2016
10.01

2016年8月の東村

仁寺洞の通りに出る。この角にあったクルミまんじゅうとホットクの店が移転したなあと、前回来た時に思っていたら、そこは更地になってましたです。


メインストリートから東村へ折れる角は、2016年8月現在韓国コスメの「NATURE REPUBLIC」(ネイチャーリパブリック)でした。この店って、日本にも上陸したのね。


さっさか東村に入ってくダンナ。ドンドン酒が飲めると思うと、スピードアップするんだから(笑)。
いつものようににこにこ迎えてくれる高さん。今年は4月にも来たから、あんまり久しぶりって感じがしないかも。


冷え冷えのやかん入りドンドン酒。毎回本当に美味しい。


つきだしは茹でたじゃがいもと、お漬け物。この組み合わせがめっぽうはまる。


韓国の伝統食品で、ドングリのデンプンを用いて作られる「トトリムク」。


イカの身とイカのワタを刻んで包んである焼き物。
これは初めて食べたけど、うま!うま!高さんてば隠し球をいっぱい持ってるんだなあ。


普段ならこの鉄鍋にはお肉を焼いたのが出てくるんだけど、今回は厚揚で作ってくれた。


じゃがいものもちもち感がたまらない小さいチヂミも堪能しました。それにしてもドンドン酒進むおつまみばかり。


こちらも東村では初めて食べるチャプチェ。韓国の春雨の食感って好きだなあ。イカやら海老やらお野菜やら、具の方が多い豪華版なんである。


もうここらでおなかいっぱい。
高さん、スマホの機種変をしたらしく、その時にLINE消しちゃったんだって。もう一度入れるからID教えてとダンナと交換していました。これで次にいつ行くかお知らせできるわね。
日本人のひとを連れてきたなあと思ったら、すぐ近くで和食屋さんをやってらっしゃる方だそう。ちょこっと通訳してくださり、なんと近々日本に一緒に遊びに行こうと話しているらしい。日本に来るならぜひ知らせてと盛り上がっちゃいました。

日本への帰り道はJAL便で取っているので、安心してドンドン酒を運べるわ。
久々に持ち帰りをお願いしてしまいました。
ああ楽しい。ああ美味しい。東村でドンドン酒を飲みつつ、まったりとソウルの夜は更けていく。
これで旅の最後の夜。明日からは重い荷物を持たなくていいと思うと、酔いもまわるってものだ(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top