2016
04.29

羽田サクララウンジ

朝8時30分の羽田第一ターミナル。
GW初日だというのに、意外とすいてます。

自宅を出る前に近所のパン屋さんで朝ごはんを買ってきましたが
ラウンジには、メゾンカイザーのパンが出てました。

ヴィエノワーズレザンの方を食べてみます。
たっぷりレーズンが入っててもちもちです♪

朝からソルマックが提供されてました。
胃の具合がイマイチだったダンナ、喜んでいただく。

四国旅行の間、しばらくブログはお休みします。
行ってきまーす。
スポンサーサイト
2016
04.28

ねぶた茶屋@葛西

葛西に用があり、夜はここでごはんを済まそうと、食べログで検索した
あるお店をブクマしていたのですが。
なんと予約で満席ですって。
葛西でそんな(失礼極まりないですが)。。。とえらいこと驚きました。
じゃあどこ行くっぺーと街を徘徊。
なんだか、チェーン店が多くて入る気しないなあ。

もうここから先はなんにもないっていう場所まで来まして。
あら、店頭に日本酒が並んでいるわ、ふらっと入っちゃうことに。


「ねぶた茶屋」さんです。
貝の3種盛りがたいへんよろしいです。


今年はもうスーパーに売っておらず買いそびれちゃった菜花もある!
お通しの、あおさのりが入った練り物もあげたてだし。


この帆立の磯辺焼き、お醤油の香ばしさと貝柱のぷりぷりさ加減が絶妙でした。


水茄子のお漬け物、スポンジみたいであんまり美味しいと思ったことないんだけど
ここんちのはさくっとしたあとに、ほろほろと溶けて、うまいのだ。


ここは日本酒が半合から頼めるのがよいですよ。


しかも、へえっていうくらいラインナップです。
「駅の近くでよさげな酒屋が見えた!」とダンナが言っていたので、もしやそこからの
仕入れかもしれませんねえ。


新政のビリジアンや陸奥八仙なども美味しかったです。


新政さんのラベルはどれもセンスがいいわよね~。
この亜麻猫は、毎年実験的にスペックの変更を繰り返しているという。
そして、あべ純米吟醸直汲み無濾過生原酒 おりがらみ。


ふつーの居酒屋かと思ったらさにあらず、お料理もお酒もかなりいいです。
最初に行こうと思ってた店にすんなり入れていたら、まず来る機会はなかったでしょう。
いいお酒を置いているので、お店の子がもうちょっと扱いに慣れてくれれば言うことないが。
2016
04.27

KALラウンジ@金浦空港

タクシーで5時にホテルを出ましたが、到着したのは5時33分。
JALのカウンターは6時からオープンなので、しばしウエイティングですな。
この時間なら30分あれば余裕で着くだろうと思っていたのですが
フロントのお姉さんが余裕を持った方がいいですよと、1時間前に手配して
くれたのだった。
まま、時間が余るのは、足りないよりもいいに決まってる。
でもあと30分寝られたよなあと、ぷち二日酔いの頭が不満を言うんだわ。

JGCの恩恵で、ビジネスクラスのカウンターでチェックイン。
ここで忘れずに、頼まれたお化粧品を預けました。
(ホントにありがたいことに専用段ボールに詰めてくれるのだった)

金浦空港のラウンジはKALです。
朝のオープンはチェックインカウンターがあいたあとの、6時15分から。
いっつも不便だなあって思うけど、ここのラウンジはイミグレを通る前にあるのです。
「○○分くらいにはイミグレに向かってくださいね」とは言われるものの
ラウンジ内では混雑状況もわからないし、いまひとつ落ち着かないのである。


これは仁川空港とほぼ同じ揃えですね。


お馴染み辛ラーメンの他に、もう1種類。


乾きもの少々と、チーズとケーキなど。
仁川ではスープやサラダ、パスタなどがあったので、できれば汁物が飲みたかった
私は大いに期待したんだけど、時間のせいか置いていませんでした。


ビールもありますが、無理無理。
さすがのダンナもお酒には手を伸ばしませんでしたわ。
瓶に入ったトマトジュースがえらいこと美味しく体に染み渡り、これを飲んだら
ちょっとだけ食欲が出てきました。
で、ダンナと辛ラーメンでない方を半分こしました。
やっぱ汁は最強のヘジャンクク(酔い覚まし)ですなあ。


ホテルを出た時は雨が降っていましたが、そろそろやみそうな雲行き。
これから搭乗です~。


事前にメニューを調べたら、チーズオムレツとのことだったので、そのまま
通常の機内食をもらいました。
卵は全部は食べられなかったけど。


この日はえらいこと強風で、途中も揺れましたわ。
サービスも短時間で終わりになって、食事のトレイの回収がものすごく早かった。
羽田に着く直前は風にあおられているなあというのが乗っている私でも
すごくわかって、どきどきしました。
この日はダイバート(目的地変更)が相次ぎ、空の便はかなり乱れたよう。
ちゃんと羽田に降りられてよかったなあ。
朝イチだったのがラッキーだったのかもしれません。

さて、おうち用に買ったのはダシダ。
最近はNO MSG(無化調)のものを選んで買ってます。
通常のものにくらべると倍近いお値段します(といっても1袋5500KRW)。
開封するとすぐに湿気ちゃうので、今度からは容器に移し替え、スプーンを
いれて冷蔵庫に保存しようと思います。


東村の高さん、ジオンさんからのお土産。
雨の中、わざわざ買いに行ってくれたものです。


重さから「多分そうだろう」と思ってはいましたが、やはり餅でした。
仁寺洞は餅屋さんがいくつもあり、この手の高級な贈答用を扱ってる店も
見たことあるわ。
確か素敵なカフェなんかをやってる店もあったはず。。。前に行ったなあと思って
検索してみたら、ビンゴだった。
店名は「ピジュン(빚은)」で、頂戴したこのお餅は「チャルッ」って言うみたい。


その日に作られた新鮮なもののみを販売しており、国内産の餅米にこだわり
添加物などは使っていないんだって。
早速ひとついただいてみましたが、中には木の実などが使われていて甘くないの。
大変美味しいお餅でした。

が、この量!
2~3日もすると固くなり、あまつさえカビが生えてきちゃうのを前回知りましたので
勤務先に持っていって食べてもらうしかないと思っていましたら。
手書きのこんなメモが入っていたのです。


なあんだ、冷凍保存ができるのですね!
さっそく自宅用に少し取り分けて冷凍しちゃいましたわ。
2016年4月の1泊韓国はこれにて終了です、次は8月に行く予定。
2016
04.26

2016年4月の東村

いささか長すぎるお昼寝から目が覚めたら、もう夕方。
朝のチョゲクイがまだ消化しきれてません。。。
しばらくだらだらするも、マッコリが飲みたい気持ちは抑えきれず
雨の中を仁寺洞に向かいます。

土曜日の東村はいつものように混んでます。
雨だけど、お客さん入っているナア。
私たちに気がついて笑顔になる高さんと握手、そしてお土産を渡して
テーブルにつきます。
「ドンドンジュ?」って一応聞いてくれますが、ここでそれ以外飲んだことないよ(笑)。

おう、会いたかったぜ。
冷たいやかんいっぱいにみちみちたドンドンジュ。
それを注ぐ喜び。


イカの和え物が出ました。
チョゲクイの影響が私ほど及んでいないダンナに丸ごと渡す。


ハイ、まさかの貝鍋来ました~!
もう笑っちゃった。でも貝は好きだもん、有り難くいただくわっ。
まわりを見れば、通常コースの鍋は貝ではなく、違うもの。
私が好きだと知っているから出してくれるのだろうなあ。
焼くのとはまた違った美味しさで、結局全部食べちゃいましたが。


