2017
09.21

機械の体に

なんちゅうきれいな青空。入院している間に、季節はしっかり秋になっているんだった。ベッドが窓際なので、明るいのは嬉しい。


手術は無事終了しました。レントゲン写真のコピーをいただきましたが、鬼のように釘が刺さっていますね。


腕の傷はさぞかしと思いましたが、ほんの数センチが2ヶ所のみ。しかも抜糸なしだそう。内側を細~い糸で縫い、テープで固定するだけなんだって。いまどきはいろいろすごいなあ。
スポンサーサイト
2017
09.19

これからOPE

この病院の食事で何がいやって、この木綿豆腐を煮たおかず。肉のかわりに出てくるのですが、木綿豆腐をトマトケチャップで煮るとか、トマト煮にするという発想はありえないわー。付け合わせの野菜がまた想像を絶するまずさ。5日間のうちに2回出たから涙。


引き出しを整理していたダンナ、「なんか入ってる」と。


「フォッ?キャットフード?」と仰天しましたが、んな訳ない。お見舞いに来た友人が仕込んでいったな(笑)。カルシウム摂取させていただきました。

さて朝から手術着に着替えて、点滴(水分)してまする。昨夜から口からの水分摂取禁止だったので。今時は術後に着圧ストッキング履いたり、フットポンプとかも装着するのねえ。血栓を防ぐためなんですって。出産の時はT字帯というのを用意した覚えがありますが、いまどきはディスポコンネットショーツっていう使い捨てパンツに進化していました。
さあ、あとはまな板の上の鯉になるばかり。
2017
09.15

ぽっきり

24時間点滴NOW、です。
この医療用麻薬は、プリンスが打ちすぎて死んじゃった薬らしい。薄めてはあるけど徐々に抜いていく方針。


上腕骨折で、真横に折れたので手術しないとくっつかないそうです。


利き腕が使えなく、ちょっと身動きしただけで激痛がくるこの時に、なにもうどんじゃなくてもよさそうな💦難易度高すぎ。お箸がうまく使えないYOUたちをTVで見るたび微笑ましく思っていましたが、悔い改めます。


出産を除いては、1週間以上入院するのは初めてなので、ぽつぽつアップしてみようっと。
2017
09.13

美登屋、大沢温泉(湯治屋)

奥の院のそばの岩屋に安置された木造小塔で、こちらも重要文化財。永正16年(1519)頃に造立されたもので、あまりの小ささに拍子抜け。「装飾性の強い工芸品的小塔」だそうなので。


蓮は開いていないの残念でしたが、つぼみも趣がありますなあ。


行きはぜえはあしてそれどころではなかったので、帰り道は仁王様をじっくり眺めることができました。一度燃えちゃっているみたいで、この門は再建されたもの。それでも嘉永元年(1848)ですけどね。


下までくだってくると、仔猫たちが無防備にお昼寝。


小さいお手々とお口がなんて可愛らしい。起こさないようにそっと写真を撮らせてもらいました。この子たちが病気やけがなどせず平和に過ごせますように。


レンタカーは川向こうの駐車場にとめましたが(車でぐいぐい奥に入れば、参道のあたりにも駐車場はありました)、ふもとには飲食店やお土産やさんがたくさんありまして、ここらでお昼にしようということに。美登屋さんというお蕎麦屋さんに入りました。


ダンナがオーダーしたのは山形名物「だしそば」1100円です。なんでも好評につき、期間を延長して4月~11月まで提供しているそう。山形の郷土料理だし(夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などで和えたもの)とお蕎麦のコラボですって。一口味見させてもらいましたが、さっぱりしていてなかなかよいです。


私は板そば1360円にしました。約1.5人前(茹で上がりで400g)というどでかいやつ!「 国産の選りすぐりのそば粉を使い、香りと歯応えにこだわりました」というのが売りなんですが、正直量以外には特筆すべき点なし。蕎麦は固くて、プラスチックかゴムみたい。全く好みではないなあ。観光地だからこれだけひとが入るのだろうけど。
ちなみにこちらのお店、「トリュフそば」や「パクチーそば」など、なかなかにアバンギャルドなメニューも(笑)。


