2016
10.04

復路はビジネスクラスだった

イビスは夕方4時までのレイトチェックアウトを申し込んでおきました。
有料だけど、帰ってきたあと涼しい部屋で一休みできるし、荷物をあわただしく片づけなくてもよいし。5000円ほど払いましたが、その価値は充分にあります。もうね、中高年だからね、お金を払っても楽したいお年頃ですわ。

おっと、忘れるところでしたが、ホテルのシャトルバスが大幅に変更になってまして。
8時から19時までほぼ1時間おきに出発し、明洞や南大門、市庁などをまわっていたバスは、今は1日6本。
9時、10時30分、12時、13時30分、15時、16時30分となってます。本数は少なくなったけど、ルートにソウル駅が追加されてます。チェックアウトし、空港に向かうっていうときは大変助かりますわ。
ちなみにホテルから送るだけで、ピックアップはありません。


今回の出国は金浦空港から。
大韓やアシアナ使うひとは、ソウル駅にあるチェックインカウンターで荷物を預け、イミグレも使えるの。出国まではしなくていいけど、せめて香港のように主要航空会社のシティチェックインが可能ならいいのに。
ソウル駅からは空港鉄道A'REX(エーレックス)で。仁川までだと直通もあるようですが、金浦行きなので一般に乗ります。一般用のホームは地下3階で、Tmoneyも使えます。ついでだから、次回のためにチャージもしておきました。


金浦のラウンジはイミグレ手前にあるので、くつろげないったらない。
イミグレが混んでたらゲートまでダッシュしなくちゃかと思うと、落ち着いて飲食できないんである。


お弁当カフェでごはんものを食べていないせいか、おなか減ったわ。
見た目はアレですが、ラウンジのサンドイッチ類は意外といけるのですよ。


ダンナとカップ麺をシェアし、もう1個ツナサンドをいただいちゃいました。


搭乗ゲートに行くと、ブランドものに囲まれたひとがいる。
それって、免税で買い物した商品を今そこで受け取ったやつでしょ?包装をばりばりはがして詰め直していましたが、もちろんその大量のゴミは放置だよね?運び屋なのか、単なる爆買いなのか?


直前に機材変更があったらしく、新しい座席番号が9ACになったのは、HPを確認して知っていた。
787-9の国際線のシートマップでは9列はビジネスクラスなんだけど、もらった搭乗券はYなんです。
どういうことだろう?


乗り込んでみると、やはし指定されたのはビジネスクラス。


通りがかった客室乗務員の方に聞いてみると、この便の7、8、9をエコノミーとして解放していたんだそう。食事はエコノミーのままのなんちゃってビジネスでした。
それでも座席にゆとりがあるのは助かる。ありがたく座らせていただきましょう。


これはデフォルトのエコノミー食。日韓線は乗るたびにいろんな食事形式だなあ。搭乗する時間帯にもよるのかしらね。


私のは事前に頼んでおいたシーフードミールです。
ラウンジでがっつりパンを食べていたけど、それなりに堪能しました。


2016年8月の映画は、「シビル・ウォー」「」バットマンvsスーパーマン」「レヴェナント:蘇りし者」などでした。私はまだ見ていなかった「ズートピア」にしました。
映画自体もおもしろかったけど、シャキーラさんの歌う主題歌「Try Everything」がめっちゃいい。メロディが2~3日ずっと頭から離れなかったくらい。
日韓線のフライト時間にちょうどおさまり、楽しめたわ。

JALのカウンターで「マッコリガ入っているので横にしないようにお願いします」と頼んだら、こんな厳重に注意書きが張られて出てきました。万が一のためにビニールも巻いてくれて。こういう親切は大韓航空でビジネスクラス使った時ですらなかったな。いつもお世話になり、ありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

back-to-top