イカと貝と海老がたっぷり入った海鮮チヂミ。
いつもより具が豪華かも。。。
どういう配分かわからないんだけど、玉葱やらパプリカが使ったこのつけだれが
えらいこと美味しいのよねえ。
中に入っている野菜は箸休めのピクルス代わりになるのよ。


雨の日の東村に来るのは久しぶりだわ。
前は路地に面したテーブルで、雨を眺めながらドンドンジュを楽しんだものだ。
そういえば雨の日の韓国のひとの定番はマッコリ&チヂミなんですってね。

〆はすき焼き風のお肉料理。
ラムだってダンナは言ってましたが、韓国でラムなんて出るかなあ?
辛くないので食べやすいそうですが、さすがのおっさんも完食は無理でした。


いい感じにドンドンジュを楽しみ、最後の最後にどうしても食べたくなっちゃった
ケランチムをお願いすると、快く作ってくださった。
熱くて、ふわっふわで、本当に好きだ。


この日は久しぶりに妹さんのジオンさんがいて、日本語で会話ができました。
次に行く予定などを伝えられてラッキーでした。
また来るからね~!

いつも仁寺洞で泊まるのですが、今日の宿は10分ほど歩きます。
清渓川を渡ったところに鯨のオブジェがあって、思わずぱちり。


少し先のロッテシティホテル前にも、こんなオブジェがありまして。
夜になるとこんな風に発光するんだね。


見るからに日本人の団体さんがチェックインしてました。
女子ばっかなので、なにかのツアーなんだろう。
こんな時間に、こんな混んだフロントでチェックイン大変だわね。


帰ったら、昨日からの疲れもあって爆睡してしまいました。
服とか畳んであったけど、覚えていないわ(笑)。
2016
04.25

らーめん銀杏@亀有

車で出かける用事があったので、お昼を食べに出かけたのが亀有。
駅のこちら側にはあんまり来ないので、両さんの銅像を見るのは初めてかも?


実は亀有で検索すると、結構な点数をたたき出しているラーメン屋さんが
ありまして、そこ目当てだったのですが、お店まで行ってみたら、もう!
シャレにならないくらいの大行列ができていて、オレらはびびって退散しました。
すごいね、ホントに。あんなに並んでまで食べるのごめんこうむるわ~。

次の店を探したら、ここもよさげだってことで。
やってきたのは「らーめん銀杏」さんです。
店内は意外にもお客さんあんまり入ってないわ、みな行列の方に行ってるのかな?
入って右側に置いてる券売機で食券を買う方式です。
私はあっさり鶏SOBA塩(700円)、ダンナは鶏SOBA塩(700円)にしました。


あんまり鶏鶏しているのは苦手かもと思ってあっさりにしたのですが
まあ、このスープはいい香りしかしないわ。


麺はこんな感じ。


トッピングに柚があるので、必要ないかな?と思ったけど、揚げ玉葱と生姜
もついてきます。
あまりに美味しくて、スープまで飲んじゃう。
よって、全投入しちゃいました。


肉が苦手な私は、どうしてもとんこつ臭ががんがん出ているスープというのは
受け付けないんだけど、こちらの鶏白湯の上質で美味しいことといったら。
旨味だけが際だってます。
黒七味や粉山椒なども置いてあり、いろいろ味を変えて楽しめそう。

亀有はヨーカドー内にニトリもあり、直結の駐車場に止めればお買い物も楽。
アリオ内にはシネコンもあるし、ちょっと行けば大谷田温泉もある。
なかなか楽しめる立地なのである。
2016
04.23

ホリデイイン エクスプレス@乙支路

リニアで仁川国際空港に帰り、さあ市内へ向かいましょう。
乗り場は10Bです(4番あたりにも乗り場があるはず)。
しばらくこないうち、モニター表示になっており、日時や現在時刻なども
確認できるし、時刻表もわかりやすいですね。
停留所はハングル、英語、日本語の繰り返し表示。中国語もあったかも。


ロッテホテル行きのKALリムジンに乗りました。
普通のエアポートバスよりも早いらしい。
その分ひとり16000KRWと、ちょいお高いです。
シートは3列シートで座席も大変ゆったり。


ホテル前から、デパートに歩きまして。
10階の免税店で頼まれていたクリームを購入。
地下では自宅用にこれまた買い物を。

外に出ると、今にも降り出しそうなお天気ですが、どうやらもってくれたわ。
ここから歩いて宿泊予定のホテルへ向かいます。


今夜は「Holiday Inn Express Seoul Euljiro」に泊まります。
IHGのポイントがもうすぐ失効してしまうので、アクティビティを追加したのです。
アサインされたのは12階。
明るくてきれいな内装ね。


「Double Bed Superior Non Smoking」で130966KRW。
ホリディインでこの値段かあ。。。


スーペリアルームなので仕方ないですが、日本のやっすいビジネスホテル並。
ベッドの隣の椅子は、あまりに狭いので、座るのすら無理だから。


インスタントコーヒー、紅茶、緑茶。


使い捨てスリッパと、セイフティボックスもありました。
さすがにバスローブは置いてないわ。


2015年にオープンしただけあって、設備はどこも新品でへたりなし。
水回りは最新なので、気持ちがよいですねえ。


アメニティは最小限ですが、歯ブラシはありました。
この朝スパに入ってきたし、翌朝は早朝チェックアウトだったので
宿のお風呂は使いませんでしたが。


明洞にもロッテデパートにも、仁寺洞にも徒歩10分程度なので、立地は悪くない。
地下鉄駅からも激近だし、そばにはエアポートバスのバス停もあるらしい。
あ、食べることはできませんでしたが、朝食は無料だそうですよ。
2016
04.22

ソナムフェ食堂@仁川 その②

運ばれてきたセットが、ものすごい。
上から撮っているので、いまいち迫力が伝わらないけど、とても2人前とは
思えない量なんである。
白くて横に長い巨大貝の下には、浅蜊やらハマグリやらアカニシ貝やら
赤貝などなどなどがてんこもりになっておりまする。
チーズのっけのタイラギなども出ました。


まずは、イカと帆立から焼いていきます。
最初はお店のお姉さんが乗っけてくれました。
帆立はこぶりで、日本のものと種類が違うのかな。
磯の香りがいっぱいで、うまいこと。


そのあとはね、もう怒濤のごとく焼きまくりましたよ。
食べても食べても減らないんだもん。
これだけの種類を一度に食べたのは初めてだわ。
ジューシーだし、貝のエキスってうまみの固まりだもんね、やめられない止まらない。

どの貝も堪能しましたが、特にこの白っぽい小さな貝が私たち的にイチオシ。
「ホォンジュ」というそうです。


お皿に最後に残ったアルミホイルは何だろうと思っていましたが、焼いてくれた
お兄さんが中身を出したら、牡蠣だった。


ホイルで包んでいるからいい感じに蒸されており、焼くのとはまた違った旨さ。
そして食べてびっくり、なんて味が濃いんだろう。
日本の牡蠣も上品で美味しいけどさ。
それとはまた違った、パンチのある感じなの。


