2017
10.16

やよちゃん、みんなさびしいよ

日曜の朝、かかりつけの病院に転院したやよちゃん。娘は午後から「心配だから顔見て来るね」と言って、面会に出かけました。看護師さんの話ではずっと落ち着いて寝ていたそう。


娘が行くと、「ああ、姉さん」と甘えた顔になった。体調悪くても嬉しかったんだね。酸素室に入っていたので、扉を開けて撫でてあげることはできなかったそう。


容体が落ち着いていたら、写真送ってと頼んでいた。娘が帰るときに撮ったやよちゃんがこれ。すごくきれいな顔で、静かな目をしている。大好きだった娘に最後のお別れをしたんだろうな。


夕方病院から電話があった時も、痛み止めも効いていて落ち着いていますよとの話で、私たちも朝一番に面会に行こうねって話していました。が、夜20時30分過ぎに病院から着信があり、急変したのですぐに来てという連絡でした。タクシーで駆けつけると、もうやよちゃんはぐったり横たわって苦しい呼吸をしていた。一度心臓が止まったそうだ。そんな!血栓が詰まっても、予後が悪くても、せめて一度は退院してうちに帰れると信じていた。こんな急にお別れなんて、現実が受け入れられない。
強心剤を打たれて大きく痙攣するやよを見ているのもつらいし、これ以上苦しませたくないから人工呼吸を停止してもらい、息をひきとるまで家族みんなで声をかけ続け撫でてやりました。もう意識はなかったのかな?とうさんかあさんの声聞こえたかな?

やよを連れて帰宅したあと、娘に花を買って来てもらいました。まるで寝ているようなやよ。


私たちはリビングに座り込んだまま、動けず。涙だけがとめどなく流れて。前日の夕方まで元気にしていた子がこんなことになるなんて。二度とやよちゃんの声を聞くことがないなんて。

次の土曜日に火葬の予約をし、一旦お寺に遺体を預かってもらいました。最後にうちを出る前にマシュに「やよちゃんとさよならだよ」と箱を見せたら、マシュは唸っていた。やよちゃんだってわからなかったのかな。病院にいたし、死んでしまったからもう違う匂いになっていたのかも。

土曜日曜と私たちがバタバタしていたから、マシュなりに怯えていたんだろうか、ごはんを食べなかったりしました。落ちつかずうろうろし、多分やよちゃんを探しているマシュ。


やよが好きだった場所ばかり。


普段は絶対に上がらないクッションでしんねりしている。やよちゃんの匂いがするんだろうなあ。「やよ姐さんはもう戻らないんだよ」と言い聞かせていて、また涙がぼろぼろ出ました。


この週末、お寺で火葬してもらいました。やよちゃんのピンピンしたおひげ、よく聞こえるお耳、かわいいお口、小さなまだ柔らかいおてて。優しくなでてやって最後のお別れをしました。もう魂が宿っていないのはわかっているけど、愛しくて悲しくて言葉になりません。小さなひまわりを束ねたもの(やよちゃんが好きだった季節が夏だったから)と、お気に入りのおやつを添えて、やよちゃん、本当にさようなら。


焼いたあとお骨を拾い、骨壷に入れてやりました。小さなステンレスのケースに爪を数個入れたのを下さいました。これでどこへいくにも一緒だね。
お寺から、獣医さんのところに立ち寄り、院長先生にご挨拶に伺いました(あの時院長先生はご不在だったので)。やよちゃんが亡くなった時は病院が閉まっていたので、お会計は後日と言われていたのです。亡くなるつい1週間前にも診察受けていましたが、エコーで血栓がないことを確認して、雑音もなく安定していてきちんと管理されているなあと思っていて、急な病変に院長先生も驚いていらした。猫の肥大性心筋症による血栓のつまりはほぼ後ろ足だそうですが、やよちゃんの肉球は低酸素状態ではなかった、とてもレアな症例だけどものすごく細かい血栓が肺に詰まって肺水腫を引き起こしたようだとおっしゃってました。少なくとも呼吸が荒くなった時点で救急病院に駆け込んで処置をしてもらい、その後も病院で見守られていたので、痛みや苦しみはそれほどなかったはずですよと聞いて少しほっとしました。後ろ足に血栓が詰まってしまった時はあまりの激痛でショック状態になる子もいると読んで、それだけはありませんようにと願っていたから。