ダンナが今晩宿で飲むお酒が欲しいと。宿へは東北道を使って仙台経由で向かうのが早いとナビがいうので、「じゃあ仙台で寄っていこうか」と探したのがこちらの「阿部酒店」さん。


萩の鶴 中取り純米吟醸 亀岡というのを買いました。1728円。


買うものを買ったら、一路お宿へ!花巻市にある大沢温泉を予約していました。こちらは「山水閣」「菊水館」「湯治屋」の3つのタイプに分かれてます。私たちは一番安い湯治屋部門にチェックイン。


築200年という古い古い木造建築ですが、中は掃除が行き届き、ぴかぴか。トイレは共同でしたが館内に何カ所もあるし、すべて新しいシャワートイレ。ここは新聞を読んだり、囲碁や将棋を楽しんだりできる場所。温泉だけの利用も可能なので、湯上がりにまったりしているひともおいででした。


わたちたちは2階のお部屋でした。すべてが引き戸で、もちろん鍵はかかりませぬ。滞在が長いのか、戸を開け放って丸見え状態のお部屋もあり(笑)。


テレビも冷蔵庫も、昔懐かしい鏡台もありました。道後温泉っぽいなあ。


もうね、すべてが渋すぎて、逆に格好いいかも。廊下を誰かが歩くだけでぎしぎしだし、話し声は筒抜けでプライベート重視の方には耐えられないでしょう。


私たちはバスタオルを持ってこなかったので、お借りすることに(2枚で200円)。あと扇風機も100円で使えます。山の中とはいえ8月ですので、風呂上がりには気持ちよかったなあ。


八重山の民宿でも免疫がつき、お部屋はあけっぱでもまったく抵抗がなくなっている。てか、開けておいた方が外からの風が入って快適ですもん。お部屋の中から外を眺めるとこんな感じ。


館内に貼ってあった写真です。寝具をかついで長逗留するようなひともいるのねえ。


自炊するひとのために調理場も完備なので、このコンロはこの方専用になっちゃってますね~。売店も食堂もありますが、三食お金使ってたら馬鹿にならない金額になりそう。


わたしたちは楽天トラベルから予約をし、「【早割で半日増し!!】平日ネット予約限定」プランでして、2人1部屋で5800円という破格値(税サ込)。しかもチェックインは正午、チェックアウトも正午のまるまる24時間滞在で 布団代も含んでこの金額でした。なんてありがたいんだろう。
2017
09.12

立石寺@山形

夏の旅行は東京駅から出発。まずは新幹線つばさで山形へ向かいます。レンタカーを9時から予約していたので、朝6時すぎの始発デス。つばさに乗るのは初めて。「先頭部を取り巻く印象的なラインとその深い紫色は、鳥類で最も美しいと言われる紫色の飾り羽根をもつ山形の県鳥「おしどり」をモチーフ」にしいるそう。


シンボルマークは山形の美しい四季をあらわす4つのデザインが採用されているんですって。これは春を表す「桜」。


つばさは福島をでたあと、在来線の線路を走ります。えらい山の中、急勾配なのにがんがん登っていってえらいなあ。


山形駅でレンタカーを借りました。オリックスの「【早予約31】本州+四国エリア 夏&秋のレンタカースペシャル」というプランで、丸5日間借りて4万1553円(税込)でした。新青森駅で返す予定でしたので、乗り捨て料が1万9000円も。山形まで戻す手間を考えたら仕方ないのですけどね、とほほ。。。
その足で長年行きたかったあの場所へ。山寺こと、宝珠山立石寺(りっしゃくじ)です。


