2019
12.31

台北はあと1時間で新年

日本はもうすぐ新年ですなあ。私は台北101の花火を見るため待機中です。日中の小雨も20時過ぎにはあがりまして、コートを着ていれば寒くていられないということもありません。


新年明けましておめでとうございます。
スポンサーサイト



2019
12.27

新しい洗濯機

Category: ■雑談
初めてドラム式洗濯機を買ったのは9年前。メーカーは今はなきサンヨーさんの。取扱説明書にはさんであった買った時のレシートを見ると、16万弱だったんだわ。電化製品は当たりはずれがあるけど、これは3年前からパッキンが不調だった。うまいこと蓋を閉めてやらないと、盛大に水が漏れて洗濯機の前が池になってしまうのだ。洗濯や乾燥機能に問題はなかったのでだましだまし使っていましたが、新しいゲストが来てこれじゃ困るだろうと、買い替えを決めました。
とはいえドラム式洗濯機、モノによっては40万を超えるお値段。ただ値札を眺めて帰ってくる日々でした。が、ある日家電量販店に行ってみると、展示品がお安くなっているじゃない。


32万するものが20万ならずいぶん安いなあと。問題はサイズで、横幅が73.5㎝もあるんですよね。これうちに入るのかしら?と、店に許可をもらって写真をパチリ。帰宅して調べると、横にして搬入すれば洗面所の入口はクリアできそう。洗濯機パンにもぎりぎり乗るサイズでした。でも念のため、価格の比較サイトで口コミを見てみましたら、こりゃ想像以上によくない。特にフルに使いたい乾燥がイマイチのようで。風アイロンって宣伝していた時から気になってたんだけど。。。


次に目を付けたのがPanasonicのもの。2019年の11月に発売になったばかりの機種は、以下の4つ。
NA-VX900AL(洗濯11 kg/乾燥6kg)  
NA-VX800AL(洗濯11 kg/乾燥6kg) 
NA-VX700AL(洗濯10 kg/乾燥6kg)  
NA-VX300AL(洗濯10 kg/乾燥6kg)
洗剤自動投入も、スマホで洗濯も私には不要!そして10㎏洗えれば充分なので、700か300でいいや。この2つの違いを調べてみたら、洗剤を泡状にする「泡洗浄」が多いか少ないかなの?泥汚れのできる子供がいる訳じゃなし、一番安い300でいいわ。シンプルな機能しかありませんが、内部の基本構造は900と変わらないだろうし。


買い替えしようとしている今の洗濯機よりも一回り小さいのもいいわ。店頭でのお値段は24万8000円(税込)とかなり予算オーバーですが、このお店のネット価格は22万4512円(税込)でした。どうにか20万くらいにならないかしら。比較サイトなら18万円台で出ていましたが、送料や搬入・取り付け、古い洗濯機の引き取りまで考えると、全部込みで交渉できるから店頭購入したい。



という訳で。。。この機種に絞って日々検索すること2週間。ある朝ついにネット価格が20万9800円までさがっているのを発見。夕方ダンナと待ち合わせて、店舗へ行きました。古い洗濯機のリサイクル料4120円、5年保証、ポイント1万円分と洗剤詰め合わせまでもらって21万ぽっきりにしてもらいました。翌日配送で早かったし、ポイント1万ついたことを考えれば、値段も当初の希望通りに(^^♪


※このブログを書いている今(2019年12月26日現在)を調べてみると、ネット価格が22万8800円に値上がりしていたので、いいタイミングで買えたかなと。
2019
12.25

クリスマスの贈り物

Category: ■雑談
12月24日のイブの朝、突然郵便屋さんが我が家をピンポンする。荷物が届く予定なんてないけどな?と思いながら玄関に出ると、なんとも巨大な箱。しかも外国からだわ。