お骨になってしまったけど、おうちに帰ってきたね。病院が送ってくださったお花の横にそっと安置しました。


先生とお話しした時、「やよいちゃんは噛まない子だってすぐわかってカラーを外しましたよ」っておっしゃってました。ひとを噛むことなんてない、引っ掻かれたこともない。あとから来た猫らに躾をし、しっかり者だった。優秀なハンターだったので、昔だったらさぞかしねずみを狩って重宝されただろう。ひとの言葉もずいぶん理解して、感情豊かで、仕草や声で自分の気持ちを伝えることが上手だった。おしゃべり好きな賢い子だったな、あんな子にはほかにいないだろうな。

泣いて泣いて泣きつくした1週間。いまだやよちゃんがいないことに慣れない。お膝に乗って甘えるお顔、かあさん見たいなあ。
犬でも猫でも、あの子たちは本当に純粋で、打算もなく見返りも求めず、ひとに愛してもらうことだけが喜びなんだ。私たちは与えてもらった幸せ以上のものをあげることができていたんだろうかと、後悔の気持ちばかり。
やよちゃん、やよちゃん、やよちゃん。みんな、本当にさびしいよ。魂でもいいから、もう一度だけでいいから、あの子に会いたい。
スポンサーサイト
2017
10.08

夜間の救急病院に駆け込む

この数日間の季節はずれの寒さ。やよちゃんもくしゃみ連発でして、風邪引いたなって思ってました。


心臓の方はお薬で経過観察中でした。9月末にも先生に診てもらったばかりで、ごはんもよく食べて元気いっぱいだったのです。この週末だって、マシュの仕掛けた鬼ごっこに付き合っていたくらいで。


ところが土曜の夜。22時30分頃に、やよちゃんが台所で吐いていたのをダンナが見つけました。肌寒いのにフローリングに横たわっているのも、ちょっと変。娘が様子を見にきて「ちょっと呼吸が荒くない?」と言い、呼吸回数を数えだしました。夜間診察を行っている病院のうち、うちに近い方にまず電話をしましたが、この時は正直まだ様子見でいいかなと思っていたのです。来院される時は連絡くださいと言われて電話を切ったあとに、娘が「やっぱおかしいよ!」と。慌ててもうひとつの、心臓疾患があると診断された時にブックマークしておいた救急病院にかけて様子を説明しましたら、電話の最中に口呼吸が始まってしまったのです。「今からタクシーですぐ向かいます!」と名前だけ告げて電話を切りました。慌てすぎて現金も満足に持たず、骨折した腕を支えるホルダーすらつけ忘れ、部屋着のままで飛び出したくらい。

病院で処置と検査をしてもらったあとの先生の説明では、呼吸が荒いのは肥大型心筋症の合併症による動脈血栓塞栓症の痛みのせいであること(血中酸素濃度は通常の数値なので)、肺に陰が見えるので肺水腫が疑われること、おそらく心筋梗塞を起こしている可能性もあると。。。もちろん肥大型心筋症の子に血栓が詰まってしまうリスクは承知していましたが、やよちゃんは悲鳴もあげなかったし、ちゃんと歩いていてのたうちまわって苦しむ風でもなかったので、まったく予想もしていませんでした。でも先生のお話を聞いて本当に救急病院に連れてきてよかったと、冷や汗が出ました。行きのタクシーの中で、やよちゃんの体温がどんどん下がっていくと、娘は泣いてました。

まず1番に痛みを止めてもらい、それから血栓を溶かす薬を投与して、入院になりました。うちに帰宅したのは夜中2時でした。全員くたくたでしたが、やよのことが気になって涙があふれ、心配でよく眠れなかったです。
次の朝かかりつけ医に連れていくため、7時過ぎのバスで救急病院に向かいました。夜の間に急変することも多く、看取れないかもしれない旨は告げられていましたが、電話は入らなかったので、持ちこたえてくれたのだろうと思っていました。しかし、お迎えの直後に2回目の発作を起こしてしまったと、先生が。血栓は溶かしても溶かしても次々にできてしまい、全身どこに詰まってもおかしくないそう。自宅で酸素ハウスをレンタルして看取る飼主さんもいるそうだけど、痛みのコントロールや発作が起きた時の対処ができないのに退院するって、私にはできないわ。朝まで寝ずにやよを見守ってくださった救急病院の先生には感謝しかないです。

開院時間に合わせ、タクシーでかかりつけ医のところに行くと、すでに救急病院から経過がFAXされていました。裏口からやよちゃんを預かってくれ、診察も1番でした。ありがたい。入院し、引き続き痛み止め、血栓を溶かす薬、強心剤、利尿剤が処方されるようでした。

