2017
12.28

出発前の買い物あれこれ

ダンナが見つけてきたジンバルという商品。カッコいい動画を見せてもらいましたが、多分GoProのものだったんでしょう、お値段聞いたら3万以上と言っていたから。速攻却下とあいなりましたが、後日調べてみると廉価版があるじゃない。中国製だけど、Amazonでの評価は悪くない。使い勝手を動画にアップしているひともいたので、それも参考にさせてもらったり。ちょい大きいiPhone7+も使えるので、Zhiyun Smooth-Q購入。ラッキーなことに一瞬だけ4000円ほど安くなっており、1万3550円でした。


ジンバルとは、カメラに伝わる振動を軽減させるための機器でして。まるでドローンで撮影したみたいよ。あと対象物を自動追尾する機能がおもしろい。動画担当の私がニュージーランドで撮った絵がひどい出来だったのと、たまたま電池切れで使えなかったデジカメのかわりにiPhoneで動画を撮ってみたら画質はこっちの方が全然キレイじゃん!ということから、いっそ写真も動画もiPhoneでいこうと考えて購入しました。


iPhoneで撮影するということは、容量があっという間にフルになってしまう。PC持って行かないとデータ移行はできないし、写真や動画をクラウド保存といってもWi-Fi環境必要だし。。。と思っていたら、ダンナがいいもの発見。iPhoneから直接吸い出せるUSBメモリ!ライトニング端子に接続できるのねえ。
Apple MFi 認証済のこれ、iPhone自体の容量+128GBも盛れて5899円でした。


今まで持ち歩いていた三脚がかさばるし重いし、ということで買ったのはこちら。Manfrottoのミニ三脚でPIXI EVOで、3681円。ジンバルにもつけられるし、カメラバッグとお揃いの黒&赤の配色とデザインがかわいいのだ。


iPhone2台に一眼レフ、先日発売日とともに入手したポケトーク、ジンバルまで加わってはもうモバイルバッテリーもこれくらいないとね。安心のAnkerさんのを買いました。PowerCore 26800は超大容量なり、セールで4799円。


ワイン12本を、今度は航空便を使わず自力で日本へ持ち帰る予定。酒屋さんで仕切りつきの段ボールをもらいましたが、車からおろして飛行機に乗せるまでと、成田空港内の移動手段としてカートを買ってみた。2580円のところ、ポイントを使って2029円。


今日は、お醤油と油の小さいのを忘れずに買わなくちゃ。GWのニュージーランドの時は現地のお醤油が美味しくなかったのに懲りました。念のため砂糖と塩も小分けして持っていこ。

旅行に出発しますので、しばらくお休みします。9月の沖縄旅行記はやはり年内には終わらず、年をまたいでダラダラと続けさせていただこうかと。備忘録的なこんなつたないブログをこの1年見にきてくださった方々に、心から御礼申しあげます。
スポンサーサイト
2017
12.15

ドラえもんの道具か❗️

ある日ネットニュースで知った翻訳機。その手のやつは前にも販売されてましたが、今回はかなーり売れてるみたい。
長い文章も、割と意味通じる範囲で翻訳されてるし、何よりお団子屋さんや寿司屋さんでの動画が見ていてとても楽しい。深刻なトラブルでない限り、英語で大体の意思疎通は可能とは思いますが、これはコミュニケーションツールとしても役立つ気がする。(どこまで正確かはわからないけど)50以上の言語に対応してるのもよい。
1番「お!」と思ったのが、世界61ヵ国で使える専用グローバルSIM内蔵だから、空港に着いてすぐ使えること。自分のスマホじゃこうはいかないわ、SIMを購入するまでは写真が撮れるただの板ですからね~。空港の無料Wi-Fiって弱いことが多いし(そもそもWi-Fiがない空港もあるし、使えるようにするのに面倒な登録が必要だったり)。スマホ使っての翻訳って、アプリ立ち上げ~の、相手にスマホ渡して~のとちょっと手間がかかる上に、落として割られたり持って逃げられるリスクもあるからなあ。よし!買っちゃおと、1時間後には決めてました。年末からタスマニア行くしね、実地に検証しようと。

発売元のHPでは、今すぐに予約しても2月末まで届かないのね。ここで買うとついてくる専用ケースが欲しかったなあ。単品で買えないかと思って毎日電話しているんだけど、全くつながりません💦


どこかJALマイルが付与されるサイトで探そうとしましたが、Amazonは売り切れ。


ビックカメラも売り切れ。。。(この日記をアップする数日前には復活していましたが)


仕方ないので、アカウント持ってるヨドバシでポチしました。


発売日である昨日(2017年12月14日)、無事に届いたのさ。届く少し前に、「12時32分にお届け」っていうメールが来たのにはびっくり。エクストリームサービス便ってすごいのね。


SIMを入れるのはダンナに頼むとして、とりあえず自宅のWi-Fiに繋いでみる。説明書がシンプルすぎて最初は戸惑いましたが、いじりはじめるとはまる~。


ついついスマホの要領で指で操作したくなるけど、画面はただの液晶なんす。あいうえお順の膨大なリストの中から使う言語を選ぶ時だけ、ちょっと時間かかりそう(とはいえ、一度使えば上位に表示されます)。
翻訳精度はなかなかいいですよ。海外行く時は重宝しそうだわ。いずれホスト在宅型のairbnbをしたいと思っているから、心強い味方ができた気分。こりゃー、ドラえもんの「ほんやくコンニャク」が実現したわ~っていうくらいの衝撃度。
2017
12.06