この日は晴れてとても暑い!上まで1000段以上を登るのね。。。


重要文化財である「根本中堂」から山門をくぐり、山の中を登っていきます。


芭蕉さまの像もありました。ここは絶対に蝉時雨の中を歩いてみたかった。


木々の茂る中を上へと目指すと少しずつ涼しくなっていくのがわかります。


弥陀洞という場所には、ながい歳月の雨風が直立した岩をけずって阿弥陀如来の姿をつくり出したそう。1丈6尺(約4.8メートル)の姿から丈六の阿弥陀ともいい、仏のお姿に見ることができる人には、幸福がおとずれるとのことですが、私には見えなかったな。信心が足りませんね。岩の隙間に硬貨を埋め込むひとがたくさんいるようで、ちょっと異様な光景だったかも。


仁王門においでの仁王様は運慶の弟子たちの作と言われているそう、邪心をもつ人は登ってはいけないのだとか。わあ、私など邪の固まりですが。


開山堂と納経堂が見えてきました、ふう。汗だくデス。


巨岩とともに見えている小さな院。


奥之院と大仏殿はまだもう少し先にあります(2017年の8月現在境内は何かの工事中で、騒音が残念)。


こちらは五大堂といい、山寺随一の展望台でもあります。なんて風が気持ちよくて涼しいんだろ、


緑の山々や田んぼや、美しい風景を見ていると、心洗われるようです。


紅葉の時期は赤や黄色に色づいて山を彩り、さぞかし!でしょうね。


上の方にポストがあって、「こんなところに!」と驚いたのですが、運よく集荷の方(リュックに〒マークが)とすれ違うことができました。毎日毎日これを登り下りされているのねえ。本当にお疲れ様です。

2017
09.09

あの甘露梅肉@髙野由平商店

Category: ■雑談
ダンナが会社の売店に行ったら、見覚えのあるパッケージを発見。もしや今年(2017年)1月6日再放送した「和風総本家」で紹介されていたアレかも?と思って、1個だけ残っていたものをGETしたそう。


「梅を1ヶ月~1ヶ月半の間砂糖漬けにし、出来た実を土蔵で3~4年じっくりと熟成。熟成した実を丁寧に種を取り除き、塩漬けにした梅・紫蘇・刻み生姜・砂糖を加え練り上げた、優しく上品な味わいの梅肉」なんですよ。気が遠くなるような行程デス、しかも添加物一切なし。


温かいご飯・お粥・おにぎり・手巻き寿司。素麺、蕎麦などのつゆに混ぜたり、和風パスタにも。マヨネーズに混ぜて野菜スティックにしたり、焼酎のお湯割りに投入するのも美味しそうです。私たちはアジのなめろうをおかずにしていたので、それに添えてみても大変よろしかったです。
ほんのりと甘く、生姜の味も生きていて、何よりも梅のエキスたっぷりですから、美味しくないわけない。梅・杏・スモモ系とその加工品が好きな女子にはたまらないでしょう。こんなに美味しくてお値段まさかの160グラム432円ですよ~、合掌。


テレビで放送されてから、ずーーーっと売り切れ中の表示が続いていて、大量生産がきかない商品だけに「こりゃ当分口には入るまい」とあきらめておりました。この記事を書くときに見てきたら、ようやく10月中旬~下旬にかけて再出荷の見通しがたったようですね。買えるようになったら、もっと大きいサイズをリピートしちゃうわ。
2017
09.08

アーティスト カフェ@東京ドームホテル

iPhoneに一休アプリを入れてそこから予約すると1000円引きになるというお知らせをもらいまして。先着2000名というので、速攻でiPhoneに入れてクーポン頂戴しました。


何に使おうかな~と考え、飯田橋での用事があるのを思い出して、近辺で探してみました。東京ドームホテルでのランチ発見。
「平日限定。季節により厳選した食材のメインディッシュから1品選び、前菜・サラダ・デザート(約20品)はブッフェスタイルで」通常3240円(税サ込)が3000円(税サ込)だそう。そんなに安くなってはいないけど、クーポン使えば2000円だしまあいいかなって。


