2016
12.20

2017年年会費 ほか

私たちが購入して以来、支払ってきた年会費の推移です。

2009年 540USD(クレカの請求書処分したので日本円はわからず)
2010年 556USD(同上)
2011年 578USD(クレカ請求時は49,238円)
2012年 606USD(合計50,447円)
 ※前倒しでポイントを借りたので、前借り時点では578USD(48,229円)で、その後
  請求された差額が28USD(クレカ請求時は2,218円)  
2013年 625USD(請求時は53,695円)
2014年 655.8SD(クレカ請求書処分したので日本円はわからず)
 ※前倒しでポイントを借りたので、前借り時点では625.4USDで、その後請求された
  差額が30.40USD 
2015年 675USD(請求時は82,886円)
2016年 703USD(請求時は86,861円)
そして2017年 737.78USD(クレカ請求はこれから)

おお、オソロシイ。

2015年のポイントは繰り越したので、来年のポイントを前借りし、ちょうど来年2017の年会費を払うタイミングで、2016年のポイントとあわせて6000アジアパシフィックポイントを30万マリオットリワードに交換しました。交換手数料はまたあがっており、139USDでした。
30万マリオットリワードポイントで何ができるかというと、「ホテル&エアーマイルパッケージ」に交換するのが一番割がよくて、JAL8万5000マイルとマリオットカテゴリ8のホテルに5泊できるのだ。カテゴリ8というと、シドニーやメルボルンのマリオット、香港のルネッサンスハーバービュー、品川のマリオットなんかがそう。
3年後に同様に、2018年分を繰り越し、2020年を前借りし、2019年とあわせてマリオットリワードに交換したら、もうアジアパシフィックからは手を引くかもしれない。私たちの契約では、マリオットリワードへ交換率が50倍なのは2020年までだし、そのころには年会費は軽く800を超え、900USDに手が届いてしまうかも。
仮に3年分の年会費が2500USDとしたら、それだけ払ってJAL8万5000マイルとホテル5泊かあ。ピーク時にアジアにビジネスクラスで夫婦で旅行すると思えば、ようやくもとがとれるくらいの感覚だわ。

売却する以外に、権利を放棄する形での退会なんて手段はあるのだろうか?まだ猶予があるのでこれから少し調べてみなくてはなるまい。
スポンサーサイト
2016
09.30

2017年の宿泊先と、マリオットゴールドの話

クラブリゾートは変わらず6ヶ所。
我が家が1年に1度もらっていた2万ポイントは、これからはゼロがひとつ取れて2000ポイントに。よって、泊まるのに必要なポイント数も桁が少なくなりました。
宿泊に必要なポイントはこちらから。

●マリオット・マイカオ・ビーチ(プーケット)
 月火水木680、金土1180、日950 
●マリオット・プーケット・ビーチ・クラブ(プーケット)
 月火水木680、金土1180、日950 
●マリオット・バケーションクラブ・エンパイア・プレイス(バンコク)
 月火水木680、金土1180、日950 
●マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ(オアフ島)
 月火水木660、金土1160、日930 
●マリオット・ワイオハイ・ビーチ・クラブ(カウアイ島)
 月火水木660、金土1150、日930 
●マリオット・グランド・シャトー(ラスベガス)
 月火水木610、金土1070、日860 

クラブコネクション(ホテルの通常のお部屋利用)は以下の通り。
2017年の上半期に宿泊できるホテルは以下のとおりだそう。

(オーストラリア)
ブリスベン・マリオット・ホテル
メルボルン・マリオット・ホテル
シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー

(中国)
北京マリオット・ホテル・シティ・ウォール
コートヤード香港沙田
香港スカイシティ・マリオット・ホテル
JWマリオット・ホテル香港
JWマリオット・ホテル・マカオ
ルネッサンス香港ハーバービュー・ホテル
ルネッサンス三亜リゾート&スパ
ルネッサンス上海豫園ホテル
三亜マリオット亜龍湾リゾート&スパ

(フランス)
マリオット・ビレッジ・イル・ド・フランス

(インド)
ゴア・マリオット・リゾート&スパ

(インドネシア)
アヤナ リゾート&スパ バリ
コートヤード・バリ・ヌサ・ドゥア
ザ・リッツ・カールトン・バリ
ザ・ストーンズ・ホテル・レギャン・バリ

(日本)
オキナワ マリオット リゾート&スパ
東京マリオットホテル

(シンガポール)
シンガポール・マリオット・タン・プラザ・ホテル
ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール

(スペイン)
マリオット・クラブ・ソンアンテム
マリオット・マルベーリャ・ビーチ・リゾート
マリオット・プラヤ・アンダルシア

(台湾)
台北マリオット・ホテル

(アラブ首長国連邦)
JWマリオット・ホテル・ドバイ

(アメリカ)
JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク
ニューヨーク・マリオット・アット・ザ・ブルックリン・ブリッジ
ニューヨーク・マリオット・マーキス
ルネッサンス・ニューヨーク・タイムススクウェア・ホテル
ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

(ベトナム)
ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン

台湾とかマカオとかがようやく入ったのはありがたいわ。
個人的には香港以外の中国多すぎ!そしてアジアパシフィックなんだからタイとかマレーシアの都市部を入れてくださいと思う。今後はカンボジアやミャンマーやラオスにも期待してます。
2015年のリゾート一覧をアップしたのも貼っておきます(こちら)。
ぽつぽつと入れ替わっておりますね。

マリオットとスターウッドが合併したことで、お互いのステータスがどうなるか、上級会員にとっては不安があったでしょうねえ(アジアパシフィックの平会員についてはステータス付与はないので、私には関係ない話ですが)。
このたび、自動的に相手方のステータスがもらえるという扱いになったようで、ステータスマッチ申請も不要です。
ですから、SPGアメックスカードを持っていてSPGゴールドをいただいている方には朗報ですな。自動的にマリオットもゴールドですって。私もマイル稼ぎのため入会しましたが、1年で退会してしまったカードです。だっていくら1泊無料宿泊をいただけるとはいえ、年会費高いんだもん。
今更ながらですが、持ってればよかったなあ!
SPGゴールドはレイトチェックアウトが使えるくらいで、めぼしい特典はありませんでしたが、マリオットのゴールドはエグゼラウンジが使えるのよねえ。名前は同じゴールドとはいえ、これが同等な訳ない。マリオットゴールドはは年間50泊が必要なんだもん。
紹介者がいれば17000ポイントいただけるキャンペーン(条件あり)もあるし、ほとぼりがさめたらダンナ名義で申請してみようっと。きっと今狂ったようにSPGアメックスの入会申請がきていることでしょう。
2016
04.08

マリオットリワードポイント購入

マリオットリワードポイント(MRP)の有効期限が今年の5月に切れるという。
あらま、12460MRPが消えちゃうのはもったいないわね。



アジアパシフィックポイント(APP)2015年末は繰り越してあり
今年2016年の分をあわせると、今手持ちは4万APPです。
じゃあその4万APPを、どうせMRPに交換しちゃうつもりだったから
そうしようかな?と思ってました。
念のためサービスデスクに問い合わせてみると、APPからMRPへの
交換もポイント維持の条件に当てはまるという。

んん、でもAPPをMRPに交換するための手数料は、最後に交換した時で
124USDもしたんだよね。
ひょっとしてまた値上がりしていないかな。
来年2017年分の2万APPポイントを前借りし、一気に6万APPにしてから
交換した方がお得じゃないかしらん?

