2013
02.17

8月16日(木) その3 マカオ(コンラッドラウンジ、ダンシング・ウォーター)


うちの子がやっぱり一番かわいい


荷物を置いてしばらくお部屋で休憩したあとは、ラウンジに。

そんなにおなかも減ってないし、このあとショーも見る予定だったので

ラウンジの軽食で済ませちゃおってことに。


うちの子がやっぱり一番かわいい


この旅行時はまだ最上階にあったラウンジですので、コタイ地区が見渡せる。

今は空前のホテル建設ラッシュの真っ最中だそうで、2014年にはモノレールも

完成する予定だって。

そうねえ、これだけ広いと移動はバスやタクシーじゃ、もうおっつかないでしょう。


うちの子がやっぱり一番かわいい



うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


うちの子がやっぱり一番かわいい


ここもラウンジとしては最大級?信じられないくらいのスペースです。

PCも大画面のものが何台もあるし、レストランタイプのテーブルやら、くつろぎたい人の

ソファやら、バーになってる部分やら、豪華だなあ。


うちの子がやっぱり一番かわいい

メニューにはモエシャンとパイパーが。

有料だともっと選択肢が増えるそうな。


うちの子がやっぱり一番かわいい


下のカジノの賑わいとはうらはらに、ラウンジにいるお客さんは少なすぎるほど。

コンラッドだけでなく、マカオのホテルの宿泊客の8~9割がメインランドからの

中国の方だそうです。

くつろぐには冷房が強すぎて、私はブランケットをいただいてしまった。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ラウンジからの眺望。


うちの子がやっぱり一番かわいい

段々暮れてきて。。。


うちの子がやっぱり一番かわいい

ビルの壁面が電飾に彩られ、見ているとときを忘れてしまうほどきれい。



さて、自分のブログの検索ワードを見ていると、たびたびる登場するのが

「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」。

そろそろショーを見に行く時間なので、お隣まででかける。

炎天下とか、台風とか、どんな天候の時も楽に移動できるように、地下で

つながっていればいいのになあと思ってしまう。

名古屋や札幌や大阪みたいな地下街って、そういえば海外であまり見たことないわね。


マカオだけで楽しむことができるこのショーは、制作費2億5000 万USD超えだそう。

※予約した時の記事は「マカオでのショーを予約」で。
専用劇場は239 個の自動制御の噴水と、11機の10トンエレベーターを使用しており

カスタムメイドで造られた劇場に設置されているプールには、オリンピックサイズの

競技プールの 5 倍以上となる水をたたえていて、水をベースにした劇場の中でも世界最大級。


うちの子がやっぱり一番かわいい

なんていう説明は、実際に見て度肝を抜かれないと実感できないだろうなあ。

ストーリー的にはいまいちわからないところとか、飽きる場面もあったけど

ぐるぐる水がまわる様や大仕掛けには驚嘆のひとこと。

おばちゃんは、あんなに毎回ずぶぬれになって風邪ひかんのだろうかとしょうもないことを

心配してしまった。


ショーが終わった後外に出ると、体が飛んでいきそうな、思わず笑っちゃうくらいの風。

とうとう台風はシグナル8まで。こりゃあ明日の香港行きは。。。もしや危ないかもしれんなあ。

お部屋に帰ると、お皿に大盛りのマカロンが。


うちの子がやっぱり一番かわいい

チェックインの時、ウエルカムドリンクをダンナの服にこぼしてしまったおわび的

差し入れかな。嬉しいけど、こんなに食べられない。。。もったいないけど

ほとんどを手つかずで置いてきてしまったわ。

とってももろいお菓子だけに持ち運びは難しいだろうし。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/122-ddc89f57
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top