ここのホテルは初めて入ります。この日は大規模な偲ぶ会が開催されており、1階は喪服を着たひとであふれてました。


「最上階150mからの景色を楽しみながら お召し上がりください」というのが売りなだけに、結構なビューですなあ。


11時30分からの開始でしたが、女性同士のグループが数組お待ちでした。


奥の方にはこんなカップルシートがあり、私はそこに案内されました。通路からは完全に死角なので、サービス担当のひとは大変だな。お水が欲しいときとか、わざわざ席を立って言わなければならず、お客にとっても不便でしょうに。


前菜を少し取ってきました。


これはお店のせいじゃないけど魚介系はよりにもよって苦手なタコで、残念。


ピンクのはサツマイモを使ったちょっと甘めのサラダ、豆あじのエスカベッチェ(南蛮漬け)、カポナータなど。どうも、どれを食べても2回目を取ってきたいと思うような品がないんだわ。


こちらのメニュー7種類の中から好きなお料理を選べます。メインのほかにパスタなども。「和牛のハンバーグ炭火焼き」というのが17食限定で人気だそう。


メインは肉ばかりでしたので、ブイヤベースをお願いしました。味は悪くないけど、ちょっと問題があってひとを呼ぶ羽目に。


デザートはこんな感じ。フルーツソースがかかったパンナコッタは美味しかったのでお代わりしましたが、全体的に「わあ、きれい」と思うような華やかさには欠けますね。。。


平日のランチビュッフェ、定価3240円ってほぼ席代でしょ。クーポン使っていなかったらぷんすかしちゃうような内容。申し訳ないけど再訪はないなあ。。。
2017
09.07

Red balloon

これはシドニーのいろいろな場所で見つかった「赤い風船」。


こちらはCBSニュースで取り上げられていた「排水溝に結ばれた赤い風船」。これはペンシルベニア警察のひとがSNSで「怖いからやめて」と訴えていたという内容。


赤い風船はある映画の宣伝なんですが、決してほのぼのした内容じゃない。私の大好きなキング様原作のホラーなんです。1990年に映像化した『IT/イット』のリメイク版として、アメリカでは今日(9月7日)より、日本の公開は11月3日の予定。
記事を見たとき何に驚いたって、ちょうどこれをアップする前々日から、まさにその原作を読み返しはじめていたから。偶然に思えるようなこういうできごとをSynchronicity(シンクロニシティ)「意味のある偶然の一致」という。私は本がらみで遭遇することが多い。ひとつひとつは細かいことなので、忘れちゃわないようにカテゴリを作って保存しておくことにしました。


こちらはメイン州のバンゴアにあるキング様の邸宅。


おうちの中にも赤い風船があるのをテレビで報じられていました。


彼の書いた物語を映画化すると、たいていはものすごく最悪な結果に終わり、私はもう見ないようにしている。ホラーじゃないから成功したのかもしれないけど、唯一最高の出来だったのが「スタンド・バイ・ミー(THE BODY)」。「ショーシャンクの空に(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)」、「グリーンマイル(The Green Mile)」なんかはマシな方ですが、それでも好きではない。映像には想像の余地がなさすぎる。じわじわと忍び寄る恐怖は、本を読んでこそだと思うんだけどな。
2017
09.06

Fire TV Stick買っちゃった

Category: ■雑談
ある日、Amazonさんからメールでなく封書が届いた。珍しい、いったい何だろうと開けてみたら、プライム会員へのDMでした。Fire TV Stick買うなら割引しますっていう内容。プライム会員なら無料であれこれ見られるけど、それにはFire TV Stickを買わないといけないんだよね。見たいので買わない?とダンナにリクエストはされてましたが、プライム会員向けの年に一度のセールはもう終わっちゃったし、買うとしたら次に安くなった時かなって思ってましたけど。たった500円ではありますが、話題にのぼっていた時だったので、背中を押された気分でぽちっとしてしまう。