お店にはわんこが2匹いて、ちっちゃい方は人なつこくお出迎えをしてくれる。
おっきい方は、やわらかクッションでふがふがしてました。


外側には魚が干してあり、まるでオブジェのよう。
最初、飾りかと思っちゃったもん。


大満足だったチョゲクイ。
あとでおなかが痛くなったらどうしよう?と一抹の不安もありましたが
ふたりともまったく大丈夫だったので、衛生的にも鮮度にも問題なさそう。
(ま、貝は当たる時は当たりますから、ある意味時の運。。。抵抗力が落ちてる
時は避けた方がよさそうです)
味も値段も、サービスも、交通の便も、言うことないね、また来ようねって言ってた。
が、しかし。。。11時にはお店を出ましてね、リムジンバスで市内に入り、買い物して
14時にホテルにチェックインしてから18時まで昼寝し。
って。この間7時間たってる訳ですが、まったくもっておなかが減りません!
そろそろ定番の店へ繰り出す時間だというのに。
炭水化物などは一切取ってないし、貝だけならすぐにおなか減るでしょと甘く見てたわ。
嗚呼、若い頃とは違う、消化が追いつかないのだと、つくづく実感してました。

8月に博多から釜山に入るのだけど、チョゲクイの店に行こうと思ってた。
ダンナ曰く「オレはもうギブ」だそうだ。
2人前じゃなく、1人前から食べられればいいのだけどなあ~。
2016
04.21

ソナムフェ食堂@仁川 その①

リニアの終点の龍遊駅です。
ここで降りるひとは中高年が多く、みなさんハイキングの格好をしてらっしゃる。


駅前には「空港刺身センター」なるものもあり、いろんな店が入ってましたよ。
さすがに朝10時前ではまだ開店していない風だったのに、駐車場はいっぱいでした。
ここに車をとめて、どこかに遊びにいくのかな?


水槽を積んだトラックから、ばんばん降ろされる貝たち。


行こうと決めてた店は駅から歩いても6~7分かな。
Googleのストリートビューで予習していたし、ほぼ1本道なので迷う心配もナシ。
私たちはリニア駅から歩けるこの店にしましたが、駅から反対方向に行った場所にも
海鮮が楽しめる店がたくさんあるのです。


はい、ソナムフェ食堂に着きました。
朝の9時30分から営業しているからスゴイ。
喫茶店のモーニングじゃあるまいし。
朝から海鮮三昧できるなんて、私的には嬉しすぎですが。


貝をひたすら焼いて食べるチョゲクイ。
小(2人前)のセットで、50000KRWだって。


マッコリは夜のお楽しみにとっておき、チョゲクイにはコレが一番合うと
いわれる焼酎を頼みました。


曇天ですが、海を眺めながら早速一杯。
奥の方でもう食べ始めているグループも、やっぱり焼酎飲んでるわ。


お店のすぐ外はもう干潟です。
前方に見えている島は蚕津島といい、ここから更に離れた舞衣島への
船が出ているのだ。
海水浴シーズンは、さぞかし賑わうのだろうな。


屋外のテラス席もある。
チョゲクイはひたすら火を使うから、夏の夜なんかは外の方がいいかも。
そういえば、韓国のひとから8月は貝が美味しいって聞いたな。
貝の旬は春だとばかり思ってましたわ。


店内の生け簀には鮮魚もおり。


こちらにも様々な種類の貝が山積みされている。


ソウル市内でチョゲクイを一度だけしたことがあるけど、久しぶりだわ。
わくわくしちゃうなあ!
2016
04.20

仁川空港のリニア

朝の4時25分に到着予定だったピーチですが、定刻よりも15分も早く
仁川国際空港に着きました。
羽田から出発すれば着くのは金浦というのがデフォルトなので、仁川に
着くのが不思議な感じ。
2ABという席だったので、ほぼ最初に機内から出てきましたが、イミグレは無人。
ずっと奥に細々とあいているブースを見つけましたが、誘導するおじさんがひどい。
誰ひとり並んでいないのに、迷路のようにぐるぐるになってるところを延々と歩かせ。
そしてあとから横をあけて、遅く来たひとを先にブースに並ばせるんだもん。
言われるがまま順路を歩いてきた大勢は、何だったんだ。
罰ゲームなのか。

まあ、史上最高に早いイミグレの通過でしたけどね。
日本の入管では認証されない私の人差指の指紋、韓国では問題になったことないけど
果たしてちゃんと登録されているのかな?

市内に出るには早すぎるので、地下にあるスパで仮眠をとろうと決めてました。
空港の案内図でいうと、地下の9番の位置にあります。
「Spa ON AIR」という、まあ銭湯ですな。
横になって休憩できるので、乗り継ぎや早朝便の利用のために使うひとが多いの。
この時間帯が一番高くて、ひとり20,000KRW。
館内着とタオルがついて、仮眠できてひとり2000円ならまあいいかって。

着いてみると、この荷物。すごい量だねえ。
そして、「本日は満員のため入場できません」的な看板があるではないか!
「うっそーーー」とお約束の声をあげて固まってしまった私でしたが。。。
受付のおばちゃんが「おいでおいで」して入れてくれたのでした。
ああ、よかった。


お金を払い、番号のついたロッカーキーをもらい、女性は左、男性は右に別れますが
中央の仮眠室で合流できまする。
靴箱も、更衣室のロッカーも同じ番号です。
中はまだ新しくて、清掃も行き届き、気持ちよく利用できます。


お風呂はあとにするとして、まずは寝るべ、寝るべ。
入場制限をしているだけあって、仮眠室は満員。
リクライニングソファがふたつあいていたので、そこで寝ることにしました。
空港の無料Wi-Fiが使えるので、スマホを持ち込んでいるひとも多数。
8時過ぎまで仮眠して、お風呂に入ってさっぱり。
中には大きな湯船(ぬるめのお湯と17度の2種類)と、ドライとスチームの
サウナがあります。
シャワーブースも多くて、なかなか使い勝手はいいですよ。

これから朝ごはんを食べに行くんだ。
行き先は龍遊駅、韓国お初のリニアなんだって。
韓国リニアは無人運転の磁気浮上式、仁川国際空港駅から龍遊駅まで6・1キロ
(6駅)を12分で走行する。
4149億ウォン(約376億円)を投入して独自開発したのだが。。。
当初は2007年開通を目指していたものが遅れに遅れ、試運転が始まったのが
2012年8月、そして今年2016年の2月3日にようやく開通したのだ。
鳴り物入りで運用開始したリニアでしたが、運転開始からわずか8分後に急ブレーキで
運行停止するトラブルがあり、更に開通20日で火災事故というトホホな状態。
莫大な税金をつぎ込んで建築されただけあって、国内の批判はすさまじかったそうだ。
これは乗ってみねばなるまい(笑)。

空港出口7番のところにあるエスカレーターで2階にあがり、駐車場棟に抜けていく。
Magleb Lineと書いてあるのがリニアね。
案内所で乗り場を聞くも、お姉さんまったくわからず。
一生懸命説明するとやっと「ああ、これのこと?」ってパンフを出してきた。
まあ乗りに来る観光客などいないのだろう。。。


駅は空港直結で、ぴっかぴか。
キャンペーンガールならぬキャンペーンアジュンマがいるのがウケル。
どこへ行きたいのか、次の電車は何分で~と親切でした。


駅名は漢字、ハングル、英語、日本語でも表記があり、わかりやすいです。


今は9時から5時台までの運行で、1時間に4本みたいね。
ちなみに、運賃は無料でした。


2両編成のかわいい黄色のリニアです。


進行方向一番前に座っちゃう。
座席はシートというより、ベンチみたいな造りになってます。
ディズニーラインみたいの。


一面車だらけの「長期駐車場」駅は、圧巻。


桜が植えられていて4月半ばでしたが、またお花見出来ちゃった。
やっぱり韓国は東京よりは少し寒いんだな。
ホテルがこれからいくつも立つようでしたし、合同庁舎などもあり、コンベンション
ホールなどもできたら、国際空港から至近の場所で大きな会議なども開かれるように
なるのかもね。

