宿のお風呂は使いませんでしたが。


明洞にもロッテデパートにも、仁寺洞にも徒歩10分程度なので、立地は悪くない。
地下鉄駅からも激近だし、そばにはエアポートバスのバス停もあるらしい。
あ、食べることはできませんでしたが、朝食は無料だそうですよ。
2016
04.22

ソナムフェ食堂@仁川 その②

運ばれてきたセットが、ものすごい。
上から撮っているので、いまいち迫力が伝わらないけど、とても2人前とは
思えない量なんである。
白くて横に長い巨大貝の下には、浅蜊やらハマグリやらアカニシ貝やら
赤貝などなどなどがてんこもりになっておりまする。
チーズのっけのタイラギなども出ました。


まずは、イカと帆立から焼いていきます。
最初はお店のお姉さんが乗っけてくれました。
帆立はこぶりで、日本のものと種類が違うのかな。
磯の香りがいっぱいで、うまいこと。


そのあとはね、もう怒濤のごとく焼きまくりましたよ。
食べても食べても減らないんだもん。
これだけの種類を一度に食べたのは初めてだわ。
ジューシーだし、貝のエキスってうまみの固まりだもんね、やめられない止まらない。

どの貝も堪能しましたが、特にこの白っぽい小さな貝が私たち的にイチオシ。
「ホォンジュ」というそうです。


お皿に最後に残ったアルミホイルは何だろうと思っていましたが、焼いてくれた
お兄さんが中身を出したら、牡蠣だった。


ホイルで包んでいるからいい感じに蒸されており、焼くのとはまた違った旨さ。
そして食べてびっくり、なんて味が濃いんだろう。
日本の牡蠣も上品で美味しいけどさ。
それとはまた違った、パンチのある感じなの。


お店にはわんこが2匹いて、ちっちゃい方は人なつこくお出迎えをしてくれる。
おっきい方は、やわらかクッションでふがふがしてました。


外側には魚が干してあり、まるでオブジェのよう。
最初、飾りかと思っちゃったもん。


大満足だったチョゲクイ。
あとでおなかが痛くなったらどうしよう?と一抹の不安もありましたが
ふたりともまったく大丈夫だったので、衛生的にも鮮度にも問題なさそう。
(ま、貝は当たる時は当たりますから、ある意味時の運。。。抵抗力が落ちてる
時は避けた方がよさそうです)
味も値段も、サービスも、交通の便も、言うことないね、また来ようねって言ってた。
が、しかし。。。11時にはお店を出ましてね、リムジンバスで市内に入り、買い物して
14時にホテルにチェックインしてから18時まで昼寝し。
って。この間7時間たってる訳ですが、まったくもっておなかが減りません!
そろそろ定番の店へ繰り出す時間だというのに。
炭水化物などは一切取ってないし、貝だけならすぐにおなか減るでしょと甘く見てたわ。
嗚呼、若い頃とは違う、消化が追いつかないのだと、つくづく実感してました。

8月に博多から釜山に入るのだけど、チョゲクイの店に行こうと思ってた。
ダンナ曰く「オレはもうギブ」だそうだ。
2人前じゃなく、1人前から食べられればいいのだけどなあ~。
2016
04.21

ソナムフェ食堂@仁川 その①

リニアの終点の龍遊駅です。
ここで降りるひとは中高年が多く、みなさんハイキングの格好をしてらっしゃる。


駅前には「空港刺身センター」なるものもあり、いろんな店が入ってましたよ。
さすがに朝10時前ではまだ開店していない風だったのに、駐車場はいっぱいでした。
ここに車をとめて、どこかに遊びにいくのかな?


水槽を積んだトラックから、ばんばん降ろされる貝たち。


行こうと決めてた店は駅から歩いても6~7分かな。
Googleのストリートビューで予習していたし、ほぼ1本道なので迷う心配もナシ。
私たちはリニア駅から歩けるこの店にしましたが、駅から反対方向に行った場所にも
海鮮が楽しめる店がたくさんあるのです。


はい、ソナムフェ食堂に着きました。
朝の9時30分から営業しているからスゴイ。
喫茶店のモーニングじゃあるまいし。
朝から海鮮三昧できるなんて、私的には嬉しすぎですが。


貝をひたすら焼いて食べるチョゲクイ。
小(2人前)のセットで、50000KRWだって。


マッコリは夜のお楽しみにとっておき、チョゲクイにはコレが一番合うと
いわれる焼酎を頼みました。


曇天ですが、海を眺めながら早速一杯。
奥の方でもう食べ始めているグループも、やっぱり焼酎飲んでるわ。


お店のすぐ外はもう干潟です。
前方に見えている島は蚕津島といい、ここから更に離れた舞衣島への
船が出ているのだ。
海水浴シーズンは、さぞかし賑わうのだろうな。


屋外のテラス席もある。
チョゲクイはひたすら火を使うから、夏の夜なんかは外の方がいいかも。
そういえば、韓国のひとから8月は貝が美味しいって聞いたな。
貝の旬は春だとばかり思ってましたわ。


店内の生け簀には鮮魚もおり。


こちらにも様々な種類の貝が山積みされている。


ソウル市内でチョゲクイを一度だけしたことがあるけど、久しぶりだわ。
わくわくしちゃうなあ!
2016
04.20

仁川空港のリニア

朝の4時25分に到着予定だったピーチですが、定刻よりも15分も早く
仁川国際空港に着きました。
羽田から出発すれば着くのは金浦というのがデフォルトなので、仁川に
着くのが不思議な感じ。
2ABという席だったので、ほぼ最初に機内から出てきましたが、イミグレは無人。
ずっと奥に細々とあいているブースを見つけましたが、誘導するおじさんがひどい。
誰ひとり並んでいないのに、迷路のようにぐるぐるになってるところを延々と歩かせ。
そしてあとから横をあけて、遅く来たひとを先にブースに並ばせるんだもん。
言われるがまま順路を歩いてきた大勢は、何だったんだ。
罰ゲームなのか。

まあ、史上最高に早いイミグレの通過でしたけどね。
日本の入管では認証されない私の人差指の指紋、韓国では問題になったことないけど
果たしてちゃんと登録されているのかな?

市内に出るには早すぎるので、地下にあるスパで仮眠をとろうと決めてました。
空港の案内図でいうと、地下の9番の位置にあります。
「Spa ON AIR」という、まあ銭湯ですな。
横になって休憩できるので、乗り継ぎや早朝便の利用のために使うひとが多いの。
この時間帯が一番高くて、ひとり20,000KRW。
館内着とタオルがついて、仮眠できてひとり2000円ならまあいいかって。

着いてみると、この荷物。すごい量だねえ。
そして、「本日は満員のため入場できません」的な看板があるではないか!
「うっそーーー」とお約束の声をあげて固まってしまった私でしたが。。。
受付のおばちゃんが「おいでおいで」して入れてくれたのでした。
ああ、よかった。


お金を払い、番号のついたロッカーキーをもらい、女性は左、男性は右に別れますが
中央の仮眠室で合流できまする。
靴箱も、更衣室のロッカーも同じ番号です。
中はまだ新しくて、清掃も行き届き、気持ちよく利用できます。


お風呂はあとにするとして、まずは寝るべ、寝るべ。
入場制限をしているだけあって、仮眠室は満員。
リクライニングソファがふたつあいていたので、そこで寝ることにしました。
空港の無料Wi-Fiが使えるので、スマホを持ち込んでいるひとも多数。
8時過ぎまで仮眠して、お風呂に入ってさっぱり。
中には大きな湯船(ぬるめのお湯と17度の2種類)と、ドライとスチームの
サウナがあります。
シャワーブースも多くて、なかなか使い勝手はいいですよ。

これから朝ごはんを食べに行くんだ。
行き先は龍遊駅、韓国お初のリニアなんだって。
韓国リニアは無人運転の磁気浮上式、仁川国際空港駅から龍遊駅まで6・1キロ
(6駅)を12分で走行する。
4149億ウォン(約376億円)を投入して独自開発したのだが。。。
当初は2007年開通を目指していたものが遅れに遅れ、試運転が始まったのが
2012年8月、そして今年2016年の2月3日にようやく開通したのだ。
鳴り物入りで運用開始したリニアでしたが、運転開始からわずか8分後に急ブレーキで
運行停止するトラブルがあり、更に開通20日で火災事故というトホホな状態。
莫大な税金をつぎ込んで建築されただけあって、国内の批判はすさまじかったそうだ。
これは乗ってみねばなるまい(笑)。

空港出口7番のところにあるエスカレーターで2階にあがり、駐車場棟に抜けていく。
Magleb Lineと書いてあるのがリニアね。
案内所で乗り場を聞くも、お姉さんまったくわからず。
一生懸命説明するとやっと「ああ、これのこと?」ってパンフを出してきた。
まあ乗りに来る観光客などいないのだろう。。。


駅は空港直結で、ぴっかぴか。
キャンペーンガールならぬキャンペーンアジュンマがいるのがウケル。
どこへ行きたいのか、次の電車は何分で~と親切でした。


駅名は漢字、ハングル、英語、日本語でも表記があり、わかりやすいです。


今は9時から5時台までの運行で、1時間に4本みたいね。
ちなみに、運賃は無料でした。


2両編成のかわいい黄色のリニアです。


進行方向一番前に座っちゃう。
座席はシートというより、ベンチみたいな造りになってます。
ディズニーラインみたいの。


一面車だらけの「長期駐車場」駅は、圧巻。


桜が植えられていて4月半ばでしたが、またお花見出来ちゃった。
やっぱり韓国は東京よりは少し寒いんだな。
ホテルがこれからいくつも立つようでしたし、合同庁舎などもあり、コンベンション
ホールなどもできたら、国際空港から至近の場所で大きな会議なども開かれるように
なるのかもね。

そもそもこの開通したてのリニアを発見したのは、超偶然で。
朝この辺でなにか食べたい、じゃあここに行こう!と思った時に、交通の便が
気になりまして。
バスはすっごく本数がないみたいだし、国際空港からタクシーを拾って近距離というのは
運転手さんに悪いし、どうしようかな?と考えていたのね。
ふとコネストの地図アプリをスマホに入れて、周辺を調べたら、なんか線路が表示
されているじゃない。
「なにこれ、なにこれ」と調べてみたら、実はリニアが開通したばかりだという記事を
読んで、「ラッキー&タイムリー♪」と乗ってみたという訳。

コネストのアプリ、ハンパなく役に立ちましたわ。
愛用してるGoogle先生は、韓国ではすべてハングルなので、すごく使いにくいんだけど
これはすべて日本語でさ。
コンビニから食べ物屋から、マッサージから、観光に便利なほとんどが網羅されてる。
紙の地図はもういらないよねえ。
地下鉄の乗り継ぎなんかも調べられるのもいいし、場所を検索し、その場でささっと
歩き出せる手軽さは最高。
お試しアレ。
2016
04.19

深夜便@peachを使ってみた

金曜日の夜、仕事を終えて自宅に帰ってごはん。
干しておいた洗濯物をたたんで、テレビを見て。
なんだ、普通の週末やんと思うでしょ?

が、しかし!それからおもむろに始めたのは荷造りである。
(と言ってもスーツケースはなし、プレイヤーズの肩かけバッグのみ)
今から羽田発でソウルに行くんだもんね。
ピーチの羽田・仁川線は、深夜発早朝着なので、時間を有効活用できます。

ソウルへのお土産に「白い恋人」を買いたかったので、22時過ぎには着くように
自宅を出ましたが、ピーチのチェックイン開始は23時30分だそうで、トホホ。
そっか、カウンターは出発便にあわせてしかオープンしないんだ。。。
普段JALにしか乗らないと、つい忘れちゃうよなあ。

「白い恋人」を売っている店は、イミグレの中なんだよね。
時間もあるし、ドメのターミナルに行ってみる?と提案しましたが
ターミナル間のバスが何時に終わるかもわからないし、やめとこうとダンナ却下。
今の時期は藤の花と鯉のぼりで飾られてましたわ。


遅い時間にもかかわらず、展望デッキは結構ひとがいる。
一眼持ってて撮影目的らしきひとや、これから旅行にいくひとや。


空港の青や緑のライトだけがついている部分は、まるで夜jの海みたい。


東京タワーと鶴丸のツーショットなど♪
夜の空港はいいわねえ、ユーミンの夜間飛行をいつも思い出す。


1時から、2、3、4、5時台まで出発便は少ないけど、あるのねえ。
普段使ったことのない時間なので、知らなかったわ。


ほとんどの店が閉店ですが、やっていたコーヒーショップでお茶。
1時間半もチェックイン待ちだったけど、もうカウンターもオープンするわね。
ANAが使っていたDカウンターに着いたら、ちょうどピーチのスタッフが来て
交代作業が始まるところでした。

確か座席指定も有料だったので、当日でいいやって思ったんだけど
一番先頭に並んだからか、アサインされた席は2ABでした、ラッキー。
ひとそれぞれ好みもあるだろうけど、飛行機ではいつも出来るだけ前の座席を
リクエストしてるから。

ようやっとイミグレ。。。と思ったら、どえらい行列ができている。
成田にも出国審査は2ヶ所あるから、羽田もじゃない?と思って逆側に
歩いていくと、なあんだ。こっちは誰ひとり並んでませんでした(笑)。
お菓子なんかを売っているお店は午前0時までの営業のよう。
東京バナナやらロイズやら白い恋人やらを抱えている外国人の方でいっぱい。
もう閉まりかけているお店で無事お土産買えましたわ。

さて、ピーチの搭乗はありがたいことに時間どおり。
アルコール類も置いているのだなあ。


そして、粉もん特集も。


空港からの交通機関に使う乗車券なども扱ってました。
国内線が主だったので、ほとんど見なかったけど。
仁川に飛ばすんだったら、リムジンバスも安く売ってくれるといいね。


機内は想像していたよりもずっときれい。
座席が省スペースのためか、軽量化のためか、やたら薄くて座り心地が
イマイチなのは、この値段ではまあいた仕方あるまい。

私とダンナが寝不足になったのは、決してピーチさんのせいではない。
1ABに座ったおっさん2人連れのせいである。
2時発の深夜便ですので、当然機内は照明を落としてお休みモードな訳ですが
このふたりは遠慮なく大声でしゃべり続け(修学旅行に行く女子高生か!)、大迷惑。
私は、前の座席を蹴り上げつつ、「いい加減にせんと、ぶっ○○すぞ!」と暴れたい
衝動をおさえるのに必死で。
眠いのを邪魔されるのが何よりも嫌いな私の凶暴な顔を見て、ダンナはやばいと
思ったのだろう。
意外なことに、私より早く切れると思った彼が、「申し訳ないんですが、もう少しお静かに
お願いできますか?」と丁寧に言ったのである。
まあ、紳士。

私はコートをかぶって寝ていたので知らなかったけど、前の座席のおっさんたちは
機内販売が始まってから、ダンナが声をかけるまで、ビールを3缶ずつ買って
飲んでいたそうだ。
あり得ない!そうまでして飲みたいかね。
丑三つ時だよ?機内は真っ暗でみんな寝ているのにだよ?
隣は赤ちゃん連れだったのにもかかわらずだよ?

