2016
11.09

日光(竜頭の滝まで)

Category: ├国内小旅行
霜が太陽で溶かされて、きらきら光る一面の草原を見ながら、まだまだハイキングは続きます。


戦場ヶ原の中を流れる湯川沿いに、ルートを進みます。川面に朝靄がたっていますねえ。


湯川 沿いの「自然探究路」は、その季節の様々な動植物を観察しながら歩くことができます。まるで海外の景色のよう。


「湯川は湯ノ湖から湯滝となって流れ落ち、戦場ヶ原の湿原を緩やかな流れとなって通過した後再び渓流となり、竜頭の滝の下流で地獄川の支流として合流し、中禅寺湖へと流入する」んですって。
川に沿って歩いていると、その変化がよくわかります。


絢爛豪華な錦絵みたい。


竜頭の滝に近いあたりでは、車で観光に来たひとたちも多くて。
天気がいいので暖かそうに見えますが、息は真っ白です。
歩いていても手はかじかみ、つま先の感覚がなくなってましたので、紅葉見頃の戦場ヶ原付近は半端なく冷えます!普段登山をしているなら当たり前かもしれないけど、ホントにびっくりしたわ。


ここが竜頭の滝のてっぺんですね。紅葉の美しさに溜息です。


竜頭の滝はひとでいっぱいでしたが、わたしたちも大陸からの観光客に負けず、自撮りしちゃいました!
急流をなだれ落ちる圧倒的な水量と、紅葉と青空のコントラストは大変迫力でしたわ。


滝の下にある「龍頭之茶屋」(りゅうずのちゃや)さんで休憩。
体中冷え切り、何か温かいものをおなかに入れないと倒れそうです。
大勢のひとでにぎわってましたが、店内は広いので、座る場所はありました。お店の奥のカウンターで注文&お会計するのですが、この場所にはストーブがたかれており、本当に嬉しかったわ。

ふたりでシェアしようとお雑煮を頼みました。お餅は揚げてあって、お出汁がとっても美味しい。


甘いものも補給しましょうと、頼んだのはみたらしだんご。こちらはお茶がついていて、五臓六腑に染み渡りましたです。温かいってこんなに幸せなのねえ♪


6時に小田代原のバス停付近からハイキングに出発し、戦場ヶ原を通って竜頭の滝まで。トイレ休憩と軽食食べて、8時41分発の日光駅行きバスに乗れました。
早朝から動くと1日がいいペースですねえ。自家用車じゃないから渋滞に巻き込まれる心配もないし。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top