差出はアメリカ、9月までうちにいた留学生のパパとママからでした。開けてみると箱にぎっしり詰まったものたち。


チョコレートはどれも大袋。
左は「Ghirardelli Chocolate Company(ギラデリ・チョコレート・カンパニー)」。イタリア人ショコラティエによって設立されたアメリカの代表的な老舗チョコレートブランドだそう。4種類のアソートでした。
真ん中の「Godiva(ゴディバ)」のはマスターピース ダーク ガナッシュハートという商品で個別包装されたチョコが415gも入ってます。ハートの形のダークチョコレートの中に濃厚なガナッシュ(生チョコ)入りだそう。
右はスイスのプレミアムチョコレートブランド、「Lindt(リンツ)」。5種のトリュフ(ミルク・ダーク・エクストラダーク・キャラメル・ホワイト)が入っていました。日本にもあちこちにお店がありますね、先日今うちにステイしているフランス人男子がお土産に買ってきてくれたので、初めて食べました。


私たちが珈琲を飲むのをご存じなのだろう、粉も入っていました。左はスタバの発祥の地の名を冠した「PIKE PLACE ROAST(パイクプレイスロースト)」 。右は「Peets Major Dickason's Blend(ピーツ コーヒー メジャー ディカソン ブレンド )」です。スターバックスの創設者は、カリフォルニアのバークレーにあるこちらのカフェでコーヒーを学んだんですって。日本にも2002年に上陸しましたが、撤退されてしまったそう。飲むのが楽しみ(^^♪


ママは植物が好きできれいにお庭を手入れし、家の改装も自分でやっちゃう、そして服や小物を作るのも上手だって聞いていました。今回わざわざ白猫の柄の生地を探して、こんな可愛らしいものを作って送ってくれました。


日本語に翻訳して添えてくれたカード(ブログではMちゃんって書いてたけど、ファーストネームだしもうアップしてもいいよね)。もう読んでいて涙が出ちゃって。


なんて嬉しくて、ありがたいことだろう!パパとママのあたたかい感謝の気持ちが伝わってきます。ホストファミリー始めてよかったなあと心の底から思ったことでした。クリスマス休暇で家に帰っているだろうから、ご両親に伝えてって、マディちゃんにメッセージを託しました。時差があるから、あちらはこれからクリスマスイブね。あなたたちファミリーがいつまでも幸せでありますように!
2019
12.24

結婚のあいさつ

Category: ■雑談
NHKの朝ドラで、ヒロインと彼氏が結婚の許しをお父さんにもらうべく日参する週。


何度足を運んでもかわされていたのですが、ついに条件付きで認めてもらえまして。やれやれです。


それと同じ日に、ウチの娘が付き合っているひとを連れてくることになってました。彼は新品のスーツを着て、私とダンナにそれぞれ手土産を持ってきてくれました。


もう何度かお会いしているのですけどね。歳は娘と1つしか違わないのですが、ダンナの前でも落ち着いていて話をし、しっかりした考えを持ったひと。娘を見る優しいまなざしを見て、このひとなら託せると思いました。お相手の家族のこと、どんな仕事をしているのか、2人の収入のこと、趣味やタバコや飲酒について、家事はできるのか、式はどうするのか、聞きたいことは山ほど。でもなんだか、そんなこともみな吹っ飛んでしまうほど、嬉しい瞬間でした。
2人が帰ったあと、しみじみと喜びをかみしめました。それにしても時が経つのはなんてあっという間なんだろう。ダンナは頂いたお酒をゆっくり味わっていました。


いいひとと出会えてよかったね、幸せだけじゃなく辛いことも2人で分かち合っていけますように。
2019
12.21

北海道の美味しいものたち

お友達がわざわざ買っておいてくれたもの。きのとやさんの本店(白石)で売っているこの「バームのかけら」は数量限定だそうで、調べたら開店前から並んで入手するよう。しっとりした食感が最高、今まで食べたどのバームクーヘンよりも美味しい!製造過程で出るきれはしだそうですが、なんとお値打ちなことよ。


