2016
08.10

太月@表参道

ある土曜日、表参道のお店へ向かう。
ここ『太月』さんも、予約の取れないお店のひとつですってね。


軽く焚かれたお香に癒されるわあ~。
広々としたカウンター席に案内されまして。
こちらの予約をしてくださったお友達夫婦がいらしてから、まずは乾杯ビールと参りましょう。この日は極めつけにカンカン照りで、ビールが染みるわ~。

まずは北海道ウニが贅沢に乗った、冷たい茶碗蒸しです。
ウニの甘さがいいですなあ、ひんやりつるりと喉越しも最高なのです。


一口ずつが嬉しい八寸。
一番上からアオリイカめふん和え(鮭の腎臓を使う塩辛だそう)
小芋をきぬかつぎにしたものに、カラスミをはらりと
マキエビみじん粉(餅米の粉)揚げ
新丸十(薩摩芋)とマスカルポーネ
ししとうの煮びたし
そして、中央に鮑と肝が乗った素晴らしい一品。
こんなに手の込んだ美味しいものがちょっとずつ味わえるなんて。


葛そうめんと鮎の焼きびたしのお椀です。
葛を使ったそうめんは、なめらかで口ざわりがとてもいいです。
鮎をお椀に仕立てたものって初めて食べるかもだけど、太月さんの素晴らしい出汁とあわせて食べると、ちょっと絶句です。
開店して1年でミシュランをいただいてしまう訳です。


お造りは、胡麻鯖と鯛、青海苔添えでした。
醤油だけではなく、酒盗の煮切りでも味わえまする。
この胡麻鯖は絶品でしたわ。
若い頃は鯖が苦手だったので、食べられないと言うと、「ここのだったら嫌いでも絶対に食べられるから」と勧められることが何度かありまして。「だまされたと思って食べてみなさい」とまで言われたら食べないわけにいかない。で、結局「だまされたじゃん」と(笑)。
でもあえて言いたいわ、「ここのだったら嫌いでも絶対に食べられるから」と、。


焼き物は江戸前 目板鰈(メイタガレイ)です。
どちらかというと関西の方で好んで使われる食材だそう。
調理前に骨を抜き、2枚を貼り合わせて焼いているのですって。若干のくせがあるので、それを感じさせないよう手間をかけておいでなのです。


炊き合わせは、京都賀茂茄子に穴子でした。
とろりととろけそうな賀茂茄子に、揚げた穴子のこくが加わり、そしてなんといってもここのお店の出汁が素晴らしすぎる。みぞれおろしだけで、お酒が1合飲めそうですわ。


海老しんじょの利休揚げ。
利休揚げとは何だろう?と思ったら、利休が胡麻を好んだと言われていることから、胡麻を使った揚げ物にその名がついているのだそう。
新鮮な海老ならではのぷつっという歯ごたえ、甘さ。そこに胡麻のプチプチした食感やら香りやらも楽しめるお料理。


〆のごはんを乗せたお膳がまた趣向をこらしたもの。
醤油ベースのわさび漬けや、海老味のふりかけ(七味かと思っていた)など白いご飯のおともがいろいろ。
お漬け物も、赤だしのお味噌汁もよいお味。楽しみながらいただきました。


そして、いい意味でものすごく衝撃的だったのがデザート。
レザーウッドハニーという、賞を取った蜂蜜を使ったアイスを一口食べた私は思わず「ナンじゃ~こりゃ~!!」と言ってしまいましたわ。この体験したことのない味わい、繊細な甘さ、極上のおいしさなのですよ。
これを書くために調べましたら、レザーウッドというのはタスマニア島の西部にしか育たないという木らしく、充分な量の蜜が取れるようになるまでに100年も待たなくてはいけない花の蜜だそう。採蜜を許可された養蜂家は、この地上にたった5人というからいかに希少な蜂蜜であることか。
うわ、タスマニアは行きたい場所のリストに入れてはいるものの、なかなか訪問できないでいる場所の一つ。来年シドニーに滞在する時に、どこかで入手できないかぜひ調べてみなくっちゃ!
もうひとつのマンゴープリンもとても美味しい。あちこちで食べたけど、これは香港のペニンシュラ名物のあれよりずっと上をいっているのでは?私はごはんを食べ終わったというのに、この2つのデザートにあわせて、シャンパーニュを追加してしまったほど。


店主さん自ら作ってくださるのは葛きりです。


1人前ずつお作りになるので、申し訳ないことにどなたよりも先に頂戴してしまいました。
蜜の上品な甘さも素敵ですし、冷やした葛きりの食感は官能的なほど。


ビールの後、私はグラスワインを1杯だけいただきましたが、あとはダンナの日本酒に合流しました、


セレクトはダンナなので、私はいつもご相伴にあずかる係(笑)。
この日はこんなものをいただいてました。


いやあ、太月さん、久々感動した和食でした。
個室もあり、週末に限ってはお子様連れの方の予約も受け付けているそうです。
自分がどちら側の両親にも頼らずコドモを育ててきて、記念日くらい美味しいものを食べたいよね、でも子連れは無理だものね。。。ってしょぼ~んとしたことが何度もあったのを思い出しました。
今や娘も大学生で、2人でどこでも好きなところへ出かけていける訳ですが、あの時こんなお店があったらなあって。

カウンターならではの、店主さんといろいろお話ができる席は最高でした。
それにしてもいつもいつも美味しい店を教えてくださるお友達ご夫妻はスゴイ!と改めて。
足を向けては眠れませんわ(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top