2013
02.28

立石放浪 二毛作

栄寿司で、ビールに貝をつまんでから
二軒目はおでんの二毛作。
隣が練り物屋さんで、気に入ったタネを買って帰るのもあり。

お通しに魚卵の煮たの
桜色でほろほろと。
photo:01



牡蠣のおでん
冬限定の名物。汁は貝のエキスたっぷりで、これだけでいける!
photo:02



椎茸
大きくていかにも美味しそうな椎茸がカウンターに
積んであったので、思わずオーダー。
私、これなら十個は軽くいけるなあ。
photo:03



おとなしくサワーとか飲んでましたが、ここで日本酒。
photo:04


photo:05



うまいっす。
平日昼間から、満卓なのがよくわかる。
イケメンで優しいお兄さん2人が、繰り出すつまみはハズレなし。
photo:06


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
02.27

立石放浪 栄寿司

地元のお友達とデート。
会社帰りに立石駅で待ち合わせをしました。

まずは、何をさて置いても栄寿司さん。
身の厚い、あまりに甘いホタテ。
photo:01



言葉もないほどに充実した牡蠣
photo:02



貝づくし3弾目は、ほっき貝。
photo:03



とろとろにとろけそうな穴子
photo:04



立ち食いなんですが、さっと食べて、次に行きたい
ひとには最高。

彼女は、このあと二回も食べにきたそう。あは、一週間の間に三回だよね。
気持ちはよくわかるけど。






Comment:0  Trackback:0
2013
02.26

一進一退

直近の日曜日の尿検査の結果は。。。
カリウム値は更に2.8に下がっていました。

photo:01



3日に一度の点滴では、ダメだったみたい。
こんなに元気でごはんもよく食べるのに
サヴァの腎臓は弱っているんだな。
2日に一度の点滴に戻すことになりましたが、このままこのペースに落ち着くのかなあ。

週末、氷のような風がびゅうびゅう吹く中
猫らはおうちでぬくぬく。

photo:02



photo:03


やよ姐はのびのびリラックスしてるし

photo:04


マシュにいたってはこのありさま。
くつろぎすぎデショ(笑)

Comment:0  Trackback:0
2013
02.25

サプライズな贈り物

Category: ■雑談
同僚の女の子がくれたの。
たまたま旅先が一緒だったからと
那覇でごはんを食べたんだけど、そのお礼にと。

photo:01



うちに帰ってあけてみて、歓声。
ポール&ジョーのだ。

photo:02



中はきれいな色のキラキラパウダー。

photo:03



猫がたくさん、可愛すぎ。
使うのがもったいないようなラブリーっぷりっす。
おばさんだって、心に乙女が住んでます。
嬉しいなあ。大事にするね。

Comment:0  Trackback:0
2013
02.24

まとめページ

2012年夏の家族旅行です。

成田から高雄に飛び、陸路で台南、台北と北上しました。

台北からは飛行機でマカオに移動、そのあと香港に2泊して、成田に戻る

という8泊9日の日程でした。

関連記事はこちらにリンク張りましたので、順番にご覧いただけます。


旅のお支度


マカオでのショーを予約


ミシュラン掲載店の海外進出店


B767-300という機材


台湾高速鉄道


1日目 成田→高雄


     高雄(瑞豊夜市


2日目 高雄市内(蓮池潭→旗津)

 

     高雄→台南


     台南(安平 前編)


     台南(安平 後編)


     台南(度小月)

 

3日目 台南→台北

     

     台北(東方庭園→九份)


     台北(九份→基隆夜市)


4日目 台北(鴨母寮市場→アイスモンスター→百果園)


     台北(明月湯包→大隠酒食→沐錦堂足髄養生会館松山会館)


5日目 台北(油化街→阿法写真館→鼎泰豊)


     台北(城中市場→塗姆捕里小吃→DOG&CATカフェ)


6日目 台北→マカオ(コンラッド)


     マカオ(榮甡蠔油荘→セナド広場)


     マカオ(コンラッドラウンジ→ハウス・オブ・ダンシングウォーター)


7日目 マカオ(コンラッド朝食→ドンアルフォンソマカオ店)


     マカオ→香港(インターコン)


     香港(金山海鮮酒家)


8日目 香港(廣生堂→車氏粤菜軒)


     香港(金満庭京川滬菜館)


9日目 香港→成田(キャセイラウンジ→機内食)


香港で買ったもの  


Comment:0  Trackback:0
2013
02.24

香港で買ったもの

香港のスーパーに行くと、欲しいものばっか。

毎回買って帰る定番はこんな感じ。

クノールのがいふぁん(鶏粉)↓

スープに、炒め物に、餃子の下味付けに、重宝してます。


うちの子がやっぱり一番かわいい

あさりみたいな貝のオイル漬け↓

スモーク風味で好きなのよ。

うちの子がやっぱり一番かわいい

無添加の手作りオイスターソース↓

帰国して、マカオで買ったものと比べてみましたが、こちらの圧勝。

このコク、牡蠣のエキスだけを取り出したような濃厚さ

そして無化調であること。知る限り最高のオイスターソースと思えるわ。

うちの子がやっぱり一番かわいい

ガーデンのネギクラッカー↓

小さくって丸くって、やめられないとまらない。

どうしても輸送中に箱がつぶれてしまうのですが、自家用だからいいのだ。

今は日本でも手に入るようになりましたねーーー。

でもついつい買ってしまうわ。

うちの子がやっぱり一番かわいい

同じくガーデンのチョコがけフィンガービスケット↓


うちの子がやっぱり一番かわいい

前にお友達にもらって美味しかった鍋のもと↓

お魚味と鶏味を買いました。

鍋にぽんといれるだけで、らくちんなのだ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

勤務先へのお土産に、ご当地ポッキーなど↓

まったくもって、日本価格で、腰が抜けたぜ(笑)


うちの子がやっぱり一番かわいい

今回お友達にご馳走になってしまったレストランで出してるお茶↓

photo:08

実はブログ書いてる今も飲んでます。高麗人参入りで少し甘め。

お土産に買えるかお店に聞いてもらえる?って頼んだら、彼がお会計まで

済ませて持たせてくれたの。多謝!

お土産の大半は台湾で買ってしまったので、香港ではこれくらい。
おとなし~もんだわ。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.23

8月19日(日) その1 香港→成田(キャセイラウンジ、機内食)

朝7時頃、インターコンをチェックアウトし、タクシーで九龍のエアポート

エクスプレス駅へ。
かなり早い目に到着した空港、目的は買い物でもレストランでもないので

さっさとチェックインし、イミグレ抜け、搭乗ゲートに急ぐ。


まずは改装されたばかりのCXのラウンジ「WING」(GATE2付近)に。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


ここはヌードルバー↓


うちの子がやっぱり一番かわいい


麺は担々麺、雲呑麺、日本式きのこ入り麺(Nameko Mushrooms)と

3種類ありますが、果敢に挑戦したダンナはげんなり。


うちの子がやっぱり一番かわいい


相変わらず美味しくないって~。

香港なのになー、もうちょっとなんとかすればいいのになあ。



次に訪れたのは「PIER」(GATE23付近)。


うちの子がやっぱり一番かわいい


香港CXラウンジは、サクラよりもずっと好きだ。


うちの子がやっぱり一番かわいい


フルーツやチーズも美味しくて、シャンパーニュが飲めるのが一番嬉しい♪

お酒セレクトはThe Peninsula、ファーストクラスラウンジのお料理もデス。

(Fだけだと、私は思っていたんだけど違うのかな?)


うちの子がやっぱり一番かわいい


↓ここのカウンターでは、シャンパンを使ったカクテルや、かなり美味しい

フルーツジュースなんかも出してくれます。


うちの子がやっぱり一番かわいい


広いし、PCもたくさん。


うちの子がやっぱり一番かわいい


眺めもよくて、くつろげるので、香港から出国する時はいつも早めに来て

最後のまったりタイムを楽しんでます。


うちの子がやっぱり一番かわいい


帰国便の方が所要時間が短いのは、毎回ちょっと残念に思うけど

復路はCに限る。疲れ方が全然違うんだもん。

明日から仕事再開なので、ちょっぴりセーブしながらシャンパーニュの続きを。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


ダンナは和食に日本酒↓


うちの子がやっぱり一番かわいい


私は洋食をセレクト↓


うちの子がやっぱり一番かわいい


振り返ってみると、あちこちよく移動したなあ。

どうも海外に出ると1カ所滞在ではなく、欲張ってしまう旅になるのよねえ。

貧乏性だから当分なおりそうにないナ。。。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.22

8月18日(土) その2 香港(金滿庭京川滬菜館)

夜は友人達と、銅鑼湾タイムズスクエアで食事の予定だった。

寝過ごしそうになってあわてて飛び起き、MTRに乗った。

駅からタイムズスクエアまで急ぎ足。食通天(レストランフロア)に直通の

エレベーターが長蛇の列で、またまた滝汗。

10分くらい待たせてしまったけど、久々の再会でしたぁ。


彼とは結構長いおつきあい。彼が日本に留学していた時に、広東語を少し

教えてもらったのがご縁で。それ以来行き来がある度、一緒にごはんを

食べてましたが、紆余曲折を経て2011年1月に彼はついに結婚!

