2016
03.10

Paul & Joe Sisterの盗作騒ぎ

Category: ■雑談
猫刺繍でむっちゃ有名になったhirokoさん。
私が知った時はすでに遅く、新規のオーダーは一切受け付けていなかったわ。
ダンナがとっても愛してだけど、虹の橋を渡ってしまったサヴァのシャツを作ってあげたら
どんなに喜ぶだろうと、私は諦めきれずに「hirokoさんに作ってもらえる権利が当たる」
申込券がついた本を買ってしまったくらいだ。

hirokoさんが盗作された件について書かれたご本人のブログを読んだけど
Paul & Joeはずいぶんと思う。
仕事柄、同じような案件は何回か経験しているけど、無断使用した側の対応は
本当にいろいろですわ。
対企業ならともかく、個人の言い分なんてまともに取り合わないのね。
ひとつの作品を生み出すために費やした時間や、努力や工夫、作品に対する愛情や。
そういうものを一切無視して、アイデアだけをかすめとるって言語道断だ。
幸いつい先日訴訟中だったのが和解になり、一応解決したらしいけど。
訴訟に踏み切られる前に商品回収&販売停止デショ!と思うよ。

というニュースをなぜ知ったかというと、偶然「Paul & Joe」 を検索していたから。
猫のマグカップを買い、過去にも出ているならどんな柄かなあ?
ヤフオクに出てるかなあ?と調べていたのよね。
で、盗作騒ぎをニュースで知り、「げげっ」って思って。


とはいえ、カップに罪はない。
早速勤務先に持っていって使ってますわ。
(これも誰かの作品のパクリではないことを願いつつ。。。)


それまで愛用してたカップは自宅に引き上げてきました。
分厚いがためカップの保管場所でやたら面積をとっていたのと、欠けやすい素材だったので
どきどきだったから。
今はおうちでスタンバイ中です。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top