レンタカーはMercedes-Benz

タスマニア島ではレンタカーを5日間借りる予定なので、値段を調べてみました(10月のこと)。ヒュンダイのマニュアル車でも5万越えですな。


ダンナは日本車が運転しやすくていいと言うので探すと、MITSUBISHIのオートマ車5万9000円が最安値でした。


あれ!すぐあとにベンツが6万2000円弱で出てるわ。お値段はMITSUBISHIと2000円しか変わらないじゃないですか。なんでかTOYOTAカムリよりお安い。なら決まりねと予約ポチ。保険をフルカバーつけて7万0556円なり。


キャンセル可能な予約でしたので、12月に入ってもう一度お値段と在庫をチェックしてみました。ヒュンダイのオートマ車が2500円ほど値下がりしていました。10月の時は日本製のオートマ車はMITSUBISHIが最安値でしたが、TOYOTAカローラが4000円安く出ていました。


私たちが予約したベンツは、逆に値段が1万円ほど高くなってました。ラッキー。


レンタカーでベンツに乗るの初めてかも。ニュージーランドをドライブした時に、普通の国道すら100キロ越えのスピードでかっ飛ばして行くのを目の当たりにしたので、高速走行時に安定感のある車の方が運転楽だろうなというのは思ってました。まあAクラスですけど、カローラよりはよいでしょうと。ヨーロッパと違ってニュージーランドやオーストラリアでのレンタカーは日本車が多く出て、しかもオートマ車が多いので助かるわ。
2017
07.22

年末はまたしてもオーストラリア

読んだ本や、テレビで見た美しい場所や、駅で見かけたポスターや、行きたいと思う場所はある日突然降ってくる。当然ですが思い立ってすぐに旅立てるはずもなく、惚れ込んだ場所は「いつか行く」リストに書き加えてます、大体は。旅行先を決めるには、マイルの激戦区であればそれが確保できるかどうか、その時のテンションとか、現地の気候とか、ダンナの休みの長さとか、もちろん金銭的な問題など、クリアしなくてはならない要因がたくさんある訳で。「降って湧いたようなタイミング」で旅立つってのはなかなかにレアかもしれない。

ソレを知ったのは、「iPhoneのトップ画面をうっかり違う方向にスワイプして」だったから、笑っちゃう。いつもは絶対に見ないニュース画面にJALのメルボルン線就航と書いてあるではありませんか。予想外によかったオセアニアのあとだったので、「へえ」と思った。シドニー線混雑しているものなあ~とお知らせの中身を読みましたら、もうこの9月1日(2017年)から飛ばすというではないの。


実は年末年始はソウル経由の宮古島と石垣島を特典航空券で確保済みでしたが、「これって今なら年末も空席があったりしてね~(笑)」と好奇心でチェックしてみたのです。わお、どうしよう。ばっちりな日程で往復あいてる。それを見たらアドレナリンがどっと出たみたい、後先考えずにぽちっと確定してしまったのです。よく考えたらビジネスクラスで確保できたこの予約をダンナの名義で取り、マイルが足りない私はエコノミー往復航空券を購入すればよかったじゃない。ああ失敗した。。。と絶望しましたが、ふと有償で購入した上でアップグレードするのに必要なマイルがどれくらいか調べてみましたら、奇跡的に残マイルでまかなえることが判明。ほんとにあと数千マイルしか残らないくらい(笑)、ラッキー♪

クレジットカードを使っての決済でしたら、HP上で予約&購入が完了するので、そのままばっちりの旅程で押さえることができたのですが、できれば手元にあるJALの旅行券を使いたいなって。旅行券を使うには、まず予約センターに電話しないといけない。その上で旅行券を郵送するのですが、マイルを使ってアップグレードするためには「その旅行券が届いた時点で空席があること」が大前提なのです。有楽町のJALに旅行券を持参するのが一番早いので、さっさか出かけて発券手続きしてきましたが、希望日のビジネスクラスがすでに満席でして、帰国が1日早い便しか取れなかったわ。サーチャージ・税金・空港使用料などを含んだ航空券代は15万2070円でして、12万円の旅行券を使った残りの3万2070円をカード払いしました。特典航空券の諸費用は2万5610円でしたから、合計5万7680円也。年末年始のオーストラリア旅行で、帰りがビジネスクラスなら相当安く押さえられたのでは。
JALが新規メルボルン線就航を発表したのは5月29日のことで、私がそれを知ったのは翌5月30日。発表から2日後の5月31日には年末年始の特典航空券はクラス問わず満席になっていました。


有償で買ったひとへのキャンペーンをやってまして、メルボルン線とシドニー線をHPで買えるすべての個人運賃で利用したひとが対象です。我が家はもちろんB賞のワインで応募しちゃいました。



11月末日までの搭乗期間なので、うちは該当しませんが、ダブルマイルキャンペーンもやってます。この距離のダブルマイルは大きいですよねえ、乗るひとはうらやましいわ。キャンペーン登録をしないと加算されないようなので、お忘れなく。

back-to-top