(香港での結婚式に出席させてもらったの)。

そしてなんと今回は驚きのニュース。

彼女がおめでただというではないの!もうすっごく嬉しい。

ふたりのベビーなんて、じじばばのように楽しみです。生まれたら絶対に見に行っちゃう。


今回ふたりが選んでくれたのは「金滿庭京川滬菜館」という店。

新界やレトロ香港を愛してこの地に通ってた私達では絶対に行く機会の

なかったような今時の店。

なんでも予約不可だそうで、みなさん番号札を持って、ひたすら並んでいる。

かなり沢山のひとが待っていて、すごい人気です。

サービスドリンクのお茶をすすりながら、40分以上待ったかしらねえ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

人気なのわかるわ。現地のひとが選んでくれた料理にはずれがないというのもあるけど

かなり高レベルの中華。さすが!どれもこれも、美味しいの~。

この卵なんか、娘が苦手なのをラッキーとばかり、2個も食べてしまったわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい


このなが~いいんげん炒め、地味にうまし。やめられない。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい


卵の白身を蟹に見立てたこの料理も、名前は知っていたけど

食べるの初めてかも。ふわふわで食感もよく、上湯が上等なのでいいお味。


さて、よもやま話の中で、自然と話題が向かってしまうのは、赤ちゃんや子育てのこと。

特に今香港人がとても困っているのは中国本土から妊婦さんが来て、香港で子供を

産むこと。本土からの妊婦が香港で出産する場合、生まれてきた子どもは自動的に

「香港籍」を取得、高度な医療や、各種の福祉サービスを享受できる上、公立病院の

産婦人科の場合、出産前の検査や出産費用などが無料なんだって。

だもんで、永住権を持つ香港人のママのための出産当日の分娩台や産後のベッドなどの

確保できない状態らしい。その上障害のある子や、望まない性別の子が生まれた場合

香港に置いて帰ってしまうひともいるという。。。
お国の事情や、育った環境もあるだろうが、我が子を捨てていくなんて、胸の痛い話。



うちの子がやっぱり一番かわいい

〆にチャーハンを食べ、もう相当おなかいっぱい。

が、しかし。この店のイチオシはデザートにもあるという。


うちの子がやっぱり一番かわいい

洋なしを煮込んだこのデザート、かなりサイズが大きいんだけど

しっかりひとり1個オーダーしてくれたため、かなりギブ目。

あっさりしていて、中華レストランのデザートと思えないほど

洗練された味。うん、ここはすごく気に入ったなあ。


先日JALマイルでの、年末の香港行きを取ってしまった。

といっても思いついたのが遅くて、行きはすでに満席。故にキャンセル待ち。

娘を置いて旅行に行けるのは、せいぜい3日が限界なので、訪問できる

店も限られちゃうわね。


さっき調べたら、JLマイルで発券するCX便なら、往復Cですぐに確保できるわ。

ひとり42000マイル。。。悩ましい。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.21

8月18日(土) その1 香港(廣生堂、車氏粤菜軒)

うちの子がやっぱり一番かわいい

今日はよく晴れてるなあ。

ゆっくり朝寝してから、MTRで北角へ向かい、市場をブラブラ。

何か食べようかと思ったけど、みんなそんなにお腹減ってないし、昼は飲茶も予定

してるしと、朝抜きにする。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

トラムで銅鑼湾へ向かう途中、車窓を眺めていた娘が娘が「ヴィレヴァンだ!」と叫ぶ。

なんだなんだと思いながら、時間もあるし途中下車してみたら、ホントに店舗があったわ。

このブログを書くにあたって調べてみたら、今や海外にも進出していて、香港には

九龍湾、尖沙咀、ここ炮台山と銅鑼湾の4店舗も。あと高雄にもあるみたいね。

すごいなーー。残念ながら開店は11時頃で、中は見られませんでしたが。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

銅鑼湾では前から行きたかった「廣生堂」でフロリダウォーターとかハンドクリームを

買いました。双子姉妹のレトロな絵がトレードマークのここんちの商品、天然素材

ばかり使っていて実にいい香りよ。もっと買ってくればよかったなあと後悔しちゃった。

ガイドブックにも必ず登場するのにえらいこと地味なわかりにくい場所にあるお店です。

ついでにいつものカンペール屋に行くも、今回はめぼしい商品はなくて手ぶら。

あまり値引きもしていなかったし。



13時頃、湾仔の『車氏粤菜軒』にランチしにでかけました。

予約がいるかと思っていったけど、運よくすぐに入れたわ。

店内は広いけど、土曜日だし、家族連れが多くて、ものすごく混雑していました。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

香港で街市ツアーやお料理教室をされてる櫻井先生(ルシャス・デリシャス)のオススメ店

だったので、はずれないだろうともくろんで来てみたんだけど、相当美味しいわ。

繊細で美しいなホテルダイニングなんかの点心とは次元が違いますが。

私たち的には香港の飲茶といえば毎回絶対に「蓮香樓」だったけど、まったくもって

悪くないねーー、と思えるお味。お会計は371HKDでした。


おなかいっぱいになったので、一度ホテルに戻ることに。

その前に、頼まれてたペニンシュラブティックのチョコを買いに寄りました。

WhiteとDarkとMilkの3色が各2個ずつ入り、190HKDです。


歩き回って疲れたので、お部屋で昼寝。

なんかこの旅行時期的なものもあったけど、とにかくホテルで休憩してばかりだな。

もう無理はきかなくなってきたってことね。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.20

8月17日(金) その3 香港(金山海鮮酒家)

インターコンを通じて予約を入れておいた今晩の店は、『金山海鮮酒家』です。

佐敦駅から呉松街に入り、油麻地方面へ歩く。

着いたら、あら大変、店の前はひとでいっぱい。

このひとたちみんなウエイティングなのですか~。


うちの子がやっぱり一番かわいい

でもまあ台北の「鼎泰豊」と違って予約を入れてあるのだからと気を取り直し

案内係のおっちゃんに名前を告げる。


唯一言える自分の名前と人数の広東語(笑)おっちゃん、長いリストを確認し

「インターコンからの予約の日本人だな、確かに入ってるぞ、でも待ってて」と

おぼしきことをベラベラと言う。

ここでは予約というものは効力がないに等しいらしい。待つしかないのね~。


うちの子がやっぱり一番かわいい

でも東京で言えば山手線内の土地に匹敵する、超都心の路上なのに、目の前で

ばんばん捌かれる魚とか、ザルに山盛りにされる貝とか。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

もう否が応でも期待が高まるわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

大好き、ぱっちょはー(海老の湯引き)


うちの子がやっぱり一番かわいい

貝の炒め物も、お皿に山盛りなのをわしわし食べちゃう。


うちの子がやっぱり一番かわいい


海鮮はいつも九龍城の創發で食べているのだけど、あそこまで行く時間が

とれない時は、覚えていて損はないかもしれん。

店のおばちゃんたちもきさくだし、あれこれ海鮮食べて、お会計526HKD。

チップを入れて540HKDを置いて店を出ました。



思う存分庶民的な値段で海鮮を楽しんだ後は、女人街のそぞろ歩き&買い物。


うちの子がやっぱり一番かわいい

娘が小さい頃よく来たけど、そういえば最近はご無沙汰だったな。

ウィッグ(コスプレ用)が安い、タイツが可愛い、これは今東京で流行ってるけど高くて

買えないリュックだ!と大興奮。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

日本では決してないサイズの、こんな靴。

娘は足が小さいので苦労してます。


はは、お誕生日のプレゼントはここで済んじゃったわ。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.19

8月17日(金) その2 マカオ→香港(インターコン)

ラウンジに荷物を取りに帰ったら、上環行きのジェットフォイルのチケットを

取ってくださった。私たちもうチェックアウトしたのに、ものすごく親切な対応だわ。

滞在中大変お世話になった日本人のYさんは、以前東京のリッツカールトンにいらしたそうで

今後のマカオのこと、ホテル業界のお話しなど、いろいろ聞かせていただいたんだった。
ターミナル行きのバスが発車するまで見送ってくださったこと、忘れません。


うちの子がやっぱり一番かわいい

マカオと香港間は、イミグレもあるけど、ゆる~い雰囲気です。

座席のアサインもシールを貼ってベタに人力ですもん。


うちの子がやっぱり一番かわいい

家族3人と申告すると、並びをペタペタ押さえてくれました。


香港での宿泊は尖沙咀だったので、ホントはマカオから九龍側に着く船で

行きたかったのだけど、あまり需要がないのか、本数がなくてあきらめたんだった。

上環のターミナルからは贅沢にもタクシーでホテルに!

普段香港ではほぼMTRしか使わないんだけど、さすがに旅行も終盤で荷物が重すぎ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

お馴染みのシェラトンとペニンシュラが見える部屋。

アンバサダー会員の特典である「週末に2泊すると1泊無料になる券」を

使ったので、まあ海側ではないだろうと思ったけど。

 ※アンバサダーに関してはこちら

どうせ夜はそとに出ているのだから、シティビューで充分。

娘のエキストラベッドを入れる必要性があるにしても、この部屋の広さは

香港にしては相当のものデス!アップして下さったのだろう。

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい


大理石と金とでぴかぴかな湾仔のグランドハイアットをちょっぴり彷彿させる。

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい


さあ、一休みしたら、そろそろ行動開始。

香港はいつでも猛スピードで変わり続ける街。

時間は待ってはくれないし。ギアを切り替えて、遊びまくろう!


