2016
02.08

Ritz-Carlton Jakarta Pacific Place(カクテルタイム編)

Category: ├ホテル
カクテルタイムは、普通2時間くらいが平均だと思うけど、ここでは17時~21時。
4時間もお酒と軽食がいただけます。
旅行最後の夜、外はもうトワイライトタイムですね。


おつまみを取ってきたところ。
このスモークサーモンは、一体どこから仕入れてるんだ!と思うほどすごかった。
生臭いし、しょっぱいし、これはいかがなものか。


ダンナはジョニ赤を炭酸で割ったハイボールを飲んでます。
ドリンク類は言えば、持ってきてくれます。


スパークリングはニュージーランド産。
Sacred Hill Sparkling Brut Cuvée (デ ボルトリ セークレッド ヒル)。
イスラムの国だけあって、お酒類はリッツですらこのレベルですわ。


お寿司類、巻物もでてましたが、微妙なんだな~。


サンドイッチの方がまだしもです。
おつまみ類はお肉類が多かったわ。


なんというか、いろいろあるのだけど、どれも美味しくない(笑)。


唯一、お代わりしたのはこれ。
マンゴー、タピオカ、ポメロを使ったスイーツ「楊枝甘露」です。
これ、香港でもよく食べる。
果物たっぷりでさっぱりしていて食べやすいから。
うるさいことをいえば、タピオカの戻し方がだめだめで、アルデンテでしたけど。


軽く食べただけで、お部屋に引き上げたわたしたち。
明日は朝早いからねえ。
お風呂に入ってくつろごうっと。
部屋からの眺めは、すっかり夜景に変わってました。


お部屋は照明とともに、すっかりナイトバージョン。
ベッドはターンダウンされており、枕元にはチョコレートとお水が用意してあります。


「そっちの枕元にもあると思ったんだもん」と、ダンナにチョコを食べられてしまった。
ちぇっ、見つけてすぐ食べちゃうとか女子かよ!


ナイトキャップを楽しめるよう、氷も用意されていました。
ターンダウンの時に、アイスペールに氷が入ってるのって、あまりないかも。
そういうところのサービスと気配りは素晴らしいのです。


靴磨きのサービスもあり、夜のうちにお願いすれば、朝7時に受け取れるって。
残念ながら、今回は無理~。


だって、翌朝ホテルを出発するのは朝4時。
モーニングコールは2時30分だよ(笑)。
JALもなんでこんな早朝に飛行機出発させるのだろう。
ああ、早く寝よっと。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top