そもそもこの開通したてのリニアを発見したのは、超偶然で。
朝この辺でなにか食べたい、じゃあここに行こう!と思った時に、交通の便が
気になりまして。
バスはすっごく本数がないみたいだし、国際空港からタクシーを拾って近距離というのは
運転手さんに悪いし、どうしようかな?と考えていたのね。
ふとコネストの地図アプリをスマホに入れて、周辺を調べたら、なんか線路が表示
されているじゃない。
「なにこれ、なにこれ」と調べてみたら、実はリニアが開通したばかりだという記事を
読んで、「ラッキー&タイムリー♪」と乗ってみたという訳。

コネストのアプリ、ハンパなく役に立ちましたわ。
愛用してるGoogle先生は、韓国ではすべてハングルなので、すごく使いにくいんだけど
これはすべて日本語でさ。
コンビニから食べ物屋から、マッサージから、観光に便利なほとんどが網羅されてる。
紙の地図はもういらないよねえ。
地下鉄の乗り継ぎなんかも調べられるのもいいし、場所を検索し、その場でささっと
歩き出せる手軽さは最高。
お試しアレ。
2016
04.19

深夜便@peachを使ってみた

金曜日の夜、仕事を終えて自宅に帰ってごはん。
干しておいた洗濯物をたたんで、テレビを見て。
なんだ、普通の週末やんと思うでしょ?

が、しかし!それからおもむろに始めたのは荷造りである。
(と言ってもスーツケースはなし、プレイヤーズの肩かけバッグのみ)
今から羽田発でソウルに行くんだもんね。
ピーチの羽田・仁川線は、深夜発早朝着なので、時間を有効活用できます。

ソウルへのお土産に「白い恋人」を買いたかったので、22時過ぎには着くように
自宅を出ましたが、ピーチのチェックイン開始は23時30分だそうで、トホホ。
そっか、カウンターは出発便にあわせてしかオープンしないんだ。。。
普段JALにしか乗らないと、つい忘れちゃうよなあ。

「白い恋人」を売っている店は、イミグレの中なんだよね。
時間もあるし、ドメのターミナルに行ってみる?と提案しましたが
ターミナル間のバスが何時に終わるかもわからないし、やめとこうとダンナ却下。
今の時期は藤の花と鯉のぼりで飾られてましたわ。


遅い時間にもかかわらず、展望デッキは結構ひとがいる。
一眼持ってて撮影目的らしきひとや、これから旅行にいくひとや。


空港の青や緑のライトだけがついている部分は、まるで夜jの海みたい。


東京タワーと鶴丸のツーショットなど♪
夜の空港はいいわねえ、ユーミンの夜間飛行をいつも思い出す。


1時から、2、3、4、5時台まで出発便は少ないけど、あるのねえ。
普段使ったことのない時間なので、知らなかったわ。


ほとんどの店が閉店ですが、やっていたコーヒーショップでお茶。
1時間半もチェックイン待ちだったけど、もうカウンターもオープンするわね。
ANAが使っていたDカウンターに着いたら、ちょうどピーチのスタッフが来て
交代作業が始まるところでした。

確か座席指定も有料だったので、当日でいいやって思ったんだけど
一番先頭に並んだからか、アサインされた席は2ABでした、ラッキー。
ひとそれぞれ好みもあるだろうけど、飛行機ではいつも出来るだけ前の座席を
リクエストしてるから。

ようやっとイミグレ。。。と思ったら、どえらい行列ができている。
成田にも出国審査は2ヶ所あるから、羽田もじゃない?と思って逆側に
歩いていくと、なあんだ。こっちは誰ひとり並んでませんでした(笑)。
お菓子なんかを売っているお店は午前0時までの営業のよう。
東京バナナやらロイズやら白い恋人やらを抱えている外国人の方でいっぱい。
もう閉まりかけているお店で無事お土産買えましたわ。

さて、ピーチの搭乗はありがたいことに時間どおり。
アルコール類も置いているのだなあ。


そして、粉もん特集も。


空港からの交通機関に使う乗車券なども扱ってました。
国内線が主だったので、ほとんど見なかったけど。
仁川に飛ばすんだったら、リムジンバスも安く売ってくれるといいね。


機内は想像していたよりもずっときれい。
座席が省スペースのためか、軽量化のためか、やたら薄くて座り心地が
イマイチなのは、この値段ではまあいた仕方あるまい。

私とダンナが寝不足になったのは、決してピーチさんのせいではない。
1ABに座ったおっさん2人連れのせいである。
2時発の深夜便ですので、当然機内は照明を落としてお休みモードな訳ですが
このふたりは遠慮なく大声でしゃべり続け(修学旅行に行く女子高生か!)、大迷惑。
私は、前の座席を蹴り上げつつ、「いい加減にせんと、ぶっ○○すぞ!」と暴れたい
衝動をおさえるのに必死で。
眠いのを邪魔されるのが何よりも嫌いな私の凶暴な顔を見て、ダンナはやばいと
思ったのだろう。
意外なことに、私より早く切れると思った彼が、「申し訳ないんですが、もう少しお静かに
お願いできますか?」と丁寧に言ったのである。
まあ、紳士。

私はコートをかぶって寝ていたので知らなかったけど、前の座席のおっさんたちは
機内販売が始まってから、ダンナが声をかけるまで、ビールを3缶ずつ買って
飲んでいたそうだ。
あり得ない!そうまでして飲みたいかね。
丑三つ時だよ?機内は真っ暗でみんな寝ているのにだよ?
隣は赤ちゃん連れだったのにもかかわらずだよ?

やれやれ。。。ああいうおっさんたちを反面教師として。
自分は非常識な中高年と指さされないように、気をつけようと、深く思った
できごとでしたわ。
(あ、ちなみに私が本当に大魔神になって暴れたら、それはそれでみなさんの迷惑に
なるのでしょうが、A型小心者の私には絶対に無理なのでございます)
2016
04.18

ガン見するマシュ

Category: ■猫ら
白い男が何かをじっと見ているのですが。
集中っぷりが半端ない。


とことこ歩いてテレビに近づき。。。
腰をおろして見入っているのは、「世界ネコ歩き」という番組です。


このあとマシュは、テレビ画面をてしてししたり、テレビの後ろを探したり
不思議そうにしていたわ。

「ネコも楽しめるネコ番組!? 」と紹介しているだけありますね。
動物写真家の岩合光昭さんが撮ってる画像はとても美しく、猫好きだけでなく
旅好きなひとにもオススメだわあ。
2016
04.16

木場@ホテルイースト21東京

お友達が食事券を当てたそうで、それを使ってごはんを食べない?と
お誘いをくれました。
私でいいんかいな、なんだか申し訳ないような。。。
彼女はお店に予約を入れてくれ、ある日東陽町で待ち合わせました。
選んだ店はホテルイースト21の最上階にある鉄板焼き「木場」さん。
7時前だというのに、大きな鉄板の前はすでにお客様でいっぱいです。
奥にある小さめの鉄板の席に通されました。
まずはシーフードのパテ。
ふわふわの食感だけど、具材の味わいがストレートに来るなあ。

