2017
02.28

寧夏夜市、西門

実印をさくっとオーダーしたあとは、歩いて寧夏夜市に出かけます。
前は知らずに通りがかってずいぶん賑わってるナアと思ったのですが、あとから調べたら美味しい屋台がたくさん出ていることで有名だというじゃないですか。これは行かねば!そして台湾お初の友人に臭豆腐の洗礼を受けていただこうと。


入口付近にものすっごい行列ができているのは、牡蠣オムレツの名店ですな。ここはGoogleマップに☆つけてきた店の一つですが、こりゃあどれだけ待つかわかないですよ~。滞在時間を優先したいので、ここはスルー。
どんな食べ物があるか、ひととおり見てもらおうと歩いてみました。


この日は夜も半袖でも大丈夫なくらい気温が高かったです。ひんやりデザート愛玉子も食べたい気分。


1965年創業であるらしい牡蠣オムレツの別のお店があったので、ここで食べてみることに。


大きな丸い鉄板一面に牡蠣オムレツを作成中。扇風機がまわっているものの、真夏は大変でしょうねえ。


番号札をもらって、テーブルで待ちます。台湾のいいところだなあといつも思うけど、このオムレツ1皿を2人でシェアOK。「ひとりいくらを最低払う」とか「ひとり1品は頼まないとだめ」とかっていうのは見たことない。


卵と牡蠣に、タピオカの粉を溶いたものをまぜて作り、甘いタレをかけてあつあつを食します。ねばっとした感じが好きだわあ。


もちろんこれだけじゃ足りないので、次の店に行きますわ。
ここも☆をつけていたサワラの唐揚げ&スープの店。ちょうど席があいたので、滑り込みました。


スープの中にビーフンを入れても、麺を入れても、料金は変わりません。私は炭水化物はいらないので、スープだけで注文しました。ほかにも海老や牡蠣の巻き揚げとか、青菜の炒め物とかあった。


衣つきのサワラが柔らかくてほろっとして。スープは薄味ですが、しみじみ美味しいのだ。めっちゃ汗をかきましたが。
沙拉魚(ボラ)の卵巣を調理したものがパック入りで売っており、これはよく売れていましたねえ。


絞りたてのジュースに目がない私はこのあとジュース屋さんに。


どう見ても、白いゴーヤにしかみえない野菜がありまして。これジュースにしたら、どんなお味だろう?


無難にスイカジュースにしました。フレッシュでよいわ。


ここから台北の渋谷的な場所である西門にでかけました。駅前にはすごいドレスで踊り歌うひとが。友人が台湾の「ヒロシ&キーボー」だわ~と言う。


土日だけ駅前の広場で開催している「西門紅樓創意市集」を見にきました。若いひとが自分でデザインしたものを売るフリマみたいなもの。アクセサリーなどはなかなか素敵なものがあったけど、全体的に見るとファンシーなデザインの出品が多いのよね。夜9時までやっているので、ぶらぶら歩くにはよいのですが。


ここ西門は、渋谷というよりも明洞ね。韓国コスメの店があちこちあり、日本のチェーン店も多数進出してました。


さすがに歩き疲れたので、MRTでお宿に引き上げることにしました。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top