うちの子がやっぱり一番かわいい


まずはダンナのマッサージに出かける。

待ち時間の間、私と娘はお友達が教えてくれた靴のお店に行ってみたんだけど、結局

何も買わず。散歩がてら尖沙咀から佐敦方面に歩き、スーパーでお土産のお菓子や

あったら買っておいて損はない無添加のオイスターソースも仕入れる。

今回の旅行でどれだけオイスターソース買ってるんだ。

でも毎年作る牡蠣のオイル漬けにはこれじゃないとだめなんだもん。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.18

8月17日(金) その1 マカオ(朝食、ドン・アルフォンソ)

ゆっくり朝寝してラウンジで朝食を取る。


うちの子がやっぱり一番かわいい

台風は無事夜のうちに通過したようで、フェリーも普通に動いているとの情報。

時間があるのをいいことに、昨日はろくろく見られなかったホテルとその施設を見て歩く。

それにしても感想は「でけーーー」のひとこと。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

前に北京に行った時、歩いても歩いてもワンブロックが終わらなかったあの感じ(笑)。

外でランチの予約を入れてあるので、荷物をラウンジに預けてチェックアウトする。

タクシーで市内のグランドリスボアホテルに向かいました。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ここのホテルは、コンラッド以上に中国人観光客であふれてるわあ。

何かを大声でまくしたてる客に対し、フロントのひとがうんざり顔で対応しているのを

目の当たりにした。


うちの子がやっぱり一番かわいい

きんきらきんの内装、すごい置物とか彫り物とか、これでもかと飾ってあって。

一昔前のセンスですなあ。。。


ランチを食べるイタリアンレストラン、ドンアルフォンソは3階ですって。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

南イタリアの本店は2つ星ですが、こちらは席の予約もすんなり取れたし、対応も

いたってカジュアル。ワインを頼んでる人もあまりいないなあ。

グラスで飲むと高くつきそうだったから、プロセッコのあとにボトルを頼むことに。

ワインリストを見せてもらうと、わお!腰が抜けるようなお値段。

店側がリコメンドしてくるワインはどれもあり得ないほど高いものばかり。

ちょっとーー、中国の富裕層じゃないんだぜ、俺たち。しかもランチだし。


うちの子がやっぱり一番かわいい

コースは前菜かスープ、第1の皿(パスタ類)、第2の皿(メイン)の中から
2種類を選んだコースがHK$280(3300円くらい)
3種類を選んだコースがHK$380(4500円くらい)
フルコースがHK$480(5700円くらい)で、もれなくデザートが付きます。

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

↑Garoupa “Acqua Pazza”

うちの子がやっぱり一番かわいい

↑Potato gnocchi with wild pigeon ragout and black truffle


うちの子がやっぱり一番かわいい


↑Spring chicken “Cacciatora” with baby onions, cherry tomatoes and olives “Bella di Cerignola”


うちの子がやっぱり一番かわいい

私たちは3人とも、3品のコースにしました。

それぞれの食べた前菜とかスープとか、パスタやメインを適当にピックアップしてみました。

お味的には、ううん。東京で食べるイタリアンの方が上ではないかと。


うちの子がやっぱり一番かわいい

デザートのあとに、お茶と一緒に「お好きなだけどうぞ」とテーブルに載せてある

小菓子類はまさに圧巻で、お菓子の国状態。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

ランチの値段設定を考えればCPはいいのかな。

お菓子好きなひとにはたまりませんよ、きっと。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.17

8月16日(木) その3 マカオ(コンラッドラウンジ、ダンシング・ウォーター)


うちの子がやっぱり一番かわいい


荷物を置いてしばらくお部屋で休憩したあとは、ラウンジに。

そんなにおなかも減ってないし、このあとショーも見る予定だったので

ラウンジの軽食で済ませちゃおってことに。


うちの子がやっぱり一番かわいい


この旅行時はまだ最上階にあったラウンジですので、コタイ地区が見渡せる。

今は空前のホテル建設ラッシュの真っ最中だそうで、2014年にはモノレールも

完成する予定だって。

そうねえ、これだけ広いと移動はバスやタクシーじゃ、もうおっつかないでしょう。


うちの子がやっぱり一番かわいい



うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


ここもラウンジとしては最大級?信じられないくらいのスペースです。

PCも大画面のものが何台もあるし、レストランタイプのテーブルやら、くつろぎたい人の

ソファやら、バーになってる部分やら、豪華だなあ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

メニューにはモエシャンとパイパーが。

有料だともっと選択肢が増えるそうな。


うちの子がやっぱり一番かわいい


下のカジノの賑わいとはうらはらに、ラウンジにいるお客さんは少なすぎるほど。

コンラッドだけでなく、マカオのホテルの宿泊客の8~9割がメインランドからの

中国の方だそうです。

くつろぐには冷房が強すぎて、私はブランケットをいただいてしまった。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ラウンジからの眺望。


うちの子がやっぱり一番かわいい

段々暮れてきて。。。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ビルの壁面が電飾に彩られ、見ているとときを忘れてしまうほどきれい。



さて、自分のブログの検索ワードを見ていると、たびたびる登場するのが

「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」。

そろそろショーを見に行く時間なので、お隣まででかける。

炎天下とか、台風とか、どんな天候の時も楽に移動できるように、地下で

つながっていればいいのになあと思ってしまう。

名古屋や札幌や大阪みたいな地下街って、そういえば海外であまり見たことないわね。


マカオだけで楽しむことができるこのショーは、制作費2億5000 万USD超えだそう。

※予約した時の記事は「マカオでのショーを予約」で。
専用劇場は239 個の自動制御の噴水と、11機の10トンエレベーターを使用しており

カスタムメイドで造られた劇場に設置されているプールには、オリンピックサイズの

競技プールの 5 倍以上となる水をたたえていて、水をベースにした劇場の中でも世界最大級。


うちの子がやっぱり一番かわいい

なんていう説明は、実際に見て度肝を抜かれないと実感できないだろうなあ。

ストーリー的にはいまいちわからないところとか、飽きる場面もあったけど

ぐるぐる水がまわる様や大仕掛けには驚嘆のひとこと。

おばちゃんは、あんなに毎回ずぶぬれになって風邪ひかんのだろうかとしょうもないことを

心配してしまった。


ショーが終わった後外に出ると、体が飛んでいきそうな、思わず笑っちゃうくらいの風。

とうとう台風はシグナル8まで。こりゃあ明日の香港行きは。。。もしや危ないかもしれんなあ。

お部屋に帰ると、お皿に大盛りのマカロンが。


うちの子がやっぱり一番かわいい

チェックインの時、ウエルカムドリンクをダンナの服にこぼしてしまったおわび的

差し入れかな。嬉しいけど、こんなに食べられない。。。もったいないけど

ほとんどを手つかずで置いてきてしまったわ。

とってももろいお菓子だけに持ち運びは難しいだろうし。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.16

8月16日(木) その2 マカオ(榮甡蠔油莊、セナド広場)

実はこの日は台風が接近してて、夜にはMax近づく予報。

雨が降り出さないうちに、予定を変更して市内に出かけることにしました。

お目当てはオイスターソースの老舗である「榮甡蠔油莊」です。


photo:01

またしてもシンクロニティを感じてしまうんだけど、高雄に向かう行きの機内で

JALの機内誌を広げたら、ちょうどここが掲載されていたんです。

マカオに行ったら、ポルトガルワインとここのオイスターソースだけは絶対に買って帰ると

決めていたので、嬉しい偶然だったかも。


閉めていることが多いと聞いたので心配だったのですが、訪問した時は運よくおいででした。

店主は3代目の曾溥洲(ツァン・フーチャウ)さん。

長年の重労働がたたっておみ足が少し不自由ですが、いまだ手間暇かかる行程を

一人でこなしてらっしゃる。ラベル貼りまでご自分でなさってます。


うちの子がやっぱり一番かわいい

店内はレトロそのもの。時が止まったままのようです。

うちの子がやっぱり一番かわいい

曾さん、ソースを丁寧に包み、持ちやすいようにしばってくれました。


うちの子がやっぱり一番かわいい


お宝ソースを無事入手した後は、とりあえず懐かしのセナド広場に行ってみる?ってことになり

そのまま散歩を。私達がこの前にマカオに来たのは、返還前のこと。

香港がそうだからある程度予想はしていましたが、まあ観光客の多いこと多いこと。

そのほとんどがメインランドから来たひと達です。


うちの子がやっぱり一番かわいい

噴水前で記念撮影しました。

我が家の2013年の年賀状では、前回と今回の同じ場所での写真を並べてみました。

使用前使用後ってね(笑)


小腹がすいてきたので血眼になっていた私のために、ダンナが必死こいて

探してくれたのがおでん屋さん(笑)。人気らしくてすごい行列でしたわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

籠に好きな具を入れて、あたためてもらうのですが、システムがよくわからないのよね。

見よう見まねで3本ほどを差し出してみましたが、他の人は山のように盛っていたわ。

もしかして何個でいくらと決まっていたのかも。


うちの子がやっぱり一番かわいい


中身が何だかわからないので、冒険できなかったのが心残り。

ウニ風味やチーズ風味など凝った練り物で、かなりはまる味だったから。

うちの子がやっぱり一番かわいい

見当をつけていたワインショップが閉店してしまっていて、すぐそこにそびえる

ヤオハンに入りました。そういや前回もここでワイン買ったなあ。

しばらく見ないうちにえらいこと建物が立派になっていて驚いたわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい


本当はひなびた漁村とか、海沿いの通りを散歩したりとか、行きたい場所はあったのですが

もう相当風が強くなってきたので、そのまま帰ることに。

ホテルに戻って休む前に一仕事。

隣接しているシティ・オブ・ドリームス内のチケットカウンターで、今晩観劇予定の公演チケットを

引き換えないといけないのだ。このショッピングセンターは1周できる構造になっていないので

不用意に歩き出すとえらいことになるのよ。。。迷子になって30分以上ロスしてしまった。


しかもチケット受領に必要なパスポートを忘れてくる失敗付。

コピーを持ち歩いていたのでそれで事なきを得ましたが。

それと娘の分を学生料金で購入していたのですが、学生証は日本語で書いてあって

読めないからダメと危うく却下されるところ。ひーーー。

「漢字だから読めるでしょ、写真も制服だし。生年月日を見て~、まだ高校生だよ」と

必死でお願いし、なんとかOKに。

海外でも通用する学生証って、一体何を持っていけばいいんだろ。

ユースで発行してる国際学生証みたいなものならいいのかしらん。

そういえばポンペイ遺跡で学生料金があるのを見たことあるし。


うちの子がやっぱり一番かわいい

無事入手したチケット。



Comment:0  Trackback:0
2013
02.15

8月16日(木) その1 台北→マカオ(コンラッド)

お部屋から台北駅を眺めるこの景色も、これで見納め。


うちの子がやっぱり一番かわいい



台北からマカオは、1日2~3便くらいしかないので選択の余地なし。


台北の旅行会社から買いました。


お支払いはクレカだし、eチケットをプリントアウトすれば完了だしらくちんねえ。




搭乗したのは、朝09時25分発で11時05分マカオ着のマカオ航空です。


桃園空港のイミグレ手前の手荷物検査で、予想外のものがひっかかったわ。


ダンナが持ってた一眼レフに使う一脚です。


長さ30㎝ほどのコンパクトにたためるタイプだけど、機内には持ち込めないと係の人は譲らない。


むう!三脚を持って旅行する機会は多くあったけど、今までこれがダメだと言われたことは


なかったから、びっくりした。この混雑を引き返し、また航空会社のカウンターに預けにいくのは


やだもんなぁ。数千円のものだったので、空港に置いてきました。


没収されたいろんなものって、一体どうなるのかな。


誰か着服してるんじゃあるまいかと時々勘ぐってしまうぜ。






うちの子がやっぱり一番かわいい







うちの子がやっぱり一番かわいい



機内食は2種類からのセレクト。短距離なのに、そこそこの軽食が出るわね。


マカオの空港は初めて。


降りたらすぐにバスが数台とまってる。マカオ・コタイセントラル(澳門金沙城中心)行きの


黄緑色のバスがあったので、すぐに乗り込みました。空港からはすぐの距離だけど


ゴージャスなバスで乗り心地は快適、快適。




うちの子がやっぱり一番かわいい



フロントに着くと結構な混雑ね。まだチェックインには早い時間だけど、ダイヤモンドメンバー


のカードを見せると、すぐにラウンジに案内されました。


まだオープンしたてとあって、どこも美しく整えられてる。




うちの子がやっぱり一番かわいい




うちの子がやっぱり一番かわいい



このちょっと行きすぎた感じの豪華さから、客層がわかるなあ(笑)。


ラウンジには日本人の方がいらして、日本語でチェックイン手続きをしてくださる。


この日はポイントを使っての無料宿泊だったのだけれど、お部屋もアップしていただいた様子。




うちの子がやっぱり一番かわいい



広々としてるわ。タオルなども上質なものですよ。






うちの子がやっぱり一番かわいい





うちの子がやっぱり一番かわいい





うちの子がやっぱり一番かわいい





うちの子がやっぱり一番かわいい



アメニティはアロマセラピーアソシエイツ。


イギリス発のこちらのブランド、原材料の栽培にに化学除草剤、農薬は不使用。


製品にも遺伝子組み換え作物、合成着色料、鉱物油、動物由来の原材料(蜜蝋除く)は


一切使用しないというこだわりよう。とってもいい香りですよん。





ここは2012年の4月に開業したばかりで、私たちが宿泊した時点でまだ4ヶ月目。


有線/無線高速インターネット接続は当然のこと、iPodやiPad用のドッキング・ステーション完備。




うちの子がやっぱり一番かわいい



めちゃ手触りのいいビロードのフード付バスローブ




うちの子がやっぱり一番かわいい





スリッパには「HIS」「HER」と刺繍してありますです♪


うちの子がやっぱり一番かわいい





Papabubbleの特注手作りキャンディー




うちの子がやっぱり一番かわいい





Harney & Sonsの高級紅茶、Nespressoのコーヒーマシーンも常備




うちの子がやっぱり一番かわいい





うちの子がやっぱり一番かわいい





お風呂場にはコンラッドダック。中には金色のさいころ。カジノらしいですね~。


このデザインは開業からのわずかな期間だけだったらしく。




うちの子がやっぱり一番かわいい





今はうちのリビングに飾ってあるコンラッドベアも金色でした。




うちの子がやっぱり一番かわいい





お水はよくありがちなものでなく、フィジーウォーターでした。




うちの子がやっぱり一番かわいい



お部屋の中の紹介はこれくらいにしておいて。。。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.14

日本全国チョコの日

Category: ■雑談
ダンナにはGODIVAの三個入り。
ほんのおしるしではありますが。
外で軽く飲んできたらしく、ごはんも
食べずに、いきなり一気喰いですよ。
やれやれ、100均のチョコでよかったんじゃね?

娘にもお土産に、マトリョーシカチョコ。
photo:01



勤務先へ向かうメトロの駅中に売ってた。
あまりに可愛くて



iPhoneからの投稿
Comment:0  Trackback:0
2013
02.13

8月15日(水) その2 台北市内(城中市場、塗姆捕里小吃、DOG&CATカフェ)

満腹になったあとは、タクシーに乗って、台北駅まで戻りました。

時間があったらぜひ行ってみたかった城中市場へ立ち寄りのチャンスだわ。

ここに台湾の代表的デザートである愛玉の美味しい店があるって聞いてた。

お店は大繁盛してるんですぐにわかったわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

檸檬の風味が優しく、つるりとしたゼリーはお腹いっぱいでも、すとんとおさまる。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

なんとこれが↑愛玉のもとだよ。植物の種なんだそうだ。


ここの市場は庶民的で地元のひとがいっぱいで、奥の方まで探検したら絶対に楽しそうだな。

宝探し的店内。


うちの子がやっぱり一番かわいい

私はきれいな刺繍の入った中華風の靴を買いました。350NTDでした。


うちの子がやっぱり一番かわいい

いい加減暑さにやられて疲れたので、ひとまずホテルに戻って昼寝タイムです。
夕方、MRTに乗って芝山駅へ。

駅からタクシーを使い、今日の夕御飯を食べる予定の『塗姆捕里小吃』へ到着。


うちの子がやっぱり一番かわいい

予約はしていなかったけど、大丈夫だった。

ここのお母さんは日本語が少し話せるので、オーダーも楽々です。

台北ナビで調べた人気メニューをいくつか頼んだけど、台湾の地方料理もなかなかいける。

今まで食べたことのない食材がいっぱいです(実はここでは虫の料理も出してるそうで)。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい
炒埔里米粉(オリジナル焼きビーフン)


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい
半天花蟳脚肉(ビンロウの花と蟹肉の特製ダシ炒め)


うちの子がやっぱり一番かわいい

捕里という場所は紹興酒で有名だと聞いたので、瓶紹興酒を頼んでみましたが

こちらは残念ながら、私達の口には合わず。それでも最後には1本飲んでしまったけどね。

お母さんやお店のお客さんと話しているうちに、頼んでいない食べ物がどんどん追加され

もう本当にありがたいのだけどギブ。


娘がここんちの看板娘(可愛らしい女の子)と絵を描いたりして遊んでいたからか

帰る時には台湾のお茶を頂戴してしまった。

また台北に来たら、訪問したくなるいいお店だった!

台南ですっかり洗髪の気持ちよさにはまってしまった私と娘。

この日も帰りに洗って帰ろうと思っていたのに、時間が遅すぎてもう美容院はどこも閉店でした。

そのかわり、駅までの帰り道にふと見つけたワンニャンカフェ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

わあ、お友達がよく行く韓国で利用していていつも羨ましく思っていたのですよね。

家族も興味津々なので入ってみましたよ。もうラストオーダーに近い時刻でしたが

快く入店OKしてくれ、好きな位置に陣取ると。。。集まる集まるワンコ。

大きい子も小さい子もいろいろ。もう撫でまくりの写真撮りまくりの。


うちの子がやっぱり一番かわいい

にゃんずの匂いをつけたまま帰ったら、うちで留守番してるしっぽのあるひとたちが

怒るだろうねえと笑いながら帰りました。

うちの子がやっぱり一番かわいい


Comment:0  Trackback:0
2013
02.12

8月15日(水) その1 台北市内(油化街、阿法写真館、鼎泰豐)

07時30分くらいに出発して、タクシーで油化街へ。
朝からげんなりするくらいあっつい。。。

台湾の旅、ちょっとの移動でもタクシーを使う悪い癖がついてしまったなあ。

漢字で行き先書けば通じるし安いし、楽なんだよね。

油化街のお目当てはカラスミ買うこと。でもその前に腹ごしらえしなくちゃ。
市場そばに、お店が何軒か固まっていて、すぐにわかる。

朝御飯もはしご予定(笑)。まずはを『台南(魚土) 魚(魚庚)』で揚げ鰆の入った麺を食べてみる。


うちの子がやっぱり一番かわいい

鰆は新鮮なものを使っているんだろう、魚があまり好きでない娘ですら、かぶりつく。

味付けの濃い魚が忘れ得ぬ美味しさ。おお、これはめっちゃうまいで。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ダンナは麺に加え、豚肉のっけのご飯まで頼んでしまった。