やれやれ。。。ああいうおっさんたちを反面教師として。
自分は非常識な中高年と指さされないように、気をつけようと、深く思った
できごとでしたわ。
(あ、ちなみに私が本当に大魔神になって暴れたら、それはそれでみなさんの迷惑に
なるのでしょうが、A型小心者の私には絶対に無理なのでございます)
2015
09.17

2015年8月15日(金浦ラウンジと機内食)

金浦空港までは地下鉄5号線で1本、45分くらいかな。
仁川よりはずっと近くで、便利。
チェックインの時に、隣のカウンターにいたひとが、機内持ち込みできない化粧品を
預けているのを見たんだけど、JALの係のひとは、段ボールを出してきて
梱包までしてくれていた。
だよね!これが日系のエアラインの素晴らしさ。
私は一度、チェックインを済ませたあと保安検査場まで来て、液体を持っていることに
気がついたことがある。
大急ぎで大韓航空のチェックインカウンターまで戻り、荷物を追加しようとした時
「紙袋じゃだめなので箱を持ってきて、でないと受け付けない」って言われたことがある。
そりゃスーツケースに入れ忘れたのは私のミスですが、さっさとコスメ類を捨てて帰れ
と言わんばかりの、その横柄な態度と物言いにすっかり頭に来て、意地でも探してやる
と、空港をダッシュしたものだ。
「ほら、あなたの言ってた箱だけど!」とカウンターに乗せてやった時の、気分のよさったら(笑)。



金浦のラウンジは、大韓航空のをお借りすることに。
こちらも以前とは違ってリニューアルしていたわ。



失礼ながら見た感じはイマイチだったパン類ですが、食べてみると
意外にも美味しいのだ。
よくみると、グランドハイアットの提供であるらしい、納得。



カップヌードルは韓国のラウンジは必ず置いてあるねえ。



チーズと乾きもの、お義理に置いてある感じのお酒類。



エコノミーでしたが、新しい機材。
ついこないだまで、モニターなしの便もあったものね、それを考えると上等。



帰りの機内食は、「寿司とかみ」さん監修のもの。
ダンナは、かなり美味しかった!と言ってました。
私はシーフードミールにしましたが、パンと一口サイズのおかずと果物という
味も素っ気もない感じ。。。



「イタリアは呼んでいる」という映画を見たのですが、耐えられないくらい
退屈な映画だった!久々地雷を踏んだかも。
5月に渋谷のBunkamuraで公開されていたようだけど、お客集まったんかいな。

2015
09.16

2015年8月15日(買物とタックスリファンド)

チェックアウト後、ホテルに荷物を預けまして。
シャトルバスで明洞に送ってもらいました。

途中、何度も行列を見る。なんだろう?



昨日買うべきものをすべて買ってすっきりしたはずのロッテデパート
に、なぜかまた来ている(笑)。
ここにも韓国の国旗が鬼のように立っていて、さすがに鈍い私ももしや
今日は何かの記念日なんじゃないかと思いつく。
検索してみたら、この8月15日は、「日本による朝鮮半島統治の終結を
記念する光復節という祝日なのだそう。
そういや今日は終戦記念日でした。



ホントは昨日見つけたんだけど、楽天とかで値段を調べようということになり
1日保留に。
セールで30%オフ、そしてわずかだけど税金が還付されるということで
買うことにしたのです。

マンフロットというイタリアの三脚メーカーだそうで、赤と黒のコンビがいい感じ。
えらいこと悩んだ末にダンナが買ったのは、PL 3N1-25 スリングバックパック。
今まで使っていたのよりも一回り薄いのに、ノートPCまで入るのよ!

正規のサイトでは25000円だったのが、14904円也~。
(クレカ支払いを日本円で決済してもらいました)



「TAX FREE」のお店で3万KRW以上購入したら、パスポートを提示して
リファンドチェック(免税書類)をもらえます。
ロッテデパートの1階にある「TAX REFUND」カウンターへ急げ~。
場所はグッチのお店のとこよ。
番号札を取って待つこと数分。このときはあまり待っているひともいませんでしたが
急いでる時は焦るだろうなあ。
(パリCDG空港でのイタイ思い出がよみがえる。。。)



無愛想ながらも仕事の速いおねえさんが言うままに、書類をいろいろ渡し
レシートを返され、リファンドチェックをいただきました。



必要事項を記入することになっているけど、あとでみたら、入力済みでしたわ。
空港での手続きをする場所まで書いてくれて、助かりました。



デパートの横のテラスで、飲んだことのないドラフトビールがあると
ダンナがうるさいので、休憩タイム。
なんかあくせくしないで、ゆっくりお茶するなんて、韓国からの帰国前には
あり得ない事態なんだけど(笑)。



鐘路三街のホテルまで荷物を取りに帰り、その足で地下鉄駅に。



乗車前に、5番出口のすぐ横にあるキンパプ屋さんに寄り道するのだ。



テイクアウトする日本人が多いのか、日本語メニューもあり。



カウンターでささっと巻いてくれます。
すぐ食べる訳じゃないけど、いちいち作ってくれるのって嬉しいね。



行きと同じく地下鉄5号線に乗って、空港に向かいました。
チェックインの前に、タックスの払い戻しを受けることに。
カウンターは大韓航空の前にあって、すぐにわかりました。
何%が戻ってくるのか、計算方法がよくわかりませんが、7500KRWを
現金で受け取りました。
まあ、14000円程度の買い物だからね。


てか、2014年の11月に行った時、アランミクリの眼鏡を2つも買って
10万円くらいしたんだけど、その時こそ免税手続きすべきだったでしょ!
デパートと違って、街中の店は言わないと書類もくれないから、どうかお忘れなく。
2015
09.15

2015年8月15日(ハルモニカルグクス、鐘路三街)

泊まっていたイビスアンバサダー仁寺洞には、大浴場がありまして。
宿泊者は無料で利用できまする。
チェックインが正午だったので、ゆっくりお湯につかろうと行ってきました。
場所は地下。
フロントでルームキーと引き換えにロッカーのカギをもらいます。
最初、「全部使用中」と言われたんだけど、ちょうどその場にカギを返却に
来た人がいたのでラッキー。


更衣室に入ってみると、カギのついたままのロッカーがあるじゃん。
ルームキーを複数枚持っているひとが、ロッカーキーを返却せずにいるのが
「全部使用中」の原因ではないのかな?


タオルはわざわざ部屋から持ってこなくても、ここにありました。



殺菌できるブラシや、化粧水と乳液、綿棒とコットン、ドライヤーもあり
掃除も行き届いて清潔でした。


中に入って驚いたのは、なんと先客が2人しかいないこと。
しかも親子連れだったので、絶対に使っているロッカーは1つのはず。
午前中からどんだけ満員なんだよ~と不思議に思ったんだよね。
立って浴びるタイプのシャワーブースが4ヶ所くらいで、中は割と狭いです。
浴槽にはつかりながら見られるようテレビもありましたが、朝は消えてました。
お湯が私にはちょっととぬるかったので、いまいち温まれない。。。と思って
長居はしませんでした。


チェックアウトの前に、昼ご飯を食べに出ました。
楽園商店街の横は餅屋さんが並んでいるんだけど、そこの1軒に看板犬が。



ものすごっく久しぶりに再訪したカルグクス屋さん。
昔よりもこぎれいになってるわ。
11時開店なので、ここで昼を食べるには夕方の飛行機取ってる時じゃないと
だめなのよね。



大釜でぐつぐつ。
煮干し系のスープのいい香りがします。



うどんとすいとんが半々になったカルジェビを頼みました。
おばちゃんたち手打ちの麺は、こしがあってうまいのだ。



うどんは汗かくから違うのがいいとダンナが言うので、豆乳を使ったコングクス。



デフォルトの状態だと味が薄いと思うかも。
それを好きに味付けできるよう、キムチや辛みそも置いてます。
お会計は2人で12000KRW。



表通りを行かず、裏道からつらつらホテルに帰ります。
ちょうど正面に見えてるのが、イビスだわ。



前は食堂で定食を食べるのがブームだったから、この辺よく朝ごはんを
食べに来たものだけど。
今はおしゃれ系カフェや、隠れ家的レストランがいろいろできてるみたい。





伝統的な韓国家屋が密集しているこのあたり、ごくごくふつーの住宅街。
開発の手はまだ伸びていないものの、お隣の鐘閣周辺はすでに更地に
なりつつある。
ここもいずれはなくなってしまうのかなあ?

2015
09.14

2015年8月14日(東村)

昼酒のあと、ホテルに歩いて戻って休憩。
目が覚めたら、そろそろいい時間っぽいわ。
という訳で、東村に2日続けて出勤する。



仁寺洞のメインストリートにあるスタバ(ハングル表示のみ)のはす向かいの
路地を入ったところです。



まだエアコンをかけているのか、オープンエアにはなっていませんでした。



ドンドン酒を頼み、満面の笑みを浮かべるダンナ。
だよね、最初の1杯はこたえられないですよね。



お料理は1日目と2日目のものが、混在してアップしてます。
このとこぶしが出たのは初日だわ。
柔らかくてうまうまだったなあ。



いつも必ず出る海鮮チヂミ。
イカとか海老とかたっぷりで、サイズが巨大なのだ。



この3つの料理は、2日目の晩に食べたもの。
カンジャンケジャンがあまりに美味しいので(例の日本にも進出した有名店よりも
数倍上を行くうまさ)、お母さんが作ったの?と聞いたら、「買ってきたんだよ」と高さん。
わざわざ私たちのために用意してくださったものでした。。。
恐縮したけど、これは本当に忘れられない味。
生の蟹と海老を食べると喉がかゆくなるアレルギー持ちの私も、誘惑に負けて
味見しちゃったわ。
うう、蟹の甲羅にご飯をいれ、味噌と一緒に食べるの、やりたかったよお。



ウリのような、ズッキーニのような野菜を刻んだチヂミ。
これもあっさりしていていいなあ。
イカの辛い炒め物とか、お芋を煮たやつとか。
お料理はわんこそば方式でギブと言うまで出続けるのです。


さすがに2晩目は「お料理少しでいいからネ」と、先にお願いしときました~。
美味しいつまみに、美味しいドンドン酒。
ふたりでまったり過ごすひとときは、いつもながら平和。

北海道から直に来たので、おみやげをたくさん買っていきましたが
やはり、おもてなししてくださった分には到底及ばないのでした。
いつもどうもありがとうございます。
写真がゲイのカップルみたいになってしまってゴメン、高さん。



今回壁に貼ってあるメニューに気がつき、写真におさめてきました。
予想するに、飲み放題で25000KRW、飲まないで食事のコースだけだと
19000KRWなのかな?