前もってお友達が選んでくれていた飲み物は、シャンパーニュでした!
Jacquart(ジャカール)です。
ああ、ボトルを撮り忘れました。。。
目の前にはスカイツリーでしょ、仕事終わりにシャンパーニュでしょ、贅沢な~。
立派な帆立貝柱とぴちぴちとはねている活海老が登場です。
(あ、よく見ると、この段階でもう足などはきれいに下処理してあるのだな)

鉄板焼きの楽しみは、素材の味を生かした料理もさることながら、焼く方の
手さばきを眺めることにもあるのかも。
海老のいろんな部位をいただく。食べやすく切り分けるのも技だなあ。
初、ホテルの鉄板焼きです。

次は真鯛、はまぐり、筍、玉葱などを。
鯛はほっこりしっとりと大変いい具合だし、玉葱は甘くてジューシーです。
はまぐりは見事な大きさで、ぱらぱらとかけてあるものが香ばしくてまたよい。
特に貝は焼きすぎるとすぐに固くなるけど、これはやわらか~いの。
見た目の美しさもさることながら、ひとつのお皿に盛りつけるまでに
それぞれの素材への火の通し具合を計算してあるのだなあ。
空豆のソース、それとオリーブを使った酸味のあるマヨネーズソースで。

口直しのサラダが出ました。

茄子、えりんぎ、スナップエンドウ、葉付きの玉ねぎなど、お野菜が盛りだくさん。
家庭のホットプレートで焼くあれらは一体なんなんだ、同じ鉄板の上で加熱すると
いう料理なのに、どうしてこんなにも次元が違うものなんだろう。

わあ!これはすごいサイズの鮑だわ。

とうとう身を乗り出して、1枚撮らせていただきました。

肝もぷりっぷりで新鮮です。
お刺身を好むひとも多いけど、私は断然加熱派だわ。
鮑のこの旨味、もちもちとした柔らかさ、すべらかな食感。

白いご飯とガーリックライスが選べたので、もちろんガーリックライスに。
にんにくはあらかじめ鉄板の上でフライドガーリック状にしていました。
上品に香りを効かせた、ぱらぱらのライスも上出来。
申し訳ないけど、もうおなか一杯で全部は食べられなかったけど。

ちょうどシャンパーニュも終わった頃、鉄板の上で新たになにか作成。
ふんわりした泡状のものを乗せて焼いていく。
これはデザートよね?

なんと、お友達がお店と相談し、コースにはない何か特別なものをと
お願いしてくれたものなんだって。
まさかの「鉄板で作ったデザート」だよ~。
バナナも加熱して甘みが増してる。
パンケーキ状のものは、スフレだったわ。
メレンゲを使ってるから、口に運んだ瞬間ふわっと溶けるの。
軽くて、これならいくらでも食べられちゃうわ~、やばいわあ。

ホテル前の四つ目通りはまっすぐ錦糸町駅に向かってのびており
その先にたたずむスカイツリーまで1本に続く光の道になっていた。

15才の春に出会ってから早いものでもう35年ものつきあいなんだねえ。
帰り道にしみじみ思ったよ。
ありがとう、多分このブログを読んでくれている友へ。
これからもよろしくね。
2016
04.15

便利だぞ、ニトリ

現在、和室をてこ入れ中の我が家です。
進行中のプロジェクトのため、ニトリに出かけました。
リストアップした物を買ったついでに、カーテン売り場に寄りまして。

6月27日までカーテンが値引きされているらしいわ。
こりゃちょうどいい機会。
記入用紙と採寸用のメジャーをもらいました。


カーテンポールだけ買って帰ったので、早速取り付けました。
紙製のこのメジャー、取り付けたい場所から吊して、下までの長さを測ればOKという
スグレモノ。
へえ、よく考えてあるなあ。


記入用紙は、ステップに沿って進んでいけば、簡単に決まってく。
採寸の動画を見られるよう、QRコードも用意されていて、いたれりつくせり。


すべて書いて、お店に持っていけば話も早いよね。
間違いもないだろうし。


何色のカーテンにしようか、HPを見ながら迷うのも楽しいわ。
今月中にどこかでオーダーしに行かなくちゃ。
まだ模様替えの途中で、買い足したいものもあるのよね。
2016
04.14

大阪土産❤️

Category: ■雑談
お友達が「こないだ会った時に渡しそびれちゃった」と、大阪のお土産くれました。
ごはんのおともに嬉しいちりめん山椒。
それと、隣の箱はなんとたこ焼き味のウエハース。
箱には「ソースと青のり好きなだけかけて」と書いてあり、どちらも同梱されているらしい。
むむむ、一体どんな食べ物なんだ~。


女子高生じゃないけど「マジ、ウケル~」と言いたいのがこちらの缶。


まさかのたこ焼きの缶詰ですわ。
この世の中にこんなものがあったなんて!その発想に脱帽です。
海外へも持って行けるではないか(笑)。


お土産を入れてきてくれたバッグも頂戴してしまった。
うちのマスオにそっくりな白猫が。


裏には黒猫さんがいました。
外にもチャック付きのポケットがあって、Suicaとか入れとくのに便利そう。


すごく気に入ったわ~。
丈夫なので、図書館に持っていくにも使いやすそうだし。
どうもありがとう。
2016
04.13

加藤仁と阿部守正の店@葛西

Category: ■雑談
葛西に行く用事があったので、下調べしたパン屋さんによってく。
『加藤仁と阿部守正の店』です、一度聞いたら忘れない店名よね。


クロワッサン誌のパン特集にも掲載されたようです。


町のパン屋さんという感じの、飾り気のない店内。
いまどきの流行ってるパン屋さんはおしゃれで女子が多いけど
ここは男性客が次々入っていくわ。


食パンは焼きたてのほっかほか。
4枚切りというボリュームにも関わらず、つかんでしまう。
ダンナは、帰り道の車の中で、さっそく1枚食べちゃってましたから。
ふわっふわで、耳がぱりっとしていて、ホントに美味しいのよ。


サンドイッチ類も豊富です。
私は卵とツナサンド、ダンナはハムカツを選びました。
いくつかのツナサンドにからし抜きと書いてあったのも納得、結構なオトナの味。
これはお子さん無理だわね。
耳つきのサンドイッチはうまうまであっという間に完食です。


人気らしいカレーパンと、クロックムッシュ、そして白身魚フライの入ったパンを
持ち帰りました。
なんか、揚げ物系ばっかり揃っちゃったわ。


食パンとサンドイッチは気に入りました。
近くに行くことがあったらまた買っちゃうだろう。
2016
04.12

信玄餅のプリン

Category: ■雑談
こないだテレビ番組で、信玄餅を作っている会社が登場していた。
知らなかったお菓子の種類がいろいろあって、「へえ~」と思ったのだけど
一番興味をそそられたのが信玄生プリン。
これ大人気だそうだわ。

という話を勤務先でしていたら、たまたま山梨に行かれた方が
わざわざ買ってきてくださったのだ。
つつみをのぞいて「わあ、プリンだ!」と喜んでしまったわ。
要冷蔵なのに、お手間かけてしまった。
ありがとうございます。

ひとつひとつ手作業で包んでいるという風呂敷。


蜜とスプーンがセットされておりました。
桔梗屋さんのアウトレットには、この黒蜜のボトルが売られているそうだ(笑)。


おう、なめらかでまったり。
きなこの食感が少々苦手だったりする私は、プリンの方が好きだなあ。
プリンなのに信玄餅、おもろい味わいです。


人気なの、わかるわ。
今ちょっと調べてみたら、これって都内でも買えるのねえ。
私的にはゼリーに挑戦してみたいっす。
※秋葉原駅や上野駅構内の「のもの」や、東京駅や、立川のエキュートなど。
2016
04.11