うちの子がやっぱり一番かわいい

おばちゃんが次から次へと鰆を揚げてます。


次は隣の『民楽旗魚米粉湯』で米粉麺を。


うちの子がやっぱり一番かわいい

牡蠣と豚をからりと揚げたものが名物らしく、ハーフ&ハーフで頼んでみたよ。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

友達にお土産にもらって、感激した「永久號烏魚子專賣店」のカラスミはここにある。

創業100年の老舗とは思えない小さな店は、奥まった路地にあった~。


うちの子がやっぱり一番かわいい

探していなければ、普通に通り過ぎちゃうだろうな。

ここのカラスミが折り紙付きに美味しいのはわかっているので、試食もそこそこにぱっと買う。


うちの子がやっぱり一番かわいい

薬草らしきものを積んだお茶屋さんを見つけたので、歩きながら飲もうと1杯。


うちの子がやっぱり一番かわいい

にこりともしないお兄さんが、実はかなりおもしろくて、私に普通のお茶を売った後

「これも飲んでみろ」とジェスチャーで娘ににコップを差し出す。

ひとくち飲んだ後の顔ったら、ジブリのアニメみたいだった(笑)。

私も飲ませてもらったが、子供には相当苦く感じるのだろうなあ。

自分的には漢方の味と匂いは全然苦にならないので、おいしくいただきました。

歩いて写真館へ行く途中、廟を見たり、コーヒー休憩したり。

鳥籠をたくさん持ったおじさんを見たわ。このあたりは古い街並みで、散歩するにはかなりいい。


うちの子がやっぱり一番かわいい

10時に予約した阿法写真館で娘は変身写真を。

待っているかどうするか聞かれたが、外の暑さを考えたら、どこへも行く気にならん!

時々衣装を変えて出てくる娘の写真を撮ったり、メイクしているところをのぞき見したりしながら

のんびり3時間待ったわ。
数々の素敵なサンプルの写真を見ながら、あまりに「いいなあ」と私が言うので、「やればいい」と

ダンナはあきれ顔。ちぇっ、おばはんがやっても仕方ないじゃん。

ここは日本人好みの衣装をたくさん持っていて、写真の加工もかなりセンスがいい。

娘に言わせると、クオリティはいいそうで、これだけ凝ったセットとヘアメイクだと

日本ではちょっとできないお値段ね。この日予約しておいたのはA1コースで衣装2着と

写真12枚のアルバムとCD付きで4990NTD。日本への送料がプラス1000NTD。

クレカ支払いOKで、税金がかかったのかな、6169NTDでした。

※途中対応のまずさに切れかけることあり。

 あとから来たお客さんばかりを優先して撮影し、娘は放置ということが何度かありました。

 帰国の飛行機の時間にギリギリだったためだそうで、しかも当日来店しての申告だったとか。

 お客さんの都合で急がされたことは、店側には大変だったとは思うけど、私たちには関係ない

 事情であり、それは放置のままじゃなく、きちんと説明すべきだったよね~。


結構時間がかかったので、ランチに行くにはどこも微妙な時間帯になってしまった。

お昼は昨日のリベンジに、鼎泰豊で修行を積んだ陳三兄弟が独立して作ったいう

『京鼎小館』の2号店に行くことに。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

この時間だとさすがに待っているひともなく、さくっと入れました。

地下に案内されたけど、やっぱり冷房効き過ぎ。そして、本場の小籠包だというのに、これまた

どうしたことか、いまいちいまにくらい「なんだかなあ」という感じ。

わたしたち何か、小籠包に期待しすぎ?違うものを求めちゃってる?

食い意地はってるので、家族で相談し、もう1軒行こうと決める。

幸い娘は小龍包気に入ったようで、珍しくまだイケルと言うので。


昨日時間切れで入れなかった『鼎泰豐』に挑戦しようってことになり。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ふたたびタクシーを飛ばして、車を降りてみたらば、今日も今日とて黒山の人だかり。

こんな中途半端な時間だっていうのにねえ。ここにいる全員が席を待ってる人達とは、気が遠くなる。

案内嬢を探すと、入口にいるいる。名前を言うと、「あなた昨日も来たでしょ」とあっさり言われ

驚きのあまり口があいたままに。1日に何百人のひとが来るかわからない中で、しかも昨日

来た客の顔と名前を記憶しているなんてあり得ない!さすが世界の『鼎泰豐』、案内嬢まで

ウルトラスーパーデラックスだと感心しちゃう。

うちの子がやっぱり一番かわいい

メニューは写真付きでわかりやすい。注文票を渡されるので、入店前にもう○をつけて渡しちゃう。

おなかぺこぺこだったので、案内されるまで永遠に感じましたが、実際は多分4~50分

というところだったかしら。本店はどこもかしこもピカピカで、店の構造は狭いながらも

上に展開しているので、想像していたよりは回転が早いのね。

うちの子がやっぱり一番かわいい

嗚呼!お料理が運ばれてきてむさぼり食う私達。こんなシンプルな前菜すらうまい。

残念ながらお肉入りである小籠包は食べられないけど、昨日の2店とは明らかに格が違う。

上品かつ溢れるお汁。その上皮はどこまでもしっとりと柔らかく。夢のような蒸し物ですよ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

席と席との間は狭いけど、お茶がなくなればすぐ注ぎに来たり、いちいち目が行き届いてます。

味もサービスも一流店ならではね。台北の食事の中では忘れがたいな。
日本でも食べられるしとか、海外にも手広く展開してる店なんてどうなの?と、食べてもいない

くせに疑ってた自分が恥ずかしい。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ひたすら蒸し物を作る料理人さん。

1日どれだけの数の蒸籠がはけるのだろう、考えただけでおそろし。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.11

カリウム値があがった〜

昨日、日曜日。恒例の獣医さん通院。
先週尿検査のため、おしっこ取る時にサヴァが動いてしまって、それで

傷がついたらしく、夜になって血尿が出て、えらいこと慌てたわさ。
びっくりして病院に電話したら、止血剤を飲ませて様子見して下さいと言われた。

ちょうど処方されてた止血剤があって助かったよ。

入院してから一ヶ月くらいたって、ようやくうんちがもと通りになってきました。

入院中に食べてた腎臓の療養食があわなかったんだわ。

いつもうちで食べてるヒルズのr/dはダイエット用だから、繊維が多く入っていて

うんちが具合よくなるの。下痢していたら体力は落ちるばかりだし、栄養も吸収できないから

サヴァの一番の課題はうんちが安定すること。
元気があって、食欲もあり、いいうんちが出ている今の状態なら、様子をみながら点滴を減らして

いきたいというのが、先生の考えです。

先週下がってしまったカリウム値3.0

photo:03


昨日の血液検査では⒊3まで戻っていたんです。
photo:01


点滴を2日に一度にしたら、次の検査ではいったん下がり、二週目は盛り返した。

カリウム値がさがった先週、すぐに薬を与えないで経過を見ましょうとおっしゃった先生も

嬉しそうだったな~。


徐々に点滴を少なくしても、サヴァが自力でリカバリーし、数値は保てることがわかったので、

次は3日おきの点滴に挑戦。

最終的には一週間に一度の点滴、一ヶ月に一度の通院に持っていけたら最高だそう。

薬だけ症状を安定させられる子もいるけど、サヴァは腎不全が進行しているので、もう点滴な

しには無理だから。


里子に出されていたのを引き取って一年。長期間続いていた下痢がやっとよくなったと思ったら

今度は先天性の腎不全かあ。獣医さん通いが終わること、サヴァの場合はないだろう。
ほかの二匹が健康で本当によかったなあ。病気のことは獣医さんにまかせるしかないけど

私たちも出来るだけのことをしよう。

photo:02

ホットカーペットでまったりのやよちゃんとマシュ。溶けてバターになっちゃうよ?

Comment:0  Trackback:0
2013
02.10

8月14日(火) その2 台北市内(明月湯包、大隠酒食、沐錦堂足髄養生会館松山会館)


うちの子がやっぱり一番かわいい

タクシーで基隆路へ乗り付け、お昼御飯は『明月湯包』で~。

ちょうどグループ客が出て行ったところだったので、テーブルの片付けを待ってすんなり入れました。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

でもあれれ。有名なお店のはずなのに、なんだかいまいちと思う。

皮がごわごわしてるよねえ。日本でもそこらで食べられそうな。。。

名月湯包(8個入り) 130NTD

海老とヘチマの湯包(8個入り) 190NTD

招牌鍋貼(10個入り) 130NTD

で、ビールか何か飲んだかな。お会計は560NTD(1700円くらい)


食後、タクシーでホテルのそばの新光三越に行き、地下スーパーで買い物しました。

娘はクラス全員に配れるような大きな牛乳缶入りのミルクキャンディを。

どこかの牧場の商品って言ってたわ。

私はまたしても茸スナックを追加買いです。なんだかんだふくれる荷物。

まだ台北なのにナア。

暑さにやられてクタクタなのでホテルで昼寝をし、17時30分頃にタクシーで永康街へ。
夕御飯は『大隠酒食』でと決めていたんだけど、どうしてもあの『鼎泰豊』に行ってみたい。

小龍包病か、私たち。車を降りてびっくりの人また人。これみんな小龍包待ちなの!