問題は、APPを前借りするには、年会費を先払いしないといけないこと。
最新の2015年末請求分でも703USDしたからなあ。。。と考えて。
そっか、ならば請求が来る今度の12月に2017年分を前借りして、同時に
6万APPをMRPへ交換しちゃえばいいと思いつく。

届いたメールを見ると、ポイント維持の条件の中には、「MRPの購入」もあるわ。
じゃあ交換じゃなく、購入にしよ。今持っている12460MRPを切りよく15460にするべく
3000MRPを購入することにしました(最低購入単位は1000です)。




日曜日に手続きをしまして。
3000MRP購入37.5USDでした。



火曜日の早朝には、移行完了のメールが届いていました。
ポイント購入し、移行される早さはヒルトンの方がずっと早いかな。
でも、すぐに使う訳じゃないから問題なし。
2015
12.22

2016年 年会費

マリオットのアジアパシフィックという会員権を持ってる。
12月は年会費を払う月なのですが、まーた値上がりしてるワ。
建物も備品も経年劣化するんだから、年会費は永久に下がること
なんかないって話ですよね。
購入の時に、そこんとこ考えなかったのがダメでしょ(笑)。

来年2016年分の年会費、700USD越え!
円安の今は、特につらいわねえ。


私たちが購入してからの年会費はこんな感じ。
(2万APポイント持っている場合です)

2009年 540USD(クレカの請求書処分したので日本円はわからず)
2010年 556USD(同上)
2011年 578USD(クレカ請求時は49,238円)
2012年 606USD(合計50,447円)
 ※前倒しでポイントを借りたので、前借り時点では578USD(48,229円)で、その後
  請求された差額が28USD(クレカ請求時は2,218円)  
2013年 625USD(請求時は53,695円)
2014年 655.8SD(クレカ請求書処分したので日本円はわからず)
 ※前倒しでポイントを借りたので、前借り時点では625.4USDで、その後請求された
  差額が30.40USD 
2015年 675USD(請求時は82,886円)

会員権のAPなど、まだまし。
所有権をお持ちの方は大変だろう。
コオリナのオーシャンビューの2ベッドルームをお持ちの方のブログを拝見したら
とうとう年会費20万円を突破したとのこと。。。
年会費20万って。
わざわざ所有しなくても、余裕で1週間借りられる金額ではないかしらん。
2015
06.20

バリ島で利用できる新しいホテル

2015年6月19日に来ていたお知らせより抜粋。



ザ・リッツ・カールトン®、バリ
1泊につき11,000 - 12,500クラブポイント(サワンガン・ジュニア・スイート)
1泊につき50,000マリオット・リワード・ポイント
インド洋を一望する高台にあるラグジュアリーなホテルでは、パラダイスでの魅惑の
ひとときをお楽しみいただけます。
ガラス張りのエレベーターでビーチに降りると、そこには白い砂浜と 穏やかな波の調べ
が広がっています。
このホテルは、2015年7月18日チェックインから2015年12月24日チェックアウト分まで
のご予約を承っています。


「プレミア・プラス限定」とのことなので、↓のホテルを利用可能なのはごく限られた客層ね。
もちろん我が家も対象外ですが、ウブドにリッツかあ。
年末に行く時は視察してこなくちゃ。
マンダパ、リッツ・カールトン®・リザーブ
1泊につき13,000 - 15,000クラブポイント(リザーブ・スイート)
 ※ミニマム3泊のしばりあり。
マンダパ·リッツ·カールトン·リザーブは名声あるリッツ·カールトン·リザーブ
コレクション3つ目のホテルとして2015年第3四半期にオープン予定です。
マンダパはバリ島における文化とスピリチュアル精神の中心であるウブドに位置。
緑豊かな森とアユン川、そしてライス・テラスを背景にした荘厳な寺院が建つ美しい
ロケーションとなり、究極の経験を求める人々の目的地となります。
このホテルは、2015年9月5日チェックインから2015年12月24日チェックアウト分までの
ご予約を承っています。





アジアパシフィックのポイントや、MRP(マリオットリワードポイント)を使って宿泊可能な
バリのほかのホテルも併記しときます。

●アヤナ・リゾート&ザ・リンバ・ジンバラン・バリ、アヤナ
1泊につき6,500クラブポイント(リンバ・ジンバラン・バリ、アヤナのジンバラン・ベイルーム)
1泊につき7,500クラブポイント(アヤナのスタンダードルーム)
11のプール、15のレストラン、アクアトニック海水セラピープールを有するスパのほか
ゴルフのパッティングやフィットネスセンターなどもご利用いただけます。
このホテルは、2016年1月1日チェックアウト分までのご予約を承っています。



●コートヤード・バイ・マリオット®・ヌサドゥア
1泊につき3,500クラブポイント(デラックス・プールビュールーム)
1泊につき25,000マリオット・リワード・ポイント
屋外のラグーンプールやヘルスクラブ&スパ、レストランのほか、シャトルで5分のプライベート
ビーチなど、最高の施設をお楽しみいただけます。
このホテルは、2016年1月1日チェックアウト分までのご予約を承っています。



●ザ・ストーン・ホテル-レギャン・バリ、オートグラフ・コレクション
1泊につき4,500クラブポイント(スタンダードルーム)
1泊につき30,000マリオット・リワード・ポイント
レギャンビーチの南端に位置し、海へは通りを渡ってすぐのロケーション。
穏やかな屋外プールやバリニーズ・スパ、目の前で料理が振る舞われるオープンキッチンカフェ
など3つのレストランを備える一大リゾートです。
このホテルは、2016年1月1日チェックアウト分までのご予約を承っています。


●コートヤード・バイ・マリオット・バリ・スミニャック
1泊につき25,000マリオット®・リワード・ポイント
活気あふれる高級スミニャック市街にある5星ホテル。


2015
04.10

2015年のクラブリゾート&クラブコネクション

クラブリゾートは6ヶ所。
必要なポイントはシーズンや曜日で様々なので、ポイント数は参考までに。
とりあえず我が家が使うとしたら、ピーク時の2ベッドルームと思うので
その必要ポイントを書きました。
ほんとに笑っちゃうことに、うちで持ってる2万ポイントでは、土日の2泊すら
滞在できないわねえ。年会費8万以上も払ってこの有様ですよ。

●マリオット・マイカオ・ビーチ(プーケット)
 月火水木6800、金土11800、日9500 
●マリオット・プーケット・ビーチ・クラブ(プーケット)
 月火水木6800、金土11800、日9500 
●マリオット・バケーションクラブ・エンパイア・プレイス(バンコク)
 月火水木6800、金土11800、日9500 
●マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ(オアフ島)
 月火水木6600、金土11600、日9300 
●マリオット・ワイオハイ・ビーチ・クラブ(カウアイ島)
 月火水木6600、金土11500、日9300 
●マリオット・グランド・シャトー(ラスベガス)
 月火水木6100、金土10700、日8600 







