2016
10.31

マリオット東京(ティータイム)

Category: ├ホテル
先日ごはんを食べに行った時に好印象だったので、宿泊を入れてみました。
タイミングよく案内が来た、サードパーティーからの予約です。
エグゼフロア滞在、ラウンジアクセス付で、2名一室27000円(税サ込)でしたので、ホントにスペシャル価格でした。チェックインはフロントの隣にあるラウンジへ案内されまして。

ちょうどアフターヌーンティの時間帯でしたので、お部屋に行く前にお茶をいただいてくことに。
14時30~17時まではアフタヌーンティーでサンドイッチやスコーンなど。
17時30分からは19時30分まではイブニングスナック、その後フード類はなくなりますが、アルコールの提供は21時30分まで続くそう。


ジュースなどは冷蔵庫に入っていますが、ガラスの冷蔵庫ではないので、ドアを開けてみないと何が入っているかわからないですねえ。中身の記載がないので、ダンナは大の苦手なセロリ入りを引き当ててしまう(笑)。地雷を自ら踏みに行くにかけては、彼の右に出る者はいないであろう!


コーヒーマシーンは種類も豊富、ラテ・カフェオレ、カプチーノ、コーヒー・エスプレッソなどのメニューがあります。


紅茶はよく見るDilmah(ディルマ)なんだけど、ここに置いてるのはお初。
調べてみたら、EXCEPTIONAL(エクセブショナル)シリーズというみたい。


ケーキがいくつかと、キッシュなどもありました。


パウンドケーキ、ピンクのマーブル模様が可愛いクッキー、そしてジャムやクリームが添えられたスコーンも。


カップケーキやデニッシュなどもあり、甘いものが好きな方にはよいですね。


サンドイッチに、和菓子まであるのですもの。アフターヌーンティーには充分です。


欧米の方が好きそうな、瓶入りのグミやナッツやキャンディなどもありましたわ。


ラウンジでマリオット内のWi-Fiにつながるパスワードをいただきました。


お部屋へ持ち帰りできるよう、紙のカップと蓋も用意されているので、1杯紅茶をいただいちゃった。
ROSE With FRENCH VANILLA(ローズ・フレンチバニラ)は、セイロン紅茶に、バラの花びらの華やかな香りと、ほのかなフレンチバニラの香りをあわせたものだそう。ネーミングが素敵♪ほのかな香りもよいです。


さ、アサインされたお部屋はどんなかしらん。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top