2015
09.12

2015年8月14日(広蔵市場で緑豆チヂミ)

買い物のノルマも済んだし、ランチも済んだ。
「さあ昼酒だぁ!」と次に繰り出したのは、広蔵市場です。
東大門からつらつら歩いて向かいましたよ。



昼間は夜ほどじゃないけど、それなりに混んでます。
市場の中心にある飲食屋台は、どこも活気に満ちている。
ここで多く売られているのはスンデ(豚の血入りの腸詰)だけど、肉OKな
ダンナもこればかりは挑戦したことがないのだ。
肉がだめな私と一緒だと、ハンデがおおすぎ。



やってきたのは「スニネピンデトッ」という有名店。
緑豆のチヂミなんだそう。
前回通りがかり、あまりの行列に恐れをなしてスルーしてしまいましたが
今回はがっつりいくぞーーー!と。



むっちゃ並んでましたが、2人連れならおいでと手招きされ、さっさか
入れていただきました。ラッキーだったわ。
何を頼んだものか、まったく予習しないで来てしまったので、隣のひとが
食べてるものを指さし、マッコリもお願いする。



初めて食べる緑豆のチヂミは、いささかもっさりしていて、私は普通の方がいいな。
たれに漬けてある玉ネギを、まわりのひとのまねをしてかじってみたら
ピクルスみたいで美味しいのね。
これは初めての発見でした。

「グッジョブ」マークのマッコリはあちこちで見かけたので、ポピュラーなメーカー
のものなんでしょうな。
1本をあっという間にあけてしまいました。
ちなみに、店内にいるひとの結構な数、マッコリを頼んでました。
いいなあ、昼酒に寛容な国。


お会計はピンデトックが5000KRW、マッコリは3000KRWでした。
人気店なのですが、店内が広いし、そんなに長居をするひともいないので
回転は早そうです。


多分、緑豆を臼でひいているところ。
何かが流行ると、次々まねをする店が現れて、どれが元祖なのかわからなくなるという
アジアの法則。
日本だったら、有名店の横や向かいで同じ商売始めるって、あまりないものね。

2015
09.11

2015年8月14日(行列ホットク、焼魚通り)

イビスアンバサダーからは、無料のシャトルバスが出ていて。
私が8月に探した時には、ホテルのHPへの記載はなかったと思う。
タイムテーブル載せときます。



明洞、南大門、市庁、光化門などをまわるので、大変便利。
最大8名まで乗れ、予約も特には必要ありませんでした。



まずは南大門で下車し、てくてく歩いた先はゲート2。



多分南大門で一番行列のできる店じゃないかい。
売ってるのは野菜のホットク。



奥にある春雨と野菜の具を、小麦粉の生地(ぺったぺたに柔らかい)に包み
泳げるほどにたっぷり入れた油で揚げ焼きしてく。
あつあつのそれをほおばりながら歩くのは最高。
実物がどんなのかというのは今回撮り忘れたので、こちらを。


このあと、明洞へ歩き、朝からマッサージをしました。
客引きのひとに連れて行かれた店は、なんと前回とおなじとこ。
いろいろすすめられましたが、ひとり18000KRWのコースで充分満足です。
そしてロッテデパートに行き、コスメ類をがっつり購入しました。
次にソウルに行くのは1年後だから、買いだめしとかないと。


今回 T-moneyカード(スイカみたいの)を忘れてきてしまい
仕方なく1回ずつの乗車券を買ってました。
あんまり地下鉄移動はしなかったけど、空港への往復もあわせて4~5回は
乗ったかしら。



1回ごとでも、紙の乗車券ではないので、いちいち保証金がのせられる。
この機械で払い戻すのですが。



やってきたのは東大門。
焼き魚通りがあるというのを読んで以来、一度来たかったのよね。
狭い通りですが、ほんとうに焼き魚だらけ。



鯖とかイシモチとか、太刀魚とかいろいろ。



奥の方には、「犬」を食べさせる店も2軒ほどありました。
店頭に置いてあったこれは、犬なのかな?
中国の雲南省に行った時もたくさん見たので、さほど抵抗はない。
ああ、文化の違いだなあと思うだけ。
私は肉は食べないけど、別に宗教上や思想があってのことではない。
ただ「食べる」でも、「皮を利用する」でも、苦痛や恐怖がなるべくないように
配慮してほしいとは思う、どんな動物でもね。



適当に入った1軒。
最近「テレビが来た」とか「雑誌の取材を受けた」的なこういうのを貼ってる
店がとっても多くなったなあ。



美味しそうなおかずが運ばれてきました。
ビールを飲みたかったけど、ないって言われた。
ダンナ、歩いてそれになりに汗をかいてたので残念そう。



私はチョギ(いしもち)、ダンナはカルチ(たちうお)にしました。
1皿に仲よく盛られてきたので、シェアできてちょうどよかったかも。



黒米の入ったごはんとおみそ汁がとっても染み渡る。
食堂の何気ない食事に大満足ではありますが、お会計は2人で15000KRW。
ソウルの物価も一昔前よりずいぶんあがったなあ。

2015
09.10

2015年8月13日(仁寺洞ambassador)

行き先はソウル。
2014年の11月にソウル発で取った特典航空券は
ソウルから帰って東京で一休みして→2015年お盆の札幌往復→そのままソウルへ
というルートです。
15000マイルでここまでできたら御の字よねえ。
そして今度はまた別枠で15000マイル使っての、特典航空券発券してます。
ソウルから帰って東京で一休みして→2015年シルバーウィークの那覇往復。

MERS(マーズ)が大流行してた頃は、一体どうなることかとヒヤヒヤでした。
終息してくれて本当によかったわ。



このときの機内食は幸せ三昧さん監修でした。
一度行ったことあるわ。
この値段でこんなにいいのかっていうコースだったなあ。



なんでかぶれぶれなお弁当。
日韓線は軽食と言っていい機内食だけど、それなりに進化してるなあと。



私は乳製品もOKなベジタブルをリクエストしてました。
これは可もなく不可もなく。。。



短い時間ながら、見られそうな映画を探し、マダガスカルのスピンアウトを。
ペンギン部隊主役のこれ、かなり楽しかったわ。
そうこうするうちに、あっという間に金浦空港へ降りようとしてる。



金浦空港から出てる地下鉄5号線に乗って、そのまま鐘路三街へ。
いつもの楽園商店街のとこの路地を入ってくと、その先にホテル。
ここは今回お初の宿泊です。
パリのモンパルナスで泊まった時のアコーホテルズのポイントがあり
40EUR分が宿泊費に充当できるというので決めました。
イビスアンバサダーソウル仁寺洞ホテル(ibis Ambassador Seoul Insadong hotel)



明るい感じのロビー。
フロントのひとも感じがいいし、日本語を少し話す方もおいででした。



アサインされたのは630号室。



ダブルベッドのお部屋をお願いしてました。



テレビは壁掛け。省スペースですな。



セイフティボックスに、湯沸かしケトル、冷蔵庫と、必要なものは揃ってます。



コンパクトにまとまってますが、使いやすいし、相当考えて作ってあるなあと。



水回りも清潔だし、トイレはウォシュレットタイプ。
新しいホテルならではね。



バスタブはないけど、シャワーで充分。
水量も豊富で、タオルも満足のいく品質でした。



髪を洗うのと、体をこれ1本でというものしかないので、ここはご注意。
気に入ったものを持ち込むのがよいかと思われます。
わたしたちはニセコのヒルトンで使ってたのをそのまま持ってきました。


口コミでは某国の団体さんが多く泊まっているので、うるさかったと書いて
あるのをみかけましたが、最近は階を分けているのか、それとも
たまたま運がよかったのか、騒音に悩まされるようなことはありませんでした。

むしろ、ニセコのヒルトンの方がずっと団体さん多かったなあ。
お風呂タイムは特にすごくて、露天で大声で長時間話してるのには痺れた~。
まったくくつろげず、早々にあがってしまいましたわ。
次はヒルトンやめとこうか。。。と思ったくらい。
2015
02.25

リピート買いしました

昨年11月にソウルに行ったときに買ってきたクリームがあまりによいのです。
ちまちまと大事に少量ずつ使ってきましたが、もう限界。
最近は娘も「これを使うと肌の調子がいい」って言い始めて参戦してきたものだから
あっという間に残りわずかに。

まだ2月、乾燥は続くし、新しいのを買わないと!と探してました。
アマゾンでは送料込みで6000円近いし、韓国コスメの通販サイトは
うちのPC見張り番(マカフィ君)が危険なサイトなので移動しちゃだめだというし。
意外にも、楽天でもヤフーでも売ってないのよねえ。。。

で、だめもとでbelifさんのサイトに行ってみたら、日本での販売先が書いてあり。
なんだ~、新橋駅のすぐそばじゃない。
「銀座ステファニー化粧品」さんの中に、ショップとショールームがあるのだって。
仕事の帰りに立ち寄れるよ~と思い、電話して聞いてみました。
在庫はラスト1でしたが、親切にもお取り置きしておいてくださるそう。
しかもお値段3780円也。
もしや円安の今、ソウルで買うよりも安かったりして?

これを欲しいがために、ソウルに行くのもありよねえ、最近日韓線は売れてないようだし
マッコリ飲みたいし~などとなかば本気で思っていましたが(笑)。



サンプルもいくつかくださった。
水分爆発クリームは2種類あって、青く色がついているものは夏向きの
さらっとしたものだそう。
クリームの前に使うと、余計に水分をキープしちゃう美容液とか、BBクリーム
とかもらいました。
BBは早速使ってみたけど、肌への馴染みがいいみたい。
最初は白っぽいかと思ったけど、落ち着くと自然だし、しっとりする。
夕方になっても、あまり浮かない感じがいいわ。



次にソウルに行くのは8月だけど、次回はbelifさんを積極的に攻めてみよう。
少しは円安が解消しているといいけれど。
2014
12.06

2014年11月 日韓線シーフードミール

2014年11月の仁川→成田のJAL便、エコノミーの食事です。
短い区間とはいえ、これは食事ではなくおつまみだと思うわ。
ラウンジで食べているからいいけど、そうじゃなかったら足りないだろうなあ。



今回私はシーフードミールをリクエストしてましたが、これがなかなか。



お野菜たっぷり。
ドレッシングかければこれで立派なひと品よね。
なんと言っても、このサーモンが美味しくて。
中はしっとりしてて、レア感満載。
久々ヒットのシーフードミールでした。



2泊3日とはいえ、純粋に楽しめるのは中1日だものねえ。
まあ第一の目的であるドンドン酒を飲むことを堪能したのでオーライ。
コンラッドソウルはとってもいいホテルだったし。


そだ、今回買い出しを頼まれて購入したコスメの中に、belif(ビリーフ)
の「水分爆発クリーム」というのがあって、ついでに私も1個買ってみたのね。
今まで韓国コスメで「うおっ」って思うことあまりなかったのだけど
帰って1ヶ月、クリーム使い続けて感動!
特に、どんなボディクリームを塗っても、オイルケアしてみてもダメダメで
干し柿みたいに粉吹いてかっさかさだった肘が、人間の肌に戻りましたもの。
これはいいわあ~。絶対に次も買っちゃうわ。
買った時日本円で決算してもらったけど、11月初めで3480円でした。

ロッテデパート上の免税コーナーで取り扱いありです。
2014
12.04

大韓ラウンジとスヌーピーカフェ

仁寺洞を歩いている時に、マッコリの試飲会をやっていて
お土産用に思わず購入してまった。
ところが、これちょっとでも横にすると漏れてくるんだわ。
多分生きて発酵を続けているから、きっちりとセンを閉めると破裂して
しまうのかもねって話してた。

かくなる上は段ボールで、立てたまま運ぶしかない。
幸いソウルからの帰路はJALだし。
そうそうごムタイなことにはならないだろうと荷造りしてみた。
コンラッドのフロントのひとに頼むと、韓国語で天地無用らしき言葉を
入れて下さった。あとは野となれ、山となれ~♪



仁川でのラウンジはKAL。



エレベーターをあがったところにあります。
一方が大韓航空ので、もう一方にはアシアナのでした。



2013年の7月に行った時の記事はこちら



ここは利用者が少ない感じがする。
時間帯にもよるのかしら。



パウンドケーキとかくるみのパンとか。



フォカッチャサンドとカスタードパイを取ってみた。
(どちらも微妙でした。。。)
ちょうど切り替え時だったのか、1回だけお粥も食べられました。
基本香港のようなお粥が好物だけど、うん、これもあっさりしていてよろしいかと。



お粥のあとは、カボチャのスープが出ました。
ポタージュを想像したけど、甘みが強くてかぼちゃそのものみたい。


お約束の辛ラーメンですが、どこのラウンジにも感心しないマナーの方は
おいでで、この大きなカップ麺を5個くらいかばんに入れているのを目撃
してしまった!
欲しけりゃ日本でも買えますから~。
こうしてラウンジ入るくらいだから、お金がない訳でもあるまいに
なぜそうせこいマネをするのかしらねえ。


外は少々風があるけど、いい天気。
出発前のひとときを飛行機眺めて過ごすのは、好きだなあ。



そうだ、おまけに。
空港内にあったスヌーピーカフェ。



日本にもとっくに上陸済みかと思ったら、まだみたいね。
カップまでスヌーピー柄でかわいいの。



店内では、グッズも売っているようでした。
お好きなひとにはたまらないのだろう。
スヌーピーファンの同僚にその場でLINEしちゃったわ。


2014
11.14

ぶらぶらソウル

前の晩、東村に行って浴びるほど飲んだら、翌日は
二日酔いで朝ごはんどころじゃないだろうと思い
朝食はつかない料金で予約したホリディインでしたが。。。

起きたらものすごくお腹減ってるよ!
帰ったの比較的早い時間だったし、ベッドが快適で爆睡したし。
大人しくホテルで朝ごはんを食べるのもつまならいなあと
近所を散策してみましたが、どこも9時30分過ぎないと開店
しないようでした。

で、突撃韓国のコンビニ。
ホテルの裏側の出口から出て左側に歩いたとこにあります。



カップ麺とかおにぎりとか。



ヨーグルトとおやつにチーカマなんかも。



ホテルの正面出口を出た左側には、みなさんが口コミでオススメしてる
焼き肉屋さんがあり、その隣はスーパーです。

日本語話せる男子がいて、一緒さがしものを手伝ってくれました。
親切なのだ。品揃えもお値段もローカルです。


チェックアウトし、11時のシャトルバスで明洞に向かいます。
小型とはいえスーツケースを持ったままなので、ロッテの地下に預けました。
3時間まで無料ですって。
ロッテのお買い物もあったので、ちょうどよかったわ。
(別にレシートとか見せる必要はなかったです)
3時間あればいろいろできるので、買い物の前にマッサージも
受けてきちゃった。


それから南大門に歩きました。
道には熟れた銀杏がたくさん落ちていて、大変デンジャラス。
スーツケースが踏んじゃったら、ホテルの部屋まで匂いがしちゃう。
たどり着いた南大門ではダンナの眼鏡を2本購入。
初めての店だったけど、次はココはないなーーー。

タクシーに乗って、仁寺洞へ移動しました。
会社のお土産に、クルミ饅頭を買いたかったから。
36個入って10000KRWって安いわあ。
これ美味しいので、いつもお土産にしてます。



小腹が減ったので、昨日行った東村の前に、新しくできてた
店に行ってみようと。
餃子と麺類のお店ね。



まあこぎれいなお店だけど、出てくるモノは駅そばみたいな感じ。
早くて、安いみたいな?いや、安くないけどね。



チェーン店で出すみたいな食べ物だなあ。
二度目はない。
てか、次に行ったらもう別の店になってるんじゃん?