クラブコネクション(ホテルの通常のお部屋利用)は以下の通り。
●北京マリオット®・ホテル・シティ・ウォール(北京)
(スタンダードルーム‐1泊につき4,500クラブポイント)
●チャイナホテル・マリオットホテル(広州)
(スタンダードルーム‐1泊につき4000クラブポイント)
●コートヤード・バイ・マリオット(香港)
(スタンダードルーム‐1泊につき4000クラブポイント)
●香港スカイシティ・マリオット®・ホテル(香港)
(スタンダードルーム‐1泊につき4500クラブポイント)
●JWマリオット®・ホテル(香港)
(スタンダードルーム‐1泊につき8000クラブポイント)
●ランガム・プレイス・モンコック(香港)
(スタンダードルーム‐1泊につき5500クラブポイント)
●ルネッサンス®・ハーバービュー・ホテル(香港)
(スタンダードルーム‐1泊につき6500クラブポイント)
●ルネッサンス®三亜リゾート&スパ(三亜)
(スタンダードルーム‐1泊につき5000クラブポイント)
●ルネッサンス®上海豫園ホテル(上海)
(スタンダードルーム‐1泊につき5000クラブポイント)
●三亜マリオット®・ヤーロンベイ・リゾート&スパ(三亜)
(スタンダードルーム‐1泊につき7000クラブポイント)
●ゴア・マリオット®・リゾート&スパ(インドゴア)
(スタンダードルーム‐1泊につき6000クラブポイント)
●アヤナ・リゾート&スパ(バリ島)
(スタンダードルーム‐1泊につき6500クラブポイント)
●コートヤード・バイ・マリオット®・バリ・ヌサドゥア(バリ島)
(スタンダードルーム‐1泊につき3500クラブポイント)
●ザ・ストーン・ホテル・レギャン(バリ島)
(スタンダードルーム‐1泊につき4500クラブポイント)
●コートヤード・バイ・マリオット®東京銀座ホテル
(スタンダードルーム‐1泊につき5500クラブポイント)
●オキナワ・マリオット®・リゾート&スパ
(スタンダードルーム‐1泊につき6500クラブポイント)
●シンガポール・マリオット®・ホテル
(スタンダードルーム‐1泊につき8000クラブポイント)
●ザ・リッツ・カールトン®・ミレーニア・シンガポール
(スタンダードルーム‐1泊につき6,500クラブポイント)
●ルネッサンス®・コ・サムイ・リゾート&スパ(タイコムサイ島)
(スタンダードルーム‐1泊につき5000クラブポイント)
●ルネッサンス®・リバーサイド・ホテル・サイゴン(ベトナム)
(スタンダードルーム‐1泊につき4500クラブポイント)
●サーファーズ・パラダイス・マリオット・リゾート&スパ
(スタンダードルーム‐1泊につき4000クラブポイント)
●シドニー・ハーバー・マリオット®・ホテル・アット・サーキュラーキー
(スタンダードルーム‐1泊につき7000クラブポイント)
●JWマリオット・エスエックス・ハウス・ニューヨークホテル
(スタンダードルーム‐1泊につき11000クラブポイント~)
●ニューヨークマリオット・アット・ザ・ブルックリン・ビレッジ
(スタンダードキングルーム‐1泊につき10000クラブポイント~)
●ニューヨーク・マリオット・マーキース
(スタンダードキングルーム‐1泊につき12000クラブポイント~)
●ルネッサンス・ニューヨーク・タイムズスクウェア・ホテル
(スタンダードキングルーム‐1泊につき12000クラブポイント~)
●マリオット・ヴィレッジ・イル・ド・フランス
(2ベッドルーム・ヴィラ-1泊につき1750-10750クラブポイント)
(3ベッドルーム・ヴィラ-1泊につき2250-12000クラブポイント)
●マリオット・クラブ・ソン・アンテム(スペインマヨルカ島)
(2ベッドルーム・ヴィラ-1泊につき2500-8750クラブポイント)
●マリオット・マルベラ・ビーチ・リゾート(スペイン)
(2ベッドルーム・ヴィラ-1泊につき2750-10000クラブポイント)
(3ベッドルーム・ヴィラ-1泊につき3000-11000クラブポイント)

ピンク字は今年新しく加入したホテル。
※マリオット・プラヤ・アンダルシア、ルネッサンス®・サッポロ、JWマリオット・ドバイ
 はなくなった模様。










つくづく思う。
今年はそうでもなかったけど、この数年間の必要ポイント数の値上がり
ハンパなかったから、ポイントをそのまま使うのはどぶに捨てるのと同じだと。

バリ島のアヤナが入ってるのを気がついてなかったから、「へえ」って思った。
でも初期投資のほかに払ってる年会費を考えたら、ポイントではまったく
割にあわない。。。ここへの宿泊はかなり迷うところだけど、泊まるとしても有償だな。



2015
02.12

説明会とは名ばかりの。。。

前に書いたポイント改善のオハナシ。
平河町のホテルでの説明会に行ってきました。
ひとつの部屋に3組の客がそろい、同時に説明を受けました。

●オアフ島のコオリナ、プーケットなどに6カ所あるホームリゾートを
ワールドトラベル・コレクション(インターバル・インターナショナル社を通じて
利用可能なマリオットブランドのタイムシェア物件)を含めた50カ所も含めて
ポイント統合するということ。
※所有権としてのタイムシェアはもう販売を中止し、これからはAPのような
ポイント制に移行するという話もどこかで聞いたけど、その一環なのだろうな。

●必要ポイントはシーズナリティなどを考慮して、細分化されるということ。
(AP2万ポイントを2000ポイントとして換算するみたい)

今までは、説明会当日に購入を決めたひとがプレミア、6万APポイント以上の
所有者がプレミアプラスとされてきたけど、新ポイントでは少し変わるのかな。
25000APポイント  プレミア1
40000APポイント  プレミア2
70000APポイント  プレミアプラス1
1000000APポイント  プレミアプラス2
1500000APポイント  プレミアプラス3
だそうで、もちろんあと5000APポイントを買い増ししないかという
オファーを受けました。
7250USDのところ、割り引きで6750USDとのことでした。
今のレートだと、80万円越えだよ?
ただでさえ年会費の増加に頭を痛めているのに、手放したい人も多いのに
買い増しなんて考えるひといるのかなあ?

ちなみにプレミア会員の特典として、マリオットリワードプログラムの
ゴールドになれるというものがありましたが、これはどうなのよ。
ラウンジアクセスできるのと、レイトチェックアウト可能なのはいいけれど
1年限定の資格なんだって。
住友VISAカードさえ所持していればヒルトンゴールドをもらえることを考えるとさ。
ヒルトンさんはゴールドでもあさごはんはついてくるし、アップグレードもあるし。
これ最強じゃない?ダイヤもってなくてもよくない?と常々。
大枚支払ってダイヤを維持するよりも、ヒルトンに泊まるときだけ、エグゼフロアを
予約する方がずっと合理的だわ~と最近思う訳。

APポイントをそのまま使うのは無駄なので、5倍になるマリオットリワードに交換して
トラベルパッケージでしか使用していませんということを言いましたら、担当さんは
とたんに貝になってしまわれました。
売れない。。。と思われたのでしょう。
売りたい人と、買いたくないわたしたちがいつまでも雑談していても
仕方ないので、早々においとましましたが、なんとも後味の悪いもので。


2015
01.23

2015年年会費、その他

MVCIアジアパシフィックの2万ポイント所有のわたしたち。
2015年の年会費の請求が来ましてね。
今年は675USDでした。
2014年は655.80でしたので、19.2USDの値上げです。
円安の今。。。122.794でカードの請求が来ており、なんと日本円では
82886円という驚きの金額になっておりまする。

