2016
12.27

いつか、行きたいなあ

あるひとのブログで紹介されてから、ずっと見たかった写真集を手にした。
図書館でリクエストしていたのが届いたのだ~♪
「世界の個性派 カフェ&レストラン」というもの。
こんなに小型の本なのに、1800円+税と結構なお値段なんです。


表紙にも採用されているレストランはイタリアのポリニャーノ・ア・マーレというところにある。調べてみると、バーリの近所じゃない。バーリには日本からローマで乗り換え、アルベロベッロに向かう途中に1泊したわ。
店の名前は『グロッタ・パラッツェーゼ』ですって。某旅行サイトを見てみると、評価はイマイチな上、お値段も高いみたいねえ。まあでも夕暮れのこの景色を一度眺めてみたいものだわ。


こちらはモロッコダデス渓谷にある『AGE FOTOSTOCK』です。
アイアン遣いと、薔薇色の建物がとてもきれい。


一番行きたいなあと想ったのはここなんだ。
暮れていく空を見上げながらここで休憩したらどんなに気持ちいいだろう。モスクからアザーンが流れるのを聞いてさ、ワインを飲みながらトルコの美味しいつまみを食べたいものだ。
一体どこかと思ったら、イスタンブールからは遠く離れ、シリアとの国境の街なのね。シャンルウルファ(トルコでは通称ウルファ)と呼ばれているそうだ。今は。。。このご時世だから呑気に遊びに行ける場所ではなさそうだけど。


写真集には溜息をついちゃうような素敵なレストランがいっぱいで、忙しいあなたも、ちょっと妄想トリップできまする。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top