2014
11.12

飲み交わす夜

車もバイクも通らないのをいいことに、路地まで店を展開させて
オープンエア東村。
気候のいい時は、気持ちいいよね。



土曜日の夜はお客さんもいっぱいでした。
テーブルに並んでいる料理は、割とどれも同じなのを見ると
コースで出しているのかな。
前は行くたびに違うお料理が次から次へと出てきたけど、最近は
ドングリのトトリムが前菜で、チジミで、貝の鍋で、最後は肉で〆るみたいな感じ。
昔みたいなお通し(ミッパンチャン)もなくなって、それはちょっとさびしいな。



さんざ飲んで食べて、ふと。
隣のテーブルの男性が、連れの若い女性に「もっと飲もうよ」って
誘ってて、女の子が「もう無理ですって」的なやりとりをしているのを目撃。
男性は手酌でドンドン酒を注いでひとり飲もうとしてたので、こちらでも一緒に
「かんぱーい」ってしたの。
飲み干したあと、男性はニコニコしながら話しかけてきて、こちらが日本人で
あることも全然気にしてないようだった。
すぐにテーブルが合体され、宴会開始(笑)。

あちらは同じ会社に勤めているひとたちで、テーブルを合体させたLさんと
Kさん、Aちゃんの3人連れ。
Kさんが偶然にもダンナと同じ年で、Lさんが(数えで)私と同じ年というのがわかり
いいかげん飲んでいるので、めっちゃ「Same Age!!!」と盛り上がる。
おたがい単語だけの英語で会話するが、そこはもう酔っているから
筆談とかスマホを駆使しながらの会話も楽しいのだ。


たまたま2015年の夏までの行程を書いたEチケットを持っていたので
この日にまた来るよ~というと、驚かれる。
でも、また東村で会えるような気がするわ。
LINEとカカオトークを交換したし~。


土曜の夜はタクシーが拾えないから~と、乗り場まで送ってくださるそうだ。
かなり飲んだので、記憶もところどころ曖昧なのだけれど、気がつくと
途中のアイス屋さんで知らないうち握らされていた!
なんかもう、この状況がツボに入って、笑いがとまらないわーーー。



これ、人気出たんだなあ。同じかパクリかはわからないけど、店舗が
増えているじゃない。
以前書いた時のはこちら
Aちゃんを記念撮影したのは多分私。笑ってるからピントがボケボケだ。



混んでいる時は乗車拒否されることがよくあるそうだけど、みなさんでタクシーを
拾ってくれ、ホテル名を韓国語で言ってくれて、私たちはありがたく帰路に
着いたのだった。
韓国のひとの親切さには時々本当にびっくりするよ。

すごくすごく楽しくて貴重なひとときだったけど、Lさんはさすがに飲み過ぎて
次の日1日寝ていたそうデス。ぷぷぷ。
2014
11.11

2014年11月の東村

ホリディインからのシャトルバスは東大門を経由して明洞へ送ってくれる。
私たちは東大門で下車しました。
3月に行った時は、東村から東大門まで歩いたから、逆コースをぶらぶら
してみようと思って。
で、途中にある広蔵市場にふらふら入ってしまう。ここ好きだあ。



土曜日の夜だけあって、えらい人出だわ。
以前来た時は昼間だったから、イメージが全然違うなあ。
ここは、屋根があるから、天気悪くても寒くても、楽しめるのだ。



今からごはんを食べに行くところだというのに、この美味しそうなジョンの
数々を見ちゃうと、たまらないのだ。



中でも大行列していたのが、このお店(多分スニネピンデトッ순희네 빈대떡)。
ピンデトック、緑豆の入った粉モノです。
うう、次は並んででも食べてみたい。



鐘路の大通りは、数え切れないほどの警察の車がとまっており
そこから機動隊のようなひとたちが(全員若い子)どんどんおりてくる。
こんなに沢山の警察官?が集まって、いったいこれから何が始まるというんだ。
バス、30台以上はとまってたぞ。
一体なんだったのか。じろじろ見てるにはわたしたち外国人だけだった。



東村到着。
11月の初めだったので、お店はオープンになってた。
店の中の高さんに手を振ると、ちょっと驚いたような顔になり
そして変わらぬ笑顔で迎えてくれる。
いつもいつも嬉しいひとときです。
ささ、この日も座ると出てくるおつまみいろいろ。



ここ数年いた日本語の話せるお姉さんはやめてしまったようで残念。
きゃーーー、2人しかいないのに、巨大海鮮チジミが登場。



ムール貝とあさりのスープ。



ダンナがむさぼり食っていた、生の海老。
カンジャンケジャンの海老版です。
これがまたソフトシェルクラブのように全部食べられるんだって。
私、甘エビ以外の、生の海老と蟹はアレルギーが出てしまってダメなんだ。
でも、でも、食べたかったよぉ。



この時期に食べられると思ってなかった大好物のコマッが!
タコはダンナにおまかせし、私専用コマッになりました。



お気に入りの窓際の席が、BBQ場になってしまったのは残念ですが
新しいメニューのお肉、めちゃ美味しいらしい。
ダンナ、ぺろりと平らげてました。



やかんになみなみと入ってるドンドン酒。
本当に、本当に、ヘタなマッコリはもう飲めなくなるくらいうまい!
東村に通うのは、お店が好きで高さんに会いたいのもあるけど
ここのドンドン酒にはまっているからだなあ。


まわり中が韓国語の中、この小さな路地で、いろんな季節を眺めながら
ドンドン酒を飲んできた。
ああ、何度来ても、幸せ。
2014
11.07

城北(ソンブック)のホリディイン

LCCなんで当然バスかと思っていたら、そこは仁川空港。
ちゃんとボーディングブリッジがお迎えに来ました。
アライバルの矢印に向けて歩き出したのが、14時35分。

イミグレはまさかの1人待ち。
この時間帯はすいているんだろうか、こんなの初めて~。
カスタムで用紙を提出し、両替した時点で14時44分。
10Bのバス乗り場でチケット買い、バスは乗り込んだ直後14時52分に出発。
金浦空港から先は大渋滞しており、ホリディインに着いた時は16時35分。



バスは6101番。ホテルの前で止まってくれるので便利。
なんだか、ホテルのまわりの感じが、どうもイスタンブール旧市街のダブルツリー
近所と酷似していると思う。ダンナも言ってたなぁ。
外観は中国っぽい?



ベッドが2台。
クイーンとセミダブルくらいあるので、お子さん連れでも余裕かも。



無料のお水がちゃんと用意されていました。



インスタントだけど、コーヒーや紅茶などもあり、充分でしょ。
ポットはティファールでしたわ。



ミニバーの設定料金は、繁華街ではないからか、いたって普通の値段。



便利なのは、バスルームのコンセント。
日本式のがそのまま使えます。
左側が110V、右側が220Vでした。




トイレがウォッシュレットなのも嬉しいですねえ。



韓国には珍しく、ちゃんと歯ブラシがありました。
そして、クラブフロアでもないのに、化粧水と乳液がついてきたのも
びっくりしたわ。



可動式のシャワーも使いやすいです。



アメニティはElemis(エレミス)。
香港のインターコンもコレ使ってたわね。
ホリディインって私の中でビジネスホテルのイメージだったけど
ちょっと見直しました。
韓国のホテルランクを表すむくげの花も、最高の5つがついていた。
コンラッドやWと一緒にしちゃうのはどうかと思うけど、前日の夕方まで
キャンセル可能な料金で、2人で税込み16万KRWと思えば満足。
バスローブやアイロン、セーフティボックスなども完備でした。



ちなみに私たちが泊まった8階は禁煙フロアでした。
お部屋にはPCあり。日本語が打てないし、iPhoneがあるので
使わなかったけど。



ホテルの下のお店が作ってるチョコが、ギフトとして置いてありました。
ここのホテルの口コミでみなさん割と書いているけど、パンやケーキが
結構美味しいらしい。


朝ごはん付きのプランにしなかったけど、ここは食べておいてもよかったかも
しれないなあ。
今回はIHGのキャンペーンのためここに泊まったけど、繁華街に用があるひとには
不便かなあ。必ず夜ごはんを食べに行く東村にも、マッサージに行く明洞にも
微妙に遠くて。
シャトルバスがあるのは便利なんですけれど、1日4便だしなあ。
2014
11.06

初チェジュ航空

復路のソウル→東京は、JALで発券済みなので。
ソウルに行く往路を、1日2便あるチェジュ航空で購入しまして。
二人分で、サーチャージと空港使用料込38220円でした。

チェックインカウンターはどこかと探したら、なんと屋外?



な訳はなくて、ちゃんと室内だったけど。
2便それぞれのチェックインが始まる時間が書いてありました。
割と早く着いたからいいけど、あとからついたひとは大行列。
そういやエアアジアもうんざりするほど並んだなあと思い出しましたわ。



この日の成田は雨。ソウルもお天気はいまいちな予報が出てる。
私たちは荷物を機内に持ち込むことにしました。
もともと国際線機内持込みできる規格のスーツケースを持ってましたが
心配だったのが重量。
チェジュ航空は10キロまでだったからねー。
でも行きの中身はすかすかなんで、セーフでした。
もともとうちは荷物少ないので、夫婦でこれ一つでOKなことが多いかも。



機内はこんな感じ。
三連休だけあって満席でした。
有料座席指定をかけなかった私たちの席はほぼ最後尾。
あとからチェックインしたひとは、並びの席確保できなかったんじゃないかしら。


国際線でモニターなしっていう機材は、成田→高雄以来ひっさびさだあ。
機内誌はほぼ韓国語だし。
ジュースくらい出るんだっけと思ってたら、小さな紙コップに入った水のみ。
そうね、最低限の水分は出さないとね。
まわりで何かをオーダーしているひとはまったく見なかった。
事前の機内食を頼んでいたひとも見なかったなあ。

ちゃんと仁川に着くならまあいいか。
することないから寝ようと思うけど、前の席は私と同年代くらいの女性連れ。
通路をはさんですわり、ガイドブックを交換し、あそこ行こうここ行こうと
まあおしゃべりに花が咲く。
ちらりと見たら、HI○さんのツアーらしい。
最近はLCCを使うツアーも普通だもんなあ。
仲いい友達とソウル、楽しみだよね。
気持ちはわかるが。。。
もすこしトーンダウンしてくれないかなあ。
2014
11.02

仁寺洞の東村で飲んだー

3月以来、8カ月ぶりの東村。
土曜の夜とあって、店内はほぼ満席で。
相変わらずの美味しいドンドン酒を味わいました。

隣の席のひとたちと意気投し、無茶苦茶飲んだわあ。
土曜はタクシーを拾うのがすごく大変だからと、わざわざ車を拾ってくれました。

(この目隠しアプリ、背後のポスターにもちゃんとかかってるのが笑える)

メアドを交換し、その場の勢いでカカオトークのアプリも入れたダンナは
今お礼の英文メールをちきちきうってます。

ソウルは雨です。
朝ごはん食べたら、11時のシャトルバスに乗って
明洞に出ようっと。
Comment:0
2014
10.28

ソウルへのLCCまとめ

日韓の直行便飛ばしてる大手は、JAL、ANA、Korean Air 、Asiana Airlines の4社。
ソウル発の航空券ならではのお得があるので、ループを繰り返しているひとは
今でも沢山いるだろう。
来年のGW、夏休み、シルバーウィークと連休が続くため、仕込みを始めてる。
私はループをやめて久しく、となると一度東京→ソウルまでの片道を手配せねば
ならないのよねえ。


LCCはリスクが大きすぎるので、この5年ほどはまったく使っていなかった。
その間に日本にもどんどん進出し、いろいろ問題があったにせよ
それなりに浸透しつつあるね。
ソウル・東京間就航のLCCをあらためて調べてみると、以下の3社。
イースター航空
済州航空
バニラエア
調べてて意外だったのは、この区間ピーチが飛んでないってこと。

●2014年11月の運行スケジュールは
・イースター航空  
  NRT発11:50/ICN着14:35   (ZE602便) 毎日

・済州航空
 NRT発 11:50/ICN着14:30   (7C1101便) 毎日
 NRT発 18:25/ICN着21:05   (7C1103便) 毎日

・バニラエア
 NRT発08:00/ICN着10:35   (JW201便) 每日
 ※10月中は1日2便あったよう


●機内持ち込みと、預け荷物については
・イースター航空 
(機内持ち込み)
 機内の棚や座席の下に保管できる三辺(横、縦、高さ)の合計が 115㎝以下で
 重量が 7㎏以下の手荷物1個
(預け荷物)
 横、縦、高さの合計が203cm以下で、15㎏まで