これだけの年会費を払っても、まだ恩恵を受けていると言えるので
もうしばらくは我慢します。
でも会員のみなさん、そろそろ不満が溢れてきてるんじゃないのかなあ。
じかにポイントを使っての宿泊じゃ、まったくもって損するばかりだし
使い方がよくわからず、ポイントを失効したりしている方も絶対にいるはず。


あと、プレミアメンバー向けの新規フリーダイヤルの案内が来てました。
新規フリーダイヤル番号は0120 924 658、既存のフリーダイヤル00531-650574
と+800 8855 6677(800番のフリーダイヤル番号の前には、国際識別番号をつけて
ダイヤル)も引き続き利用可能。
月曜日から土曜日、日本時間の午前9時から午後6時まで、Eメールで問い合わせ
はMemberServicesAP@VacationClub.com.まで。


さ、本題ですが。
1月21日に来ていたMVCIから来ていたメールです。


2015年5月、マリオットのポイント制度が新しく変わります!
つまり、皆様のポイント利用方法が改善されます。
そこで、日本在住のメンバー様限定で「新ポイント説明会」を日本で開催いたします。
セールスエキスパートより皆様に分かりやすく、丁寧にご案内させて頂きます。


改善とな!もういやな予感しかないないわ(笑)。

しかも下記の条件付き。
※当説明会は、完全予約制(約90分)の新ポイントシステムのご案内です。
※尚、本説明会は既婚の方は必ずご夫婦揃ってご参加ください。
※会場の都合上、お子様連れのご来場は6歳以上とさせて頂きます。

これは絶対に何か新たに売る気満々ですよ。
運用が変わるだけでわざわざ説明会を開くわけないじゃん。
とはいうものの、一体何をしたいのか、確かめたい好奇心もある。
早速週末の説明会とやらを予約してしまいました。

詳細はまた帰ってきたら報告します。
2014
07.24

日本語サービス解禁だそうだ

マリオットから、アジアパシフィック関係のメールが来ました。


「メンバーの皆様に朗報です!

メンバー専用ウエブサイトの日本語対応

開始されました」とのこと。


日本語でご覧頂く為には、クラブリゾートの画面に進んで頂き

日本の国旗で示された画面上段右側の‘Translate this page: Japanese

部分をクリックすると日本語でご覧頂けます。


早速見てみましたが。。。

意味な~い、この「朗報」とやら。

TOPの画面から、全部日本語使えるようにしてくれーーー。



あとは。

ご予約受付期間が、201541日チェックアウト分まで延長された

クラブコネクション(普通のホテル利用)施設も発表になってました。

あ、読谷のルネッサンスがなくなったなあ。


北京マリオット®・ホテル・シティ・ウォール – 中国 北京

(スタンダードルーム‐1泊につき4,500クラブポイント)


マリオット・ヴィレッジ・イル・ド・フランス – バイリーロマビリエ、フランス
(2ベッドルーム・タウンホーム: 1泊につき2,000-9,000クラブポイント)
(3ベッドルーム・タウンホーム: 1泊につき2,500-11,250クラブポイント)

ザ・リッツ・カールトン®・ミレーニア・シンガポール – シンガポール
(スタンダードルーム‐1泊につき6,500クラブポイント)


マリオット・クラブ・ソン・アンテム(マヨルカ島)
マリオット・プラヤ・アンダルシア
マリオット・マルベラ・ビーチ・リゾート
ルネッサンス®・ハーバービュー・ホテル香港
香港スカイシティ・マリオット®・ホテル
コートヤード・バイ・マリオット沙田
アヤナ・リゾート&スパ バリ
コートヤード・バイ・マリオット®・バリ・ヌサドゥア
コートヤード・バイ・マリオット®東京銀座ホテル
オキナワ・マリオット®・リゾート&スパ

シンガポール・マリオット®・ホテル
ルネッサンス®上海豫園ホテル
ルネッサンス®・サッポロ・ホテル
ルネッサンス®・コ・サムイ・リゾート&スパ
ルネッサンス®・リバーサイド・ホテル・サイゴン
シドニー・ハーバー・マリオット®・ホテル・アット・サーキュラーキー
ルネッサンス®三亜リゾート&スパ
三亜マリオット®・ヤーロンベイ・リゾート&スパ
JWマリオット®・ホテル・ドバイ
ゴア・マリオット®・リゾート&スパ


必要なポイント数はこちら(PDF)から。

2013年のクラブコネクションについて書いた記事はこちら

比べたら、またしても必要ポイント数あがっているのだろうなあ。

憂鬱になるから、見る気がしないワ。


Comment:0  Trackback:0
2014
03.27

マリオット、カテゴリの改悪が来ます!

今のカテゴリ、4月7日までらしいです。

4月8日以降は、とほほなことになりそう。


国内でいえば、たとえば沖縄。

我が家的にはこれが一番痛いわあ。

読谷のルネッサンスはカテゴリ6→7に

名護のマリオットはカテゴリ6→7に

リッツカールトンはRZ2→RZ3に


東京のリッツはRZ4→RZ5に

プリンスサクラタワーはカテゴリ7→8

マリオット東京カテゴリ7→8

銀座のコートヤードはカテゴリ6→7


名古屋のマリオットはカテゴリ5→6

ルネッサンスナルトはカテゴリ5→6

香港島の方のコートヤードはカテゴリ5→6


軒並みあがってますよ。

私はアジアパシフィックのポイントを、マリオットリワードポイントに

かえて、貯めていますが、よく使っているトラベルパッケージも

これからは発券どうしよう。

今カテゴリ6のホテルであれば、23万ポイントで済むところが

カテゴリ7のホテルを予約するとなれば、25万ポイントも必要になる。

使いたいところはみなカテゴリ高い。。。

そもそもカテゴリの低い安いホテルなら、有償で予約しちゃうもの。

8万5千のJALマイルもらえるところを、7万マイルに減らすしかないか。


こんなにどんどん使用するのに必要なポイント数があがり、年会費や

各種手数料も値上げになって。

維持するのにどれだけかかるんだーーー。

バケーションクラブ、売りに出したいひとが多い訳だよね。


マリオットさんよ、

こんなえぐいことしてると、みんなヒルトンやSPGに流れちゃうよ。


Comment:0  Trackback:0
2014
01.12

トラベルパッケージ発券

昨年年会費を前倒しで払い、2014年分のポイントを前借りして

マリオットリワードに26万分のポイントをぶちこんだので。。。


この三連休でトラベルパッケージを発券することにしました。

そろそろ予約しないと、ホテル5泊分が取れなくなるものね。

シンガポールのオフィスは混んでいて、まったくつながらず、電話番号と

名前と会員番号を残すと、折り返し連絡をくれました。


連絡先は下記のとおり。

00531-650574
*国際識別番号をつけずにそのままダイヤルでOK。



今回予約したのは、日本国内の、GWど真んなか、カテゴリ6 のホテルが5泊。

それと、JALマイルが85000マイル。

この組み合わせがいただけて、25万マリオットリワードポイントでOK。

普通に泊まろうと思ったら、1泊につき10万以上のマリオットリワードポイントが

必要なことを考えると、えらいことお得ですわ。

 ※カテゴリで調べる方に→カテゴリ5はこちら

 ※JALマイルはトラベルパッケージお願いした日から、4日目には加算されてました。



ちなみに有償でこの期間に泊まるといくらになるか、ホテルのHPで確認すると

5泊で30万円越えでした。

まだ少し先の予約とはいえ、高い。。。もとを取りまくっている感じ♪


多少カテゴリの変更があっても、必要ポイント数があがっても

トラベルパッケージがいつまでも使えますように。

マリオットさん、頼みますよーーー!!!


