2017
01.05

首里のダブルツリー

Category: ├ホテル
2016年の仕事納めは12月28日でした。
そして、私の仕事納めでもありまして。最後の仕事を片づけ掃除をしたあと、退職記念のお品を頂戴しました。
そのままあわただしくタクシーで浜松町に向かいます。今年のJALの羽田沖縄便はいつもより20分前後出発が早いのだ。
国内線ではあるものの、国際線区間なので、カードでピッと通ることができない。スーツケースは那覇に送ってしまったけど、有人カウンターでチェックインをしました。
サクララウンジは意外とすいています。明日からの方が混雑するのかな?


JALの機内Wi-Fiは15分無料なのだけど、私はいつ挑戦してもさくさく動いたことないのであきらめてる。ダンナは普通に使えているんだけどなあ。しばらくぶりに国内線に乗ったら、今はこんなサービスもあるのね。


自分の端末でビデオプログラムが見放題ですって。
人気のテレビ番組がいろいろ。お子さん用にアニメとかもありました。


那覇への到着は22時30分。預けた荷物がないので、そのままタクシー乗り場へ向かうと、なんと待ち人ゼロ!珍しいこともあるものだ。
タクシーの運転手さんによると、この時間帯に各地から飛んでくる便が軒並み遅れているからだという。最終便のあとのこの乗り場の大混雑を知っているので、本当に奇跡かと思ったわ。

この日の宿は首里にあるダブルツリー。もともと日航グランドキャッスルだったところね。生まれて初めて友達と沖縄に遊びに来た時の宿がここだったなあと懐かしく思い出しました。館内は広々しているけど、いかにも年季が入っている。ヒルトンブランドになったのを契機に、この春から一気にリノベーションを進めるんだそう。
那覇にダブルツリーが2軒あるのを失念していて、スーツケースを送る先を旭橋の方にしてしまったんだよね。出発前に気がつき、急遽宛先を変更してもらったので、本当に荷物が届いているかちょい不安だったのです。
(スーツケースは無事に到着していました)

ダイヤメンバーでもないのになぜか最上階のバーラウンジで1杯いただけるという券を頂戴したので、早速行ってみました。


ウエルカムドリンクはこちらから選べます。


ダンナは生ビール、私はスプモーニを選びまして、旅行初日に乾杯。
仕事終わりに沖縄まで飛んでくると、やっぱそれなりに体にこたえるかも。。。長期の休みに入る前は仕事が忙しいから特にね。


那覇で夜景を見ながら飲むなんて、初めてかも!


アサインされたのは15階。
もともとの予約は「QUEEN GUEST ROOM」でしたが、事前に「TWIN DELUXE ROOM HIGH FLOOR」アップグレードされているのを確認していました。HPCJ割引で税込み1万4515円のところ、1万円クーポンを使って、4515円のみの支払いです。


このホテルには全室ツイン仕様みたい。旅先では時々コワイ部屋もあるので、できればダブルベッドの方がよいんだけど。


無料のお水が2本と、飲み物は粉末珈琲と緑茶のティーバッグでした。紅茶を置いてないのは珍しいなあ。


寝間着は引き出しの中に、ドライヤーと一緒に収納されていました。上下のパジャマタイプでおなかが出ちゃってるうちのダンナでも着られましたわ。


ヒルトン系には珍しく消臭剤なども置いてある。


アイロンと、ぺらぺらながらスリッパもありました。


時代を感じさせる水回りですね。リノベーションでどこまで手を加えるのでしょうか。


バスタブの中で立って、シャワーを使うのはほんとイヤだわ。ご年配の方など足下が危ないでしょうに。私はリゾート地以外のバスタブは不要派。快適なシャワーブースがあった方が使いやすいんじゃないかしらん。


アメニティはヒルトン標準です。


このフロアはメンバー専用らしいですが、資生堂のバスソルトとフェイシャルマスクが置いてありました。


シャワーは翌日にして、バタンキューで就寝。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top