2017
04.24

むつ湾フェリー

この夏は東北をドライブしながら北海道へ行く計画なのだけど、青森県というのははじからはじまで走るには不向きな複雑な地形。竜飛岬から大間町まで青森市内を経由していくと4時間30分はかかるみたい。Googleマップで車で走る経路を調べてみると、津軽半島から下北半島へはショートカットがあるのですね。むつ湾フェリーさんが2つの半島を船で結んでいるのです。冬の間は運休して、GW前から営業を始めるらしい。


夏に利尻島に行った時は、船便の予約に苦労したので、「予約できるのかな?いつから受付かな?」と思ってHPを見てみますと、すでに運行スケジュールが公表されており、予約も受け付けているわ。乗り場は津軽半島側の蟹田と下北半島側の脇野沢で、お盆時期は蟹田発朝7時50分が始発です。


通常2便、お盆時期は1日3便に増便されます。1時間ののんびり船旅ですね。乗船手続きがあるから早めに来ないとだし、フェリーに積む車代もそこそこいいお値段(ヴィッツクラス7880円/運転手1名の運賃込み)なので、誰もが使う便利な手段という訳ではないですが、同じ道を往復するよりはおもしろいかなって。


確かに徒歩や自転車旅のひとには便利な路線かも。ただし「奥津軽いまべつ駅へアクセス可能」とあるのは、津軽半島側の乗船場所である蟹田港から最寄り駅まで徒歩15分、のち津軽線でことこと行き、更に新幹線駅までもまた歩くみたいなので、荷物が重いとちょっときついかな。


ちなみに予約はその場でおさえるのではなく、リクエストベースでした。回答は翌日には届いていて、事前決済も不要で、予約のみ入れる形式でした。いつも思うけど、自家用車ならともかくレンタカーだと、「車両の長さ」を聞かれた時にとっさには出てきません。予約確定のメールには、乗船手続き時に車検証を持参するように書いてありましたわ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top