あっという間に届きました。Amazonですからね。
「Fire TV Stickには複雑な設定は不要。HDMI端子対応のテレビに挿すだけ」とありますが、私には設定すらできない。というかやる気もないので、ダンナの帰宅待ち。新しいおもちゃが大好きな彼は、ごはんを食べるのもそこそこに取り組む。最初に自宅のWi-Fiに繋げることが必要ですが、すぐに私のアカウントが出てくるのでホントに簡単だったかも。


Fire TV Stickとは映画やビデオをテレビの大画面で楽しめるデバイス。5万タイトルを超える映画やドラマ、HuluやNetflix、YouTube、スポーツやニュース番組、音楽やゲームまで見られるのだそうで。今年(2017年)の4月に新型が出たばかりだったので、タイミング的にはまあよかったかな。新型の売りはなんと言っても音声認識。映画のタイトル、俳優名やジャンル名などキーワードを言うだけで素早く検索可能デス。Wi-Fi環境さえあれば、Fire TV Stickをホテルやお友達の家など、外出先のHDMI端子対応のテレビに繋ぐだけでいつでも楽しめるそうだ。

が、これらを堪能するのはダンナと娘に任せる。普段からテレビも動画も音楽もほぼ興味ない私が買おうかと思った動機は『LCCに乗る時にヒマだから映画を見たい』から。まあそうなるとタブレットで見ないと疲れるよなあ。。。と思ったら、こちらも今年(2017年)の6月にAmazonの新型タブレットが発売されているんですって。7インチ画面のFire7は8980円(8GB)、8インチ画面のFire HD8は1万1980円(16GB)とただでさえ安いのに、プライム会員ならそれぞれ4000円引きという(衝撃)。WiFi環境でインターネット閲覧、メールもできるとくれば、別に高価なiPad miniとか買わなくてよくない?アマゾンプライムビデオのダウンロード後のオフライン視聴として使う訳ですが、容量が足りなくなっても256GBまでのmicroSDカード対応というから素晴らしい。

(Fire HD 8 タブレットの写真はAmazonさんからお借りしました)

その他に「いい!」と思ったところ
●月額980円でKindle本読み放題サービスKindle unlimited(キンドルアンリミテッド)で読書も楽しめる
●Fireタブレットで撮影した写真は、すべて容量無制限のクラウドストレージに無料で保存可能
●バッテリー持続時間は最大10~12時間
多くの方々のブログで値段からは考えられないほどの性能と使い勝手のよさが書かれているので、近々買い足す予定。
2017
09.05

最強の抜け毛対策グッズかも

Category: ■猫ら
猫らの最近のお気に入りは、この緑の箱。丈夫で型くずれせず、あごを乗っけておける高さが好ましいみたい。で、日々奪いあいなり(主に、入っているやよちゃんをマシュが追い出して陣取る)。


みっちりと、箱にINしたやよ姐。「見んな」という目線ですね(笑)。


冬毛がごっそり抜ける換毛期は終わりましたが、年間を通して抜け毛が多いのがマシュ。アンダーコートという内側の細い柔らかい毛がやよちゃんに比べて密なんですよね。Amazonで猫のごはんを買うとき、たまたま見つけたこの櫛(ONS 高級両目金櫛 小小)。レビューが割といい感じだわと興味がわいて購入しました。


普段はゴムのブラシを使っているのですが、マシュはあまり好きじゃない。数分は我慢しますが、しつこくやり続けるとブラシかみかみを始める(手は決して噛まないのがえらい)。でも櫛はブラシほどイヤではないみたいで、割とおとなしく梳かされています。


抜け対策のために、いろんなブラシを試したけど、これほどまで簡単にアンダーコートだけが抜ける道具があっただろうか(いや、ない)。結局シンプルなものが一番なんだなあ。リビングのすぐ手が届く場所に出しっぱなしにしてあるので、気がついたときに(1日に2~3回)短時間コーミング。まだ使い始めて数日ですが、部屋に落ちる毛が目に見えて減っているのがわかります~♪