まだ記憶に新しい平昌オリンピックでのカーリング女子の大活躍。彼女らがおやつをいただく「もぐもぐタイム」は癒しのひとときでした。チームの地元である北見市の銘菓「赤いサイロ」もくださったのだ。創業83年目の老舗菓子店、清月さんのチーズケーキなんですが、テレビで放送されてから注文が殺到。これ人気でいまだに買えないそうですよ。お土産として買う焼き菓子のレベルじゃないわ、美味しすぎる。


北海道が舞台だったから、NHKの朝ドラの「なつぞら」は見ていました。十勝の老舗菓子店である柳月さんは、ドラマに出てくる「雪月」と名前も似ていてモデルになった店だと言われてます。持たせてもらったものの3つめはこの「あんバタサン」でして、ドラマでは「おバタ餡サンド」として登場しています。バターの香りするクッキーとあんこの組み合わせにダンナはすっかりはまってました。


六花亭さんで買ったものは、2018年3月に北海道命名150年を記念して新発売された北加伊道(ほっかいどう)。パイとあんこのお菓子は以前お友達から送ってもらって以来、また食べたいなあと思ってました。カラフルでいろんな味が楽しめるチョコも買いました。パッション、マンゴー、ラズベリー、抹茶、メープル、紅茶味が各3枚入ってます。パッションとマンゴー味、好き(^^♪


ポテトチップスは初めて見たかも。しつこくなくて、シンプルな味でしたよ~。


美瑛の宿「給食室」でいただいた坊ちゃんカボチャ。帰ってから早速煮物にしてみた。ほくほくで甘くていつものやつとは別のものができて驚きです。


千歳空港内で買った出塚水産さんのかまぼこ。ほたほた揚げとカニマヨボールの2種類をば。帆立の貝柱をまるっと1個使ったこれ、少々お値段はするけど大好き。マヨネーズであえたズワイガニのほぐし身がたっぷり入ったカニの方もたまりません。


佐藤水産で買ったホッケ。どでかいサイズのを食べたかったの!!


オータムフェストの会場に出店していたFattoria Bioさん、盛り合わせの中にすごく美味しいチーズがあったから聞いてみたら、なんとテイクアウト可能でした。リコッタを塩漬けにして熟成させた「リコッタ・サラータ」。めっちゃミルキーでたまらん、1本食べちゃいたい。。。3000円弱しますのでなかなか気軽に買うのは難しいけど。


この紋別の貝柱ステーキもよかったわ。バターで焼いて、レモンをぎゅっと絞っていただくと最高です。


写真を撮っていないものも多くあるので、帰りの荷物は爆発寸前でする。いつものことながらね。
2019
12.19

最上級スイーツのあと空港へ

翌朝お友達に連れてきてもらったのはサッポロファクトリー。前に富良野で買ったグラスが割れてしまったので、かわりを買いたいなと思って。明治9年(1876年)に建設された開拓使麦酒醸造所をルーツとするサッポロビール工場跡地に作られたそうで、今でも工場時代のレンガ建築が残ってます。


あれ?ここ知ってるワタシ!「探偵はBARにいる3」でのクライマックス(北川景子が銃をぶっぱなすシーン)に出てきた場所だわ。アトリウムと呼ばれているこの場所に、2017年3月に撮影が行われたんだって。市長もゲスト出演するイベントに大勢の市民が集まっているという設定だったから、観覧客や見物する人たちみなエキストラで約2000人という大規模なものだったそう。


無事にガラスのジョッキを買った後は、六花亭の札幌本店へ。店舗は10階建てビルの1階にあります。


お買い物の前に、2階の喫茶室でお菓子を食べていくことに。季節のものや札幌本店だけの限定メニュー(ストロベリーパフェやショートケーキ)もあったりして、いつ来ても違うものが味わえまする。


私が頼んだ「冷製新栗ポタージュ450円」も本店限定メニューでした。栗の風味がまろやかなスープ。うわ~絶品や。この値段で並ばず気軽にこれが味わえるなんて。。。北海道のスイーツのレベルってほんとにすごい。いつも思うけど、道産のよい材料を使って作るあれこれにはホントかなわないな。