この発作が起きたあと、予後は非常に悪い。重度の心不全がある場合、麻痺したのが後ろ足両方の場合、そして体温が低い場合はさらに悪くなるのだとか。入院中に亡くなってしまうことも多く、退院できる割合すら3~4割程度です。退院できたとしても2カ月もたないで亡くなるであろうということは、はっきり言われました。
とにかく今は祈るしかない、ほかに私たちができることはなにもないから。


2017
10.06

浄土ヶ浜旅館、みなと食堂、BOUCHON礼

宮古市の名所である浄土ヶ浜に行きたかったのですが、駐車場から結構歩く上に、今にも雨が降ってきそうだったので途中で引き返すことに。このどんよりしたお天気では景色は期待できそうにないし。


震災で被害を受けた宮古市の海沿いの道は真新しく。


防潮堤が建設途中でした。


新しく海岸沿いに建っているビルには津波がこの位置まで達していたという表示がありました。こんな高さまで津波が押し寄せてきたんだ。。。映像では見ていたものの、実際に自分の目で見ると信じられないような大災害だったのだと改めて実感しました。


浄土ヶ浜の朝日を撮影できたらいいなあと、ここに泊まることにしたのですが、夜にはざーざー降り。今年(2017年)は迷走台風のせいでお天気めちゃくちゃでしたね💦八戸あたりは冷害が心配されるほど気温が上がらないと聞きました。


建物が新しいから、お部屋もお風呂もとてもきれい。夕食と朝食付きで2人で3万1000円でした。用意してある浴衣やアメニティ類も清潔に整えられていました。


三陸海岸という場所柄、刺し盛りについてきたウニと帆立は素晴らしく甘かった。


予約サイトの口コミでは料理を褒めるコメントが多かったので期待していたんだけど、残念ながら。。。


食事処ではビールだけいただき、早々にお部屋へ引き上げました。宮古市で立ち寄った酒屋さんで日本酒を仕入れていたんです。ひとつは遠野のどぶろく。密造酒的なイメージを持っていましたが遠野市は、2003年に全国に先駆け「どぶろく特区」に指定された地域なの。泊まらなかったので飲む機会がなかったけど、市販しているのね。いささかきつく思ったよりも米粒がどろりとしていて、私は1本(小さいサイズだったのですが)は飲みきれませんでした。


楽天の「東北一の朝ごはん」1位に輝いた(2015年)というという鮭のほぐし身とイクラのっけの丼も、「うーん、こんなもの?」という薄い印象。通常予約サイトの口コミはそうそう大きくはずれることはないのですが。。。


梅干と沢庵、味付け海苔がこれまたやっすいのを使ってる。夕食時にもいかにも市販品というおつまみが並んでいたけれど、大規模ホテルじゃあるまいし、そこで手を抜くのかって思う。そもそも梅干しを節約してもいくらにもならないと思うのだけど。民宿に泊まった方がごはんはまだしもだったかもしれないな。従業員の方々は感じがよかっただけに、残念でした。


チェックアウトすると、雨が相当降っています。今日は八戸に向かって海岸線を北上していくのだ。途中通りがかった野田という場所では、かなり広い範囲が公園のようになっており。相当な面積がさらわれてしまったのか、復興が手付かずで進まないのか。。。


道の駅があったので入ってみましたが、人気はなく、山葡萄のジュースやお塩などがイチオシなようでした。天気がよければ塩アイス食べたかったけど、寒くて寒くて無理でした。


八戸市内に入ると、寒さはもう我慢できないほど。まさか真夏に長袖いるとは思わなかったなあ。あまりの風の冷たさに垂れ幕の陰に避難。ダンナが店の写真を撮っていたけど、写らないし~と思ってました。あら、心霊写真みたくなっちゃってますね(笑)。


八戸はこれ目当てと言っていいくらいの「みなと屋」さん。平目の漬け丼がむちゃくちゃ有名ですね。意外と並んでない!と喜びいさんで車をパーキングに停めて戻りましたが、そう甘くはなかったです。だってね、朝6時から並ぶひとがいるくらいだもん、昼時に行ったって無駄無駄無駄なんでした。今日の分はとっくになくなり、今並んでいる人たちは相当早くに店に来て自分の分を確保し、今の今まで時間をつぶしながら待っていた方々なんですわ。

