2016
09.20

香港から韓国へ出発

ノボテルの送迎バスのドライバーさんは荷物をおろすだけでなく、カートにわざわざ乗せてくれましたです。スーツケースは大変重かったので親切がありがたかったわ。


香港到着した日に買い物をしに出かけたLCCターミナルに、またやってきました。


30㎏までの荷物を預かってくれる料金で予約したせいか、WEBチェックインを済ませたせいか、プライオリティチェックインの窓口を使えるとのこと。がらがらだったので、ラッキー。
チェックインの時に「韓国から出国するための航空券を見せて」と言われ、ちょっと慌てる一幕が。日本から韓国に入国する時は復路の航空券を提示しろと言われたことなかったので。しかもこういうときに限って、プリントアウトするのを忘れてきてしまってるっていう。。。急いでJALのHPにログインして、スマホでeチケットを見せました。Wi-Fiルーター持っていてよかった~。


ビンの調味料を大量に買ったせいで、スーツケースはえらい重さに。
どきどきしながらはかりに載せましたが、21.5㎏でした。想像していたよりも軽くてほっとしたわ。荷物1個の重さの限界は大体23㎏ですから、まあ割とぎりぎりではありましたが。


短い滞在では食べる機会のなかったお粥を、今朝は絶対に食べようと思い、LCCターミナルの飲食店リストを事前に調べてました。早朝から営業している店、結構あるのねえ。


ここ「珍満粥」は朝7時から夜9時までやってます。
私はオーソドックスな魚片粥を頼みましたが、生の食材を使用するらしいお粥も、次は食べてみたいな。
腸粉との組み合わせや、お粥にはつきものの油條なども一緒に頼めて、なかなか。


んん、このまったりとしたとろっとろのお粥。
台湾のとも、韓国のとも違うんだよね。香港だけの旨味あふれるお粥はとっても美味しくて好き。
ちゃっちいプラスチックのお椀で。あっという間に出てくるファストフード風だけど、お味は悪くないです。


どの店も、朝のメニューというのがあるようで。


ポルトガル料理の店とか。


バーキンとか。朝早くても食べるものに困ることはないですねえ。


LCCターミナルから出発するのは初めて。
この日の釜山行き香港エクスプレスは219番から。


搭乗口には無料で使えるPCが置いてありました。
ちょっとしたひまつぶしには便利ですなあ。スマホを持つ前なら大喜びだったでしょう。


座席には誰でも充電できるUSBの口がありました。モバイルバッテリーを持ってこなかったので、こちらもありがたく利用させてもらいましたわ。


搭乗口にはばたく黒い影あり。
えっと思ってよく見ると、スズメが数匹いるじゃない。どこから入ってきたんだろう?パニックになっている様子もないし、何匹もいるから、多分普通に出入りしているものと思われ。


LCCの機内食は行きでこりごり。
お水だけもらって到着地釜山まではゆっくり寝ることにします。


飛行機は香港始発なので、遅延もなしです。定刻にふわりと飛び立ちました。


目が覚めると下には大きな島が。
これは済州島(チェジュド)ね、もう韓国だわ。


釜山の空港に降りるのは2度目。
前は1泊しましたが、今回はまっすぐ目的地慶州に向かうの。
なにしろ荷物が重いので、一番楽な方法をと調べたら、釜山の空港から直行バスが出ていることがわかったので。
仁川や金浦空港みたいに、案内がわかりやすくないのよね。
チケット売り場もないし、乗り場はわからないし、ちょっとうろうろしちゃった。
2016年8月現在、到着フロアは空港内で拡張工事をしており、慶州行きのバスはP16番から発車のよう。


時刻表はこんな感じ。慶州を通って、さらに先まで行くみたいね。
慶州(キョンジュ)までは9000KRWで、料金は出発後に車内で徴収されます。


ちなみに荷物は自分でぎゅうぎゅうバスの腹に入れなくてはなりません。時間よりも遅れてきたバスに人々が殺到し、重い荷物を抱えた私はすっかり出遅れてしまい。。。一番先頭に並んでいたのにナア。


やっとのことで荷物を押し込み、乗り込んでみると衝撃なんですけど!
空いている席がひとつもないじゃん。
路線バスじゃあるまいし、さすがに立ち乗りはだめだよねえ、おろされちゃうのかな、次のバスは1時間あとになっちゃうな。。。とドキドキしていると、ドライバーらしきおじさんが座っているひとを手招きし、大声で何か言ってる。すると、お子さんとお母さんらしきひとたちがバスを降りていくじゃない。
「また乗ってくるのかな?」「なんで降りたんだろう?」と謎でいっぱいでしたが、どうやらそのひとたちはこのバスに乗らないみたい。恐る恐る空いた座席に腰掛けさせてもらいました。隣には私と同じくやはり席にあぶれた男性が座り、何事もなかったようにバスは出発したのでした。
ううん、いったい何があったんだろう。座れたのはラッキーでしたが。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top