ダンナの頼んだこれは「さっぽろ植物園」(多分)。ふわっふわの軽い食感のレアチーズケーキに、栗とカラメルソースをかけたもの。


1階でお買い物をしましたが、空港には置いてない商品が数多くあり、六花亭の商品を持ち帰るならやはり直営店に来るのが正解ですね。
さて千歳空港、この三連休の時は台風が近づいており。。。夜遅くに羽田に帰る便を選んでいた私たちはJALに電話して空席のある早い便に振り替えてもらってました。早めに送ってもらったので、毎回長蛇の列ができているラーメン屋さん「えびそば一幻」に並んでみることにしました。45分くらい待ったかな、海老の出汁が濃厚ですごいんだけど、今後は並んでまでは食べなくていいかなというのが結論。


今年の7月26日に「白い恋人」でおなじみの石屋製菓が千歳空港内にオープンさせた「ISHIYA CAFÉ(イシヤカフェ)」にも行ってみました。店頭にはチョコの滝がありまして「新千歳空港の地下2000メートルにチョコレートの鉱脈が眠っていることが判明したものの、自動汲み上げシステムの調子が悪く手動での作業が必要」と書いてある(笑)。見ていたらコドモたちだけでなく、大人もせっせとポンプを押してました。


新千歳空港店限定だとお友達に教えてもらいました。通常の白い恋人の3倍サイズのラング・ド・シャに生チョコレートをサンドした「白い恋人生チョコサンド」。ラーメンでおなかいっぱいになってしまったので、私たちは挑戦しなかったけど。


そしてこのパンケーキ。ネットで動画を見たことあるわ。お席でフィルムを剥がすと、とろとろクリームがパンケーキ全体をぱふーーんと覆い、すごくきれいデス。


面白いと思ったのは、好きな写真をプリントできる白い恋人オリジナル缶。所要時間30分、白い恋人36枚入でお値段3,196円(税込)ですって。自分たちの旅行の思い出になりそう。


千歳→羽田間は、なんとか欠航はなかったようですが、機材遅れで遅延が著しかったよう。


あっという間の3日間だな~。北海道のあちこちを、何回にも分けて訪問していますが、次は2020年のGW。お初の釧路と根室、時間が許せば中標津あたりも行ってみるつもりです。
2019
12.17

「さっぽろ オータムフェスト」

旭川から札幌までは特急で1時間半。高速バスを使うと2時間半くらいかかるところですが、さすが早いですなあ。JRのサイトから「トクだ値」で予約すると45%オフになるというのをお友達から教えてもらいました。バスと値段変わらないならJR一択ですな!
お友達は札幌駅まで迎えに来てくれて、ご自宅にお邪魔する途中、佐藤水産へ。がっつりと水産物を買いましたわ。


車を置いて、再度大通り公園へ出陣。9月のオータムフェストに一度でいいから来てみたかったのです。男性陣は早速肉を買っているし(笑)。ラムステーキの串ですって。女子はいきなり和牛の肉寿司いってました~。


細長い公園は1~11丁目までいくつものゾーンに分けてあります。食べる場所も豊富で、座れないなんてこともないのがいい。


私たち、「大通公園7丁目BAR」へ落ち着きました。道産原料、道内醸造にこだわったワインや清酒をはじめ、クラフトビールから焼酎、果実カクテルなど、北海道産のお酒を一堂に並べている場所です。


これは途中の8丁目会場「ほっかいどう市場」で買った北見名物塩やきそばでする。ごろんと入ったホタテもさることながら、北見特産の玉ねぎの甘いこと甘いこと!