驚きましたが、ウエイティングリストに加えてもらいに、人混みかき分け、係のひとのところへ。

朝から晩までどれだけのひとがここで食事をするのやら。

この混雑だもの、当然予約は出来ないんだろうなあ。3~40分ほど、隣の本屋さんで時間を

つぶしましたが、番号は一向に進んでない。

今日はマッサージの予約あるから、これ以上待つのは無理かも。

残念ながら、見切り発車で夕御飯を食べに行きました。


うちの子がやっぱり一番かわいい

『大隠酒食』。。。ここは、私が好きでよく拝見してるブログの方が訪問されてた店。

Wホテルにに滞在中、コンシェルジェさんが推薦してくれた店だそう。

予約はしていませんでしたが、入れたのはラッキーだったみたい。1階はすでに満席。

座敷のある2階席に通されました。ここもあとから宴会のひとが入り、満卓だったもの。

うちの子がやっぱり一番かわいい

畳というだけで、もうくつろぎモード。

ここんちのおかず、どれもバリバリレストランの味というのではなく、どれもほっと

安心できるような家庭の味。でもうちで再現するには難しいなあと思う技の効いたお料理なのよ。


うちの子がやっぱり一番かわいい
台湾料理の酒のつまみといえば、蜆の紹興酒漬け
うちの子がやっぱり一番かわいい
湯葉巻
うちの子がやっぱり一番かわいい
ここんちイチオシの鶏

うちの子がやっぱり一番かわいい
牡蠣の炒め物


なんか次々とお料理をたいらげていくうちに、あっという間にもうマッサージに出かけなくちゃいけない

時間になってしまふ。後ろ髪引かれる思いでお店をあとにし、タクシーに飛び乗りました。
はは、めちゃ飲んで食べに食べても、お会計は1365NTD(4200円くらい)だった。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

20時から予約してた「沐錦堂足髄養生会館松山会館」は、ゴッドハンドだと聞いてる何先生が目当て。

検索してたら、日本語で予約ができる代理店があったので、そこで事前に申し込んでました。

60分マッサージが1200元(何先生指名料金)だったわ。私は足マッサージ600元で。

背中から肩から鉄板が入ってるとこぼしてたダンナ、ここはとっても気に入った様子。

ただ松山ってタクシーで行くとちょっと遠いね。宿泊が中山あたりならいいのかもしれんけど。

でも台北に来たら、再訪したいなあ。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.09

8月14日(火) その1 台北市内(鴨母寮市場、アイスモンスター、百果園)

昨日遅かったから、ゆっくり朝寝。

のんびり支度して、09時30分頃タクシーで鴨母寮市場へ向かいました。

雑誌ananの台湾特集に載ってた朝ご飯が食べたかったのよね~。
市場に着いた頃には、もうギラギラ太陽。この暑さはやっぱり亜熱帯よのぉ。



うちの子がやっぱり一番かわいい

目指す店はすぐに見つかり、まずは『何家豆腐捲』で、小麦粉の皮の何かを食べた。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

『三六九素食包子店』は、すごい湯気がもうもうとあがっていて、遠くからでもすぐにわかるわ。



うちの子がやっぱり一番かわいい

着いた時にはちょうど今蒸してるタイミングみたいで、誰も英語とか日本語とか

話せないんだけど、観光客は結構来るようで、ジェスチャーで「○○分後にまたおいで」

って教えてくれた。


うちの子がやっぱり一番かわいい

すごいいきおいであんを包んでいるとこ。


あまりに暑いので、日陰でも外では待てない。

冷房でひえひえのコンビニに避難し、飲物を買って再び来てみると、今度は

店の前に行列ができてる。あら、並んで待っていなくちゃだめだったか。。。とあせったら

お店の人はちゃんと私たちを認識してくれたようで、順番飛ばして注文を取ってくれた。


手帳に貼ってきたコピーを指さし、これとこれって頼むも、くれたのは2種類のみ。

いつも全種類がある訳ではないみたいだった。しかしえらい勢いで売れてるナア。

ふかふかの蒸し立てのそれがうまくない訳ない。

うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

むはーーー。お野菜のあんだけど、食べ応えあるよ。味付けも実にいい。

ダンナ、台湾に来てから一番うまかったと感激してた。

さて、徒歩で移動しようと思っていたんだけど、あまりの暑さにめげて、タクシーを使う。

目指すはかき氷の有名店、『ICE MONSTER』。


うちの子がやっぱり一番かわいい

この6月に移転したばかりで、えらいことおシャンティな店に変身しちゃってる。

掃除の行き届いたピカピカ清潔な店内、今風ねえ。

メニュー表があまりにも厚くて、どれを頼んだらいいのやらまったく見当もつかん。

高雄の旗津でカキ氷屋の老舗の前を通りかかった時、尋常じゃない量をみんなで

つついていたのを見て度肝を抜かれたからなーーー

。小山のようなサイズが来ても食べ切れん!店内冷房ガンガンだしさ。おばさん、体が冷えちゃう。


無難に、最初のページに載っていたマンゴー満載らしきものをひとつ頼むと、シェアするのが

当たり前らしく、注文1個で全然OKだった。

それもそのはず、3人で食べてちょうどいいくらいの大きさだったんだよね。


うちの子がやっぱり一番かわいい

しかも、その前にサービスだと言って、更にかき氷を出すんだ!

↓これがそう。ひとり1個来るんだよん。

ありがたいけど、おなか壊しそ。

うちの子がやっぱり一番かわいい

そこから徒歩で「百果園」という、日本でいうところの千疋屋みたいな果物屋さんに。


うちの子がやっぱり一番かわいい

日本人が沢山来るみたいで、日本語メニューもあり。イートインもしたかったんだけど

さすがにアイスモンスターのあとでは、さすがに無理ぽ。

お土産にドライマンゴーとマンゴージャムを買いました。

日本からのオーダーにも応えてくれるらしく、リピーターが多いのだなと感心。



うちの子がやっぱり一番かわいい

そこからまた歩いて「吉軒茶語」へ。

ここの茶梅は買うべきリストに入っていましたが、試食すると私にはちょい甘過ぎだったわ。

試飲をさせてくれた黒烏龍茶と茸スナックを購入してまたしても、タクシー拾いました。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.08

8月13日(月) その3 台北(九扮→基隆夜市)

タクシーが着いた場所は、九扮への入口にあるセブンの前。

その狭い道を登り始めてたまげたたまげたわあ。

両側に立ち並ぶ店、身動きが取れないほどの大量の観光客(オマエ、モナ)。

そのほとんどが日本人なんだもん。

観光バスで乗り付けるツアーがあるのは知っていましたが、夜の部はこんなに人気なの。


うちの子がやっぱり一番かわいい

一番高いところまで急ぎ足でのぼり、カフェからの夕景をなんとか

カメラに納めました。ふー、ひとまずビールね。あっついし。

台湾名物のキノコスナックもついてきて、みんな好物なのでぽりぽり。


夜の九扮はいいねえ、赤い提灯の灯りがともって、とっても雰囲気があるのよ。

千と千尋の神隠しのモデルになったという建物は、もう暗くていまいち全容が

わからなかったけど、「うんうん確かに」とうなずいてしまう。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ただーし、路地という路地、店という店に溢れている、明らかに九扮という場所の

キャパシティを越えて集まっている観光客。。。

ツアーで来て、時間制限のある中、ちょっとだけ歩いて慌ただしく買い物して

去っていくにはあまりに惜しい場所だと思いました。

お店が閉店し始めても、まだツアー客のひといましたから、夕御飯を食べる

コースなんかもあるのかもしれませんね。


帰りは、基隆に出て、有名な夜市を見て帰ろうと思っていたのですが、バス停には

ひとだかり。そこでバスを待っているのは、これまたほとんど日本人で、私たちと

同じく個人でここに来た人達。

停留所の案内を見てもさっぱり要領を得ないので、(みんなが待っているからここで

いいのだろう)という感じで、なんとなくバスを待っている。

みんなよくわかっていないので、何本かやってきたバスを止めては、自分の行きたい

場所を確認するという方法でやり過ごし、20分くらいしてようやく基隆へ行くバスつかまえました。

真っ暗だし、山道だし、タクシーなんか全然通らないし、あそこで女子だけで待ってたら不安かも。

驚いたことに、バスを待ってるひとたちの中に、九扮から台北への帰り方もわからない方

が何人もいたのよねえ。下調べもせずに?ガイドブックも持たずに?チャレンジャーだなあ。


バスに乗ること、40分くらいかな。

私たちが降りたところは、基隆駅に近い場所でしたから、夜市の方向を尋ねつつ

歩くこと10分くらい?夜店に番号は振ってあるけど、いまいち手元の数字と違う気がする。。。

と、歩いてましたら、「ああここが写真の場所じゃん」的な、食べ物屋台がずらりと並ぶ道に出ました。


うちの子がやっぱり一番かわいい

有名なお店の番号や、食べたいものはしっかりチェックしてきたぜ。

九扮でささいなことからケンカし、バスでの道中まったく口をきかなかったダンナ、ようやく

ご機嫌を直したらしい。絶対に好きだろうと思うスープと、肉そぼろがけ御飯を補給させたら

通常営業に戻りました。美味しい食べ物のチカラは偉大だ!


