2016
11.02

マリオット東京(カクテルタイム)

Category: ├ホテル
カクテルタイムに合わせてラウンジに来てみました。
クラブフロアに併設されることが多いエグゼラウンジは、高層階で眺望も楽しめたりしますが、ここでは1階。しかも窓がないせいかいささか開放感がありません。利用しているひとが少ないから、静かだし混雑とは無縁ではありますけど。

まずはお酒から。クラッシュアイスを入れた容器に並べられているのは、プレミアムモルツと、ハイネケン。


へえ、ダンナが冷蔵庫から見つけてきました。アメリカ・コロラド州デンバーで生まれたクラフトビール、ブルームーン(BLUE MOON)ですよ。日本では2013年6月から発売されているんだって。試飲会でこれを飲んだ人が、「Once in a blue moon!(極めて稀なこと、決してありえないこと)」と言ったことからこの名前がついたそう。バレンシアオレンジのピールを使っているのでほんのり柑橘系の甘さが味わえるとか。
ラウンジにクラフトビール置いているのはあまりない気がする。ソウルのコンラッドでヒューガルデンを見て以来かな。


スパークリングはCARDINAL BRUTという表記を頼りにあとで検索しましたが、同じラベルのものは見つけられなかった。。。
白ワインも赤ワインも、チリの「サンタ バイ サンタ カロリーナ」でした。猫かと思っていたラベルは、プーマだそう。通販価格を見てしまうと「やすっ!」って驚きますが、パーカーポイント90点を獲得するなど過去に数々の高評価を受けたワイナリーなんだそう。


各種カクテルを自分で作ったりもできます。ハードリカー系も揃ってます。


想像していたよりも、おつまみが豊富です。


シャルキュトリーの盛り合わせは豪華ですねえ。私も脂身の少ない生ハムをつまんじゃう。


カボチャの煮物とか、キッシュとか、たこ焼きとか。温かいものも用意してあります。


チップスを添えたワカモレも。オリーブも美味しいです。
グリル野菜をオリーブオイルでマリネしたやつとか、フライドポテトとか。枝豆も出ていましたっけ。


チキンや、海老をベトナム風の揚げ春巻きにしたものとか。


スパークリングで乾杯。
ここのお料理が美味しいのは知ってましたが、ラウンジに出すものもちゃんとメインダイニングで作っているんでは。


ケーキは種類がいくつも出ていて、最後にダンナが食べてました。
私はブドウのゼリーがとても上品で気に入りました。果物も甘くてよいです!


生クリームをとろりとのせたシフォンケーキには残念ながら行き着けなかったけど、ケーキ類もレベルが高いとダンナが言ってました。


壁にはリストが貼ってあり、日替わりでカクテルをオーダーできるそう。もちろんダンナがオーダーしてました。多分Gの中にあるバーで作ってくださるのでしょう。


最後に私は紅茶を1杯お部屋にテイクアウト。
その名も「ベリーセンセーション」ですって。


部屋に戻って、窓からの夜景をしばし楽しみました。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top