同じく8丁目会場で、紋別市ブースでは「道産本ずわいがに甲羅炭火焼」っていうのを売っており、1個1000円でしたが、迷わず買ってしまう。カニ味噌も入ってうまうまです。


愛してやまないファットリアビオ北海道のお店もここに出ています。


一番人気はこのカチョカヴァロステーキ700円だって。札幌に工房ができてすぐの頃、訪問して買いました。お友達のおうちで焼いて食べたっけな。完売になっていたメニューは東神楽産アスパラと北海道チーズ。ブッラータの生ハム添え1800円もありましたわ。大好きだけど、みんなで食べるには足りないし、ちょっといいお値段。


という訳でファットリアビオのオードブル2000円を買いました。いろいろな味をつまめます。


この会場で最も長い列ができているのは「NISEKO PIZZA」さん。みなさん期間限定(9月22日~9月29日)で出してるドラゴンピザ2200円がお目当てでしょうなあ。あいにくすでに売り切れでした。。。オータムフェストは開催期間が長いので、何度来ても楽しめるようメニューがどんどん変わるのですって。私はワインをおかわり~(^^♪


大きなけやきがいくつも立っているこの広場もいいねえ。夏は涼しい木陰ができるんでしょう。


オータムフェストは1次会なので、そろそろ会場をあとにします。


しかし道産のお酒がいっぱい並ぶ中、無限大に選べるおつまみに囲まれ、丸1日飲んで食べていられる場所ね。都内のイベントみたいにどの店も長蛇の列っていうこともなく、座る場所もバラエティにとんでおり、三連休でもこの程度の混雑なんてうらやましいわ。本当に夢のような場所でした。また9月に訪問することを誓いました。
2019
12.14

給食室に泊まる

美瑛のお宿は楽天トラベルで探したんだっけかな?その名も「給食室」です。Googleマップでのレビューもよくて、決めました。緑の中のかわいい外観の写真を撮るのを忘れていたので、サイトからお借りしました。


まだ夕食には時間もあるし、温泉を教えていただいたので、ホテルパークヒルズにひとっ走りしてきました。思っていたよりも距離はありましたが、北海道のひとは「10キロ10分」だからなあ。ほかほかになってご帰還です。


この日のお客は私たちともうおひとりだけ。いままで値段の張るレストランに行く時はともかく、民宿泊で食事のリクエストは入れたことなかったです。肉系のおかずが出たら、そっとダンナに食べてもらっていましたし。ところがオーナーさんは支度する前に苦手なものを聞いてくださいました。じゃあ今日は○○にしようねえ~とあっさりメニュー変更。人数が少なかったから対応してくださったのだと思いますが、申し訳ないやらありがたいやら。


元「給食のおばちゃん」だったオーナーさんは退職後こちらのお宿を始めたのですって。シーズン中だけこちらに来て過ごし、秋から春までは地元に帰っているのだそう。もともと山登りが好きで、あちこち旅をしていらっしゃる。元気で明るく、アクティブなお人柄にほれ込んだ旅人たちがたくさんリピーターになっているのだな。わかるわ~!!
この玉ねぎとマグロのカツ、すごく美味しかった。ほっくほくのカボチャの煮ものも忘れ難いです。ビールはセルフで取ってお金を入れておけばいいし、持ち込むのもまったく問題ないそう。ダンナ、さっそく旭川市内で買った日本酒を開けてました。


朝ごはんも手作りのものいっぱい。1泊2食で2人で1万2960円ですからありがたいわ。帰るときにお庭のミントを抜いて下さった。葉が枯れても東京に帰って植えたら根が付くからって。そして荷物にならないようにとこぶりのカボチャもひとつ。うちに帰っても味わえるのは嬉しいわ。本当に親戚の家に来たみたいでほっこりしました。


この日の予定では午前中は美瑛での写真撮影。農家の方のお邪魔にならないような場所を探しながら、あちこち移動。私有地(畑)に無断で立ち入るひとが多いのか、進入禁止の札を立てているのを多く見かけました。畑に踏み込んだ靴の裏の菌や病害虫が作物に感染してしまう可能性もあるし、禁止であるのにも関わらずドローンを飛ばしたり、撮影のために枝を折ったりするひとが相次いでいるとか。