・済州航空
(機内持ち込み)
 機内の共用収納棚または座席の下に収納可能で、各辺の長さが横55㎝、縦40㎝、高さ20㎝
 以内(合計115㎝)、重量が10㎏以内
(預け荷物)
 2014年10月26日から、預け荷物は15㎏まで

・バニラエア
(機内持ち込み)
 56x36x23cm(三辺の和が115cm)以内で、10㎏まで
(預け荷物)
 コミコミバニラという運賃なら、20㎏まで無料
 ※2014年10月26日までなら、シンプルバニラでも20㎏OKだった
 割引運賃のシンプルバニラ、わくわくバニラは20㎏まで2000円


出発時間が朝早いバニラは、一番に候補からはずす。
前日から成田のヒルトン泊でもいいかと考えたけど、やっぱ面倒。。。
イースターか済州かとなると、1日2便ある方が、よりリスクが少ないかな。
万が一欠航になった時のことを考え、ソウル1泊目のホテルはキャンセル可能
な料金で取りました。

短い路線なら電車感覚だもん、座席指定も、食事も不要でイケるでしょ。
一眠りしたらすぐだし。
成田でサクララウンジに入れないのは残念ですが、アメックス提示で
使える共有カードラウンジもあるし(アルコールは最初の1杯のみ無料だって)
日本から出発するLCCに、初めて乗ってきます~。
2014
04.15

アシアナの機内食(Vegetarian Lacto-ovo Meal)

帰路も金浦発羽田行きです。
仕事帰りに早退せずに旅立てるし、帰宅も便利だし、羽田はいいねえ。
最後の最後に、金浦のフードコートでキンパプテイクアウトしました。
ここは前にも買ったことがあって、受付のおばちゃんも日本語
できるので、話が早いです。
{6D8B7745-77D4-42BE-B677-190457F2358F:01}


ずーーーーっと、JALやワンワールド系しか乗ってなかったから
何もかも新鮮だったアシアナさん。
なにより、着陸したあとすぐに「携帯の電源を入れていいです」と
アナウンスが入ることにびっくり。
それに、機内でのマッコリはいい!
映画も、離陸前から見られるし、着陸後もまだ上映してる。
東京ソウルって、あともう少しで終わるのに!ってことが
よくあるので、これはいいサービスだなあ。
JALはビジネス以外は、上映時間が短いもんなあ。
上に行って、「ぽーん」って言うまで見られないし、着陸体勢に
入る頃には上映中止になっちゃう。
{F4664575-80E4-4FF5-9B38-E5EDAE3730EC:01}


復路の機内食はベジでリクエスト。
Vegetarian Lacto-ovo Mealというもの。
野菜だけの厳密なベジタリアン食ではなく、乳製品と卵はOKという
人向けのもの。
私の大好物の野菜のラザーニャでした!
{C6087B38-7B26-44B0-BA89-6DBFE946CEA8:01}

これはよかったなあ。
白ワインを飲みたくなったけど、さんざ韓国で飲んだあと。
明日からは仕事だし、ぐっと控えたのでした。
JALよりもお値段安いし、なにかと快適だったアシアナさん。
韓国行く時はまた使いたいなあと。



Comment:0  Trackback:0
2014
04.13

持ち帰ったもの、いろいろ

仁寺洞の通りに店を出してるくるみ饅頭。
飽きずに美味しいので、毎回買って帰ります。
10000KRWだと箱で出てきて、結構な数入ってるわ。
次の日出社だったら、会社へのお土産でもよさそう。{9E960F5C-826C-4E5F-8E30-C424F208AE81:01}

明洞で土日の午後から店を出してる、その場で鉄板で焼いてくれる
イカやタコ。大きいのは1袋10000KRWといいお値段ですが
大好きなので、2つ買っちゃう。
できたてほやほやをつまみながら歩くのが好き。{FB62383F-5C30-4A28-B4E7-744B1A007388:01}


南大門でみかけた茹でとうもろこし。
もちもちしていて病みつき。
ダンナと娘は、これ好きじゃないんだけど。
1本1000KRW。
今回はイマイチ美味しくなかったなあ。
{363808B5-AF54-410F-814B-3779684752C3:01}


娘にピンクっぽい口紅を頼まれたので、2種類。
{85E03716-821E-4AA8-95E9-F40F30177A3B:01}


明洞の裏通りを歩いていて見つけた「too cool for school 」。
もう原宿と新宿にお店があるのね!
あまりにセンスよくて、可愛いものがいっぱいなので、それは
納得です。
可愛さにしびれながら買ったハンドクリーム。
これを買うと、動物保護所の猫のごはん100gを寄付することに
なるんだと書いてありました。
{B0EC6030-A1C5-4DBF-AC7E-C6C75C80A973:01}


{E626771D-1497-43AA-B86C-C195DFF606B7:01}


東村の高さんが持たせてくれたお土産。。。
ダンナが不在なのに、一体どうやって持って帰ればいいのだろ。
{CD03A724-E9DF-4E89-B6BA-8ECDC31F6FC9:01}


上に乗った紙袋は、高級店っぽいお餅屋さんでわざわざ
買って持たせてくださったもの。
木の実などが載ったかすかに甘みのあるお餅で、1個が結構な
ボリュームがありました。
3日ほどすると固くなり、5日目には残りにカビが生えてしまって
悪い物が入っていないんだねーーーと感心したことでした。
冷蔵庫で保存すべきだったなあ。
せっかく下さったのに申し訳ないことをしてしまった。
{D9BD7BFE-9DE0-4C2C-8BB0-B06025CCF361:01}


おかずをタッパーにいっぱい。
あとは5個入りラーメンが4種類、店で出してるマッコリやら梅酒やら。
{07322F8E-092F-47E4-BA11-812027B1F5C0:01}


加えて、南大門で買ったキムチが4㎏でしょ。
羽田から電車に乗り、品川ではなんとか乗り換えましたが
もう力尽き、最寄りの駅までダンナに迎えに来てもらいました。
ホームで荷物の受け渡しをエッサホイサしました。
火事場の馬鹿力じゃないけど、よくもまあ持って帰れたものだ。

Comment:0  Trackback:0
2014
04.11

2014年3月の東村(2日目)

明洞でヘッドスパを受け、コスメ屋さんをうろうろ物色したら
なんだかんだもう8時半くらいだった。
東村を目指す~♪
{E16F9CCC-22EF-4D25-AB0B-242EFA5EC54C:01}


ああ、やかんドンドン酒。
乳酸菌たっぷりで、ひどい2日酔いにもならない優しいお酒。
{C0B04D65-8AE4-4BC0-B546-A5E180034663:01}


鍋一杯のムール貝が出ました。
ワンツーワンツーと食べていくと、あっという間に貝殻の山が
できていくわ。
{8C186103-2791-4CD5-A4FB-B92323B0F8DA:01}


これはどんぐりの粉で作る、寒天のようなもので、トトリムッ。
毎回、おなかにたまりそうで、全部は食べきれないんだな。
{5A785B30-B050-42BB-B9A9-E17FD9125463:01}


巨大チヂミふたたび。
助っ人が帰国してしまった今日はさすがに食べきれなかった。。。
{AB8609A4-26CD-40C0-9E18-082E8B98E218:01}


友人はかなり頑張って、お肉を食べてました。
「出されたお料理はできれば完食して、ごちそうさま!の気持ちを
伝えたい」っていうのは、いかにも日本的な考えだけど
韓国や中国では、完食すると足りなかったと思われる。
うん、それはわかっているんだけど、でもやっぱりね。

{0E0CB713-403E-400F-B1B8-206F03B66F6D:01}


以前は大きな窓があって、外を眺められるところにテーブルが
あったんだけど、今はBBQ用の調理場になってしまった。
なんだか、会うたびに大きくなってくような気がする店主の高さん(笑)。

{04883621-0136-4D0A-BB10-24EE4BE6E01A:01}


壁もとっぱらわれ、気候のいい時はオープンできるように。
がっちりした木製のテーブルや椅子は総とっかえされて
屋台風のものに変わってました。
{E6A8AAFD-6768-41C4-A92D-0B5FED038801:01}


ふと上を見ると、あら!
招き猫が鎮座ましまして。
これは私が去年の7月に差し上げたやつ だわ。
ちゃんとお店にかざってくれていたんだ、嬉しいなあ。{DACC3F02-A645-4B99-894D-911D95560708:01}

ほんとに、東村(とんちょん)のドンドン酒を飲むのがソウル滞在の
一番の幸せであり、訪韓の目的でもあり。
行くたびかわってくあれこれを眺めるのも楽しみです。

Comment:0  Trackback:0
2014
04.05

ミレニアムヒルトンソウル(お部屋)

ソウル駅や南大門からも歩ける立地。
丘の上にあって、すぐそこには南山公園が広がる。
{461E2188-6E38-4C26-BB1A-2E278FD779AD:01}


お部屋は相当埋まっていたみたいで、エグゼフロアではなく
12階になりました。それでも眺めは大変いい。
{FD2BDC93-AC78-4CBE-804B-A8CAA3CF3972:01}


窓際にはソファ。
なぜかココに座ると、かすかにセミの声(に似た何かの音)が
聞こえてきて、私たちは笑ってしまった。
{72DE4D76-7020-4BC1-93EE-4C220F33CC81:01}


{55CF3BC7-9B67-4FDC-B608-FE7A9E9042D9:01}


ソウルタワーがよく見えます。
{27949D44-6ACC-4D16-9A0B-F81DF6C887E5:01}


バスローブも用意あり。
{6FEF5B4A-74E7-4A8B-81DF-7161E01CE428:01}

セイフティボックスに、スリッパ。
スリッパは、どこのホテルに泊まっても、年々品質が悪くなるなあと
感じる今日この頃。
{07835BD5-7C87-44BD-B84A-BA737C3B4DC5:01}


ミニバーには飲み物一杯ですが、上の段にずらしてやれば
下の段に、要冷蔵なものをいれられてポイント高し。
{AD7A3150-A198-4C2C-8C73-F4179521824F:01}


シャワーブースはないんだな。。。残念。
{E6ACC47E-ED30-4D5B-8833-FEA785E3D905:01}


アメニティは共通のいつもの。
{819E93C8-5CC1-4981-A7EE-2981FC133E2C:01}


Comment:0  Trackback:0
2014
04.03

南大門野菜ホットッ(ナンデムンヤチェホットッ)

南大門に、大行列を作っている店があります。
私も今回初めて。
写真の左隅に写っている屋台を目当てに、ぐるりとひとが。
30分は並んだかなあ。
{8920F48A-89C7-4322-A2B0-0EFFA4FAB67D:01}


鉄板に油を注ぎ、なかば揚げ焼きする感じね。

{574054B5-2234-42D7-B23A-10B3E6C5E5D9:01}


焼いてる合間に、もちもちの皮で具を包むんだけど、その中身
の量たるや圧倒的。
{42C26F91-84BD-4545-8A89-2A309EDA3CD3:01}


なぜかパプリカやら椎茸やらが大量に投入されたタレ。
出来立てに、ささっと両面塗ってくれて、渡してもらえる。

{8569AC55-B067-4C86-BD6A-62981CF13210:01}


あちくてあちくて、すぐにはかぶりつけないが、外はかりかり
中はしっとり。
皮が本当に美味しい。
んで、チャプチェの具は、キャベツとかニンジンとか野菜たっぷり。
味付けもまことによく、こりゃーひとが行列する訳だ!
{D4AE18D5-1B9E-4F3D-96D6-576F132E4DFE:01}


これがひとつ1000KRWだからなあ、恐るべし。
小腹を満たすというには、ちょっと食べ応えあり。
小食な女子なら充分お食事代わりになります。
4号線会賢駅5番出口で降り、南大門市場をつっきる形でまっすぐに。
突き当たりGATE2のとこに、行列ができているからすぐわかりますよ。
お店のまわりで立って食べてると、目線が痛い。
「シッ、シッ」と手で追い払われる仕草もされました。
これだけの繁盛店、行列もすごいし、周囲からの苦情も少なくない
だろうなあ。多少のやっかみもこめて。

10:00~18:00(材料がなくなり次第終了)

Comment:0  Trackback:0
2014
04.02

チャニャンチッ・ヘムルカルグクス

土曜日の朝ご飯は、さっぱり汁モノで。
前の晩飲み過ぎちゃったからね。
韓国の手打ちうどん、カルグクスの専門店です。

5号線の鐘路三街駅から歩いて5分くらい。
以前このへんは歩き倒したものだけど、食べに来るのは久しぶり。
開店してまもなくの時間帯でした、。
入口が閉まっているから、気がつかず通り過ぎてしまったわ。{059D5AE3-3F50-427D-8031-360C8DFCCCBA:01}



こんなお店だったっけかな?

