2016
03.19

車中泊といふものを、私もしてみむとてするなり

レンタカーを借りて、どこかへ行くの大好き。
お天気も関係なく、車内は快適な温度で、好きな曲をかけて好きなものを食べて。
身内だけの空間なので、気楽この上なし。
電車やバスを乗り継ぐ面倒さもなく、座ったままどこへでも行けちゃう。
何かを調べているときに、たまたまそれを拾ったの。
テントを張って泊まるオートキャンプとは違う、車の中で寝る車中泊というものを。
宿代を節約するとか、早朝から行動したいからとか(釣りや登山や)
ひとによって理由はさまざまだろうけど、私は単純に「楽しそう!」と思ったの。
調べたら、「カーネル」(CAR寝る、ですな♪)という季刊の専門誌まで出てるじゃない。


車のCMでも明らかに車中泊を意識したものがタイムリーに放送されてさ。
もともと趣味のために車中泊をするひと以外にも、家族で出かけているひとや
子供が独立した後の時間を夫婦で過ごすひとたちのブログのなんて多いことか。
特に男性、車に手を入れて驚くような改造や工夫を凝らしている。
いいなあ、こんな車なら、車中泊も快適そうだなあ。
でね。
GWの四国一周を車中泊してみない?とダンナに持ちかけてみたの。
ダンナ、大反対(爆)
車内で寝るなんて、疲れも取れないし、絶対絶対に無理と断られる。。。
初めてもちかけてみたのが、まだ去年のうち。
何度か話をしてみるうちに(否反応はあるものの、私のしつこさに根負けしたのか)
旅行の間の2~3泊ならいいというところまで折れてくれた。

私はいろいろ調べてみたわ。
自家用車ならともかく、旅行はレンタカーだから、いじることはできない。
どの車がフルフラットになって、ふたりが並んで寝られるスペースが取れるか。
最低でも1800㎝の奥行きは欲しい。
マットを用意するといっても、あまりに凹凸があるシートでは寝るのは難しい。
そりゃあ広さからすればハイエースに勝るものはないけど、車を借りる予算もあるし。
車種をいくつか絞って探してみたけど、ここで一番の難問にぶつかりまして。
ほとんどのレンタカー屋さんでは、車種の指定が不可能だということ。
指定できなきゃ、車中泊そのものがNGってことじゃない。
目が充血するまで調べて、ようやく見つけたのがワンズレンタカーさん。
店舗ごとに置いている車が全然違うので、予約時に車種を指定して選べるのだ!
ターゲットにしたのは2代目のイプサム。
車高はちと低いが、寝るだけなら全然問題ないでしょう。
「2列目・3列目シートを倒すことで、最前列のシートの位置を動かさずに1200
x2000mmのセミダブルマットレスを敷くことができる」ってすごくない?


好きな場所にとめてきれいな景色を眺めたり、早朝目覚めてコーヒーを淹れる。
楽しくなきゃ、こんなに車中泊を楽しんでいるひとがいる訳ないわ。
だから試してみよう?それでダメだったら今回だけで終わればいいじゃないって。
せっかく楽しいかもしれないことを、やってみもしないで敬遠するのはもったいない
と私は常々思っているんだケド。

でも、友人夫婦や同僚に「車中泊をしたいんだよね!」って話すと、みな一様に
「ええっ、絶対にやだ」って言う(笑)。
GW終わったあとは、私も「車中泊、次はないわ~」って思ってるのかな。
「意外と楽しかったね、また行こうね」ってふたりで言ってたらいいな。

出発まであと1ヶ月少々となりまして。
9日間の旅行はルートも決まって、大体こんな場所をまわろうと。
こんな機会じゃないとなかなか行けない鞆の浦や尾道もつっこんでしまったので
四国はきれいに一周というわけにはいかなかったけど。


持ち物の準備もあるから、いま私のアマゾンの欲しいものリストには、ランタン
やらバーナーやら銀マットやらでいっぱい。
また次に生かす気満々だもん~♪
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top