道にたたずむ「V」の字。これはあるレストランへの道しるべです。2017年5月に発売された「ミシュランガイド北海道 2017」でイタリアンで星を取ったのは4軒のみ。そのうちの1軒なんですよね。


初回はちょうど美瑛訪問が定休日と重なってしまったためうかがえず、前回は予約開始日を調べていなかったため席が確保できなかった「VALORE」さん。行きたいと思ってGoogleマップに★を付けて以来、いったい何年越しか。

予約は開店一番の11時30分からで、スープ・前菜・選べるパスタ・デザートで2800円(税別)のランチコースをお願いしていました。残念ながらマナー違反するひとたちのせいで撮影禁止になってしまったので、美しいお料理はアップできまませんが。


食事のあと、14時の札幌行きに乗るべく、旭川駅に急ぎます。ガソリンを満タンにしてレンタカーを返却し、ホームに着いたのは10分前。途中大きな渋滞もなく、無事間に合ってほっとしました。

2019
12.11

美瑛の風景

旭川市内に向かっているときに、立ち寄った道の駅は「ひがしかわ 道草館」さん。シーズンには登山客の需要があるのでしょう、大きなモンベルの店舗もありました。ソフトクリームを買っているひとが多かったので、私も「きらり」コーン350円を買ってみた。


このソフトクリーム、上半分は甘さ濃厚な岩瀬牧場(砂川)のもの、下半分はあっさり系カウ&カーフ(江丹別)のものと、二層に分かれているんですって。1回で2度おいしいという。トッピングあお星さま型のパイです(^^♪
 

ゆでたてのとうもろこしも売っており、それが甘いのなんの。旭川に向かう車中できれいに食べてしまいました。


旭川市内で家電量販店に寄り、SDカード入手。せっかく美瑛に来たのに1枚も取れないんじゃ、何しに来たんだか。それから友人に教えてもらった日本酒の専門店2軒を訪問。1軒目は土井商店さん。真新しい建物で駐車場も広く、ワインやこだわりおつまみなんかも充実しています。


ダンナは2軒目の小川商店さんで、宿で飲む日本酒四合瓶を買ってました。


撮影できるような場所を探していたら、きれいな菜の花畑を見つけました。旭川空港に着陸するときもあちこちに黄色い場所が見えて、一体なんだろうねって話してたんです。


白樺の並木道と、見渡す限り畑が広がる景色がダイナミックだわ。


菜の花は、収穫が終わった畑に、肥料にするためにわざわざ種を撒くのだそう。秋に見られるとは思わなかったな。


空が広くて、深呼吸。眺めていて飽きない景色ねえ。


耕した畑の畝、土の濃淡がとてもきれいなのです。肉眼で見た方がずっと美しかった。


この大きな柏の木、昭和51年にセブンスターの箱にデザインされたというけど、どんなものだったかは覚えてないなあ。名所だけあって次々と観光バスが止まって、外国人観光客が記念撮影していました。


