2016
07.23

千葉バスツアー

Category: ├国内小旅行
HISで興味ある場所が満載のツアーを見つける。
団体行動はだるいけど、移動中にお酒を飲めたりするのはいいよねー。


当日はあいにくの空模様でしたが、渋滞はなし。東京駅から川崎経由でアクアラインに入りました。
海ほたるではゴジラの新作映画のロケ地になった記念にいろいろ展示物がありました。


「監督くん」の監督作品なんで、ダンナは見に行きたいそうだ。
サインなんかもあったわ。


ツアーは11時出発で、朝ごはんを食べてない私たちはお腹ぺこぺこ。
人気ナンバーワンだというあさりのたこ焼き(というのかな?)を食べました。
海ほたる価格ではありますが、なかなか他では食べる機会のないあさり入り。


アクアラインをすいすい渡り、あっと言う間に木更津着です。
それから有料道路を館山に向けて走り、着いたのは普門院船形山大福寺、通称「崖観音」と呼ばれるお寺さん。


高台からの眺めがよいとのことでしたが、私たちが訪問した時はお寺の都合(改修工事?)であがれませんでした。


事前に分かっていたのに当日知らせるのはおかしいと、ガイドさんに食ってかかっている男性がおり、あまりにネチネチとした物言いに思わず見てしまいましたが、アレなんなの。
こんな土砂降りじゃ、どっちみちなんも見えないと思うけどね。

さてお昼ゴハンは、海鮮食べ放題なんです。
牡蠣、サザエ、ハマグリなどは生簀に入って生きてます。
南房総市富浦町にあります南房総道楽園内「海女小屋」さんです。


サザエは苦手なんで、ホタテやハマグリを焼いてみました。
はまぐりは時間がかかるし、ひっくりかえしたり醤油をかけたり忙しいですが、ホタテはらくちんなのだ。


その他に海鮮丼なんかも作れて、ボタンを押すと希望の量の酢飯が落ちてくるマシーンがありました。
へー、へー、へー。


ダンナはこんなてんこ盛りの海鮮丼を作成しており、ペロリと平らげておりました。
マグロとサーモンはまあまあでしたわ。


野菜やお肉、ウィンナーなどもあり、中でもパイナップルパイナップル甘くて美味しかったなあ。
ソフトドリンクも機械式のやつで飲み放題、食べられるひとは少数だと思うけど、ごはんと卵で雑炊なんかも作れるそうです。


前の週に勝浦で食べた担々麺は、商品化されているのねえ。
昼ごはんを食べた場所には、大きな魚屋さんがあったり、千葉のお土産品を買える店があったり。


食べ放題で満腹のあとですが、次はブルーベリー狩りに向かいます。


雨はいよいよ激しくなり、風も強いですが、誰一人めげてません。
私たちも傘をさしながら、パクパク食べていきます。


案内所の方がなるべくみずはけのよい畑を選んで連れてきてくださったそうです。
畑の持ち主なんだろうか、おじさんはいろいろ説明してくださり、親切てした。
この天気だったので、私はクロックスのサンダル履いてきましたが正解だったわ。
ものっすごいハイヒールをはいていたひとがいて、「農園に入るとわかっていながら何を考えているんだろう」とびっくりしたら、崖観音が見られなかった件について、むっちゃクレームをしていた男性の連れだった(笑)。


次は道の駅「和田浦 WA・O」に。
捕鯨の文化がある千葉ならではの、シロナガスクジラの骨格標本。
もちろんレプリカでしょうが、その巨大さがよくわかります。
ここはご当地ソフトが名物なのか、みなさんこぞって注文されてました。
和田浦特産のくじら料理や郷土料理なんかも提供しているそうだ。


和田浦は日本でも数か所しかない鯨を獲ることができる場所(年間26頭の捕鯨が許可されている)。
道の駅には鯨の資料館もあり、鯨モチーフの多種多様な品物がコレクションされてました。
中でも圧巻だったのは、書籍の多さです。
よくもまあこれだけの量を集めたものだ。


ここでは鯨を使ったコロッケをパンにはさんだ軽食がふるまわれました。
なんせこれから千枚田に行き、最後に蛍を鑑賞するツアーなので、まだまだ先が長いんです。
(出発も遅かったかわりに、東京駅到着も22時予定でしたから)
バスの中ではおやつなんかもいただきまして。


お昼ごはんに立ち寄った場所にあったまぐろとの刺身とかますの干物を買いました。
ここでお買い物をすると、氷もいれてくれるし、保冷剤と保冷バッグのセットも安く買えます。


南房総道楽園内のお土産物屋さんでは冷蔵や冷凍食品も扱っており、地元のスーパーに商品をおろしている個人の方の手作りキムチを買いまして。鱈にコチジャンを絡めたやつも買いました。サキイカのは見たことあるけど、鱈はお初よ。


道の駅「和田浦 WA・O」では、お野菜とか太巻きとか買いました。
千葉はきれいな飾り寿司をあちこちで見かけます。


1日降り続いた雨は、このあと千枚田に着く頃にはようやくやみまして。
日が暮れて真っ暗になってから行った濃溝の滝では、蛍も見ることができました。
気温やお天気や、タイミングがあわないと、なかなか群れ飛ぶ姿を見られませんが
ぼつぼつ飛んでましたよ~。

濃溝の滝はインスタグラムで火がつき、急にひとがたくさん訪れるようになった場所らしく、私もこのツアーの案内を見るまではまったく知りませんでした。朝と夕方、日が差し込む時が写真撮影にはベストみたいなので、この日はどちらもロケハンしに行ったようなもの。
意外とよかった勝浦の朝市と組み合わせ、千葉の南側は今年中に攻めに行きたいわ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top