2016
10.11

レストランコバヤシ@平井

心配していたことがあったので、ある日思い切って有休を取り、眼科へ行ってみた。
いろいろ検査をしたが、一番大変な検査は後日でないと予約が入らないそう。意外と早い時間に解放されました。
ついでだから郵便局や銀行の用事も済ませ、じゃあ前から気になっていたお店に行ってみようかしらと電話してみました。この記事を書いてる時点で食べログ4.11の老舗フレンチです。
飛び込みで、ひとりで、難しいかなあと思いましたが、平日だったのがよかったのかすんなり入れました。

駅からはすぐ。噂は前々から聞いていましたが、訪問の機会がありませんでした。


ランチは3000円からという敷居の低さ。これまた想定外でした。もう少し価格設定が高いものかと。
昼から1杯ワインをいただいてしまいま~す♪


アミューズに野菜のマリネがでました。
お花がちりばめてあってとてもきれいだわ。


自家製のパンだそう。かりっとした外側が香ばしくてよいですね。


前菜として選んだのは、「モンサンミッシェル産ムール貝・ハマグリの冷製ワイン蒸し」という一品。
ムール貝はこぶりのものでしたが、ハマグリがすばらしくジューシーで美味しい。ちょっと塩気の効いてるフレッシュチーズ(ビーツが詰めてある)と、じゃが芋のムース、パパイヤと一緒に食べるのだそう。フルーツと貝の組み合わせってあまり食べたことがなかったので新鮮でしたわ。


メインは3種類の中から、鮮魚の蒸し物を選びました。
蒸してあるのか~、広東料理みたい。繊細な白身魚を上手に蒸すとたまらなく美味しいのよねえ!デイルとウイキョウの味と香りも好ましい。そして特筆すべきはこの魚の持ち味をめいっぱいに生かすソース。うなりましたわ。素晴らしい一皿でした。


ジビエがお得意なシェフだと思っていましたが、お魚の扱いもとても上手。
ちなみに、この日のメインの、ほかのお品は↓こんなでした。
●ステークアッシェ(タルタルステーキのロースト)
●鳥取大山地鶏胸肉のしっとり煮(ズッキーニのコンフィ 黒オリーブライス)

デザートにはずいぶん大胆に量のあるプリンが登場し、添えてあるのは烏龍茶のアイスだったかしら。


飲み物はハーブティを頂戴する。


飲み物のあとには、小菓子までついてきました。
3000円のコースなのに、満足度が高いなあ。


お客さんは当然女性客が多いのだろうと予想していたのに、ご婦人は1組いらしただけで、あとは男性の1人客(予約してみえていた)が2組も食事なさっていたのよね。あまり男性おひとりでフレンチを食べているというのを見たことがなかったし、しかもどちらも常連の方らしくて。フロアのサービスの方が親しげにお客様と会話してらっしゃるのを聞きながらのひとりフレンチは、ちょっとさびしくて(笑)。
飛び込みで、しかも病院帰りのカジュアルな服で来てしまった私は、店の扉を開けた瞬間(やっちまった。。。)と思いました。すみません、ここはちゃんと予約をして、それなりの服装で、誰かと来るべき店だったなあって。

コース料金3000円と、ワイン1杯1300円、サービス量430円。
ワインも高くないし、あの内容でこのお値段ですもの、大満足でした。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top