なんかこぎれいになったみたい。

前は2階で食べた記憶があるけれどなあ。

大盛りのキムチが運ばれてきて、待ちに待ったおうどんが

運ばれてきました~。

{C8A77004-BAE3-4671-96A1-27F9D52CF18A:01}


汁に沈んで、ちょっとわかりにくいけど、貝がたっぷりなの。
そのスープは海の幸の香りたっぷりで、あっさりしていて
私にとっては、まさにこれがヘジャンクク(酔い覚まし)です。{BFFD0852-9082-44D2-BF38-4BE5E6F6F2A5:01}


麺も大盛りなので、朝から食べ過ぎてしまう。

累々と積まれる貝殻。

{041F9421-660E-41BE-B888-578C77E7D1A8:01}


路地裏の小さな店だけど、テレビやなんかに何度も出てます。
平日のお昼時は半端ない混みようですよ。
有名人らしきひとの色紙なんかも飾ってあったわ。
{BC9CCC2F-C9BC-4E01-AC37-949AA653491C:01}


あ~、美味しかった!
手打ちのもちもちうどんと、化学調味料なんか使わない魚介のスープ
大満足の量の貝、そして「どんと食べんしゃい!」と言わんばっかりの
キムチ。
これで6000KRWだからねえ。素晴らしいCP。

Comment:0  Trackback:0
2014
04.01

2014年3月の東村(1日目)

ここでドンドン酒を飲むのが一番の目的。
お買い物も、ホテルライフも、マッサージも二の次なのですわ。
東村に向かう時、うれしさのあまり、思わず早足になっちゃうほど。

久しぶりの東村、この日は金曜日の夜とあって、それはそれは
大入りでした。
ご主人の高さんと挨拶をすると、「だんなさんは?」と聞かれ
「今回はお友達と来たのよ」と言う。

まずは貝の前菜。
わーーー、これ大好物です。いくらでも入るわ。

{B7CEE16A-857A-42EE-A6CD-3C70D9D74C56:01}


韓国風「おでん」も、どんと出され。
{EF628A02-1E41-4F90-8E0B-CB80970EDD3F:01}


比較対象がないのでわかりづらいけど、すごい大きさの海鮮
チヂミが出ました。
でも今日は強力な助っ人がいるから、怖くないもんね。
{68783E6E-7CF8-487D-B4BA-CAF253B7F44E:01}


ピリ辛のサラダ。これも好きなメニュー。
{D22F473A-EE1D-4C02-8D79-74BB05107668:01}


私が肉が苦手なのをご存じなので、気を遣って海鮮ばかり
出して下さってるなあ。
牡蠣もぷりぷりでした。なんて豪勢な~。

{0BA11339-3B8E-4B79-BF99-6B41ADF17DCD:01}


火を落としてしまったのに、わざわざ肉を焼いてもらい。

これは東村で最近始めたお料理ね。

ほかのお客さんもみんな頼んでいたわ。

そう辛くも、甘過ぎもせず、かなり美味しいらしいBBQ。
東村の新しい名物料理になるといいねえ。
{267482AE-41A1-4EE9-95B1-4AE699F4692C:01}



はい、今日の助っ人友人Yさん。

彼とは飛行機と旅を通じて出会ったんだけど、集まりが自然消滅

しても、いまだおつきあいいただいてます。ありがたいことに。


合流を決めたのは、なんと1日前。

LCCのラスト1だった残席をGETしたって。

三連休だからまず無理だろうと思っていたのに、すごいなあ。

それ以上に驚いたのは、復路を一体どうするんだろと思っていたら

帰りはフルフェア(正規料金)ですからと涼しい顔で言われたこと。

ああ、そうですか。

そりゃあ取れるかもね(笑)


彼とは、クアラルンプールでごはん食べたり、香港で上海蟹の会で

ご一緒したり、まあ身軽なひとだとは思っていたけど、機動力半端ないな。

{45E42B27-E449-478E-A434-5806D506FFE7:01}


このあと、東大門まで、女2人を送っていってくれました。

ありがと、夜のお散歩楽しかったよ。


Comment:0  Trackback:0
2014
03.31

ソウル駅のフードコート

ロッテマートで買い物したあと、ちょっと小腹が空いた時に便利
なのが、ソウル駅にあるフードコート。
同行者と別々のものが食べたい時にはいいよね。

新しくできたアウトレットと同じ建物内にあります。
まだきれいですねーーー。
{F1D7BF3A-B0CB-40D7-80C9-30DE36D5D9FB:01}


店舗ごとにいろんなお料理出してるので、チェック。
それから中央のレジで、食べたいものを申請してお金を払います。
渡されるのがこの番号札。

{E630756A-C462-4C98-BD42-2835A4A300A0:01}


あとは自分の番号が表示されたら、お店に取りに行くだけ。

{E7294725-FDA4-4BC7-975A-356D00AB41AE:01}


お友達は、ジャージャー麺。

{88F1C346-9D5D-413B-84C4-3FA9DC12AEAC:01}


私は辛くない冷麺を選びました。
麺がすっごい細くて、フードコートにしてはまずまず美味しかったな。
{2FC69957-F5D0-41F8-9C7B-EE39D36DD892:01}


日本のフードコートだと、お店ごとにお会計で、すごい行列できたり
するけど、こういう風にお会計を1カ所にまとめると早いよね。
合理的な仕組みだと、感心。

Comment:0  Trackback:0
2014
03.30

曹渓寺(チョゲサ)

鐘閣の裏の路地裏あたりはいいよねえ。
小さな飲食店が立ち並ぶ道で、卵やお米なんかの食料品を
配達していたわ。
半端ない量の卵だあ。
{50724ADD-2CE5-4376-8423-0A7420562187:01}


高いビルに囲まれながら、開発されてない古い町並みが残る。
カクテキを仕込むのかな、大量の大根の下ごしらえをするおばちゃん。
{3C32CA57-B176-4F99-B1B6-3F5A7D0C372F:01}


曹渓寺に立ち寄りました。
まわりは仏具を扱う店が並んでいる。
{B643CE00-86D1-440C-A1B3-E69C6C402B3C:01}


中庭にあるエンジュの大木にも、提灯飾ってありました。
樹齢500年の立派な木です。
{A11AA0C0-6FB0-498D-9514-8E5D5227D3C9:01}


ここに来るのは久しぶりだなあ。
GWの燃灯祝祭り(ランタンフェスティバル)を見に来て以来。
{7F905B92-8AF0-428F-9722-A987C706821D:01}


ちょうどお勤めの時間で、熱心な信者さんがお祈りしていました。
この大雄殿は、韓国最大の木造建築物だそう。
{BF123E84-6336-4E0D-9C4F-7AFE57EAB45E:01}


何か行事が近いのか、提灯の飾り付けしてる最中でした。
おっちゃんが1個1個手作業で吊るしていきます。
腕も首も痛くなりそうだなあ。
お疲れ様です。
{861C5BC8-55AB-4847-A3D2-A25177939148:01}

Comment:0  Trackback:0
2014
03.28

スンチャン食堂

金曜日の朝ごはん。
ホテルから歩いて5分ほどの場所にあるお魚定食の店。
こういう時ハングルが読めれば便利と思うが
お店の前をさっさと通過してしまった。
ネットで記事を拾い、店の外見を見比べてみて
「ああ、ここだわー」と入る。
{E848809F-8CD9-4D28-AE27-CE3D20292B07:01}

地元民らしきおっちゃんがひとり、後から若い女性。
ゆっくり朝寝してから来たから、朝のピークは過ぎたんだろうな。
まってりムードです。
{AB1BC5B2-E890-4793-9913-1767683A61EC:01}

さあ、韓国の第一食目はこれ。
たっぷりのおかずが嬉しいね。
ワカメスープも疲れた体に染み渡ったわ。
{AD9DB06E-EF6E-4E38-98ED-1061C19043E5:01}


メインディッシュはこの魚。
クルビという。日本語ではイシモチ。
市場に行くと、黄色いひもで括られているので、見覚えあるひとも多いと思う。
揚げ焼きみたいに、外側パリパリ。
身は風味があって、ふっくらと。
実は大好物だったりする!
{31F4CEE6-0470-4269-99C9-3FAC4C5E346C:01}


あとからお焦げを使ったヌルンジというスープが出たけど、初めて

食べたわ。なんか、味もしないし、ぬるいし、イマイチ美味しくない。
なんか食べ方があったんだろうか。
{EF14FB2D-B2FE-42DF-AC56-43912E2AB0A0:01}


お会計は2人で12000KRW。
仁寺洞や鐘閣に滞在してたら、一度くらい朝ごはんリストに加える
のもありだけど、わざわざ遠くから来るほどではないかなって。

コウケンテツさんの「僕の大好きな、ソウルのおいしいお店」という本
に掲載されていたそうで、この食堂のことをブログを書いている方
のほとんどが女子だったわ。



Comment:0  Trackback:0
2014
03.26

センターマークホテルふたたび

羽田から金浦へ着く時間は、同じ路線を飛ぶ他社便もちょうど
到着する頃。
イミグレが大混雑だったのもあり、両替やトイレを済ませたら
今度はタクシーも大行列でした。
Wi-fiの設定もしていなかったので、ネットも使えず、ばんばん
通り過ぎるバスを横目で見ながら、タクシーを待ちました。

「そういや到着時間を知らせてなかったなあ」と道中不安に
なりましたが、そこは韓国のこと、大丈夫だろうと。

ホテルに着いたらもう日付がかわっていましたが、フロントで
チェックインしようとすると名前を呼ばれました。
よかった、予約取っておいてくれだみたい。
そして、本日最後の到着客だったのだろうな。

遅くの到着にも関わらず、なぜかお部屋はアップグレードされていて
トリプルルームでした。
あ、去年(2013年)の7月 に泊まったのと同じお部屋だわ。
階は違うけれどネ。
{E4B735B8-AE54-40C6-BF67-5364754F87EF:01}


突き当たりに鏡。左はクローゼットとセイフティボックス。

右は小さいデスクと、ミニバーなんかがあります。

ここはミネラルウォーターを毎日人数分下さるので助かるわ。{C2E2399A-C0DC-4CC0-B423-09F506E7E8FC:01}



備え付けは、コットンやシャワーキャップのみ。

韓国に来る方は、歯ブラシはどうぞご持参下さい。
外資系のホテルにも置いていませんので。

{8697D9CD-8053-4FF9-8CCC-820FC4A7D099:01}


この角部屋、とにかく1日陽が降り注いで明るい。

明るくてきれいな浴室での朝風呂はサイコーですよ。{AB0E835B-DADE-4A7B-9CE8-17EF5497A94B:01}



コーヒーや紅茶、緑茶のティーバッグなどがあります。
{F0C86DB6-FF4F-440F-B480-04B90DC36725:01}


以前と違い、経費節減のためか、シャンプーやリンスなどが

大きな備え付けのボトルに変わっていました。
アメニティはASHFORD&HALLなのは、ポイント高かったのにな。


あと、ベッドの上にあった寝間着はなくなっていて、かわりに

薄手のバスローブだけになってましたね。

まあ兼用ということでどちらでもいけるけど。


1回19000Wもする朝食は、いまいち人気がなかったのか、今回

13000Wにディスカウントされていた。

んー、このあたりは美味しい朝食6000Wとかで食べられる店が

たくさんあるから、わざわざ倍は出さないだろうなあ。


鐘路三街から、仁寺洞の間にも、新しくてよさげなホテルが

いくつもできて、前みたいに「たっかいコンドミニアム、もしくは

モーテル、もしくは古い旅館」的な究極の選択をしなくてもよくなりました。

これからも宿泊はここを中心にするので、ほかも試してみようっと。


Comment:0  Trackback:0
2014
03.25

アシアナの機内食(シーフードミール)

いつもはすぐにイミグレを通り、JALのサクララウンジに直行して
しまうので、羽田の国際線ターミナルって全然知らない。
へえ、上の方にいろんなお店があるのねえ。
季節を先取りして、サクラでいっぱい。
{993ED553-4242-478C-BB7E-8889F40E1DB0:01}


で、お初のアシアナ搭乗。
機内食は24時間前なら特別食を用意してくれます。
これはシーフードミールです。
{92E80E89-F536-4A05-BFC5-2272F2BA87D2:01}


白身魚とイカ、海老を、野菜と一緒にトマトソースで。
添えられたのはフレンチドレッシングのサラダ、果物。
パスタが保温のしすぎか、固くなってそのまま持ち上がったのは
ご愛敬。
{50248988-90D3-4A00-9AC5-E990836F1E24:01}


友人の普通の機内食は甘辛い味付けのつくねでした。
(やっぱり特別食にしてよかった。。。ごはん抜きになるとこだわ)

そして、衝撃のキムチ
そして、嬉しいマッコルリ!(缶だけど)
素敵すぎるわ、アシアナ。

{3EAB723A-4423-46F1-B693-1DF7BF71D130:01}

Comment:0  Trackback:0
2014
03.22

ミレニアムヒルトン

お部屋からの眺め。
今日は混んでいるみたいで、12階。
多分、普通の部屋。禁煙フロアだそう。
お部屋の掃除が終わるまで、ラウンジで待たせて頂きました。

{24C7B8C4-7328-4286-9903-1391408ACC1E:01}

東京とほぼ変わらない気温。
晴れた日中は、コートいらないくらい。


Comment:0  Trackback:0
2013
12.02

アシアナ航空の幻のサービス

ひょんなことから、アシアナに乗る機会を得た。
といっても実際の搭乗は、来年なんだけどね。
Yの往復だけど、初めて乗る航空会社には興味しんしん。
HPから予約入れた後、あちこち見ていたら、なんか驚愕のサービス
を見つけた。

なんか、クルーによる民族衣装のファッションショーとか
マジックとか、イラストを描いてくれるのとか、家族でユニフォーム着ての
コスプレ撮影とか、いろいろ。
これ、機内だよねえ?ジョークじゃないよね?
こんなに正々堂々とHPに載せているんだから。
あまりにびっくりして、すぐにブログに書こうと思っていたのに
忙しすぎて3日ほど放置してしまった。
とりあえず、写真だけはコピーさせてもらったのだけど。

今日見てみたら、二度びっくりですよ。
機内特別サービスがほぼ全部消えてたわ。

ああ、残念。
紹介文もコピペしておくんだった!
これはマジックね。
{997EDB71-1E43-40E6-A5DC-21FC79E1650C:01}


メイクアップサービス♪
{03A50472-BB18-41A5-9C06-08388866BFA2:01}


家族コスプレ。実は着たいと思ったのに(笑)
{5D13D69B-BA3E-4574-9346-5012B1C0D5D8:01}


客室乗務員によるタロット占い!

