2016
03.23

四国のために、まずソウルから日本へ

GWに四国へ行くのに、JALの特典航空券を使う。
ソウルループを続けているひとも多いだろうけど、我が家は最近ほぼ単発だわ。
国内線区間を使うには、まず「ソウル→日本」の国際線部分から使い始めなきゃ。
往路の「日本→ソウル」のために、片道航空券を買う。

今回はピーチを選択してみました。
仕事終えて、一度自宅に帰り、ごはんを済ませ、着替えて荷造り。
終電で羽田空港に向かえば、ちょうどいい感じの時間帯の到着です。
空港使用料を含め、29,900円也。



一番安い料金(ハッピーピーチ)だと、10kgまでの機内持ち込み手荷物は無料だけど
受託手荷物は有料。
あらま、韓国からの帰り道には絶対に使えないわ、液体は機内に持ち込めないから
キムチもマッコリも持ち帰れないもの。
座席指定は有料、フライトの日付や時間変更も有料というのが安さの理由。

あ、このまま決済に進むと、「支払手数料」なるものが徴収され、880円
プラスになりました。
最終的にひとり約15,400円ですね。



完了後、バーコードと予約番号が送られてきて、おしまい。
予約は、2014年11月に乗ったチェジュよりも、エアアジアよりもわかりやすい。



本当は、この3月の三連休に往復したかったのだけど、3月20日復路のキャンセル
待ち
が落ちてきたのが、前日3月19日ですよ。
電話連絡はまったくない上、昼になってHPをチェックしたら、この表示だもんなあ。
今からソウルに旅立てってか。。。んで1泊して帰れってか。。。無理。
脱力して、JALに不要な旨の電話連絡を入れました。
復路便を確保した上で、希望便が落ちてきたのなら、嬉しいのですがねえ。


KRWも前のようにはお得ではないし、韓国とのいろいろが言われますが
それでもJALの特典航空券の空席はないわよ~。
日韓線、有償では三連休でもまだ余裕がある便もあったのとは対照的ね。

正直沖縄や千歳ではなく、四国あたりなら、先特を往復で買うのと値段的には
かわらないかも。
「日本→ソウル」はLCCとはいえ買わないといけないし、特典航空券を発券すると
サーチャージや空港使用料なんかもかかるから。
でも、同じ値段でソウル旅行に国内線がついてくると思うと、お得感があるじゃない。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top