さよなら、イプサム

こつこつGWの四国旅行の準備を進めていたワタクシですが
この週末、どうもいやな感じがして、ワンズレンタカーさんのHPをチェック
してみました。
ああ、やな予感ってえてして当たる(笑)。
私の予約した店舗での、イプサムの取り扱いが消えているではないか。
日付を前後に変更して調べても、いっこうに出てこないので、予約センターに
電話して問い合わせてみたのだ。

折り返しかかってきた電話に固まる。
イプサムは事故に遭い、修理不可能なのだそう。
あかんやん!
営業できなくなった車に予約が入っているのはわかっているでしょうに。
そういうことは早く知らせて欲しいわ!
車中泊できる車を指定できるからこそ、ワンズレンタカーさんにしたのに。
ここの支店のある空港発着で飛行機も取ってしまってるのに。
GWはもうすぐそこという時期になって、今更どうしろと。

ワンズレンタカーさんは代替車として、H12年(2000年)のMPVと
H17年(2005年)のオデッセイ、同じくH17年の8人乗りノアを提案してきました。
H12年って、16年前の車じゃないね。
中古車を利用して、料金を安くしているのは知っていましたが、ここまで古い車を
使っているとは想定外だったので、一瞬絶句してしまいましたわ。
検討するので時間をくださいと言い、電話を切った後、猛烈に検索開始。

MPVはあまりに古いので却下しまして。
オデッセイはシートがフルフラットにならないので却下。
残るノアは、これね。
2007年の6月まで販売されている初代ノア、それの後期型でしょう。


現行モデルでの車中泊体験ならいくらでも拾えるけど、古い車のデータって
探すの難しいなあ。
。。。と思っていたら、トヨタさんは過去に販売した車のカタログをデジタルで
見られるよう公開してくださっているのだった。
ありがたや、ありがたや。
2005年の1月~12月の間のノアということで、検索してみる。


2005年の8月に一部改良されているのねえ。
カタログを開いてみると。。。


ほうほう、11年前のカタログが見られるなんて便利だわ。


シートアレンジについてのページも、もちろんありまして。


セカンドとサードを倒すと、一応フルフラットという扱いになるらしい。
でこぼこ波打っているような気もするけど、詰め物も用意していくし
何より厚さ10センチのあのマットがあれば、充分寝られる気がします。


「よし、キミに決めた!」と速攻折り返しの連絡をしました。
当初予約していたイプサムはLクラス。
ノアはその1ランク上の1BOXクラスなのだけど、ワンズレンタカーさんの
都合なので、料金はそのままでいいとのお申し出をいただく。

大きめの車なので、私に運転できるかなあ?
まっすぐ走るのは問題ないけど、車庫入れやバックは無理かもよ?
ダンナ、すまん!!!
2016
04.09

車中泊グッズ その②

車内で寝るのがGW、場所は四国というのはどんな具合なんだろう。
山ならもちろん朝晩は寒いだろうけど、泊まるのは平地である。
夏しかキャンプしたことないから見当もつかないわ。
ダンナは車内が暑くて暑くて寝苦しいのではないかと心配する。

窓を開けておいて、中から網をとめておけばいいんじゃない?と思ってたけど
もっとよさげなものを発見。
アマゾンが「これを買ったひとはこれも見ています」的にピックアップしてくる
関連商品の中にあったのだ。

クルマの換気は、窓よりも、リヤゲートを少し開けたほうが換気されやすいそうで。
バックドアを少しだけ隙間を開けた状態にして、ドアをロックできるグッズがこれ。
本来は、ペットを車内に残したまま、短時間車を離れる時のためのもの。



国産のハッチバック車ならほぼつけられるんだって。
これを装着すると、隙間を保ったままドアが固定されるので、この状態で、ドアロック
すれば、隙間ができた状態で施錠OK。
ここ↓大事だそうですが
運転席、助手席などの窓を3センチぐらい開けます
車内と外の温度差を利用して空気の流れができるのだって。
車内が暖まってくると、車内より低い温度の空気が、バックドアの隙間から流れ込み
車の天井部分にある暖められた空気は、運転席や助手席の窓の隙間から、外へ
出て行くという。

レビューを見ると、真夏でなければ十分対応できそう。
使ってみるのが楽しみだなあ。


車内では枕元にいろいろ置いておきたい。
眼鏡とか、懐中電灯とか。
こまかいものをいろいろ突っ込んでおけるポケットも買いました。





3月15日に購入した時は、3月30日までに届くということだったので楽観視していたのですが
いつまでたっても届きゃ~しない。
ようやく3月30日に追跡番号が表示されたと思ったら、なんとシンガポールから届くのかい。
EMSかと思いきや、ふつーの書留(頭がRだと書留)ですよ。
1週間遅れで到着。


想像していたよりもずっと小さいわ。
トマト缶くらいの大きさで、そしてとっても軽い!


蓋を持ち上げるとライトがつく仕組み。
シンプルでよいですね。


単3電池が3本必要ですが、みなさんのレビューによると大変明るいらしい。
LEDだから長持ちするだろうし、これが900円って安い買い物だなあ。



2016
04.08

マリオットリワードポイント購入

マリオットリワードポイント(MRP)の有効期限が今年の5月に切れるという。
あらま、12460MRPが消えちゃうのはもったいないわね。



アジアパシフィックポイント(APP)2015年末は繰り越してあり
今年2016年の分をあわせると、今手持ちは4万APPです。
じゃあその4万APPを、どうせMRPに交換しちゃうつもりだったから
そうしようかな?と思ってました。
念のためサービスデスクに問い合わせてみると、APPからMRPへの
交換もポイント維持の条件に当てはまるという。

んん、でもAPPをMRPに交換するための手数料は、最後に交換した時で
124USDもしたんだよね。
ひょっとしてまた値上がりしていないかな。
来年2017年分の2万APPポイントを前借りし、一気に6万APPにしてから
交換した方がお得じゃないかしらん?

問題は、APPを前借りするには、年会費を先払いしないといけないこと。
最新の2015年末請求分でも703USDしたからなあ。。。と考えて。
そっか、ならば請求が来る今度の12月に2017年分を前借りして、同時に
6万APPをMRPへ交換しちゃえばいいと思いつく。

届いたメールを見ると、ポイント維持の条件の中には、「MRPの購入」もあるわ。
じゃあ交換じゃなく、購入にしよ。今持っている12460MRPを切りよく15460にするべく
3000MRPを購入することにしました(最低購入単位は1000です)。




日曜日に手続きをしまして。
3000MRP購入37.5USDでした。



火曜日の早朝には、移行完了のメールが届いていました。
ポイント購入し、移行される早さはヒルトンの方がずっと早いかな。
でも、すぐに使う訳じゃないから問題なし。
2016
04.07

唐宮@ヒルトン台場

お台場でトーテムを観た後は、食事の予定を入れてました。
トーテムのSS席にヒルトンでの選べるディナーがついていて17,700円(ひとり)。
和食の「さくら」か、中華の「唐宮」を選べたので、中華にしたのよね。
私はHPCJの会員で、これを持ってるとヒルトンでの食事は1割引(宿泊していて
お代を部屋付けにすると2割引)になるのですが、残念ながら今回は対象外。
お誕生日月に食事を予約すると、豪華なケーキがついてくるので一度
使ってみたかったんだけど、また次の機会に。

金曜日の夜だというのに、このレストランがらっがらでいささか不安になるほど。
席に案内されてわかったけど、窓からのビューが台場駅とゆりかもめの線路と
メリディアンだもん。
日航だった時にビュッフェレストランしか利用したことなかったので油断しました。
反対側は見事なレインボーブリッジビューなのに。。。


気を取り直して、お食事をいただきましょう。
ダンナはビール、私は瓶入り紹興酒をカラフェで乾杯。

●山海の幸を盛り合わせた前菜
 ほうれん草の茶碗蒸し、干し豆腐とおかひじきの和え物、海老のお刺身
 ピータンの四川風、クラゲ、窯焼き叉焼(私のはきゅうりの甘酢漬け)


●蟹の卵入りツバメの巣のスープ
 なんていうのか、こういうスープは初めて食べるわ。
 ゼリーのようにぷるぷるしていて液体ではないので、いつまでも冷めない。
 ツバメの巣は入っているけど、なぜにこのような蛍光オレンジ?