取れた抜け毛はしっかりつかんではなさず、捨てるときも簡単。ステンレス製なので汚れてきたらさっと水洗い可能だし。洗濯しても取れず、真夏は顔にもくっついちゃうマシュの抜け毛は悩みの種でしたが、ちょっと改善されそうな予感。お値段1249円はお得だったなあ。
2017
09.04

日本列島ハザードマップ

図書館に行ったら、防災の日を前にした小企画をやっていて。何気なく手に取ったらこの本なかなか興味深い。早速借りてみました。


夜、ダンナに見せながら、ふたりで読んでみる。北海道から帰ってから「将来は、夏の間だけマンスリーマンションを借りて住みたい」と強く思っているので、「住むなら札幌近郊かね」とか「駅近のマンションなら冬場も楽かも」などと話してました。ここじゃないどこかに移住することは決めていますが、「絶対にここがいい!」という場所はまだ見つけられないでいます。
私が重要視しているのは「それなりの設備の病院」「災害時にダメージをくらう可能性が少ない場所」「徒歩か自転車の範囲で食料品を買える店がある」のみっつ。図書館欲しいとかくみ取りのトイレはイヤとか(笑)、欲を言えばきりがないので、とりあえず生存に必要な最低眼を満たす場所を探そうかなって。

そういう訳で「どうかな?」と思った市町村のハザードマップを日々見ているので、この本はざっくりとではあるけどおもしろかったです。あーでもないこーでもないと見ていった中で、目にとまったのが九州。まず地すべり地形と人工地形が少ない。


佐賀から福岡にかけて多少地盤の軟らかい場所もありますが、あまり目立たないわ。


このマップは原発、各種発電所、石油コンビナートなどを一覧にしたもの。これらは私も以前から調べてGoogleマップに★をつけていましたが、問題は赤く色づいている部分。これは防災科学技術研究所というところのデータを元にして作った地震動予測図だそうだ。2012年から30年の間に、震度6以上の揺れに見舞われるだろう確率の度合いを示してます。沖縄本島が真っ赤なのには驚きました。


そして最後に津波のリスク図。佐賀から長崎、熊本にかけては想像していたよりも全然少ないんだなあ。。。


こうして各種図を見比べてみると、私たちが何度も訪れている長崎って潜在的危険性においては比較的安心な土地なのかも。冬はいささか冷えるけど、魚や水が美味しくて、迷路みたいな路地裏は何度散歩しても飽きることがない魅力的なところ。移住支援に関しての取り組みはまだまだこれからという印象ですが、いくつかおもしろい企画も発見しました。次のGWは小笠原に行こうかと思っていたけど、長崎にしようかしら?そうなると三度目の正直になる五島列島にも足を伸ばせるし。
2017
09.02

Suicaちゃんの缶入りチョコ😊

Category: ■雑談
ネットで見つけた画像に釘付け!
調べてみると、『アンファン』というお菓子屋さんが、東京銘品館南口店内に出店した「Smile Charge(スマイルチャージ)」で買えるらしい。お値段は税込み756円です。


Suicaちゃんのにこにこ笑顔がプリントされたチョコレートなんです。かわいさにメロメロになり、東京駅を通るダンナにお願いしてしまった。やーーん、もったいなくて食べられないわ。


期間限定なので、欲しい方はお早めに。
お店の場所は東京駅改札内1階南通路ですって。営業時間は6時30分~21時(金曜と土曜は6時30分~21時30分)
2017
09.01

小田原ヒルトンでランチ&温泉

Category: ├国内小旅行
お友達と新宿で待ち合わせ、向かったのは小田原駅です。シャトルバスからは海が見えるわ~。


到着したのは、すご~くお久しぶりな小田原ヒルトンです。週末の料金が高いこともありますが、以前泊まったときの印象が「このお値段なのに、なんか普通。。。」だったの、その当時はラウンジもなかったから。


