2016
01.22

sisiバッグ、アンジェロストア、マデ・ロイ

ビンタンから王宮前に戻り、今度はハノマン通りを下ってく。
いつからかは知らないけど、ハノマンがココマートに向けて、モンキーフォレスト通りが
市場に向けて、それぞれ一方通行になったそうな。
車のみだそうだけど、バイクも逆行するのは実質無理でしょ。
こんなところまで渋滞かよって絶望的な気持ちになるほど、道路は混んでる。
狭い道を車がぎっしり列をなし、その隙間をバイクが大量にすり抜けていく状況で
ダンナは相当神経を使ったらしい。
歩道だろうと、何だろうと、おかまいなくバイクは突っ込んでくるからね。

目的地は初めて行くプンゴセカン。
ここには「アラムセンポール」も入ってて、一度に買い物済ませられる。
バリ島東部のスンキドゥ村で、ナチュラルバス&アロマグッズの製品を全て手作り
している工房なの。
ココナッツオイル、パームオイル、ピュアエッセンシャルオイル、オーガニックハーブ
など、インドネシアの天然資源を生かして作られてるんだそう。

アラムセンポールで石けんをいくつか買ったあと、寄ったのがこちらsisiさん。


店内ひろーーい。
ウブドの中心地にある店よりもずっと商品多いみたい?
写真をLINEして、友人に欲しいものを聞いていいか尋ねると
日本人のオーナーさんかな?お店にいた男性が「みなさんそうしてますよ」と。


炎天下だったので、出して頂いたお茶が大変有り難かったのですが
私の目にはもはやsisiのバッグしか見えてない状態。


ああ、ありとあらゆる柄、サイズ。
選択肢がありすぎて目が回るよお。
しかも通販サイトのように、「sold out」は絶対にないのだった。
お店にあるもの、みーーーんな片っ端からおうちに連れて帰りたい!


ふかふか素材を使ってあって、かわいいな。


これは送ったら、娘が「欲しい!」と即答したやつ。
台北は迪化街の永楽市場にこういうの沢山あるよねえ。
sisiのバッグはとにかく軽くて、かけてる感じがしないほど。
一度使うと病みつきよ。
どんどん新作が出てるし、好きなひとはさぞかし数を持っているでしょう。


こちらの店舗では日本円もカードも使えます。
近くには最近引っ越してきた影武者さんもあるので、食事がてら足を
のばすのもいいです。ここから奥はそうそう混雑しないみたいなので。
最近のウブドの渋滞は本当にひどいという話になりまして。
離れたところに駐車場を作って、中心へは送迎バス以外の乗り入れを禁じる
とか、そういう案まで出ているそうだけど。

かくいう私たちも、あの渋滞なしで滞在できる場所でなければもう泊まる
気がしないねってことで意見が一致しました。
ビンタンの裏あたり、あのへんはレストランやスパもそこそこあって静かで
しかもスーパーあるから便利だなあ。。。と次回を考えたりして。

次はやはり自然派コスメとか石けんの店、Angelo Store (アンジェロストア)へ。
ここ商品数多いなあ。
みっちり見てるとあっという間に時間がたちそう。


お茶をごちそうになりながら、最終的に買ったのはローズウォーターです。
8ヶ月かけて抽出するってどこかで読んだから。
ここのオーナーは、あのウタマスパイスのひとらしいわ。


次は王宮横のJl.suweta(ジャラン スウェタ)をどんどん北上したところに
あるNadis Herbal(ナディス・ハーバル) へ向かったのですが、お店は見つからず。
閉まっていたのかなあ?
こちらは同じくオーガニックとナチュラルコスメ類の店。
アンジェロストアをやってるのは弟さんで、こちらはお姉さんの経営だそう。
石けん買いたかったなあ、残念だなあ。。。


気を取り直し、そろそろおなかもすいたので、テイクアウトすることに。
JL.Sukma(スクマ通り)にあるWarung Makan Made Roy (ワルン・マカン マデロイ)へ。


肉もあるかな?と思ったけど、サテのメニューはイカン(魚)のみでした。
20本で30,000IDRです。
おっちゃんがせっせとサテを作製してました。


近所のココストアでビールやなんかも買ったので、宿に帰って一休み。
魚サテはちょっとピリ辛ですね。
スパイスもたくさん入っていて、ビールのお供にはよいです。


バイクの移動は早くて楽だけど、直射日光にあたるので、あとから結構疲労が来る。
軽く食べたあと、ふたりで夕方まで爆睡でした。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top