2016
05.27

サイバラ電車、ウエルカムホテル高知

ホテルのパーキングに車をとめて、わたしたちはひた走る。
目指すははりまや橋だけど、目的は観光ではない。
しかも絶対、時間厳守なんである。
もうだめかとあきらめかけたその時、奇跡的に信号が青になった!
それ走れ~と猛ダッシュし、停留所に駆け込んだわ。

きた、きた、きたーーー!


私たちが、つかまえようと待ちかまえていたのは「サイバラ電車」です。
高知県出身の漫画家・西原理恵子さんが「ふるさと高知にサイバラ仕様の電車を走らせて
観光PRに貢献しよう!」という「週刊SPA!」の企画だそう。
2016年3月7日より1年間限定で運行というから、それに遭遇できた私はラッキー♪
もともとはダンナが拾ってきたネタなのですが、この時ばかりは「グッジョブ!」と思った。

とさでん交通の電車輸送課 ☎ 088-833-7121に電話すると
どこで何時に乗りたいかを聞かれ、サイバラ電車が通過する時間を教えてくれます。


香港のトラム並みに古い路面電車です。


路線は意外と長いけど、この時飛び乗った電車は途中止まり。
折り返しの駅でしばらく止まっていたので、思う存分撮影ができました。


バスラッピングの資金はクラウドファンディングで調達。
目標金額が6,480,000円だったところ、1週間でクリア。
締め切るまでには8,962,480円集まったというからさすが~。


今回の旅行でもっとも気に入った高知県。
高知弁もいいねえ。


「ごめん」行きの電車も撮影できました。
「後免」という地名があるんですねえ。


JALのラッピング電車にも遭遇しました。
こりゃ嬉しいわい。


パーキングjに停めた車から、必要な荷物をおろし、ホテルにチェックインしました。
この旅始まって以来、お初のホテル泊です。
ここのホテルは専用駐車場はありませんが、近隣3ヶ所のコインパーキングが
指定されていて、ホテルのスタンプがあれば割引になるのです。
出入り自由じゃないのが玉に瑕だけど、今日はもうどこにも行かないからいいわ。


ウェルカムドリンクをいただけるとのことでありがたや。
ダンナも私も、もちろんビールです。
お隣で同時にチェックインされていた同世代のご夫婦もやっぱりビールでした。
おつまみもついてきま~す。


じゃらんからの予約、ツイン禁煙ルームで税込7800円でした。


Wi-Fi無料だし、テレビも大きくて見やすいし。
窓から下を見下ろすと朝市の通りです。
立地がすごくいい割に、安いなあ。GWなのにねえ。


使い捨てスリッパも置いてあり、これは嬉しい。
スーツケースを置いておけるバゲージラックもありまして。
荷物が取り出しやすいわ。


建物の外見はそう新しく見えませんが、リノベーションされたのでしょうね。
水回りも清潔できれいです。


朝早かったから疲れちゃった。
2泊続けて車中泊だったし。
夜の高知市内に出かける前に、ひとねむりして鋭気を養いますかね。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top