Comment:0  Trackback:0
2013
12.25

2014年会費の請求と支払い方法の追加

マリオットからメールが来てました。

なんでもクラブ年会費をウェブサイト上で支払いOKになったとか。


VacationClubAP.com にユーザー・ネームとパスワードを入れてログインして。


1 メイン画面の右上メニューバーの"View Account"より"My Club Dues"

 ご選択ください。

2 "Amount to pay"にはお支払い頂く合計金額が表示されます。
   ※オンライン上では全額のお支払いのみが可能でございます。

3 支払い完了メールの送信先のメールアドレスをご入力ください。

 またお支払いの前にプライバシー・ポリシーをお読み頂き、その後括弧内に

 チェックをしてください。 そして"Make A Payment"をクリックしてください。

4 クレジットカード入力画面にまいりますので、カード情報の入力とご住所の

 ご確認をお願いします。
 ※ご利用頂けるクレジットカードの種類は、ビザ・マスターカード・AMEX

5 "Submit"をクリックしてください。
 ※お支払い完了後48時間程でお客様のアカウントにお支払いが反映されます。

6 カード番号が通りますと、決済完了の画面に参ります。

 決済完了メールは"My Club Dues"の画面上に入力された宛先にお送りされます。




さて、2014年の会費ですが。

20000アジアパシフィックポイントを所持してる我が家への請求は、655.80USD。

11月に前借りをして、625.40USDを支払い済みなので、差額30.40USD也。

これはすなわち2013年度の年会費との差額でもある。

3000円強の値上がりですね。


Comment:0  Trackback:0
2013
11.16

マリオットリワードポイントへの移行手数料値上がり!

アジアパシフィックへの電話はいつも土曜日。

デスクが移動してから初めての国際フリーダイヤルをかける。

最初に英語、次に広東語のアナウンスが流れます。日本語は3番でね。


対応して下さったのはSさんという、とても有能な日本人女性。

てきぱきと要領よく、わかりやすく手順を示して下さる。

過去に何度か打っても響かないような方がいらしたので、大いに安心する。


まずは2014年のポイントを前借り。

まだ来年の年会費は確定していないので、今年の基準で計算。

私の所有する2万ポイントでは、年会費625.40USDが必要。

不足分は後日請求が来るし、(99%ないけど)余れば2015年の年会費に

充当するルールになっている。


次に、前借りしたことで合計52500あるうちの、52000をマリオットリワードポイント

に移行する。移行は1000ポイント単位なので、端数の500は2014年分として

口座に残ることになる。

52000×換算率5なので、マリオットリワードポイントが260000増えた訳。

で、移行のための手数料が109USDだったのが。。。

124USDに値上がりしてました。


こうやってじわじわとあがっていくわけね。

手数料各種も、年会費も。



さて。

ホテル5泊とJALマイル85000もらえるトラベルパッケージの発券は

年明けにすることに。

カテゴリ5までのホテルなら、235000マリオットリワードポイントで済むし

カテゴリ6のホテルなら、250000マリオットリワードポイント必要。

少しだけマリオットリワードポイントを買い足せば、カテゴリ7のホテルが

使えるトラベルパッケージが使えるし。


朝から、カテゴリ一覧と、トリップアドバイザーの評価を見比べながら

どこの都市に泊まろうか呻吟中。

だって、ほぼ旅行先として確定していたリスボンのマリオット、調べれば

調べるほど、立地がいまいちだったから。


Comment:0  Trackback:0
2013
10.26

ヒルトンさんの大失態

マリオットとは全然関係ないけど、バケーションクラブつながりで。
まあ、こんなこともあるんだ~という。



{621E342E-AF13-419D-B79D-6BBF1680BA3D:01}


こんなメールが来たのは、10月17日のこと。
2本来ていて、どちらも夜中に送信されている。海外から?

「この度は、ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブのタイムシェア
・リゾートをご購入いただきまして、誠にありがとうございます」と書いてある。

わあ、私いつの間にヒルトンさんのバケーションクラブ買っちゃったんだろ?
と笑いがこみ上げて来ました。

手違いとはわかってましたが、念のため正規のサイトのメール宛先を調べ
個人情報が漏れていないか、これがヒルトンを語ったクリック詐欺である可能性など
至急調べて返事をくれるよう依頼しました。

お返事があったのは2日後。
「このたび、ヒルトン・グランド・バケーションズが10月17日に送信したメールは、
Eメールプロバイダーにより誤って配信されたことが確認されました。
誤ったメールを受信された皆様には、多大なるご迷惑とご心配をお掛けしました
ことを深くお詫び申し上げます。
なお、誤送信されたメールには、お客様のアカウント情報やお客様を特定できる
ような情報は一切含まれていなかったことをご報告いたします」とのことでした。

説明会に一度出ただけの私のメールアドレスも、しっかり登録してあるんだわね。
懸賞が好きなひと多いだろうけど、景品につられて、住所やらメールアドレスやら
生年月日やら、個人情報をバンバン垂れ流してることに危機感感じないのかしら。

私は基本JAL以外の懸賞以外は応募しないわ。
JALカード持ってて、JGCである限り、がっつり握られてるから、逃げようがないし。

Comment:0  Trackback:0
2013
06.22

ではこれにてさらばじゃ!

や~、金曜日は朝からびっくりするようなメールが届いてました。

去年秋の、セールスセンター撤退に続き、今度はサービスまでもが

日本からなくなってしまうという寝耳に水のお知らせですよ。


しかもメールを一斉送信した日から、いきなり使えなくなっている番号。

倒産した中小企業みたいなことしなさんな。

移行するならするで、事前にお知らせがあってしかるべきだし、しばらくの

対応くらいしなさいよね。

売るだけ売って、逃げるつもりかーーーと思われても、しかたないのでは?

いやはや。

パンチ!これが木で鼻をくくったようなメールダウン



メンバー様各位

拝復、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

メンバーサービスならびに経理部では、これまでご利用が可能でございました

下記の電話番号ならびにファックス番号が本日よりご使用いただけなくなります。

【廃止になる電話番号/ファックス番号】

03 3248 6387
0120 682 488
03 3248 6119
0120 682 478


今後メンバーサービスへのお問い合わせは下記をご参照くださいますよう

宜しくお願いいたします。

オーナーサービス
フリーダイアル: +800 8855 6677*
有料国際電話: +65 6877 6088
ファックス: +65 6877 6089
Eメール: memberservicesap@vacationclub.com

*上記の電話番号の前に、発信国での国際電話認識番号をダイヤルしてください。

なお、IP 電話ご利用の方は800番発信のフリーダイヤルはご利用いただけません

のでご了承ください。
営業時間は月曜日から土曜日、日本時間の午前9時から午後6時までとなっております。



7月1日 マリオットより追加メールあり

ここのブログにも、「マリオット 連絡先」で検索をかけて開いて下さる方が

何人もおいでで。メールが届かなかったり、見落としてしまったりで

センターが閉鎖になっていることをご存じなく、電話が通じなくなって

初めて「あれ」と気がつかれたのでしょう。

今日マリオットから届いたメールはこれねダウン



メンバー様各位

謹啓

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度は弊社サービス番号停止のお知らせについて大変ご不便をお掛け