{3A66BCD9-214E-444D-B286-C06702F0E202:01}


機内ファッションショーーーー!

{3930449F-EA2D-445C-A5FE-367DE8DE340A:01}


ちなみにメイクアップサービスには、お子さん向けのほか、男性への
パックまでありましたよ。
{90D41FFD-258E-4716-9F30-A6D05FB3313D:01}


素敵すぎるサービスの数々、ぜひ、復活を願います。

ちなみに、アシアナさんは機内でマッコリ(缶だけど)が飲めるんだって。
大韓のビジネスクラスに白ワインも泡も載せてないと前に書いたことが
あるけど、マッコリがあるなら、そっちのほうがよほど嬉しいのだ。



Comment:0  Trackback:0
2013
08.09

JALの特別食

日韓路線のエコノミークラスでも、特別食のリクエストを聞いて
くださるというので、お願いした。

行きの、羽田→金浦間の機内食。
シーフードミールです。
薄いパンの上に具が乗ったもの。
{9E321E03-29AA-4C09-B0AD-6E0972BBFE01:01}


果物とナタデココのデザートつき。
{7D96E818-92BC-47F5-979A-DB050426FB5A:01}


帰りは、仁川→成田。
同じシーフードミール。
今度はパンが一枚で、そのかわりにヨーグルトだった。
これ、男性なら一口だろう。
私も、ラウンジで食べてなきゃ、到底足りなかったかも。
{4FCAE34E-1449-457E-AA1B-42E2B38622A9:01}


帰りは、マジックⅤの機材。
離陸前からエンターテイメント楽しめてすごいなあ。
行きに見た映画が、やってなかったので、ONE PIECE見ちゃう。
{8C3B72E3-B779-4FEF-ADD6-5FCEB8DD48F9:01}
画面大きいし、操作もわかりやすいし、マジックⅤすごーい。


ちなみに、ノーマルメニューは、恵比寿なすび亭さん監修のお弁当。
往路。
{34A9D626-0779-4F8A-BB3B-5FEEFA3BD3DB:01}


こちらは復路。
{37D802EB-F766-4AFA-A784-28C37A81551C:01}


Comment:0  Trackback:0
2013
08.08

大韓航空の仁川ラウンジ

仁川空港の、エコノミークラスのJALカウンターは長蛇の列
だったけど、JGCはビジネスクラスのカウンター利用可能。
並ばないでOKなのは、ありがたいことで。

チェックインカウンターで案内されたラウンジは、大韓航空のだった。
{0303FE16-9853-4420-BF8E-5A9D475BD748:01}


電車を使って、サテライト側に出たとこにある。

搭乗ゲートに近くていいかも。

{DC6B184F-BEF9-4699-B0AD-03C20867D6B8:01}


前に使っていた小さなラウンジとは全然違うのね。

広々して、インテリアも北欧風?

明るくてとってもきれいです。

{346E20A3-C6E4-4FCC-AD6E-3FB0CD7A4A4C:01}

{58B1B450-F11A-413C-A2BE-A5FB9E45FFAE:01}


昼の便だったせいか、ラウンジにはあまりがっつりした食べ物は

置いてなかったです。

サーモンのねじねじパスタ(フジリ)が美味しくて、おかわりしました。
{926A232E-99A0-4884-8BE5-380B3F6FEB12:01}


卵料理やソーセージなど、朝食メニューだったな。

ハイアットリージェンシー提供だそうで、お味はそこそこですよ。

{216F4645-31CD-447A-859E-A7D4F55E5350:01}


飲み物も完備。

朝鮮人参茶があったのには、笑った。

試してみたけど、さほどくせもなく。

{D16CDC8F-C2B0-4C22-B55B-BFDE8CAC05C6:01}

La Croix D'Austeran BORDEAUX
白ワインは、なんと日本でも入手可能な1000円を切るもの。
お酒はサクララウンジの圧勝。。。
(バランタインの17年ものは思わずダンナが手を出していたけど)

それと、ここでチーズを取ってはいけません。
韓国におけるチーズは、まだまだ発展途上なのだと、強く思った今日。
{2C63C567-6C98-404B-9502-44475758860F:01}


金浦空港のラウンジは、あんまり居心地よくないから、仁川でゆっくり

ブランチするのがいいかもしれないな。

日本語の新聞や雑誌もそろっており、退屈しません。


Comment:0  Trackback:0
2013
08.07

2013年7月の東村(2日目)

この前の晩、「明日も来る?」「うん!」というやりとりが、高さんとあったので
2夜連続うかがう。
まあ、いつものことだけど。


まずは熱々のテンジャンチゲが。
韓国のお味噌汁ですな。
{6ACF08DF-532A-44E6-9098-2D2D23B93FBA:01}


そして、ズッキーニみたいな瓜みたいな野菜が入ったチヂミ。
巨大なり。でも5人もいるから怖くない♪
{4F2BA34D-4417-4B1A-B786-D3ED6D2375D3:01}


鳥たらい鍋を食べてから、行くつもりだったのが、結果オーライとなる。
セットされたのは、サムギョプサルだったから~。

それもひとりあたり、すごい量でさ。

弟は「受けて立ってやる!」と(笑)。

{8F9822CB-A46B-426C-A539-8B10A75634A9:01}



この焼くための鍋も初めて見るし!
てか、店でサムギョプサル食べてるひとをいまだかつて見たことない。
きっと、高さんは、特別に用意してくれたのだろうな。
キムチと、ニラと、肉をエゴマの葉に巻いて食べるんだと
お手本を作ってくれた。
{02F2C1F2-9316-4503-A04E-CFC0E273B787:01}

↓一緒に巻く用のニラ。
{5C1D96E8-0C84-4EA8-AA0D-8CE7D4F7EB87:01}


んで、サムギョプサルには、これが合うんだと教えてくれたのがチャミスル

とビールを割る飲み物。

スプーンと箸で、うまいこと攪拌すると、しゅわーーーーと泡立つのよね。

でも、日本人チームは誰も再現できなかった。

{BAACAB57-B4B8-4A4E-A628-7303B0EFB68B:01}


韓国のひとの宴会芸?
チャミスルを、iPhoneアプリのライトで照らしてます。
きれーーーい。
{F1B14C88-B199-46DE-83E5-CD4B7CE967BC:01}


{A8078D98-9210-4149-8FAC-1EC842F211FB:01}


ええと、娘が持っている段ボールは、いつものごとくお土産です。
父が言ってた。
家庭に招いているつもりで、もてなしてくれているんだなって。
はい、本当に感謝してます。
ソウルに行くのがこんなに楽しみなのは、ほとんど東村のおかげ
でもあるから。
またお邪魔させてください。ありがと、高さんドキドキ

Comment:0  Trackback:0
2013
08.06

九足(明洞 マッサージ)

ソウルでのマッサージは、最近いつもこちら。
明洞のど真ん中にあって、行きやすい。
お友達のひよこぱぐさん に教えてもらって以来、通ってます。

{96BC4F5A-0983-4427-95D0-BC1BDE3706F0:01}


待合室もないし、着替えるのもカーテンで仕切っただけのロッカールーム
だけど、気軽でいいのよ。
ソウルナビさんの口コミを参考に、あちこち予約してみたけど、ここ最高!と
思うような店にはなかなか出会えなかった。

もちろん、お金を惜しまず、高級スパなんかに行けば、違うのでしょうが。
いつでも好きな時に飛び込める町スパが、結局私の性分にあっているのだな。

{FCEB3B37-85AF-4A90-B85C-F8C2C2DEA043:01}


1時間みっちりやってもらって、28000KRWだよん。

{21BE35C9-1311-498C-BF96-541D9DAA81BD:01}

いろんな芸能人来てるのねえ。
今回初めてまじまじを壁の切り抜きを見ました。

いつも行くのが午前中から昼にかけてが多いので、待たされたことはない。
多分夕方から夜にかけてが一番混むのでしょう。
もちろん、つくひとによって、当たり外れはある。
でもまあ、概ね許せるレベル。
終わった後は、魂がちょっと抜けかけた気分になる。

これも個人差があるようで、私の父など、急に元気になり
このあと弟とダンナと男3人で焼き肉食べに行き、チャミスルしこたま飲んで
3時間。そのあと、仁寺洞のホテルまで道に迷いながら、歩いて帰ってきた。

慣れない異国でどうしたかと、女子チームは心配しているのに!
昼から大酒。。。しかも20時過ぎても起きてこないし。
おかげで楽しみにしてた鳥たらい鍋を食べに行けなかったじゃないか。

Comment:0  Trackback:0
2013
08.05

カメコルイェンナルソンワンマンドゥ&ソンカルグッス

南大門のメインストリートの中にあります。
地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅を背にして歩くと、左側ね。

南大門でよく行く店のひとに教えてもらったの。
テイクアウトだけの店だと思い込んでいたら、ところがどっこい
上では飲食 もできるのでした。
{F3ED811C-0406-4506-838F-03248907D02C:01}


店を入ると、このように肉まんが山と積まれ、この世のモノとは思えないほど
大量に生産しているおばちゃん達もいますが、ひるんではいけない。
奧に、椅子席の2階、座敷の3階につながる階段がありますです。

{0B80085B-357A-4EA0-965C-DDF1B698BD5E:01}


私は肉まんアウトなので、いつもカルグクスを食べます。
冬は本当に体が温まるよん。
{AF83487E-8D0F-4028-95FC-EDB6887F2F82:01}


これが噂の肉まん、マンドゥ。

辛いのと辛くないのとあって、一皿4個入り。

4000KRWだったかな。


{E0195A6A-186B-46A4-A746-AA8F60493053:01}


手作りで皮はもちもちで、中身もたっぷり。
昼になると、作ったそばから売れていきます。
美味しくないわけないよ~。

南大門と言えば、太刀魚の辛い鍋、カルチジョリムが有名ですが
あそこの食堂街よりは、私はついついこちらに行ってしまうかも。

Comment:0  Trackback:0
2013
08.03

Jetoy(ジェトイ)

だーいすきなジェトイ。
ここの猫グッズといったら可愛すぎる。
猫飼いさんはみなイチコロだろう。
日本にも通販のHP(choo choo本舗 )ありますが、直営ショップで買い物する
幸せにはかないません。

最寄りは地下鉄盆唐(ブンダン)線の狎鴎亭ロデオ(アックジョンロデオ
Apgujeongrodeo)駅3番出口駅。
出口出て、前方に見えるセブンイレブンを左に曲がり、直進した左側。
{66185A27-5159-48D5-9732-F415EF335834:01}


ピンクピンクの外装なので、すぐにわかります。
{D15E0C96-D359-48F8-B74B-254437326E52:01}


もう!店内は可愛いもののオンパレード。
私は2回目だったから、少し免疫があったけど、始めて訪問するひとは
財布のひもが緩みっぱになるでしょう。
{843DA79B-9E86-4DF7-8BC7-63989D6BB58C:01}

日本のジェトイではずっと売り切れの、iPhone5のカバーが欲しかったけど
ソウルも品切れ続出みたいで3種類だけが残ってた。
私が買ったのは↑です。
娘は、ピンクのめがねケースをお買い上げ。
{11DBD714-96BC-4C5A-AC9A-B201F17CE87C:01}


{EBFEDCC0-DB9D-45C5-8A47-23EA8AEE9768:01}

画像はジェトイさんにお借りしました。
この白猫が、うちの子のマシュにそっくりで、前回は買いあさってしまった。
猫好きなら、素通り出来ない店、恐るべしジェトイ。

お支払いにクレカ使えます。
あと、安いモノをたくさん買ってお土産にする人が続出したのか
最近になって、袋は追加で料金をもらうようになったよう。
1枚1000KRWだったか?
自分だけのお買い物でも、袋はくれなくなったようなので、要注意。

Comment:0  Trackback:0
2013
08.02

センターマークホテル

ソウルに泊まる時は、仁寺洞の宿ばかり。
西門のコンドミニアム形式の宿に友人と一緒に滞在した一度と
SPGプラチナだった頃にウエスティンとシェラトンとWのはしご宿泊した
一度を除いては。

仁寺洞の宿は、モーテルに似たホテルや、もろ連れ込み宿も多い。
オンドルにお布団形式の韓国スタイルの宿も使ってたなあ。
無難にYMCAとか(ただしここは水圧が弱い、部屋はきれいなんだけどね)
フレイザースイーツはとてもいいけどお値段高すぎ。。。とか、なんか
帯に短したすきに長しで。


久々に検索すると、あらま~いい立地で新しくホテルができてる!
3人のトリプルで、15万KRWを切るくらい。
1号線鐘路駅から徒歩2分程度だよ。
{25B1E745-572B-4AFC-9136-F5035B209D10:01}


トリプルだと、ベッドが少々きつめに並んでいる。
{FFE79999-2048-4739-99E6-B29A3AFED3DA:01}

小さいながらもライティングデスクや、全身が写る鏡もあります。
{5AFE9702-285A-4C81-80C3-88DCF41D08DB:01}


洗い場付きのお風呂。シャワーが3カ所もついていて、使い勝手がいいの。{6E124A2F-2158-4BD0-B6D9-DF95F71AA87E:01}


明るい日差しが差し込む窓。

iphoneだと、引きで取れなかったので、ソウルナビさんのお写真

借りました。水回りはかなりゆったりで、憩いの空間。

{8066282B-C70C-4A34-91B8-AD85D4B01259:01}

タオルがふかふかなのがいいし、バスローブも寝間着もドライヤーも
備え付けでありました。
この値段で健闘しているなあ。
欲を言えば、スリッパは使い捨てがよかったけど。

アメニティはASHFORD&HALLですし、無料インターネット(LAN、Wi-Fi)完備。
温水洗浄便座もついていて、ミネラルウォーター1室1本サービスもあり。

便利だったのは、明洞を通って、ソウル駅に行く無料シャトルバスを運行させてること。
これは滞在長いときは、便利よねえ。
1時間に1本くらいだけど、荷物多いときは助かるわ。

場所も言うことなしで、予算の範囲内で、日本語はなせるフロントも感じいいし
これからはここに決まりかと思いきや。
落とし穴はあるもので、下水の匂いがすごかった。。。
1日ずっとという訳ではないのだけど(夜中とか)、匂いだすと相当な。
残念!そこだけが!
(お部屋にもよりけりと思うけど、少なくとも601号室はアウトだった)。

でもほかに気に入ったホテルもないから、当分はここになるだろう。

Comment:0  Trackback:0
2013
08.01

2013年7月の東村(1日目)

韓国訪問の最大のお楽しみである東村。
頭はすでに、ドンドン酒でいっぱいだーーーー!