この日は夕陽が沈むまで、あちこちをロケハンして回ってました。そろそろ今日のお宿に向かいましょうかね。

2019
12.09

雪山散歩

ロープウェイの終点では天候はどんぐもり。


積雪があるので普通の靴では歩いて回るのは大変。。。と思ったら、長靴のレンタルしていました。


セルフサービスで、自分のサイズの長靴を棚から出して履いていく。中敷は交換しているようで、別に置いてありました。ボックスにお代を投入しましたです。


雪が踏み固められている場所ではよいのですが、溶けてしゃぶしゃぶになっているところも多かったです。


天気は悪いけど、1周約1時間というルートを回ってみます。


係のひとに「急な坂があるので、下るよりは登るルートの方がよい」とアドバイスされたので、コースを右回りで行くことにしました。ここは第5展望台にある姿見の池です。


旭岳は5~600年前に爆発して山頂部分が大きく崩落したそう。その窪地に水が溜まって池になっているのだな。


誰が作ったか雪だるま。外国人観光客のひとも多く、みなさんここで記念撮影されていましたわ。ここから山頂を目指すひともいました。


大雪山は火山。活発な噴気孔が数多くあって、過去には硫黄が採取されたみたい。


鏡池とすり鉢池という向き合っている2つの池は、夫婦池とも呼ばれている。ほんのちょっとだけ青空がのぞき、旭岳の山頂を拝むことができました。


幸い風がないので、まさに鏡に映ったみたい。すっきり晴れていたらどんなにか美しい光景だろうかと思うけど。


山頂駅に着くころにはすっかり雲に覆われ、またその姿を隠してしまいました。雪景色の中、唯一紅葉し始めていたナナカマド。


思ってたよりも寒くなく、長くつレンタルのおかげで足も濡れず、ちょうどいい散策になりました。さてそろそろ下界に戻りましょうか。
2019
12.05

大雪山へ行ったみた

9月の連休には北海道へ旅立ちました。お盆はどこにも行かなかったので。毎年狂ったような猛暑ですから、猫がいるうちは当分お盆休みに出かけるのは無理だねって話してます。シッターさんを頼んであるとはいえ、締め切った室内で万が一エアコンが故障したらと思うと、家を空けられませんもの。
羽田は混雑していました。サクララウンジもそこそこひとが入っています。空港のコンビニで買ったもので朝ごはんを。


旭川空港に着いたのは9時30分です。出口を出て左側にレンタカーのオフィスが並んでる。


同じ便で到着したひとが揃うまで待ち、送迎車で営業所に向かいます。小さな空港なんで歩いてもいける距離ですが。


ドライブ日和のいい天気!遠くの山には雪が見えます。


この先は大雪山の国立公園に入ります。目指す旭岳までは12キロ。


レンタカーの手続きをしていたのもあるけど、空港から意外と距離があり、着いたら11時を回ってました。さすが連休初日、駐車場はほぼ満車です。出発の支度をしながら、カメラをチェックしていたダンナが大慌て。なんとSDカードを持ってくるのを忘れてきたらしい。


9時の時点で気温5度。。。防寒対策はしてきましたが上は寒いのねえ。


往復3200円のチケットを買い、売店でSDカードが売っているかダメもとで聞いてみたのですが、無念の売り切れですって。「あほか!」って言いたいけど、一番がっかりしているのは本人だものね(-_-;)


終着駅である姿見駅は標高1600m。山を登らずとも、たった10分でそんな場所までたどり着けるなんてありがたいわ~。


ところどころで色づいている木々が見えますが、まだ早い感じね。


下界は晴れていましたが、山には雲がかかっています。


ライブカメラがあるので出発前から旭岳の様子をウォッチしていたのですが、2日前に雪が降りまして。これは平年よりも4日早いそうです。


雨にならないかな~と祈っていましたが、雪はしっかり積もってますね、絶望。。。


出発当日は晴れましたが、お山は真っ白デス。ロープウェイ乗り場では山頂に行くには冬山登山の装備がないと無理とアナウンスしていました。ライブカメラで見ていても、下界はあまりに天気がいいのでいささかピンとこないわ。


しかし日本一早いという紅葉を見に来たのに、ダメじゃんこれは。。。
2019
12.03

ニョロっと到来

Category: ■雑談
先日ふるさと納税したのが、早くも届きました。一番乗りは鹿児島県大崎町のうなぎです。ここはうなぎ養殖日本一の町らしい。稚魚からの養殖、加工までをすべて大崎町で行っているそうな。温暖な気候と、豊富な地下水の湧く土地柄が美味しいうなぎを育てるのに適しているのですね。


立派なサイズで嬉しい。1尾が最低でも140g確約、天然地下水で養殖された大きめのうなぎ。大きくて身がやわらかく、ほどよい脂の乗りが蒲焼きに最適なうえ、 4回焼いて4回タレづけをしてじっくり味を染みこませているとか。


こりゃいただくのが楽しみですわ。冷凍で90日持つので、好きなタイミングで食べられるのも助かりますね。
back-to-top