2016
01.18

JALファーストクラス(成田→ジャカルタ) 機内食

お食事のメニューをいただきましたが、実はもう決めてます。
ファーストクラスの機内食は事前予約できるのです。
私としては、絶対に食べられるお魚を押さえておきたくて。


お酒と一緒に出てきたお皿。
これは和食、洋食とも共通でした。
鮑やからすみ、生ハムとチーズなどの盛り合わせ。


ダンナは和食を選びました。
東京六本木「日本料理 龍吟」山本征治シェフ監修による献立です。
季節の小皿 五彩、ブリ大根、厚焼き玉子、ホタテとウニのヌタ和え
煮穴子の湯葉巻き、海老芋の鴨南蛮という豪華版。


お 椀を一口もらいましたが、素晴らしく美味しかった。
車海老の真蒸椀 蕪のすり流し仕立て


山陰から“松葉蟹”、カニ酢のゼリーと千枚漬けを散らして
燻したじゃが芋の冷製茶碗蒸し
白葱のスープとキャビア


台の物は厚切り和牛フィレ肉すき焼き、黒胡椒の香りの冬物語


白ご飯( ちりめん山椒)
新潟県南魚沼産コシヒカリを使用し、機内で炊きたてを用意してるって~。
留め椀、味噌汁、香の物

六本木ぷりん(デコポンと柚子、ココナッツの氷菓 お好みでグランマニエ)
※ダンナはこれを撮影し忘れました。。。
龍吟名物 ピスタチオ仕立ての松風


私は洋食を選択。
東京神谷町 "SUGALABO" 須賀洋介シェフ監修なので、興味津々だったの。
住所も電話番号も公開されてないし、紹介者がいないと食べに行くこともできないお店ですもん。
アミューズ・ブーシュとして。
生粒胡椒を効かせたフォアグラの一口最中。
最中に入ってるこういうのは神保町の傳さんで何度か食べているので
あまり目新しさは感じないかも。


アペタイザーは、北海道産帆立にしました。
小蕪とさっぱりとしたサラダ仕立てだそう。
機内でいただくことを考えれば、文句なし。
帆立はぷりっとローストされてるし、蕪のさわやかさと甘みがとてもよかった。


他の選択肢は
「キャビア スモークサーモンとジャガイモにのせて 香草ケッパーソース」
と「オマール海老 冬野菜に温かいビスクを注いで」でした。
機内で食べるキャビアっていうのに憧れていたから、キャビアにしようか
どうしようかむっちゃ悩みましたわ。

メインディッシュも3品から選択だったので
「銀鱈の西京焼きを冬大根の温かいヴルーテ」にしました。
あとは「国産牛ほほ肉 味わい深い 赤ワイン煮込み」と
「仏産うずら 茸ご飯を詰めたロースト」と2つともお肉だったから。


パン・ド・カンパーニュ、豆乳バターロール、メゾンカイザー特製パン
※パンの写真は忘れてしまったようでありませんでした。
お料理が始まる前に、こんなトレイも運ばれてきました。
ファーストクラスのバターはエシレなのね。


デザートは“SUGALABO モンブラン”
このあたりは揺れて揺れて、手ぶれの写真ばかり。かろうじてこの1枚を。
球体の中にモンブランが隠れてます~。


好きな時ににお願いできたようですが、結局頼まず終わったのが
「ケーク大納言“S”」。SUGALABO 須賀 洋介シェフとSUETOMI「末富」
山口 祥二氏がフランスと日本とのコラボレーションブランド「S」を立ち上げて。
バターをふんだんに使用した生地に丹波大納言と大徳寺納豆を練り込んだ、
風味豊かなパウンドケーキだったそうです。
ブログに載せたかったけど、体調がイマイチだったこともあり、こちらはギブ。

このほかにも、アラカルトとして↓のメニューですもん、食べきれません。
山菜のざるそば(うどん)、醤油らーめん
キッチン飛騨“ JAL特製ビーフ黒カレー”
チーズセレクション
各種チーズの取り合わせ、季節のフルーツ盛り合わせ
ショコラ(JAPAN AIRLINESオリジナル)など。
今回和洋のふたつのコースを比べてみたけど、龍吟の和食の圧勝かな。
これだけの量が出てる和食に対して、洋食はアミューズと前菜とメインだけ。
シャンパーニュにあわせたくて洋食にしましたが、ちょっと残念な感じでした。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top