●北京ダック
 私の中身は、ダックではなく帆立がたっぷり。


●鮑のガーリック蒸し
 肝も別のソースで和えてあり、添えられていた海藻にかけてきれいに食べちゃった。
 にんにくたっぷりの、こういう海鮮料理は広東料理の得意ジャンルですものね。
 鮑はしこしこだし、これは結構食べでがありましたわ。


●牛ヒレ肉のステーキ、黒豆ソースで
 私のはメバルだったかな?衣をつけて揚げた玉ねぎの輪の中に、ほうれん草が
 入っているという不思議なお料理。
 黒豆ソースは豆鼓とは違うのね、私にはちょっとしょっぱかったな。


●蒸し鶏と葱の汁そば
 ダンナが、使っている上湯がとても美味しいとぺろり。 
 私のは海老とイカがごろんごろん贅沢に入った担々麺にしてくださる。
 白いのに、担々麺。そしてピリ辛です。
 おなか一杯なのに、私も完食してしまいましたわ。


●お祝い飾り杏仁豆腐
 とってもなめらか~な舌触りの杏仁でした。


ここのディナーのコースメニューは、7000円と15000円しかないようで、まあお高級。
トーテムと組み合わせたお値段としては満足のいくものでしたが、お店的に
どうだったかと言われれば、そんなに評価は高くないかも。

泊まってみないとなんともいえないけど、新生ヒルトン。
日航の頃と、各レストランの名前などは変わっていないようですが、中で働くスタッフは
ほぼ一緒なのかしら。
クラブフロアのカクテルタイムのおつまみなども、オープン当初に比べたら、すでに
質が低下しつつあるという話も耳に入ってきたりしていて、強気な宿泊費設定なのは
週末だけのようですが。
2016
04.06

入らずにはいられない

Category: ■猫ら
ダイニングテーブルの上に、袋を放置していたら。
あっという間にやよちゃんが入っていた。
うちの猫を捕獲するのは、実に簡単かも。


テーブルの上は乗っちゃいけないって知っていながら、この狼藉。
可愛くすれば許されると思ってるな!


あっさり陥落している人間ふたりです。
2016
04.05

トーテム(CIRQUE DU SOLEIL)

Category: ■雑談
お台場に来るのって、一体何年ぶりだろう。
もう思い出せないほど前だということしかわからんです~。
しばらくこないうちにまた商業施設が増えている。
ダイバーシティーというそうだ。
日本初上陸的なハワイ関係のお店がいろいろオープンしたのは聞いてたけど。


とりあえず、2階のフードコートでごはんを食べました。
京ねぎのっけのモダン焼きですが、肉を抜いてと頼んだのに、やっぱり入ってる
っていうのがお約束。
同じものを同時に受け取っていたあのひと、多分あなたのモダン焼きには
肉が入っていなかったであろう。。。


フードコートからふと外を見ると、立っているものあり。
外に出てみると、巨大なガンダムじゃないか。
巨大というか、これが等身大なのか?


またの間を通り抜けできまする。
周辺にはカフェやショップなどもあり、お好きな方にはたまらないだろう。


思わずスマホで撮影しちゃうよね。
この施設のまわり、中国から来たとおぼしき方々でいっぱいだったわ。
もちろん大陸からだけでなく、香港や台湾のひとたちもおいででした。
さっきのフードコートも、英語韓国語中国語でのメニューがあったし。
お花見ツアーなのかしらん。


すぐ横に青と黄色のシマシマテントがありまして。
ここが今回の、シルクドドレイユ公演の会場です。


予備知識なしに観にきてしまいましたが、「不可能を可能にしつづける人類の進化」
がテーマだそうです。
初演は2010年で、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、オランダ、イギリス
アメリカ、シンガポールの7カ国33都市をまわって、日本に来ている。


当日引き換えたチケットはSS席。


正面ではないけど、前から2番目という近さ。
だもんで、開演前にクラウンが歩いていると、至近距離で手品がみられたり
ポップコーンをばらまかれたりする(笑)。


後半の公演で予定されていた演目が、急遽中止になったのにはがっかり。
空中ブランコ、みたかったなあ。


さすがのCIRQUE DU SOLEIL!と興奮した演目は、残念ながらそう多くはない。
しょっぱなの「カラスペース」に始まり「リングストリオ」「ユニサイクル・ウィズ・ボウル」
など、前半はそこそこ盛り上がっていたんだけど。
休憩30分をはさんだ後半で素晴らしいと思ったのは、「ローラースケート」と
「ロシアン・バー」のみでした。

すごい技なんだろうけど、なんか入っていけない。。。
申し訳ないけど、フットジャグリングは特にそう思ったわ。
構成の問題なのだろうか、全体の流れがちぐはぐで感動が長続きしないというか。
クラウンが出てくるのは、前半後半に1回ずつくらいでいいかと思うのにな。
うしろの座席の男の子も「つまんない」「帰りたい」「トイレ行きたい」を連発してたもん。
(安くないお金払って観に来てるんだけどなあ、そう言われるとまわりは余計に
テンションさがっちゃうさ~)
コドモは正直だね、オトナでも固唾を飲むような場面では、ちゃんと集中してた。
だけど、今の子たちってCGを駆使した映画やら、ゲームやらが生まれた時から
身の回りにあって、どんなものを見ても「すごい!」って思うこと少ないんじゃ
ないかしらん。
昭和30~40年代生まれのわたしたちが、コドモの頃こんなのを見たら
どんなにびっくりするだろう。

私は前回舞浜で観た「ZED」の方が感動が大きかったナ。
シルクの公演で、「なんだかな~」と思ったのは初めてで、ちと残念だった。
まあそこはどんな公演にも賛否両論ある訳でねえ。
2016
04.04

知命ねえ。。。孔子のようにはいかん

Category: ■雑談
4月は誕生月である。
毎年恒例のJALからのお祝いメールが届いてた。
プレゼントに無料の壁紙をくださるんだけど、使ったことないな(笑)。


ダンナからは鳳凰美田のお酒。
ほかにも果物シリーズがあるらしいが、いちごは初めて飲むわ。
アルコール度5%と書いてあるけど、瓶の中でどんどん発酵が進んでいくそうで
(蓋に炭酸ガスを逃がす穴があるのだ)、飲んだ時はもう少し強いように思った。
まあ、とにかくイチゴ味、若干ヨーグルト風味のお酒。
甘さもしつこくなくてよい。大事に飲んでます。


