2016
10.14

織@新小岩

土曜日どこかでごはんを食べようと歩いているときに見つけました。
あれ?ここは新規開店みたいね。


のれんをくぐると、「今日はレセプションなので、お酒だけなります」とのこと。
開運の大きな樽を見つけちゃったダンナ、軽く飲ませてください~と入店しました。


お友達なのか、親戚なのか、こどもさんも集まってお祝いをなさっていました。
わたしたちはカウンターに腰掛けさせてもらい、まずは樽酒をいただく。お酒だけとおっしゃっていたけど、お通しを出してくださったわ。左側にある柴漬けのように見えるのは(写真を撮る腕が悪いからデス)にんじんのしりしり。これがお出汁たっぷりで美味しいの。


続いてはお刺身の盛り合わせをが来ました。


そしてバーニャカウダも運ばれてきました。店主さんあちらがメインでお忙しいのにと恐縮しましたが、まるでイタリアンかフレンチレストランで出てくるような目新しいお野菜がいっぱいでとてもきれい。


お魚とお野菜を売りに展開していきたいとお考えだそう。
そしてなんと、お会計を済まそうとするわたしたちに、「今日の分は結構です」とおっしゃるではないか。今日立ち寄ったひとには食べていってもらおうと、ご夫婦で話していたのだそう。せめて調子に乗って2杯も飲んでしまったお酒代だけでも払わせてくださいと申し出たのだけど、ごちそうしてくださるという。。。ありがとうございました。
正式なオープンは9月13日とお聞きし、その日に改めてうかがわせていただくことに。

ダンナは開店祝いのお酒を用意し、ふたりで待ち合わせてお店にうかがいました。
先日とっても美味しかったお刺身をまた食べたいねと、注文。
立体的に盛りつけられたお刺身は見た目も華やかですね。そしてやっぱりとても美味しい。どこから仕入れてらっしゃるのか次はちゃんとメモメモ。


生牡蠣があるとすすめられた瞬間、光より早く「食べます!」と即答してしまう。
殻付きの生牡蠣。つるんと飲み込むのがもったいなくて(意地汚いわねえ)、しばらく鑑賞しちゃうわ。甘~い、美味し~い、今シーズン初の牡蠣ですわ。至福なのだ。


これは先日メニューを見せてもらった時に絶対次食べると決めていた「絶品ウニクリームコロッケ 880円」です。
北国で食べるウニ丼でもない限り、食べた気がしないウニ料理。しかしこちらは期待を裏切らない存在感ですよん。


にんじんしりしりがあれだけお出汁の濃厚な一品であったことを考えると、絶対にだし巻き玉子は食べたいと注文しました。400円では申し訳ないような大きさですわ。ふっくらと仕上がり、とても好み。


表に某酒蔵の垂れ幕をつけているのはダテではなく、日本酒に力を入れてらっしゃるそう。
冷蔵庫を油断なくチェックしていたダンナは「ほう、ほう」と納得していたわ。
ちゃんと日本酒を置いている店はこのあたりにはまだないから、新小岩でがんばっていただきたいです。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top