2016
04.27

KALラウンジ@金浦空港

タクシーで5時にホテルを出ましたが、到着したのは5時33分。
JALのカウンターは6時からオープンなので、しばしウエイティングですな。
この時間なら30分あれば余裕で着くだろうと思っていたのですが
フロントのお姉さんが余裕を持った方がいいですよと、1時間前に手配して
くれたのだった。
まま、時間が余るのは、足りないよりもいいに決まってる。
でもあと30分寝られたよなあと、ぷち二日酔いの頭が不満を言うんだわ。

JGCの恩恵で、ビジネスクラスのカウンターでチェックイン。
ここで忘れずに、頼まれたお化粧品を預けました。
(ホントにありがたいことに専用段ボールに詰めてくれるのだった)

金浦空港のラウンジはKALです。
朝のオープンはチェックインカウンターがあいたあとの、6時15分から。
いっつも不便だなあって思うけど、ここのラウンジはイミグレを通る前にあるのです。
「○○分くらいにはイミグレに向かってくださいね」とは言われるものの
ラウンジ内では混雑状況もわからないし、いまひとつ落ち着かないのである。


これは仁川空港とほぼ同じ揃えですね。


お馴染み辛ラーメンの他に、もう1種類。


乾きもの少々と、チーズとケーキなど。
仁川ではスープやサラダ、パスタなどがあったので、できれば汁物が飲みたかった
私は大いに期待したんだけど、時間のせいか置いていませんでした。


ビールもありますが、無理無理。
さすがのダンナもお酒には手を伸ばしませんでしたわ。
瓶に入ったトマトジュースがえらいこと美味しく体に染み渡り、これを飲んだら
ちょっとだけ食欲が出てきました。
で、ダンナと辛ラーメンでない方を半分こしました。
やっぱ汁は最強のヘジャンクク(酔い覚まし)ですなあ。


ホテルを出た時は雨が降っていましたが、そろそろやみそうな雲行き。
これから搭乗です~。


事前にメニューを調べたら、チーズオムレツとのことだったので、そのまま
通常の機内食をもらいました。
卵は全部は食べられなかったけど。


この日はえらいこと強風で、途中も揺れましたわ。
サービスも短時間で終わりになって、食事のトレイの回収がものすごく早かった。
羽田に着く直前は風にあおられているなあというのが乗っている私でも
すごくわかって、どきどきしました。
この日はダイバート(目的地変更)が相次ぎ、空の便はかなり乱れたよう。
ちゃんと羽田に降りられてよかったなあ。
朝イチだったのがラッキーだったのかもしれません。

さて、おうち用に買ったのはダシダ。
最近はNO MSG(無化調)のものを選んで買ってます。
通常のものにくらべると倍近いお値段します(といっても1袋5500KRW)。
開封するとすぐに湿気ちゃうので、今度からは容器に移し替え、スプーンを
いれて冷蔵庫に保存しようと思います。


東村の高さん、ジオンさんからのお土産。
雨の中、わざわざ買いに行ってくれたものです。


重さから「多分そうだろう」と思ってはいましたが、やはり餅でした。
仁寺洞は餅屋さんがいくつもあり、この手の高級な贈答用を扱ってる店も
見たことあるわ。
確か素敵なカフェなんかをやってる店もあったはず。。。前に行ったなあと思って
検索してみたら、ビンゴだった。
店名は「ピジュン(빚은)」で、頂戴したこのお餅は「チャルッ」って言うみたい。


その日に作られた新鮮なもののみを販売しており、国内産の餅米にこだわり
添加物などは使っていないんだって。
早速ひとついただいてみましたが、中には木の実などが使われていて甘くないの。
大変美味しいお餅でした。

が、この量!
2~3日もすると固くなり、あまつさえカビが生えてきちゃうのを前回知りましたので
勤務先に持っていって食べてもらうしかないと思っていましたら。
手書きのこんなメモが入っていたのです。


なあんだ、冷凍保存ができるのですね!
さっそく自宅用に少し取り分けて冷凍しちゃいましたわ。
2016年4月の1泊韓国はこれにて終了です、次は8月に行く予定。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top