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

私は牡蠣入り卵炒め、甘いソースをつけて食べるてんぷら(練り物)や

蟹のとろみのあるスープなんかを食べました。



うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

娘は、一口中華ソーセージや、ふわっふわのカキ氷、葱の薄いパンを。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

買い食い天国、台湾。いろんなものを少しずつ味見できる幸せ。

食いしん坊にはたまらない国ねえ。
夜市をひやかし、ぐるぐる歩いていると、いい加減夜も更けてきました。

基隆から台北駅へは、バスも電車もあるんだけど、バスターミナルは駅から少し離れているから

電車で帰ったほうが便利ですよと、ボランティアで夜市をパトロールしていた方に教えてもらいました。


その方、親切にも駅まで案内してくれ、時刻を確認し、切符まで買って下さり、さっと

帰っていかれました。台湾で受けた親切は数え切れないほどあるけど、本当に心に染みました。
この日は台北駅に着いたのは、もう23時をまわっていて、楽しかったけど本当にくたくた。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.07

8月13日(月) その2 台北(東方庭園→九扮)

台北の宿は台北駅から地下道直結のシーザーパークさん。
代理店経由で探してみましたが、どこもお値段いまひとつ。

ホテルのHPを念のためチェックしてみたら、なんとこれが一番お安かったという。

直結とはいえ、台北駅地下は広くて~。

新幹線から降りた時はちゃんと行き着けたのに、そのあと国鉄で帰った時は

迷ったりもしました。バスターミナルを利用したら更に迷っていたかもしれないわ。


14時すぎの到着でしたが、まだ部屋は用意されておらず、チェックインだけ

済ませて荷物は預けてと言われました。

そのままタクシーで、予約していたマッサージ屋さんに向かいました。

少しわかりづらい場所であったものの、運転手さんはぴたりとその前に

つけてくれる。「おお、すごい。時間ぴったりだし」と喜ぶと、ちょっと嬉しそうでした。


私は、歌手やアイドルやお笑いの人など、芸能活動なさっている方というものに

相当疎い女なのですが、ここはインリンさんという台湾出身のタレントさんが

新しくオープンさせたお店。

マンションの1室で、完全予約制。1回の人数も2人までだそう。
かっさという、中華圏のマッサージ方法で、水牛の角や石を使って、老廃物を

流すものです。頭皮のマッサージのあとに、このかっさを受けたのですが、痛いの

なんのって。毛が抜けて、はげができてるんじゃないかと思うほど。

あとで聞いたら、ダンナは天国みたいに気持ちよくて、うっとりしてたそう。

痛かった場所を言うと、婦人系と血液の循環の悪さを指摘されました。

はーーー、よほど滞ってるって話ね。


それからMRTの駅まで歩き(駅弁を食べなかった娘、ここで牛肉をはさんで

巻いたナンのような食べ物を買い食い)、忠孝復興駅まで出ました。

事前に調べておいた通りの出口に出て、バス停についた途端、「次のバスは○○時

○○分までない。料金は○○円」と声をかけてくる者あり。

バス会社の制服らしきものを来ているし、首から証明書も下げてるし、てっきり

バス会社のひとかと思ったけど、いかんせん値段が高すぎる。。。と気が付き

どうやらこれは客引きなのだとやっと理解しました。


ってか、速効声をかけてくるなんて、私ら日本人丸出しなのね。

時間と天秤にかけたら、車で行くのもありかもと思いましたが、そこへやって

来たのが、日本人4人組の男子。「いくらって言われました?」と聞かれ、答えると

「俺らはひとり200元ですよ」と。私たちも便乗していいかしらって、図々しくお願いして

みると、快くOKですよと。ドライバーさんもにこにこ。

で、てっきり仲間を呼んで2台で行くのかと思いきや、きゃーーー!

案内されてみれば、なんと1台にすし詰めって話じゃん。

「これじゃ申し訳ないからいいです」と辞退する私たちに、男子4人組は

「かまわないです!乗っていって」と優しいの。

ありがと~、これでかっ飛ばせば、なんとか九扮の夕陽に間に合いそう。


乗ってから人数がたくさんいるから、値段をまけてと交渉始めると、うちの娘の分は

ただでいいと言うので、降りるとき、娘の分もあわせ、3人分600元を彼らに渡しました。

チャーターで行けるはずだったのに、悪かったなあ。。。

大学の時のお友達同士だそうだけど、車中も台湾男旅の話を聞いたり

デジカメの写真を見せてもらったりして、気持ちのいい男の子達だったわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい
さて!超有名観光地、九扮へ出撃。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.06

restaurant l'Alchimiste(アルシミスト)

もしかして、もしかして、今まで一番お気に入りだったフレンチを


越えてしまったかもしれないわ。


衝撃的なお皿が続く、魅惑の夜、嗚呼。




とにかく美しい。


そして出てくるすべてに溜息。


これだけ皿数があっても、いっこうに苦しくならない。


ギブがこないまま、ゴールにたどり着けるなんて久しぶりだもん。




シェフの作るお料理は、どれも詩的で繊細で、美しい絵画のよう。


一度たりとも「あれ?」って思うこともなく、次々と登場するお皿に目を奪われ続け


その至極のおいしさに魂を抜かれる。


こういうのは努力だけでは決して身につかない。


凡人にはない天性のお料理のセンスを授かった方なのだとしか考えようがないわ。


ううん、しびれた。


photo:01



photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


photo:06

restaurant l'Alchimiste(アルシミスト)



東京都港区白金1-25-26 フィラージュ白金1階


03-5422-7358




東京メトロ南北線 白金高輪駅より徒歩4分
都営三田線 白金高輪駅より徒歩4分


Comment:0  Trackback:0
2013
02.05

8月13日(月) その1 台南→台北

朝ご飯を食べに、ホテルを出て歩き出す。

さすがの南国、朝から暑いわあ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

いくつかの廟を見学しましたが、中国本土からの観光客がツアーで到着。

まだ朝も早いのに、狭い廟がたちまち朝のラッシュ時のようになってしまった。

そうそうに退散。。。近所にある冬瓜茶で有名なお店に立ち寄ると、冷え冷えの

それはまさにに甘露。


うちの子がやっぱり一番かわいい

冬瓜と台湾の黒砂糖を大きな鍋で煮て作るそう。汗も引くし、この糖分が

暑い台湾ではジャストな甘さなんでしょう。


お婆ちゃんが炭火で焼いてくれる卵トーストの店があると聞いてたんだけど

地図がいまいちでみつからなかったわ。
そのまま市場方面に歩いて、中華バーガーと春巻を軽い朝ご飯にしました。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

台南は食べ物が甘いなあと思ってましたが、これはマックス。

いろんな具をまいた後、お砂糖をじゃんじゃん振りかけてたもん。


うちの子がやっぱり一番かわいい


台南で一番有名な観光スポットである「赤嵌楼」を見てしまうと、もうすることが

なくなったので、ホテルに戻ることにしました。とにかくあっついし!

うちの子がやっぱり一番かわいい


ホテルは朝食付きでしたが、食べないで出てきちゃった。

見れば、あと10分くらいは開いてる様子。

お茶だけいいかしらと尋ねると、ゆっくりどうぞ的におばちゃんがニコニコして

迎えてくれました。お言葉に甘えて、冷たいお茶を。ああ生き返ります。

少しだけつまんじゃおうとお皿に食べ物も取っちゃいましたが、意外や意外。

ここのホテルの朝ご飯は美味しいよ。

前日高雄のホテルのはダメダメでしたが、ここのは家庭の手作りのお総菜

みたいなお味。ついつい果物までたべてしまった。ごちそうさま!


部屋で一休みして、そろそろ台北に向かわないとだわ。

国鉄の台南駅から、新幹線の駅までは前はシャトルバスのサービスがあったそう

だけど、今は新しくできた鉄道路線が結んでる。

接続できる時間帯の電車を調べておいたので楽勝♪


うちの子がやっぱり一番かわいい

在来線から新幹線の乗換所要時間は5分ほど。


うちの子がやっぱり一番かわいい

前日チケットを発券しておいたし、じゃあお弁当でも買いましょうと売店へ行きました。

素食(ベジ)のお弁当があったので、それにしようと思ったら、残念ながら売り切れだったわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

仕方なく隣のセブンでコンビニ食入手。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


この高速鉄道、日本が技術と車両を提供したので当然ですが、3席と2席で

真ん中に通路というのは日本と同じ。


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

これはダンナの買ったお弁当。がっつり肉弁です。


車窓から見える風景は一面田園。。。

ぽつぽつと見える集落。時々、町。

駅の近所には必ず廟があるのねえ。

ランチ食べたら、眠くなり、台北に着くまで爆睡でした。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.05

8月12日(日) その5 台南(度小月)

台南市内に戻る手段はバスかタクシーなんだけど、遊びに来ているみなさんは

お車で来ている方がほとんどのようで、タクシー来ないな~。

お店の予約もしていないし、別にいいやと思ってるうちに気が付いたら20時すぎており

さすがに閉店準備を始める店も出てきた。

バス停チェックしてなかったし、どうしよと思ったら、運よく空車ゲット。

ほっとして乗り込み、台南名物の麺の店『度小月』へ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

台北にも支店展開している有名店ですから、日本の雑誌からの切り抜きなんかも

貼ってありました。近くに本店があるそうだけど、とにかく暑いし、きれいなこっちの

店でよしとする。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

麺は挽肉入りなので、取りあえず2つ。あとおかずをいくつか頼んでみるました。

さんざつまみ食いしたから、そうそう沢山は入らない感じ。

でもここんちの麺はとってもこぶりだから、いろいろ楽しんだ後でも簡単に入っちゃう。

娘も「これだけ?」ってまだ食べたそうだったもん。

ここがどこかいまいちわかっていなかったけど、地図を確認したら、ホテルまで

徒歩で帰れるみたい。台湾の夜は長いし、ぶらぶらしながら帰ろって。

ぶらぶら歩きの途中。。。

うちの子がやっぱり一番かわいい
聞き慣れたキーキーという声に見上げると、ぎっしり張り付いたコウモリさん。

あらーーーすごい数ねえ。道路は糞だらけよ。直撃されてはかなわぬと急ぎ足で通過。


途中道を1本間違えて、駅の方に近づきすぎたりもしましたが、角にあった

美容院が繁盛しているのを見かけて、「洗髪を頼んでみようか」と娘と二人

お願いすることになりました。新しくてきれいだし、担当の人も大当たり。

洗って乾かすだけでなく、丁寧に時間をかけてマッサージしてくれ、その上

さらっさらにブローしてくれるので、台湾にいる限り自分で頭洗わなくていいかもだ。

お値段も安いし、洗髪最高、病みつき!

