2012
07.19

ミシュラン掲載店の海外進出店


うちの子がやっぱり一番かわいい


2008年に、娘と南イタリアに旅した時、さすがに小学生連れじゃまずいだろうと

涙を飲んであきらめたミシュラン2ッ星の店がありました。

ソレント郊外にある、『Don Alfonso 1890 』さんです。


今回いろいろ飲食店を調べていたら、なんとマカオにそこの店が進出しているではないの!

海外初出店だそうだけど、これは興味がわいてきました。

同じホテルにはあのロブションも入っていますが、行かれた方のブログを読むにつけ

「ここはやめとこ」って思ってしまう感じ。。。それにロブションなら日本でもいけるしね~。


ホテル(グランドリスボア)HPからなんと日本語で予約可能です。

その日のうちに、予約確認メール来ましたぜ。

ご親切に、ランチコースの値段と、プリフィクス形式のメニューまで添付して。

ドレスコードはスマートカジュアル。男性のみ、長いスラックスと襟のある服というご指定付。

荷物が増えるが、致し方あるまい。

速攻、楽しみにしてます的メールを返して、終了。

楽しみ、楽しみ。


さて、検索にひっかかったいろんなブログを読んで、驚いたこと。

多分学生さんかと思うが、ジーンズでの入店はまだしも、値段の高さにびっくりして

アラカルト2品を同行者と2人で分け合ったって。若いんだし、間違えて入っちゃって、恥をかいたのは

今後の彼の人生で、決して無駄にならない体験だったと思うよ。少なくとも、私の娘が同じことしたら

そう言うだろう。

だけどね、その子の母ちゃんが、「オーナーが、オーダー後は一切テーブルに挨拶に来なかった。

なんて不親切な対応だろう」とか書くのはちがくない?


それと!デザートだけ食べることはできませんでしたと書いてたあなた、ここはカフェではないのよん。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/10-45829ed1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top