高さんとダンナは、久しぶり~とハグ。
父と弟を紹介して、偶然空いていたいつもの席へ。
おつまみ、バンバン運ばれてきます。
これはどんぐりの粉で作る、寒天のようなもの。
トトリムッというそうです。
{412FE5F0-4AEF-4E7B-898C-06A9A7FBC1CA:01}


家族絶賛の白菜のチヂミ。
あっさりとしているわ。
{DB57A074-B155-4849-80B3-4FAC60503DCA:01}


小さな蟹を甘辛く煮たヤツ。
パリポリとした歯ごたえがクセになりそう。
{F2E62C3F-86DD-46A6-B6BA-044709D509FD:01}


新じゃがをこっくり煮たおかず。
{44F18114-567A-4657-8F41-359932F5B6FC:01}


これは娘が好きなじゃこを水飴で甘く味付けしたヤツ。
必ず帰るときに、タッパーで持たせてくれる、東村の嬉しい定番おかずです。
{5A19F1F7-65C3-4AE6-9292-DF4E5C196D0E:01}


超豪華版の海鮮入りまくりチヂミ。
「そんなにおなかは減ってないよ~」と言っても、この量でもてなしてくれるのだ。
{29E84DD5-39EA-47A3-9952-E18056CD7109:01}


懐かしいような味の卵焼き。
そういや韓国には甘い卵焼きってないのかも。

{C69ED34E-01EA-4DC6-A2B6-72374015C215:01}


なにげに美味しかった野菜だけのサラダ。
ちょっと赤唐辛子をふってるんだけど、シンプルでうまい!
{B588C396-CB1F-4F9A-B781-9DD691D4AB66:01}


ダンナと弟が肉を食べたいと言ったら、作ってくださったお料理。
ふたりで頑張ったが、相当辛かったらしく、悶絶。
{04F11052-EC06-4C65-989D-22DD415551FA:01}


この日は、大学路でお芝居を観て、着いたのがもう10時半頃。

まっこりも堪能し、「明日も来るね~」と言って、ホテルに歩いて帰ったら

もう午前様であった。

東村でしこたま飲んで、歩いてホテルに帰れる幸せ。

終電も、タクシーの心配もいらず。

仁寺洞に泊まっていてよかったなって、毎回思うのだ。


Comment:0  Trackback:0
2013
07.30

大学路(テハンノ)

地下鉄4号線恵化(フェファ)駅周辺に展開する大学路。

学校もいくつかあるから、学生さんも多いのね。

なかなかにおしゃれ系な街で、東京でいうと下北沢みたいなとこ。

規模は下北以上ですが、とにかく劇場がたくさんあるんだわ。

photo:01



まずは、駅前の演劇センターで、MAPをもらいました。

残念ながら、弟(演劇やってる)が目星をつけてきた劇のチケットの

取り扱いはなかったけど、当日券ならば半額で売ってたりするの。

劇場窓まで行ってチケットを買い(クレカOKで、ひとり25000KRW)、開始が

8時なので軽く腹ごしらえすることに。

photo:02



すぐ横の脇道に、なんか嗅覚の働く店があるなあと思ってた。

行ってみたら大当たりでさーーー。

photo:03


カップに入れて食べるライスボールの店。
photo:04



注文すると、その場で作ってくれて熱々なのよ。一個2000KRWくらい。
そんなに安くはないけど、とにかく美味しかったなあ。
ツナキムチとか、スパムとか、グリルチキンとか、いろんな種類あり。



ここが今回劇を見た場所。

photo:05



公演はもちろん韓国語。

窓口のひとも、「韓国語だけだけど大丈夫なの?」と心配そうでしたが。。。

開演前なら、みなさんスマホばしばし使用してました。

写真を撮っているひとがいたので、私も1枚。

photo:06


物語は、当然のごとく意味不明でわからん!

でも、絶対に寝てしまうと思っていたけど、意外に最後まで楽しめました。

段々お話しの内容がわかってくると、推理を働かせたり、想像で

補ったり。妄想で台詞を考えてみたり。


そのうち、弟が話してくれたストーリーとは全くかけ離れていることに

気がついた。確か韓国に住んでいるモンゴル人の話で、人種差別や

社会問題にも切り込んだコメディだったはず!

しかもミュージカルって言ってたし!

頭の中はハテナでいっぱい。飛び交う、飛び交う疑問符。

いつ歌い出すのか、ここぞという場面場面で、横並びに並んだ家族の

期待が伝わる(笑)。


出てくる女の子が実はこの世のひとではない設定なんだと気がついてから

やっと、「あれ???」って。

最後まで、誰一人歌わねえし、踊らねえし!

終わって、弟と顔を見合わせ、「これ、違う劇じゃね?」って聞いたわたし。

爆笑。こんなとこまで来て、調べたのと別のもの見たなんて。

ハングルが読めないので、何を見たのかは永遠の謎。

私と弟以外の誰も、お芝居の内容意味不明だったそう。。。

ダンナは途中寝てしまったようだし。

まあ、これもあとになればいい思い出。

みんなで「あの時こうだったよね」って笑えるって、楽しくない?


金曜日の夜だというせいもあるだろうけど、気軽に当日券を買って

お芝居を見に来るひとがたくさんいることに感心しました。

お子さん用にクッションも用意されてたし、実際に連れてきてるひとも。

まるで映画を見に行くみたいに、さっと演劇を見る文化っていいね。



あ、ちなみに、弟が見たかった本当の劇はこちら でした。

だから、私は前もって調べて、予約しようと言ったんだ。

旅行中の行き当たりばったりは最も嫌い。

時間の無駄だし、はずれたときにショックだし。


Comment:0  Trackback:0
2013
07.29

鷺梁津水産市場

ホテルに着いたその足で、韓国で最初に作られた歴史ある水産市場

である「鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)」に出かけました。
地下鉄の駅から直結していて、わかりやすい。日本語の案内板もあります。

photo:03


やー、あまりの広さに度肝を抜かれましたわ。
2階から見渡したら、果ての果てまで全部水槽と店。
photo:01



キョロキョロ見回しながら、市場を見学。

なまこや貝類、平目や鯛、鱧や太刀魚。蟹も海老も種類豊富です。

photo:02



お友達に教えてもらった蟹が安い店は、夏休みとのことで、水槽空っぽ。
がっかりだあ。。。
まあどこで買ってもさしてかわらないだろうと、その隣の店でハマグリ1㎏と

中サイズアワビ3個、向かいの魚屋で平目を一匹買いました。

お値段はハマグリが13,000KRW、あわびが20,000KRW、平目が20,000KRW

の合計53,000KRWでした。


平目はその場で〆てくれました。
どかっと、平目の急所を一撃するお姉さん。

photo:06


合計金額を支払ったあとで、提携のレストランへ案内されました。
あとは払ってもせいぜい調理代と飲み物代なはず。

食べ物待つ間に、ビールで乾杯。

photo:05



刺身にしたアワビは、私が知ってるコリコリした歯ごたえのものと違うわあ。

柔らかくて、旨味があって、鮮度がいいから、みな絶賛。

胡麻油に塩を混ぜたタレで食べるとまたうまし。

photo:04



ハマグリは焼くよりスチームと言われ、まかせたら、大きな鍋に

大根とネギと一緒に煮たやつが登場。

うーん、スープはうまいが、貝の旨味が、全部汁に出ちゃってるやん。

鍋はタライくらいあるので、飲み干すの無理だし。

次に平目のお刺身が来ましたが、ずいぶんたくさんあるなあ。
慌ててスモールサイズでと言わなかったら、これの倍ある奴を〆られちゃう

とこだったんだけど。

photo:07



葉っぱに巻いて、コチジャンやもろみ味噌と合わせるのも乙。
にんにくや、いかにも辛そうな緑の唐辛子もあったけど、これはさすがに

誰も挑戦せず。

平目のアラは、辛い鍋にしてくれたけど、もう食べきれない。

もやしと芹がいっぱい入っていて。

平目は刺身にするより、火を通した方が美味しかったような気がする。

余った刺身を、貝のスープでしゃぶしゃぶにしたら、とてもよかったもん。

photo:08


お味は、まあまあだったのだが、問題はこのあと。

飲み物代と、調理代金しかかからないはずの、お会計がびっくりの価格。

ダンナが支払ったんだけど、全部で72,000KRWだと言われたと!

材料代より高い訳ないじゃん!

ダンナがちらっと伝票を見たら、ビールが1本10,000KRWで

ついてたらしい。

レシートをくれと言ったけど、手書きだからとくれなかった。

もうここで言い争っても、言葉の問題もあるし、第一食べてしまったあとだし。

旅行1日目から気分が悪くなるのもいやだから、そのまま帰ってきてしまった。


そう、確認しなかった私たちが悪い。

韓国の飲食店で今までぼったくられたことってなかったから

すっかり油断してました。

そうねえ、市内の飲食店ならともかく、こういう時価システムの店は

前もって聞くべきだったわ。

たくさんひとも入っていて、人気そうだったのに。

多少は外国人価格なのは、仕方ない。。。と私は思うけど、お味も

サービスもまあまあだっただけに、残念な気持ち。

こういうとこは、地元のお友達と一緒に来ないとダメね。


Comment:0  Trackback:0
2013
03.12

ベジの機内食

JALさんは、HPに機内食メニューを公開している。
行き先、搭乗クラス別に調べられて、旅行前はいつも楽しみにしてる。
(更新がギリギリなので、もう少し頑張ってくれるとなお嬉しいが)


大韓航空を2012年2月に利用した時、復路はビジネスだったので、機内食の

内容を問い合わせてみた。
エコノミーなら仕方ないけど、ビジネスで食べられないもの出たら悲しいもん。
この時のメインは案の定お肉でさーーー。

ならばシーフード食はどうかと聞いたら、タコのビビンパプだった。

そう来るか。。。シーフードは好きだけど、吸盤系だけは苦手なんデス。
考えたあげく、ベジタブル食をリクエストしました。
photo:01

このワンプレートで終わり?と思ったら、追加でメインが来ました。

なんだろう、これは。

目の前に運ばれた謎の物体は。。。

ワン、ツー、スリー、これだダウン





photo:02

多分、野菜を加工して固めた何か。
味は見た目ほど悪くない。
しかし、歯ごたえも噛むところもなく病人食みたいだなあ。

ベジ食といっても、チーズやヨーグルトのような乳製品はOKとか
いや卵までならいけるとか、様々なのよね。
精進料理が浸透してる台湾や香港、マレーシア、シンガポールなんかの

中華風ベジは結構好き。
以前バンコク発券してた時は、香港STOが目的でのセレクトではあったものの

チャイナエアラインのベジ食、密かに楽しみだったのだ。

ベジに限らず、リクエストした機内食は、搭乗時に確認されることが多い。
そしてほぼ100%、誰よりも早く運ばれて来る。
なんであの人だけ特別?ずる~い的なざわざわが聞こえたり

リクエスト食だと知らないひとからの視線が痛い場合もありますが。


ちなみにこの時のダンナのごはんはこれ。

photo:03


ソウル東京線は、距離短いし安いから仕方ないかもしれないけど
シャンパーニュはおろかスパークリングも載せてない。
せめて白ワインくらい提供してもいいじゃないかと思うんだけどな。

photo:04





Comment:0  Trackback:0
2013
03.11

2月の東村

2012年2月に訪問した時のお料理。
photo:01



いつの間にか店内が改装されて広くなってました。
photo:02



頼むのはドンドン酒だけ~。
あとは旬のものを使ったおすすめがエンドレスで出ます。
貝ばっかの鍋、素晴らしく美味しかったなあ!
photo:03



大量のジョンが山盛りで登場。
はう、これだけでかなりおなかにたまるよぉ。
でも美味しいので、結局食べてしまうんだ。
photo:04



photo:05


茶碗蒸しみたいなケランチム。
これも大好物!

photo:06


ジョンに取り組んでいる時に、出してくれたのはホヤでした。
韓国でも食べるのねえ!
磯の味が口いっぱいに広がります。
亡くなった母がこれ好きだったなあ。

全州一泊とソウル一泊の駆け足だったけど、マッコリとお料理
と韓国のひとのあたたかさを堪能し。

帰りは金浦空港からでしたので、できて間もない巨大なショッピングモールを見に行きました。

photo:07


はは、誰かが落書きしたのか、それともデフォルトかな?

Comment:0  Trackback:0
back-to-top