2016
01.16

SS7のファーストクラスの席周り

普段は優先搭乗しても、乗るのはエコノミーとかビジネスとかだけど。
今日は誰もいない通路を堂々と左へ向かいます。


席に着いたらすぐにコートをお預かりしますと。
旅の最後にはリッツにも泊まるから、フォクシーのワンピ着てきましたが
コートまでは。。。油断しました(汗)
行き先は南国だしねえ、邪魔になるからたたんで持ち歩くようだし。

私たちの席は1のDとG。
仕切りをめいっぱい下げてもこんな感じ。
いまだかつてないほど、隣が遠いわあ。
置いてあるのはエアウィーヴの枕です。
2014年1月からファーストクラスに導入されたのは、片面が硬く、もう片面が柔らかい
「エアウィーヴ DUAL MODE JAL SKY SUITEファーストクラス仕様」だって。
搭乗者が好みや体格に合わせて硬さを選べるようにしてあるそうですが。


収納が多いなあ。
どこに何を入れたのか忘れてしまいそう。
ここに入っていたのは、確か機内からかけられる電話。


ブースの中はえらいこと広く、テーブルもモニターも手が届かないのだった。
モニターの横に置いてあるのが、スリッパ。
行きは使わず、そのまま旅行に持っていき、バリ島のタイルの床では
大変役に立ちました。


タッチパネル式のリモコン。


なんと、食事の注文までできるのですね。


周囲の不要な騒音を打ち消して、静かな環境で音楽などを楽しめる
ボーズのノイズキャンセリング・ヘッドホン。


これはJALファーストクラス専用仕様「QuietComfort® 25 headphones」(一般発売なし)で
ボーズの30年以上の研究から発明された独自テクノロジーによって劇的な静けさを提供するそう。


あちこち開けたり閉めたり、写真を撮ったり、「わお」と感嘆したりして忙しく(笑)。
落ち着いた頃合いを見計らって、客室乗務員の方がお持ちくださったシャンパーニュ。


最初に挨拶に来てくださった時に、「多分最初で最後のファーストクラスなのでいい記念
になります」って言ったら、写真を撮ってくださった。


さあ、これからジャカルタまで8時間のフライトです。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top