2016
08.04

パプリカのオイル漬け

Category: ■雑談
南仏プロヴァンス在住の日本人女性の日常を描いたテレビ番組を見てから、どうしても食べたくなってしまった。同居のおばあちゃまが作ったパプリカを焼いて、オリーブオイルに漬け込むだけのシンプルなお料理。
さぞかしワインに合うことだろう。

地元のスーパーで大きなパプリカを売っていたので、とりあえず3つ買ってみる。
縦割りにして、種を取って。


魚を焼くグリルだけど、きれいに掃除したばかりだったので、これで焼いちゃえっと放り込む。


表皮が真っ黒に焦げるまで、様子を見つつ火を入れました。
新タマネギとマッシュルームを入れたマリネはよく作るので、皮剥きは慣れたもの。


今回はいささか加熱しすぎたかも、身がいささかしぼんでしまったなあ。
アルベールメネスのペルセイロット(パセリ・エシャロット・ガーリック・ゲランドの塩)を振りかけて味付け。
この調味料は最強で、何に使っても私の好きな味になるのだ。
オリーブオイルを注いで、冷蔵庫へ。


これは漬け込んでから3日目。
味見味見しているうちにもう半分くらいの量になってるってば(笑)。
とろりととろけるよう~、甘くて美味しいの。


9月の連休に北海道のお友達が我が家に遊びに来るので、その時にあわせてまた作ろう。
総勢7名だから、パプリカ8個、いや10個くらい使ってもいいな。
身の厚いいいパプリカが手にはいるといいが。
漬けるのにオリーブオイルを大量に使うから、余ったオイルを再利用するレシピも考えようっと。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top