--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01.21

Yellow Flower cafe(イエロー・フラワー・カフェ)

バリ島の朝。
鳥のさえずりで一度目を覚ましましたが、さすがに起きられず。
7時過ぎにようやくベッドから出ました。
朝のテラス、陽が差しているわ。


ヨガも余裕でできそうな広さ(しないけど)。
外にもソファがあって、そこに座ってしばらくぼーっとしてました。
圧倒的な緑が、植物のいきおいを感じるのが気持ちいい。


8時過ぎてから、お宿の朝ごはん頼みました。
電話すると、部屋まで届けてくれます。


朝食メニューはいろいろ選べていいね。
ジャッフルというのはホットサンドのことで、私たちは2日間ともこれにしました。
特筆すべきはこのフルーツの盛りのよさ。
朝から贅沢だわあ、とっても甘くて美味しくて、体に染み渡ります。
ごはんを食べている間にバイク屋さんが来てしまい、ダンナが受け取りました。


これが届けられたバイク。
ホンダで、まだきれいな車体です。
事前に予約をしていました。
いささかくたびれてはいるものの、ヘルメット2個も料金に含まれます。
無料で申し込める雨具や救急キットは、実は「使うと有料」というやつだったわ。
約束とおり、ガソリンは満タンで配達されました。


私バイクのうしろに乗せてもらうの、生まれて初めて。
(ちゅーか、運転したこともない)
転んだら全身えらいことになるなあと、最初は緊張してました~。
まあでも昔バイク乗りだったダンナは、25年ぶりにしてはスムーズに走ってく。
着いた先はビンタンスーパー。
歩いていったら40分くらいはかかるところバイクなら5分で着くのねえ。


ビンタンにバイクを置き、まずはお散歩を。
ビンタンの手前に、石の階段があるので、そこを入っていきます。


バイクを置いていった理由はこれ。
この奥に進むには道がないからです。
用水路のふちをどんどん歩きます。
この辺は外国人の別荘が多いそうで、1棟レンタルの看板があちこちにあります。


要所要所にカフェへの道しるべがあり、迷うことはありません。
私の行きたかったお店へはこの黄色いお花が目印なの。


見晴らしのいい場所に出たわと思ったら、そこが目的地でした。
『イエロー・フラワー・カフェ』です。


この時期のバリは湿度が高く、すぐ汗ばむ感じ。
雨期なのでいつ雨になってもおかしくないですが。
このお店名物のエネルギースムージー39,000IDR。
カシューナッツ、ひまわりのたね、デーツ、バナナとカカオ豆なんかでできてる。
想像していたよりも濃厚で、成分のほとんどがバナナで、ちょっと全部は
飲めなかったです。


ダンナはコピ・ルアック39,000IDRを。
そう、ジャコウネコがコーヒーの実を食べて、その排泄された豆を使ったもの。
そうそう大量生産できるものではないので、出回っているものの相当数が
ニセモノではないかと思ってるけど。
香りも味がものすごく普通と違うってこともないそうだけど。


近くに住んでいて、毎日立ち寄ってる風の白人客が多かったですが
とにかく、雰囲気がのんびりしていていい。
お客も、お店のひとも、とても自然体なのだ。


休憩してから、もうちょっと奥まで散歩。
新しく建てていたヴィラの脇の小道は、こんなに素敵。
葉っぱをコンクリートにぺたぺたして、模様を描いてました。


もと来た道を引き返し。。。
行きは赤ちゃんを連れたひとが座っていてお金を乞われたのよね。
外国人が多く住んでる場所だからというのもあるだろうけど、こんな場所にも。
昔はまったく見なかったけど、増えたわねえ。
物乞いは職業で、赤ちゃんはレンタルだという話も聞いたことはあるけど
それでも海外旅行に来られる私たちは、現地のひとに比べ恵まれている。
小さい額のお札をダンナから渡しました。


ビンタンスーパーに戻ったよ。


今日はお土産をここで買ってしまおうと思います。
事前に調べて、何を買うか決めてました。


バイクで来たのに結構がっつり買いましたが、結局あとで買い足すようでしたわ。
多めに買っといて困ることはないからねえ。
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。