いたしております。本日弊社のフリーダイヤルが下記の番号へ変更となりましたので

下記ご案内申し上げます。

ご面倒で恐縮ではございますが、電話番号のお控え等ご訂正くださいますよう

お願い申し上げます。

新規フリーダイヤル:
00531-650574

*国際識別番号をつけずにそのままダイヤルしてください。

携帯電話から繋がらなかった際はKDDIのカスタマーサービスに一度お問い合わせ

いただきますようお願い申し上げます。


Comment:0  Trackback:0
2013
05.28

年会費の推移

アジアパシフィックの年会費ですが、所持してるポイントによって変わってきます。


大体1月末日が支払期限で、請求書が届くので、クレカの情報を記入して


シンガポールにFAXしてます。


USDの小切手か、USD建て銀行送金でも支払い可能(やったことないけど)。


今回初めて知ったけど、支払いが遅れると、25USDの遅延損害金+10%の


利子が徴収されるのね。




ちなみに20,000ポイント持っている場合の年会費。。。


2009年 540USD(クレカの請求書処分)


2010年 556USD(クレカの請求書処分)


2011年 578USD(請求時は49,238円)


2012年 606USD(合計50,447円)


     ※前倒しでポイントを借りたので、借りた時点で578USD(48,229円)


       差額の請求が28USD(請求時は2,218円)  


2013年 625USD(請求時は53,695円)




ほう、たった4~5年で100USDにせまる値上げですな。


会員権が切れる2056年には、いったいどれくらい金額があがっているのだろう。


たとえば住宅ローンなど変動でお金を借りる場合、いくら金利が上昇しても


何%までと上限が決まっていているけど、タイムシェアの場合


それはないのかしらね。


度重なるポイント改悪にしてもそう。


これは一番確認しておかなくちゃいけないとこだったよなあ。




アジアパシフィック(会員権)ならまだマシで、タイムシェア(所有権)をお持ちの


ひとはさらに負担贈になってるそう。


維持しきれず、手放すことを考えているひともちらほら。


よほど条件のいい時期と部屋でないかぎり、リセールに出してもなかなか


買い手はつかないでしょうなあ。会員権なんてなおのことよ~。


マリオットはこの方面で、いまいちもうけをだせておらず、負担は


ぜええんんぶオーナーさんや会員にしわ寄せされると。




あ、請求はUSDなので、その時のレートにも大きく左右されるって訳。


今年はこれから円安方向だから、日本在住者には余計に痛い。


Comment:0  Trackback:0
2013
05.21

ポイントのやりくり(購入から今まで)

2008年の年末に入会したので、私たちのポイントは2009年から付与。


2009年 手持ちの20,000ポイントをすべて次年2010年に繰り越し


2010年 前年の20,000に、この年の20,000を足して、40,000ポイント保有

 ●8月 17,000ポイントをマリオットリワードにする

       →5倍なので85,000マリオットリワードポイント(MRP)になる

       →アジアパシフィック入会時にいただいた150,000MRPと足すと235,000MRP

       →トラベルパッケージ発行して、JAL85,000マイルをいただき、沖縄名護の

        マリオット5泊(2011年3月連休)を予約する

        ※この時はポイントをMRPに移行する手数料が、キャンペーンで55USDだった

 ●11月 残り23,000ポイントのうち、期限の切れる3,000を使わなくてはならない

       →まだ有効期限内の500ポイントを足して、2011年1月の香港JWマリオットを予約

       →残19,500は次年度に繰り越し


2011年 前年の19,500に、この年の20,000を足して、39,500ポイント保有

 ●2月 2012年分のポイントを前借りする

       ※2012年の年会費は先払いにで(578USD)、のちの請求時は差額のみ支払い 

       →合計59,500ポイントのうち、47,000ポイントをマリオットリワードに移行して

        235,000MRPにする

       →トラベルパッケージ発行して、JAL85,000マイルをいただき、バンコクの

        JWマリオット5泊(2012年年末年始)を予約する   ※手数料109USD


2012年 前年前借りしてしまったので、加算はなし

 ●11月 残り12,500ポイントを繰り越し


2013年 前年の12,500に、この年の20,000を足して、32,500ポイント保有

 ●11月 2014年分のポイントを前借りする  ※先倒しで2014年の年会費支払う

       →合計52,500ポイント全部をマリオットリワードに移行(262,500MRP分)

       →トラベルパッケージ発行して、JAL85,000マイルをいただく   ※手数料109USD
       →ホテル5泊分の権利は1年有効なので、2014年になってから予約


というように、繰り越しと前借りを繰り返して、マリオットリワードに移行し

トラベルパッケージが交換できるだけ貯まったら、発行というのが今の我が家の

ベストな使い方です。

なにかにつけ発生する手数料もバカにならないけど、それより問題なのは年会費。。。


次は年会費について書こうと思います。


Comment:0  Trackback:0
2013
05.16

2013年に使用可能な施設&ポイント数

MVCIアジアパシフィックからメールが来ていました。
使用可能な宿泊施設は、毎年更新もあるので、いまいちきちんと

把握できていなかったかも。
一覧がついていたので、自分のための備忘録も兼ねてアップします。
http://img.vacationclubsurvey.com/images/MVCIAP/newsletter/_Insider/2013/dloads/CR_CC_Specials_May_Jpn.pdf

私が使う機会が多そうな、あるいは先の予定がある、あるいは

興味ある場所だけピックアップしてみました。

こう見ると必要なポイント数は確実にあがっているなあ。。。
これだと私の持っているポイント数で、銀座のマリオットに4泊しか

できないわ。リッツクラスならいざ知らず、そりゃあり得ない設定でしょ~よ!


●クラブコネクション編(普通のホテルの客室利用)

 ※2013年12月末日までの予約

JWマリオット香港 6500
ルネッサンス・ハーバービュー香港 5000
コートヤード・バイ・マリオット沙田(香港) 3500
スカイシティ・マリオット(香港) 3000
(Chek Lap Kok International Airportすぐそば。エアポートエクスプレス

 終着駅『博覧館(Asia World-Expo)』から歩道橋で繋がっている)
JWマリオット深セン 4000
ザ・ポートマン・リッツカールトン上海 5000
コートヤード・バイ・マリオット東京銀座 5000
名古屋マリオット・アソシア 5500
オキナワマリオットリゾート&スパ 4500
ルネッサンス・サッポロ 4500
シンガポール・マリオット 5500
ザ・リッツカールトン・ミレーニア・シンガポール 5500
アヤナ リゾート&スパ(バリ島) 5000
コートヤード・バイ・マリオット・ヌサドゥア(バリ島) 3500
シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラーキー 6000
ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 4000


中国(北京2軒、上海、三亜2軒)
タイ(カオラック、コサムイ)、ホーチミン、ジャカルタ、インド(ゴア)、
アジア以外ではドバイ、フランス、スペイン、イギリスに1カ所ずつ



●クラブリゾート編

マリオット・マイカオ・ビーチ・プーケット(プーケット)
マリオット・プーケット・ビーチ・クラブ(プーケット)
マリオット・バケーションクラブ・エンパイア・プレイス(バンコク)
マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ(オアフ島)
マリオット・ワイオハイ・ビーチ・クラブ(カウアイ島)
マリオット・グランド・シャトー(ラスベガス)