ホテル近所のセブンで飲物やおやつを仕入れようとしたら、レジの女の子が見事な

日本語を話すので聞くと、大学で日本語を勉強しているんだって。

高雄市内観光の後、特急で移動、安平を歩き倒して、そしてこの時間。

楽しかったけど、さすがに疲れたーーー。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.03

8月12日(日) その4 台南(安平 後編)


食べ終わってから、次は延平街というところに行こうと思い、ぶらぶら歩き出す。

川沿いの道路を向こう側に渡ろうとしたその時!

バイクに乗ってるおっちゃんが何やら声をかけてきたじゃないか。

私たちを指さしてるし。次の瞬間「あっーーーー!」と声が出て、びっくり仰天。


なんとさっき高雄駅で親切にチケット交換してくれたおじさんだよ。

台南に列車で着いたおじさんは駅に置いてあったバイクに乗って、自宅に

帰るところだった。台南市内で会うのならこれほど驚かなかっただろう。

でもここは台南から車で30分くらい離れた場所で、しかも観光客が歩いてるような道

でもない。偶然にもほどがあるだろ~。

さっきはありがとうと、握手して別れたけど、言葉が出来たらもっとお礼が言いたかったなあ。



うちの子がやっぱり一番かわいい

蝦巻き屋さんから15分くらい歩いた付近から、段々賑やかっぽくなってきた。

海老が苦手な娘はここで腸詰めを炭火で焼いたんを売ってる屋台を見つけて立ち食い。

1本裏に入ると。。。うわ、どこから湧いたんだと思うほどのひと、ひと、ひと!

狭い路地なのに店がぎっちり建ち並び、そこをぶらぶら歩きするひとで大混雑してました。
はは、縁日っぽいノリだなあ。私たちも参戦。


うちの子がやっぱり一番かわいい

名物エビせんべいのお店や、中華風ドライフルーツの店は、やっぱり大人気ね。

正体のわからないジュースや、健康食品や、様々な買い食い屋台。

歩いているうちに見つけましたが、なんとこの通りには、さっきわざわざ車で行った蝦巻や

豆腐スイーツの支店があるじゃない。ここに来れば一度で済んだのに~。

まあそのおかげでおじさんとの邂逅を果たした訳で、結果オーライなのか?


ここでも名物料理の店をチェックしていたので、牡蠣巻と焼き牡蠣を食べてみました。

うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

この店も、ファストフードみたいな、気軽に入れる形式。

牡蠣の殻が山のように捨ててありました。

ゴミも分別が細かくて、ちょっと意外な。

ちょこちょこつまんでると、おなかが減らないけど、楽しーーー。

買い食い天国なり、台湾。


ほとんど砂糖を使っていないドライマンゴーを見つけ、小袋なのをいいことに山ほど

お土産用にゲット。台湾のドライマンゴーはいくつか種類を買ってみましたが、どれも私には

甘すぎるように感じました。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい

娘はエビセンの大袋をかかえ、ぼりぼり食べてます。夕方になってからは、路地裏の

お散歩に行きました。大賑わいの通りから、少し中に入っただけでそこは人々の暮らしが

かいま見える住宅街。素敵なお庭があったり、ワンコの散歩してたり。



うちの子がやっぱり一番かわいい

あちこちに廟があっておじいちゃん達が座って茶をしばいていたり。

夕餉の支度の匂いやテレビの音も聞こえてきて、とても心和みます。

観光名所よりも、こういう路地裏をあてもなく散歩して思わぬものを見つけるのが、好き。

旅先でしかできない圧倒的なひまつぶし(笑)。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

なぜか自転車の荷台に載せられた蟹。

さ、20時もまわったし、そろそろ台南市内に戻ろうか。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.02

8月12日(日) その3 台南(安平 前編)

台南の駅は大きいですが、なんだか昔懐かしい感じ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

今日のホテルは駅から歩けたはず。

台湾の建物は1階部分が歩道になっていて、雨の日や日射しの強い時はすごく助かる。

とはいえ、スーツケースをガラガラしながらのホテルまでの道は長く感じたなあ。

振り返るとすぐそこに駅舎が見えていて、荷物がなければ徒歩5分もかからないのに。


台南駅のまわりにもホテルはあったんだけど、大人3人で検索した時に

ひっかからなかったんだよね。アジア圏では大人3人の宿泊って、本当に面倒。

大都市なら、ヒルトンやSPGやらで一発予約できるものを。

本当に駅の近所でなければ、タクシー使える距離の方がかえって楽だった。。。教訓。


チェックインすると、フロントのひとはみなさん日本語おできになる。

気持ちいい対応だったので、調子こいて言葉を訳してもらいました。

あとでタクシーの運ちゃんに見せるためのひとことなどを。


荷物を置いて、少し離れた安平の街に早速でかけましょう。まだまだ陽は高いし。
場所が不便と書いてあった豆腐スイーツのお店にGO!


うちの子がやっぱり一番かわいい

着いてみて仰天したことには、道路大渋滞。車、路駐しまくり。

テイクアウトのひとも大勢いるけど、店内で食べるひともこれまた沢山。

すっごい人気の店なのねえ。道路1本渡るだけで、えらいこと難儀したわ。

この時のためにホテルのひとに書いてもらった台湾語を見せ、運転手さんにはしばし

待っていてもらうことに。

台湾到着2日目ともなると、行きたい場所や欲しいものは漢字で書いて見せれば

双方にとって楽チンであることを学習する。

娘はテーブルの場所取りに走り、私は食べたいものを手帳に書き、ダンナはお財布係

(ひまな時間はカメラも担当)。

たくさんひとが並んでいたけど、ブツがブツだけに回転は早いので、座る場所は

すぐに確保できます。


豆腐自体に種類があったり、蜜の味(レモンや黒蜜)やトッピング(あんこやタピオカ)など

組み合わせはかなりあるかも。

人数分3種類別々に攻めてみたわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

お豆腐のなめらかさと甘すぎない蜜でつるんつるんと気持ちよく入っていきますねえ。

あっつい国ならではのデザートかも。喉ごし命。

台南市内のデパートにも出店しているほか、なんと高雄までのデリバリーもあるそう。


待っていてくれた運転手さんに次に連れてってと頼んだのは、蝦巻のお店。

ここからは歩いてまわるつもりなので、タクシーを降りました。


うちの子がやっぱり一番かわいい


ここはまるでマックみたい。カウンターでオーダーを取り、あとは自分でお料理を運ぶ式。


普通のレストランに3人で入ったら、さすがに蝦巻きだけ頼むのは気が引けるけど

これだと気楽やな~。さくさくの衣に包まれたたっぷりの海老。


うちの子がやっぱり一番かわいい

熱々はたまらなく癖になるらしく、大勢のひとが並んでいます。

オーダーが追いつかなくて、次々揚がるものがあっという間にはけてしまう感じ。

今日が日曜日だからっていうのもあるでしょうが。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.01

8月12日(日) その2 高雄→台南

さて、高雄から台南に移動だ。

調べておいた電車にちょうど乗れそう。

タクシーを使って宿まで戻り、荷物をピックアップして駅に向かいます。


うちの子がやっぱり一番かわいい

まずは窓口で切符を買わなくちゃ。

乗りたい特急列車をメモして、差し出したのですが、「Sold out!」のひとことで

あっけなく退散。。。


うちの子がやっぱり一番かわいい

次の電車は~と見ると、割と本数ありますが、各駅停車だとかなり時間がかかるのねえ。

30分後に来る次の特急にしようと、ふたたび窓口に並びましたが、なんかいろいろ

聞かれてしまい、よくわからない。

よくわからないまま、買ってしまった私たちが悪いんだけど、結局そのチケットは

高雄から台南行きじゃなく、台南の更に先に行くものだったのね。


なぜわかったかというと、「○○番線みたい~」と話しながら歩いていたら、そばにいた

おじさんが英語でどこ行くの?乗る場所はわかる?って、聞いて下さったから。

「台南です~」と言いながら見せたチケットを手にとって、おじさん表情が曇る。

「これは台南行きじゃないね」と、すぐにそばにいた高雄駅の駅員さんをつかまえ

このひとたちに払い戻ししてやってと頼んで下さったみたい。


おじさんはダンナを連れて、駅員さんと行ってしまい、おじさんの乗るはずだった

台南方面への特急が出ちゃう~と、私と娘はめっちゃあせったわ。

でも列車がホームを走り去る時、窓からこっちを探していたらしいおじさんと目が

あって、ふたりで手を振りまくりました。無事に乗れたんだ、間に合ってよかったわ~。


うちの子がやっぱり一番かわいい

戻ってきたダンナと、台湾のひとの親切さでひとしきり盛り上がりました。

旅はまだ始まったばかりなのにね。
次に来た特急に乗り込むまで、のんびり駅で待つ時間。


うちの子がやっぱり一番かわいい

見たこ目はイマイチな電車でしたが、中は日本の特急列車と同じ。田園風景の中を飛ばし

30分ちょっとで台南へ到着です。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top