2016
11.22

ヒグチユウコさんの展覧会

Category: ■雑談
用があって、仕事帰りに銀座に出ました。
ヴィトンのショーウインドウもすっかりクリスマスバージョンなのだ。


ブルガリのビルも派手やねえ。


てくてく歩いて着いたのは、ポーラ ミュージアム アネックスです。
こちらで大好きな作家さんのヒグチユウコ展覧会「GUSTAVE くん by HIGUCHI YUKO」が開催されていたのです。
私は気がついたのが遅くて、ほんとに滑り込みセーフでした(※2016 年 10 月 7 日(金)から 11 月 20 日(日)まで)。


足はにょろにょろのタコさんだし、おててはヘビだし、君は一体なあに?


この変形チラシにも萌える。。。
なんて可愛いんだろ。


公式HPでは『9月に発売した新作絵本「ギュスターヴくん」(白泉社)の中から厳選した書き下ろし原画を展示するとともに、ぬいぐるみ作家今井昌代と世界観を共有して制作した共同作品もあわせて展示します。絵本のストーリー性を重視した新たなアプローチにより、空間全体でヒグチユウコの世界観を体感できます』と。
もちろん写真撮影は禁止ですけど、壁の穴やらくがきやら。会場中がヒグチワールドで、私はとても幸せだった。
今にも生き生きと歩き出しそうな今井さんのぬいぐるみも最高で。あのキャラがこんなにリアルに立体化されるなんて。

私は本を2冊買いました。


こちらはなんと塗り絵にもなるのです。
私は55~60歳の間に死にはしないけど重い病気にかかるそうなので(by バリ島の占い師さん)、入院生活中に楽しむことにしましょう。


会場で販売されていたこれらの本は、ヒグチさんのサイン入りです。


嬉しいなあ、大事にします♪


細いペンで細かく細かく書いていくその原画といったら。
精密なその仕事、猫の毛並みのもふもふ感とかその表情とか、たまらん。
知らなかったけど、今回は原画の販売もなさっておいでだったの。 応募投票式抽選で、2016年10月8日(土)1日限りの応募だったのですって。
うっわ!いいなあ!
一体原画っておいくらくらいするのかしらん。高倍率だったろうに、買えた方は運がいいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top