2017
01.31

美ら海水族館、Pain de Kaito

次の日は早朝に宿を出発しまして。
北へ向かう道中日が昇り、ものすごい朝焼けになってました。高速道路を疾走していたので、揺れる車内からぱちり。


恩納村でひとを拾い、着いたところはちゅら海水族館ですわ。開園8時30分を目指してきたのですが、さすがにこの時間だと団体観光客ゼロですわ。駐車場は未だかつてないほどがらっがら。
大水槽をお掃除している様子も見られました。


朝イチで来たのは混雑を避けるためというのもありますが、お目当てがあったから。この大水槽横のカフェの、特別席に一度でいいから座ってみたかったのよ。


入口でかぶりつき席を予約すると、30分座れます。


魚たちを眺めながら優雅にお茶を飲むひとときは最高っす。


この水族館にはもう幾度となく来ているけど、毎回素直に「キレイだ~」と思います。


ここで写真を撮ると、ホントに美しい。眺めている人々のシルエットすら絵になる感じね。


人工海水じゃなかなかこうまで元気に育たないだろう珊瑚たち。まさに竜宮城ですな。


ちっちゃいニモがイソギンチャクに出たり入ったりするのも見ていて飽きない。


これは米粒みたいに小さいクラゲの赤ちゃん。開園と同時に来るとこんなにゆっくり展示物が見られるんだ~と、ちょっとびっくりでした。


水族館を出たあとは、名護のパン・ド・カイトさんに向かいました。沖縄では毎回ご新規のパン屋さんに行くのが楽しみでして。


ハード系のパンが特に美味しいらしいけど。


サンドイッチ類にとても心惹かれちゃう。でもこのあとランチする店を決めているので断念デス。


キッシュ類があまりに美味しそうで、「サーモンとパパイヤのキッシュ 300円」を買いました。食べるまで時間をおいてしまったので、味が落ちていただろな。その場で食べたら絶対にもっと美味しかったはず。


ここから「道の駅許田」がすいていたので寄り道して、北海道のお友達にスターフルーツやアテモヤなどの南国フルーツを買いました。あとで限定オリオンと一緒に送ってあげようと思って。
更に読谷へと下ったのですが、許田インターから名護市内にかけての1本道はぞっとするほどの大渋滞でした。レンタカーナンバーの車の行き先はちゅら海と思うけど、あれはたどり着くまでに一体どれだけかかるんだ?みんなで「ホントーに朝早く出てきてよかったねえ」と話しながら、ランチの店へ急ぎました。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top