今使用できるリゾートは6カ所です。

こちらの必要ポイント数は、部屋タイプ、シーズン、曜日にもよって

細分化されてます。
一番安いのはバンコクのエンパイア・プレイスの1ベッドルームに

2013年5月24日~6月20日・9月5日~10月2日の月~木曜日に宿泊する場合の

1500APポイント。

面白いことに一番高いのもバンコクのエンパイア・プレイス。

このリゾートにしかない3ベッドルームに2013年12月20日~12月31日・2014年

1月1日~1月2日の木~金曜日に宿泊する場合の17100APポイント。
ここに年末年始に1泊しただけで、1年分の私達所有のAPポイントが

ほぼなくなるってこと!あほかーーー。
普通にポイント使って泊まるっていう選択肢はほぼなくなりましたね。
購入した時から、年々あがる年会費も含め、改悪としかいいようがないわ。

マリオットホテルのポイントプログラムであるマリオットリワードでも、今日から

ホテルのカテゴリが変更になりますから、よりハードルが高くなってくるし。

この上交換できるポイント数もそろそろあがるんじゃないかと冷や汗。。。


Comment:0  Trackback:0
2013
04.19

ホテル&エアーマイルパッケージ

いくら1泊から使えるといっても、アジアパシフィックのポイントを

そのまま使って滞在してたら、あっという間になくなっちゃう訳で。

これはあまりお得とは言えない使い方。


そうそう、必要ポイント数もここ数年改悪されてばかりだから。。。

2010年頃には1泊3500ポイントだった香港のJWマリオット

(MTR金鐘駅直結という立地、お部屋に入るとルームサービスが来て

お茶とお菓子を出してくれたり、朝はロビーにコーヒーなどがあり

容器も置いてあるので、自由にテイクアウトできたり、なかなかよかったワ)

が、今年は6500だもん!ほぼ倍になってるじゃーーーん。

同じく2500ポイントだった名護のマリオットは、今年4500です。

私はポイントで宿泊しないので、あまり実害は感じないけど

各種引き上げはこの先まだまだ続くでしょう。


前置きが長くなりましたが、我が家が使い倒してるのは

やはり5倍換算率をめいっぱい享受しての方法。

アジアパシフィック(AP)のポイントを、マリオットリワードポイント(MRP)

というマリオットホテルグループのポイントに交換します(109USD手数料)。

そのMRPを、更にトラベルパッケージというものに交換するわけ。


これの中身はというと、ホテル+航空会社のマイルなのね。

利用するホテルのカテゴリと泊数、どのエアラインを選ぶか、何マイル

欲しいかなどで、いろいろのパターンがあります。

うちが一番使っているのは、カテゴリ5までのホテルに5泊して

JALのマイルを85000マイルもらえる組み合わせ。

これでMRP235000必要です。


ホテルとマイルは別々に使うことが可能で、なおかつ発行から1年間有効。

マイルは加算まで2週間くらいです。

235000MRPを5で割ると、47000。

1回のトラベルパッケージを発行するためには、APポイントを47000もっていないと

だめなんだけど、そんなに所有してるひとの方が珍しい。

我が家だって20000APポイントしかもってない。

それでどうやりくりしているかというのを、次回書こうと思います。


Comment:0  Trackback:0
2013
04.15

ポイント制のタイムシェア

コオリナで少しだけ新しいタイムシェアのことを聞いたものの、相変わらず詳細は

わからないまま。
2008年の6月頃だったか、ようやく少しずつ情報が入り始めた。
先行販売していた海外で、購入したひとが、掲示板やブログで書き始めたから。
7月には六本木のミッドタウンに、ついに日本の窓口ができ、アジアパシフィックの販売開始。

少々出遅れましたが、我が家もその年の12月に説明会に行ってきました。

一番大きな違いは
一年のうちの一週間の権利を購入する従来のタイムシェアは、「不動産を所有する」形で

登記もする。対して、アジアパシフィックは、最初にポイントを買って、その範囲内で

あちこちのリゾートを使用できる「会員権」であるということ、かな。

二番目に違うことは

アジアパシフィックは2056年までと、使える期間が決まっていること。


所有権ということは、自分たちが使わなくなったら、身内に譲ったり、子供に相続

させたりすることが可能な訳。

だけど、うちは娘ひとり。海外旅行にあまり興味のない彼女がこの先ハワイのリゾートを

使い倒すとも思えず、かつ私たち亡き後、年会費を払ってちゃんと維持できるかといったら

難しいだろうなあ。
なら、夫婦だけで楽しめるリゾートであればいいんじゃないかと考えたのが、アジアパシフィック

に決めた一番大きな理由かも。

20,000 APクラブポイント = USD23,000(1ポイントUSD1.15)で購入。

1割をデポジットとして支払い、残金をクレカ決済したのですが、(陸マイル目的の)お目当て

のクレカで全部を決済することができず、泣く泣くJALカードの限度額をあげてもらって

払った覚えがあります。


購入したポイントの範囲内で、アジア内の好きなリゾートに1泊から滞在できるのも気楽。
当初はハワイ、ラスベガス、プーケットなどのクラブリゾートの他に、クアラルンプール

ホアヒン、コサムイ、リッツカールトンバリ、沖縄、バンコク、香港なども利用できました。


2020年まではこれを5倍の倍率で、マリオットリワードというポイントに交換可能。

(購入時期により条件は違います。初期のひとほどいいそうで)。
その後の交換率は3倍に落ちます。。。

とはいえ、実はアジアパシフィックの、ここが一番の魅力でもあります。

従来のタイムシェアのオーナーさんは、オーナーに予告なく発売したことやアジアパシフィック

購入者のリワードポイントへの交換率の高さに、めちゃくちゃ怒ってらした。

まあ、私も逆なら怒るだろうなあ。


手持ちのポイントは、インターバルインターナショナルという交換会社を通して

いろんなリゾートに滞在するのが、本当は一番効率いい。

エキスプレスブレークとか、フレックスチェンジとか、ゲッタウェイとかお得な仕組みが

いくつかある。でも、いつでも休みが取れて、直前に決まる旅程でもいいひと向けなのよね。

リタイアしたら、II(交換会社)に年会費を払い、楽しむのもいいかなと、我が家は

思ってます。


ですが、今のところの使用方法は、これがベストかと。(次回)


Comment:0  Trackback:0
2013
04.13

コオリナでの説明会

プーケットでの説明会に出ていても、再度利用可能ということだったので


ホノルルのマリオットに3泊4日してレンタカーがついた499USDの体験プラン


を予約しました。説明会の時にはコオリナまでドライブしなくちゃだけど


短い滞在なら、ホノルル方が何かと便利だもんね。




やーーー、プーケットでも感激したけど、コオリナは本当によかった!


あの立地、あのビュー、もう実物を見ちゃったら、あらがうすべがないって感じ。


お部屋も素敵だし、夢みたいなリゾートですよ、もう。




まあ、誰しも初めてここを見たら、ぼーっとなってしまうだろう。


私たちの反応を見た担当者がこれはいけると思ったかどうか知らないが


この時の説明会は実に長引いた~。90分のはずが4時間くらいにも及んだ訳で。


最後の方はこちらが辟易しているのに、帰してくれないという状況だったわ。


娘は飽きちゃうし、お腹は減るし、このあとに予定してた全てがつぶれちゃったし。




担当者の最後の捨て台詞が「あなたたちは私の時間を無駄にした」だもん!


