2017
04.15

英文の投薬証明書?

オーストラリアの税関職員と、違法なものを持ち込もうとする人々との攻防をレポートしたテレビ番組があって、見るたびおかしくて笑っちゃってた。オセアニアへ旅するのは初めてなので、自分がそこを通る立場になってみて初めてその厳しさを知りました。食料品はお菓子であろうと滞在中に食べようと持ってきた味噌汁などであろうと、すべて申告しなくてはならないって。そのリストの長さたるや驚くべきもの。Airbnbを使うので、ホストさんへのお土産を持って行くけど、申告はそれくらいで済むだろうと思ってました。

が、ある日ダンナに「オレの薬、持ち出しと持ち込み大丈夫かな?」と聞かれました。調べてみると、ニュージーランドもオーストラリアも持ち込むすべての医薬品の申告が必要でした。風邪薬でや頭痛薬などの市販の物でもすべてだそう。医師から処方された薬に関しては特に面倒で、英語の証明書が必要だと書いてあるではありませんか。

ニュージーランドは薬の持ち込みは3ヶ月分までと決められているみたいだけど、海外赴任や留学などで長期に滞在しなくてはならない場合はどうするのだろ。日本でしか許可されていない薬もあるはずだし。


オーストラリアも同じく3ヶ月分までの持ち込み制限。うわ、特に復路でのオーストラリア入国時はニュージーランドで買うだろうお土産(お菓子など)もたくさん持っているし、イミグレでどれだけ時間がかかるやら。。。


主治医の先生は、英語の診断書や処方箋を書いてくれないだろうなあ。日本旅行医学会の認定ドクターならば、海外向けの予防接種を行ったり、高山病の予防薬を処方しているので、英語の証明書も書いてくださるようですが、わざわざ診察に行くのも大変だし費用もかかっちゃう。それなら証明書を自作して、署名だけしてもらおうとテンプレートを探してみました。そうしたら北海道の薬剤師会がネット上にアップしているものを発見。証明書は薬剤師さんでもいいんだわ。
でも薬の成分や英語名などは一体全体どうやって調べたらいいのか、メーカーのHPで調べられるのかしら?と困っていたら、こちらも素晴らしいお役立ちサイトがあるのですなあ。
くすりのしおり」は1万5000種類以上の薬が掲載されていて、形状や成分やどういう症状に用いられるのかなどを調べることができます。感動したのは、これらの英語版(すべてではありませんが)があることで、証明書に必要な文言はコピペすれば簡単に作成できそう。
私の狭心症のために処方されている薬は、ニトロのスプレーとカルシウム拮抗剤ですが、パッケージの写真まで出るので便利。


投薬証明書には、自己使用の目的であること(他人に売ったりする意図のないこと)を記載し、品名、数量、責任のある医師または薬剤師の氏名、住所、連絡法とそのサインが必要。これに日本語ではあるけど処方箋のコピーと、薬のしおりから印刷した英文の説明書を添付して作ってみました。事前に薬局に、英語の証明書を発行してくれるかどうかを確認し、文面をFAXで送っておきました。ダンナが薬を処方してもらっている薬局さんは証明書の手数料も不要でしたわ。


ダンナの薬はちょっとメンドイので、持ち出しに関して厚生労働省に確認の電話を入れました。短期の旅行で持ち出す程度の量であるなら全く問題ないと教えてもらって、こちらもクリア。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top