ダンナからは、このほかになんと泡が2本も!
ドゥラモットとローランペリエである。
私の2大好きなシャンパーニュだったりする。
この週末花見をしつつ2本は飲んでしまったけど、ローランペリエだけは
四国旅行に持っていこうと思って、しまいこんであります。


娘がくれたのは、チーズです。
紀伊国屋さんで選んでくれたブルーチーズとパルミジャーノ。
シャンパーニュのお供にいたしましたわ。


IKEAからもクーポンプレゼントのメールが来ており、2000円以上使うと
500円引きだそうだ。
模様替えを控えているので、IKEAにも行く機会がありそう。


大台を向かえた今年、珍しく父や弟からもおめでとうLINEが来ていた。
父からなんて、初めてかも!
2016
04.02

襖を張り替えてみた

襖も、障子と同じく一度も取り替えないまま、今に至る。
今はシール式の襖紙とか、アイロンで貼れる襖紙とか、いろいろあるのね。
でも、柄がなあ。。。ホームセンターに置いてあるようなのは、全然お呼びじゃない。

いろんなHPを見に行き、壁紙として売っているものでも襖に貼ることが
できるというのを知る。
実際にやってみた方を何人かお見受けしました。
お金かかっただろうなあ、私はそこまでのこだわりはないかも。
とりあえず「こういうのがいい」というイメージはあるので、和紙を扱っている
お店を探して、発注しました。

今までまったく襖のことなど知らなかったけど、マンションなどの規格にあわせて
大量に作ることができる襖は、なんと段ボールでできているんだって!
そんなことってある??信じられなかったけど、襖に貼ってある紙を剥がしてみると
下にアルミホイルみたいな銀色の地が見えて、それは明らかに段ボール襖の特徴
なんだったわ。
叩くと、こんこん音はするんだけどなあ。
でも指で押してみると、確かに板とは違う柔らかい感触もするような。。。

まま、まずははずしてみよ。
木製の取っ手をばきばきとはずすと、ボンドでがっちりとめられておりました。


わあ!やっぱり段ボール襖じゃん!
ダンナとむっちゃびっくりしました。
枠がはずれる本襖と違って、段ボール襖はしょせん使い捨てのものだそう。
プロに頼むと、張り替えを断られることも多いのだということを初めて知りまして。


襖紙屋さんのHPでは、一番上に貼ってある紙を剥がすのが前提とのこと
だったので、水を含ませて柔らかくしてみました。
が、いっこうに剥がせないってば。
アルミの上に貼った茶色の下地が、どうやらボンド状のもので貼ってあるので
水に溶けないのだな。
少しだけ剥がす努力をしてみましたが、傷が浅いうちにやめようと。


いいよ、どうせ使い捨ての襖なら、この上から貼っちゃえ。
まず和紙の裏面に水を塗っていきました。
パネルへの水張りの要領ですな。
私もダンナもこれなら学生時代にさんざやっている(笑)。


襖紙屋さんで一緒に買った糊。
昔ながらのでんぷんを使った糊だから、ホルムアルデヒドなど含まれている訳ない。


ちょっと和風な金属の取っ手(引手というそう)も、買ってみた。


糊の袋に書いてある通り、薄目の糊と濃いめの糊の2種類を作る。


上から貼る紙には薄めの糊を全体に塗っておきます。


それから濃いめの糊を使い、、襖本体のまわりだけに「周り糊」をしていきます。


襖を寝かせて、上から襖紙をかぶせ、中心から放射状に貼っていきます。
しわが入らぬよう、空気が入らぬよう、丁寧に貼ります。
実はこっから先が一番大変だったところかな。
はしまできっちり貼ったら、枠のところできっちり折っていき、定規を当てて
カッターナイフで切断していきます。
これが濡れている和紙なので、切りにくいことこの上ない。
あともともとの襖に接着剤がはみ出てる場所があるとがったがたになり
えらいこと神経を使う。
きっちり切ると、乾いた時に縮んでしまうし、少し大きく切って、あとで爪とか
へらで枠の下に押し込んでいくんだけど、難しくてねえ。
本当に集中してやっていたので、この行程は写真1枚残ってなかったです。
余裕なかったんだなあ(笑)。
裏表4面を張り替えるのに、1日がかりでした。

これが張り替えた襖。
和室内部は赤にしました。
壁紙も珊瑚色だし、骨董の黒っぽいタンスなんかも置いてあるから合うかなって。


引手も量販品ながら、今までのボロのものとは大違い。


リビング側はオレンジにしまして。
こちらはカーテンやカーペットがベージュなので、それに合わせて。
韓国で買ったアンティークの赤い戸棚やオールドチークのテレビ台にもよい色。


「段ボール襖を張り替える」ということに関して、自分でなさっている方はほとんど
おらず、試行錯誤でしたが、なんとか完成。
よくよくふちをみればアラだらけですが、とりあえず恐れていた襖のそりもなく
上から強引に貼ってしまった紙もたるみなく。
これくらいであれば充分だわ。
ダンナはどうやらこの手の作業は苦手らしく、のこぎりで切ったり釘を打ったり
という作業の方が向いているわ~と言ってました。
私は紙とカッターの作業は割と苦にならないかも。

ぷちDIY、やり出してみると結構はまる。
次はニトリで買い物して、和室の押入を使いやすくするつもり。
引っ越してきて、荷物を入れて、ほぼまんまだったからねえ。

ちなみに、今回襖紙や引手を買ったお店はこちら
紙戸屋さんと言います。
素敵な柄が多いし、目移りしたわあ。
2016
04.01

車中泊グッズ その①

GWの車中泊に向けて、準備中です。
朝起きたらコーヒー飲みたいし。
小腹が減った時に、カップ麺とか食べたくなるかもだし。
うちにある鍋用のカセットコンロを使おうかと思ったけど、ちとかさばるなあ。

という訳で買っちゃいました。
イワタニのジュニアバーナーと言います。


小さいガスが1本ついてきました。
折りたたむとコンパクトになって、左のプラスチックケースに小さく収まります。


足と五徳を広げ、試しに点火してみました。
1リットルが4分で沸騰するというだけあって、すごい火力です。
ゴーゴー言ってる。
こりゃあ車内で使っていて、何かの拍子に倒れたりしたら、あっという間に
大火事、即大惨事ですな。
くわばらくわばら、車外でしか使わないようにしよっと。


お湯を沸かすだけでなく、レトルトを温めたり、袋ラーメンくらいは
作れる大きさのお鍋兼やかん。


取っ手は上の写真のようにすれば収納に便利だし、このように取り付ければ
普通のお鍋のように使えます。


茶こし部分がついているので、チャイとかも作れそう!
こないだルピシアで買った、チャイのセットを持って行かなくっちゃ。
(買ったひとのレビューでは、「ここが不衛生」という声もあったのでどんなかと
思っていたんだけど、安い歯ブラシをお掃除用に持参すれば問題ないんじゃ?)


バーナーとかちょっとしたものを置いておけるテーブルも買いました。
安い割にレビューがよく、特にバイク旅のひとに愛用者が多いみたいね。


地面にじかに置きたくない物ってあるからねえ。
アルミなので軽いし、拭き掃除もらくちんね。


裏返して足をたたみ、くるくる巻いていけば、1本の棒状になりますです。
コンパクトに、付属の袋に収まるのです。


じわじわと車中泊グッズを増やしているワタクシですが。
追加で注文したグッズもあり、それはまた後日ご紹介したいと思います。
back-to-top