その上パンフレット類をテーブルに投げつけたのには、開いた口がふさがらなかった。


タイムシェアに興味があるけれど、比較検討したいし、この値段を即決することは


できないと、ずっと言い続けていたにも関わらず、だもんなあ。


韓国人の女性だったけど、プーケットのマリオットでも新宿ヒルトンでも、いずれも


担当者は日本の方で、ごりごり押してくるという風ではなかったので、びっくり。


この最後の態度に、コオリナは絶対に買わないって思うほど強烈だった。


ノルマとかあるのかもしれないけどさ~。


あなたたちが売っているのは単なる物件ではなく、夢もセットなのよ。

私たちもハワイに別荘を持てるかもっていう、庶民のささやかな夢。


冷静な判断ができなくなっているところに、契約をしてしまうひとも確かに


いるんだろうなあ。気持ちはよくわかるけど。




タイムシェアは専門の会社に、違うリゾートと交換して使うことも可能なの。


自分の手持ちの物件の、権利のある時期や、広さや、定員などにもよるけど


ハワイの物件は、1年を通して人気があるみたいなので、交換が成立しやすいって。


まあ、帰国してから、ゆっくり考えよう。


夫婦で熱くなった頭をクールダウンさせなくては。


Comment:0  Trackback:0
2013
04.10

タイムシェアについて調べ始める

圧倒的に持っている人が多いヒルトンや、マイナーなSPG系。

ウィンダムとか、比較的参入が新しいディズニーとか。

帰国して、かなり調べました。

一口にタイムシェアっていっても、各社いろいろで。


新宿のヒルトンでの説明会にも足を運びました。

日本人の所有者が多いヒルトンさんは、レターも日本語だそうで。

うん、マリオットはHPからの予約は英語のみだから、それは助かるなあ。


ただ、ホノルルのヒルトンのお値段ときたら、もう腰を抜かすほど。

GW、お盆、年末年始だけしか休めない。。。となると、お値段的に厳しいわ。

そのあたりの週は、誰もが泊まりたいと思うプラチナウィークですもん。

我が家には、手の届く値段じゃないわさ。


どピーク時の飛行機の座席は奪い合い。

マイルでの特典が瞬殺なのは当然としても、有償でさえとりづらいでしょ。

そもそもハワイに、毎年、家族で行けるわけないしなあ。


その夏(2007年)にレダン島からシンガポールに飛んだとき、ショッピングセンターで

マリオットのタイムシェアらしきものを宣伝しているのに出会いました。

並べられたパンフレットなどを見ていると、どうやら従来のタイムシェア

ではない新しいシステムのリゾート滞在権が発売になっているらしい。

説明を詳しく聞くほど英語は堪能ではないので、帰国してから問い合わせてみようと

思ったのね。


それがアジアパシフィックという、私が今持ってるタイプのものだった。

シンガポールでは絶賛販売中だったアジアパシフィックだけど、アジアでも

先頭を切って売りに出されたらしく、日本ではまったく情報が入ってきてなかった。

その年の年末はハワイ島+オアフ島へ行く予定だったから、どうせなら

そこで聞いてみればいいんじゃないかと、再度コオリナで行われるマリオットの

説明会に参加することにしました。

ホノルルでは手が出ない価格のタイムシェアが、同じオアフ島内でどの程度

違うのかっていうのにも興味があったし。


Comment:0  Trackback:0
2013
04.08

初のタイムシェア体験

始めてタイムシェアに興味を持って、お試しパックを利用したのが、2006年の年末。
この時は、ダンナがユナイテッド航空のマイルを使ってシンガポールへ飛び、陸路で

マレーシアへ。
私と娘は、ノースウェスト航空のマイルを使ってクアラルンプールへ飛び、陸路で

マラッカ。マラッカのホテルでダンナと合流するという、ちょいイレギュラーな旅程だったな。

マラッカからはクアラルンプールまで北上して、最後にプーケットに向かったの。
旅行博で入手した、くだんの3泊4日99USDの宿泊を楽しもうという訳。
送迎の車はピカピカだし、着いたホテルも夢に見たようなゴージャスさ。


photo:02


家族でのアジアは、ゲストハウスに泊まることが多かったから、落差に口あんぐり。

リゾートの五つ星級に泊まるのって初めてだったもん。
ホテルタイプのデラックスルームがアップグレードされて2ベッドルームになりました。

迷子になるくらい広いし(笑)


photo:01



まだ娘が小さかったので、朝ごはんは無料だったの。

エアコンの効いたレストラン内で食べるもよし、眺めのいいテラスで食べるもよし。

南国ならではフルーツが惜しげもなく盛られ、餃子やたこ焼きなどの

日替わりお楽しみもサービスされたり。ここの朝食は至福だったなあ。

最後の日は曜日の関係か、シャンパーニュとマンゴーがテーブルごとに配られて

本当にしびれたわあ。

3泊4日の好きなタイミングで、タイムシェアの説明会を予約しましたが、その間

娘はホテルのキッズプログラムに預けることができました。


この夢のようなリゾートに、年1回1週間の権利を買って、滞在するのがタイムシェア。

大人6人まで滞在可能な、広い広いお部屋。きれいなビーチ。

たくさんの死者を出したスマトラ沖地震の時も、マリオットには津波被害がなかったんだそう。

同じマリオットでもプーケットは手の届きやすい価格帯だったし。

もしもプーケットがすごく気に入っていれば、この時買ってしまったかもしれない。


でもまあ、即決するには高い買い物だしね。

毎年プーケットに来たいかと言われれば、そう熱烈な気持ちもないし。

この時は、タイムシェアってこういうものなんだ~というのを勉強して、帰国したんでした。


Comment:0  Trackback:0
2013
04.03

マイカオビーチスペシャルプロモ

我が家はマリオットバケーションクラブの会員なのだけど

先日から、プーケットはマイカオビーチの体験宿泊プランに関しての

電話が二度かかってきている。



2ベッドルームの部屋に4泊5日。

(設備の整ったキッチン、や独立型のリビング・エリアがあるスイート・タイプで

バス・トイレもそれぞれ2カ所あり)

プーケット国際空港と-施設間往復の送迎がつき
毎朝食、マンダラ・スパ、ゴルフ・プレーの中から選べる特典あり(2名様分)
んで、税サ込み499USDさ。


私も過去、プーケットのマリオットに3泊4日99USDというプロモで宿泊した

ことあるわ。旅行博の時の目玉商品だったんだわね。

ホテルタイプのお部屋のはずが、2ベッドルームのヴィラにアップしてもらって。

なおかつ、送迎と朝食がついていたから、お値打ちだったなあと。


もちろん、おいしい話にはおまけがついていて、滞在中のどこかで

90分の説明会を受けなくてはならないんだけど、これはそんなに心配しなくて大丈夫。

タイムシェアというものに少なからず興味があり、なおかついろんな会社の説明を

聞いてから検討したいという人にはもってこいかと。

利用には、少々条件があり、

日本在住であること、30歳以上であること、夫婦で参加可能なこと

世帯年収が700万円以上あること。。など。


今このパックを買っても、クレカの決済から1年後までにチェックアウトすれば

いいので、これから330日先の飛行機を取る方にもいいかも。

私も、プーケットという場所がもう少し好印象だったら、考えちゃうお値段。


2013年4月8日訂正↓

今日JALカードの会員誌、AGORAを見ていたら、系列のJALバケーションズでも

同様の体験宿泊出してました。

こちらは3泊4日で299USD。スパやゴルフは選べませんが、2名分の朝食と

空港までの送迎はついてる様子。説明会に参加すると、ささやかながら1000マイル

プレゼントだって。

今年の9月までと、期限を切られているけれど、よりお安く利用するならこちら。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top