2013
02.02

8月12日(日) その3 台南(安平 前編)

台南の駅は大きいですが、なんだか昔懐かしい感じ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

今日のホテルは駅から歩けたはず。

台湾の建物は1階部分が歩道になっていて、雨の日や日射しの強い時はすごく助かる。

とはいえ、スーツケースをガラガラしながらのホテルまでの道は長く感じたなあ。

振り返るとすぐそこに駅舎が見えていて、荷物がなければ徒歩5分もかからないのに。


台南駅のまわりにもホテルはあったんだけど、大人3人で検索した時に

ひっかからなかったんだよね。アジア圏では大人3人の宿泊って、本当に面倒。

大都市なら、ヒルトンやSPGやらで一発予約できるものを。

本当に駅の近所でなければ、タクシー使える距離の方がかえって楽だった。。。教訓。


チェックインすると、フロントのひとはみなさん日本語おできになる。

気持ちいい対応だったので、調子こいて言葉を訳してもらいました。

あとでタクシーの運ちゃんに見せるためのひとことなどを。


荷物を置いて、少し離れた安平の街に早速でかけましょう。まだまだ陽は高いし。
場所が不便と書いてあった豆腐スイーツのお店にGO!


うちの子がやっぱり一番かわいい

着いてみて仰天したことには、道路大渋滞。車、路駐しまくり。

テイクアウトのひとも大勢いるけど、店内で食べるひともこれまた沢山。

すっごい人気の店なのねえ。道路1本渡るだけで、えらいこと難儀したわ。

この時のためにホテルのひとに書いてもらった台湾語を見せ、運転手さんにはしばし

待っていてもらうことに。

台湾到着2日目ともなると、行きたい場所や欲しいものは漢字で書いて見せれば

双方にとって楽チンであることを学習する。

娘はテーブルの場所取りに走り、私は食べたいものを手帳に書き、ダンナはお財布係

(ひまな時間はカメラも担当)。

たくさんひとが並んでいたけど、ブツがブツだけに回転は早いので、座る場所は

すぐに確保できます。


豆腐自体に種類があったり、蜜の味(レモンや黒蜜)やトッピング(あんこやタピオカ)など

組み合わせはかなりあるかも。

人数分3種類別々に攻めてみたわ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

うちの子がやっぱり一番かわいい

お豆腐のなめらかさと甘すぎない蜜でつるんつるんと気持ちよく入っていきますねえ。

あっつい国ならではのデザートかも。喉ごし命。

台南市内のデパートにも出店しているほか、なんと高雄までのデリバリーもあるそう。


待っていてくれた運転手さんに次に連れてってと頼んだのは、蝦巻のお店。

ここからは歩いてまわるつもりなので、タクシーを降りました。


うちの子がやっぱり一番かわいい


ここはまるでマックみたい。カウンターでオーダーを取り、あとは自分でお料理を運ぶ式。


普通のレストランに3人で入ったら、さすがに蝦巻きだけ頼むのは気が引けるけど

これだと気楽やな~。さくさくの衣に包まれたたっぷりの海老。


うちの子がやっぱり一番かわいい

熱々はたまらなく癖になるらしく、大勢のひとが並んでいます。

オーダーが追いつかなくて、次々揚がるものがあっという間にはけてしまう感じ。

今日が日曜日だからっていうのもあるでしょうが。

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/109-58b4b77f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top