ランチビュッフェは11時30分からの開始ですが、平日なのでまだひとはまばらです。店内は広々ですね。


緑麗しい外のテラスもあります。さすがに真夏のこの晴天では、外でいただくのは厳しいですけど。


ここブラッセリーフローラでのビュッフェ(6月1日~8月31日)は「夏のパワーアップランチ」がテーマでして。


今回の注目の一品とされていたのは「アワビの黄金ウニソース」でした。目の前でアワビをソテーし、ウニソースと小田原産の黒米リゾットを添えてあるというものですが、火を入れすぎなのかアワビが堅くなってるし、見た目も残念。


夏らしく「みんなで楽しむバーベキュー」をイメージした、イカ、海老、ハマグリ、ビーフサーロイン、チキン、ソーセージなどの串焼きも。7種の付け合せも添えてあり、好みの味で楽しめるようになってました。


メインのお料理はこんな感じ。


茗荷入りの味付けしたこのサラダは鰻も入っており、私はお代わりしました。隣で召し上がっていた女性陣も「これ美味しいわね」っておっしゃってましたね。


まるごとチーズであえるパスタもありましたが、ちょっと味付けが薄く感じました。せっかくのパルミジャーノなんだけどな。茹でてもらったパスタに、好みでかけるソースも3種類置いてました。


カレー3種類や地魚を燻製にした炊き込みご飯などもありましたが、もうとてもごはん類までは手が回りませぬ。フルーツやデザート類、こんな感じ。


デザートは、つるるん系だけを、ちょびっといただきました。


シャンパーニュのボトルの案内もありましたが、オーストラリアシャンドン社のスパークリングが1杯1500円とはなかなかにホテル価格ですねえ。そういえばこちらのランチビュッフェはソフトドリンクが含まれていないので、ドリンクバーを利用するなら別途料金が必要でした。


小田原という場所柄、「湯ったりランチブッフェ」というプランがありまして、ランチと温泉が楽しめます。本来は平日4500円・土日祝5000円(いずれも税サ込)のところ、お友達が見つけてくれた割引料金は税サ入湯税まで込み込みで3900円というもの!土日でも同じ料金だったそうなので、これは本当にお得でした。


更衣室が一瞬無人になったので1枚撮らせていただきました。ひとりひとりにロッカーがあるし、靴用の鍵付きロッカーもありまして万全です。ゴルフ帰りに一風呂浴びていかれる方が結構おいででした。


タオルは2種類の大きさ用意され、たっぷり置いてあります。


そんなにゆっくり入っていたつもりはなかったのですが、あっという間にバスの時間になってしまいました。露天風呂があれば、いつまででもつかっていられるわ~。コットンや綿棒、ドライヤーももちろん。お化粧水などはPOLAでした。


ヒルトンのシャトルバスで小田原に送ってもらったあとは、駅前でお土産を物色しました。ダンナのお酒のアテにちょっと珍しいスモーク風味の笹かまと塩辛を。かまぼこで有名な鈴廣さんが塩辛なんて作っているのねえと手に取ったのが「小田原式 生糀熟成 塩から」880円(税抜き)。イカと塩と麹のみで、余計な添加物は一切使っていないところが気に入り、ダンナへのお土産にしました。帰宅してからHPを見てみたら、これ商品化までに3年をかけた自信作のよう。


お友達はいつも旅行に出た先のお土産をくれるのですが、今回は富山県砺波市の大門素麺を。麺類は大好物なのでありがたい。こしがあって歯触りがよい素麺でした。それと大阪のルピシア限定商品も!「あめちゃん」っていうネーミングと鮮やかな色遣いのパッケージが可愛いですが、甘い香りとまろやかな素敵なお茶でした。どうもごちそうさまでした。

back-to-top