--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.20

2017年年会費 ほか

私たちが購入して以来、支払ってきた年会費の推移です。

2009年 540USD(クレカの請求書処分したので日本円はわからず)
2010年 556USD(同上)
2011年 578USD(クレカ請求時は49,238円)
2012年 606USD(合計50,447円)
 ※前倒しでポイントを借りたので、前借り時点では578USD(48,229円)で、その後
  請求された差額が28USD(クレカ請求時は2,218円)  
2013年 625USD(請求時は53,695円)
2014年 655.8SD(クレカ請求書処分したので日本円はわからず)
 ※前倒しでポイントを借りたので、前借り時点では625.4USDで、その後請求された
  差額が30.40USD 
2015年 675USD(請求時は82,886円)
2016年 703USD(請求時は86,861円)
そして2017年 737.78USD(クレカ請求はこれから)

おお、オソロシイ。

2015年のポイントは繰り越したので、来年のポイントを前借りし、ちょうど来年2017の年会費を払うタイミングで、2016年のポイントとあわせて6000アジアパシフィックポイントを30万マリオットリワードに交換しました。交換手数料はまたあがっており、139USDでした。
30万マリオットリワードポイントで何ができるかというと、「ホテル&エアーマイルパッケージ」に交換するのが一番割がよくて、JAL8万5000マイルとマリオットカテゴリ8のホテルに5泊できるのだ。カテゴリ8というと、シドニーやメルボルンのマリオット、香港のルネッサンスハーバービュー、品川のマリオットなんかがそう。
3年後に同様に、2018年分を繰り越し、2020年を前借りし、2019年とあわせてマリオットリワードに交換したら、もうアジアパシフィックからは手を引くかもしれない。私たちの契約では、マリオットリワードへ交換率が50倍なのは2020年までだし、そのころには年会費は軽く800を超え、900USDに手が届いてしまうかも。
仮に3年分の年会費が2500USDとしたら、それだけ払ってJAL8万5000マイルとホテル5泊かあ。ピーク時にアジアにビジネスクラスで夫婦で旅行すると思えば、ようやくもとがとれるくらいの感覚だわ。

売却する以外に、権利を放棄する形での退会なんて手段はあるのだろうか?まだ猶予があるのでこれから少し調べてみなくてはなるまい。
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。