次回は苫小牧からのフェリーに乗って早朝襲撃しないと‼️

急遽食べログで調べ、洋風のものが食べたいよね?と目をつけたのがカレー。「BOUCHON礼」さんというお店ですが、席数はそこそこあるのにいっぱいですよ。


ダンナはビーフカレー(1100円)。想像したのとは全く違う豪華なお皿が運ばれてきて、みなと屋さんの平目丼を食べられなくて意気消沈していた気持ちが、途端にアゲアゲになりました。


私はエビカレー(1100円)。カレーに入れて煮るのではなく、一手間かけて衣をつけて揚げてある。小ぶりですが甘い海老で、尻尾までサクサクといただけます。ルーは上品で大変美味しい。これは地元に住んでいたら定期的に食べたくなる味だわ。


ペロリたいらげ、大満足。
2017
10.05

伝承園、常堅寺、カッパ淵

古い家屋を移築してある伝承園にきました。


母屋と厩(馬屋)がL字形に一体化しているので「曲り家」と呼ばれているとか。


棚に積んであるのは養蚕の道具かな。


懐かしい囲炉裏がある家。


ちょうど13時から、語り部さんによる遠野の民話が始まるという。タイミングよかったわ、普段は録音が流れているみたいなので。ところどころ方言が混ざるけどそれも味わい深く、どのお話も面白くてまったく飽きなかったです。


寝室には古い箪笥が置いてありました。当時のままの農作業に使うものや身の回りのものなど、いわゆる民具もたくさん展示がありましたわ。


御蚕天堂にはオシラサマを祀ってあり、集められた1000体以上ものオシラサマに圧倒されました。おしら様(おしらさま、お白様、オシラ様、オシラサマとも)は、日本の東北地方で信仰されている家の神。家の守り神であるとともに蚕の神様と考えられています。御神体の軸となる木の棒には、娘と馬の顔が彫られ2体で一対となっていて、毎年旧暦の1月16日に御神体を箱から取り出し花模様の衣をかぶせていくんですって。


この旧菊池家住宅は18世紀中頃までに建てられたものだそうで、1976年2月3日に国重要文化財に指定されたとか。貴重な建築物です。


伝承園の中には食堂があり、時間的に何か軽いもので済まそうと、ひっつみを頼みました。岩手のこのあたりで食べられているすいとんの一種ですが、これがとっても美味しかった‼️観光施設での食事だしね~と、期待していなかったので嬉しい驚き。


鶏ベースの澄んだスープはコクがあり、もちもちのひっつみの感触も最高。午後は肌寒かったけど身体が温まりました。


伝承園から徒歩で5分くらいの場所には、もうひとつの遠野の名所があります。歩いていたらホップ畑を見つけました。


緑の身がたくさんなっていますね。北海道だけでなく、青森県や秋田県、岩手県で栽培されているそうな。


先程聞いた民話にも登場した常堅寺さん。


なんて人間味のある仁王様。廃寺になったお寺から移されてきたものだとか。


寛保元年(1741年)にお寺が火事になった時に、前に命を助けたカッパがあらわれて消火に協力したそう。この時の住職・天石禅師が河童のように皿のある狛犬を作って、寺の鎮守にしたんですと。


お寺の裏手に歩いて行くと、そこがカッパ淵。想像していたよりもずっと小さな川でした。もっと渦巻くような流れや暗い淵がある川かと思ってました。


河童の足元にはきゅうりのお供え物が。


あたりは田んぼで、とてものどか。


「虫まつり」は、田畑の害虫を追いやって豊作を願う、毎年夏行われるお祭りで、遠野地方の伝承行事。「五穀豊穣」や「悪虫退散」と書かれたのぼりや馬の絵が描かれた旗を手に持って歌を歌い、太鼓をたたきながら田んぼのあぜ道などを練り歩き、神様を呼びこむのだそう。この馬の絵が描かれた旗は、馬の絵の版画に米の粉を水で溶いたものを付け、旗を田んぼに差すことで、馬に乗って神様に来てもらい、田んぼを守ってほしいとの願いを込めているのです。


さあ、そろそろ今夜の宿に向かいましょうか。
2017
10.04

ミッシェル、宮沢賢治記念館、卯子酉様

大沢温泉はいくつもの別館があります。翌朝は曲がり橋を渡って、菊水館の「南部の湯」に出かけました。曲がり橋のすぐ脇には、混浴風呂の「大沢の湯」があるのですが、距離が近いのでもう驚くほど丸見えで‼️


