2016
09.09

ランタオ島ぐるり①(昂坪360)

今日も朝から雨です。
大きなスーツケースを持って移動するにはツライなあと、雨音を聞く。
荷造りを済ませた後、少し待てば小雨になるだろうと、ホストに残すお手紙を書いていました。
予定していた時間を過ぎてしまったけど、チェックアウトしたことと鍵を返却した旨をメールで知らせて、2晩お世話になった宿をあとにする。最後にお部屋の窓から外を1枚ぱちり。


香港最後の1泊は、空港の近くにとりました。
次の日朝早いし、ランタオ島で行かなくてはならない場所があったから。
東涌駅から直結のシティゲートアウトレットモール内に、ホテルはあります。ノボテル シティゲート ホンコン(NOVOTEL HONG KONG CITYGATE)です。ひとりで泊まるにはいささかいいお値段(1265HKD)ですが、民泊で安くすんだからこれくらいいいデショ。


途中えらいこと道に迷い、上の方のシネコンまで行ってしまう。
ホテルの場所を聞くと、大変気の毒そうに、ホテルは真逆で階も違うのだと教えてくれました。
正解はアウトレットモールの中のこの通路を行った先。


「PEDDER」という看板が目印で、手前はコーヒーショップでした。
ここからホテルにつながってます。


エスカレーターを降りると、そこがフロントでした。
駅から直結のホテルは金鐘駅からのコンラッドとマリオットに泊まったけど、もう少しわかりやすかったなあ。
スーツケースを預けるために寄りましたが、チェックインをしていってと言われまして。
鍵はあとで戻ってきた時にいただけるそう。


このアウトレットモールは地下には大きなスーパーも入ってるし、飲食店も数多くて大変便利なんだけど、周囲のいろんな場所に連絡通路でつながっているので構造がさっぱりわからず、結局MTRの駅に出てみました。
ロープウェイにどこから乗るのか、もう少し親切に表示があってもよさそうなものだけど。


楽しみにしていた「昂坪360」は東涌から、世界で最大の屋外大仏のある昂坪を往復するロープウェイです。
ランタオ島の名所をあわせてめぐるツアーもあるようですね。


片道130HKDでした。
底がすけすけのものもあるようですが、追加料金出してまで乗るひとはそういなかったな。


こんな長距離のロープウェイに乗るなんて、スキー以来かも。
終点までは25分ほどかかるそうです。


あいにくの空模様で、海の色も濁っていますが、晴天ならば翡翠色に輝いているはず。


香港の赤鱲角(チェクラップコク)国際空港が丸見えだ~。


とうとう雨が降ってきて、雲が重くたれ込めてます。
ロープウェイはえらいこと急勾配をぐんぐんあがっていきますわ。
ああ、こりゃ晴れていればどんなに素晴らしい景色だろう!ダンナと来た時にリベンジすることを誓う。


降りたところはずーーーっと土産物屋になってました。しかし見事に本土からの観光客ばっかねえ。
山の上はまるで桃源郷のように蝶が舞っているのだった。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top