2016
09.16

ノボテル シティゲート香港

そういえば初めてランタオ島に泊まるかも。
次の日が早いので、空港へのシャトルバスがあるこちらのホテルはアクセス楽ちん。
Novotel Citygate Hong Kong Hotelは想像していたよりもずっと快適なホテルでした。


どこかでひっかけて人差し指の皮がぺろりんこむけてしまい、フロントで絆創膏をいただく。
アサインされたお部屋は1517号室。
予約はACCOR HOTELSのHPからで、スタンダード客室(クイーンサイズのベッド 1 台)を前払いで税込1265HKD也。


ひとりではもったいないくらい広い!
ぱりっとしたシーツと、ひんやりエアコンの効いた室内。好きな時に気兼ねなく入れるトイレ(笑)。ルームシェアタイプの民泊はそれなりに楽しい経験だったけど、次は貸し切りのタイプも探してみようっと。


NHKの衛生が2種類見られました。


窓からは緑豊かな公園が見え、その向こうは空港なので、飛び立っていく飛行機もたっぷり鑑賞できました。


すぐ下はプール。
今回真夏に旅行するのに、水着を持ってこなかったのは相当もったいなかったわ。


コンプリメントウォーターが2本。1名での予約でしたが、ありがたく頂戴しました。


使わなかったけど、ミニバー。青島ビールが冷えてましたよん。


有料のリキュールやスナックなど。
扉をあけたこの棚はいささか劣化が目立ちますわね。


予備の羽布団、アイロン、セキュリティーボックスなど。
ようやく貴重品を入れて、身軽にお出かけできまする。


ホテルのスリッパは、1泊5万円以上出すようなランクじゃないと、履き心地のいいものなど置かないわね。年々質が下がっていく気がします。ここのも例に漏れず紙製のぺらっぺらでした。


お風呂場と寝室のさかいにはガラス窓が。スライド式の木製扉がついてました。


お風呂側から見ると、室内はこんな風。


広々として明るい使い勝手のよい洗面所でした。
鏡だけなので、うっかりカメラが写りこんでしまってます。拡大鏡にも顔がばっちり入っていたので、ぼやかし処理してあります。決して心霊写真ではありませぬ(笑)。


海外の歯ブラシは巨大すぎて使いづらいので、毎回持参してます。


バスローブといい、タオルといい、備品はなにもかも2人前揃っていました。


使わなかったけど、ここのホテルのシャンプーコンディショナーなどはみなフェアトレード製品。
ノボテルはみなこれに統一しているのかな?こういうところは企業努力として拍手を送りたい。


夜、ひとり海鮮から戻って、まだ時間も早いのでお風呂を楽しむことにしました。
お湯の出もよくて、あっという間にいっぱいになりましたわ。


リビングでやってるテレビを見たり、持ってきた雑誌を読んだり。
激しく移動して、買い物に忙しかった香港滞在。
体はくたくたなのに心がハイテンションな感じでしたけど、ようやく追いついてきた疲労にお湯が心地良い~。


ぐっすり眠って、朝。
今日もまた曇りと雨のお天気っぽい。
すぐ下にエアポートエクスプレスが走り、高速道路なんかも通っているので、窓ガラスは二重になってます。


荷造りは済んでいるし、朝ごはんは空港で食べると決めていたので、さっさかチェックアウトです。
前日航空会社のHPからWEBチェックインを済ませたのはいいけど、プリントアウトする術がないことに気がつき、ホテル内にビジネスセンターはないかと尋ねたところ、「eチケット1枚なら印刷しますよ」とメールアドレスを渡されました。あ、それはありがたいとPDFを添付したメールを送ると、その場で印刷してくださったの。
海鮮レストランをさくっと送迎よこすよう電話してくれたことといい、好感が持てる対応でした。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top