敷地内にある風情のある水車小屋です。


ダンナは「薬師の湯」に行ったのですが、どなたもいなかったので1枚撮らせていただいたそう。天井が高く、レトロな雰囲気のお風呂です。開放感がありますねえ。


正午までゆっくりできるプランでしたが、この日は遠野に寄って行く予定なので、 午前中に出発。しかし2人1部屋で5800円に加え、バスタオル2枚で200円、扇風機100円、入湯税580円を加えても合計6480円でしたから、お値打ちでしたわあ。5カ所の温泉も入り放題ですし。ここはリピート決定。
ブランチにと、花巻市内のパン屋さんに。石窯パン工房ミッシェルです。駐車場が広ーい。


人気商品だというローストポーク(330円)、タマゴサンド (240円)、エビチリ(220円)、エビグラタン (180円)、牛乳クリーム (130円)などを買いました。エビチリパンとかたまらん!!ここのパンは、私が好きな石窯パン工房ピープルの味に似てるなあ。お店のロゴもそっくりだけど、何か関係があるのかしら。


イートインスペースでは、麦茶・コンソメスープ・カルピス・コーヒーなどが無料でいただけるんですよ。


花巻といえば、宮沢賢治。せっかく近くに来たからには寄ってみたい。アニメになった銀河鉄道の夜は、彼の世界が繊細に再現されていて今でもとても好きな作品。


立ち寄る時間はなかったけど、宮沢賢治記念館には「山猫軒」がありました。ふふ、有名な本のセリフですよね。子どもの頃初めてこのお話を読んだとき、すごく怖かったっけなあ。


入口には、「猫の事務所」という作品をモチーフにした展示が。私はこのお話を読んだことがなかったけど、実は壮絶な職場いじめ&パワハラを描いたものでした。


館内には宮沢賢治というひとが興味を持っていたあれこれが展示されていて。宝物のように並んだ石の標本や古いレコードや楽器。もちろんコピーではありますが、直筆の原稿もありました。1番胸を打たれたのが「永訣の朝(えいけつのあさ)」という詩でした。あまりに白く、しみじみと静かな中で、亡くなろうとしている妹さんを見守る宮沢賢治の悲しみが心打ちます。


花巻から車を飛ばし、次の目的地は遠野。


ここは卯子酉様(うねどりさま)といって、遠野市の愛宕山の東麓にある神社です。


かつて一帯は大きな淵でそこに「淵の主」が住んでいて、その主に男女の縁を祈願すると不思議に叶叶ったそう。祠の前にある木々の枝に、左手だけで赤い布を結びつけることができたら、縁が結ばれると言われてます。


恋愛成就の神さまなんですが、薄暗い中赤い布が大量にぶら下がっている様子は、ちょっと異様な感じ。


いよいよ遠野に来たんだなあって実感します。
2017
10.03

大沢温泉を堪能

お部屋には館内図が置いてあり、それを指差しながらお風呂の場所などの説明を受けましたが、まるで迷路や!


実際に歩いて探検してみよう~と、繰り出しました。


1階奥にある共同炊事場は、窓もたくさんあって明るい。調理スペースも広いし、使いやすそう。


硬貨を入れて使うガスです。こんなん初めて見た~、むっちゃレトロだわ。


古い木造建築は味わいがあるなあと、しみじみ眺める。


館内は広いですが、掃除が行き届いて清潔です。つやつや光る廊下や、磨き込まれたてすり。


ひと風呂浴びて日が暮れると、正面玄関はますますフォトジェニックに。ひぐらしの声や川のせせらぎも耳に心地よい。


湯治場でありますが、こちらはレストラン併設していて便利なの。


「やはぎ」の店内はそこそこの広さ。浴衣姿で気軽に入れるところがよいです。


湯上りなもので、迷わずジョッキビール。あ~、染み渡る。


しっかりしたご飯類やお蕎麦もありますが、おつまみも豊富。枝豆、ゲソの唐揚げ、揚げ出し豆腐、焼き鳥なんかをとって、まったり過ごします。


このミニきゅうりで作ったオイキムチは、なんと「ご自由にどうぞ」なんですよ‼️妙にはまる味でおかわりいただいてしまいました。お会計は財布に優しい2581円でした。


お部屋に戻ると、ダンナは持参した日本酒を。私は売店に行って、スナック菓子やチョコレートなんかを買ってきまして、部屋飲みです。食材を持ち込んで滞在すれば、ここはえらいこと安くつきますね。
back-to-top