2017
06.15

BARABABAO@銀座

これも4月の話。アップルストアでSIMフリーのiPhoneを買いに行ったついでに、ランチしてきました。前にテレビで見たこちらにレストランの玉ねぎパスタを食べたかったのです。平日ですが、ランチ時は結構なひとが入っていまして、少し入口で待つようでした。入ってすぐのところに、カウンターがあって、いろいろな前菜が並んだショーケースが。

席に通されてメニューを見ましたが、ランチということもあり、かなりカジュアルなお値段です。銀座の一等地にも関わらず、パスタセットはサラダと飲物付で1040円(税込)で、しかもパスタの大盛り無料というんですもの。私は「ヴェネチア特別コースという5品2900円(税込)を頼みます。前菜6種の盛合せが最初のお皿ですが、入口にたくさん種類があるのを見ていたので、「肉が入っていないもので」とお願いすると快くOKくださる。そこそこボリュームのある盛り合わせです。


パスタはこんなメニューから好きなモノを選べます。選択肢が多いなあ。もちろん迷わず自家製ビーゴリにしました。
海の幸のスパゲッティ 生トマト入り バジル風味、手長海老のリングイネ トマトソース、魚介のラグーソース 自家製フェットチーネ、.鴨肉のラグーソース 自家製フェットチーネ、本日のラザニア、.自家製ビーゴリ アンチョビと玉葱のソース、.自家製リガトーニ 鶏レバーのペヴェラーダソース、.イタリア直送チーズとトマトのスパゲッティ、生ハムときのこのクリームソーススパゲッティなど。
パスタランチの量がどれくらいかわからないけど、コースのものはほんの一口ですねえ。コースでも大盛り可能なので、そうすればよかったな。玉ねぎの甘さが病みつきになりそう。ビーゴリというのはチューブ型の押出成形で作られるパスタのことなんだそう。


メインはこれらのメニューから1品選択。
鮮魚の香草グリル、帆立貝のパン粉焼き、カジキ鮪のトマト煮込み、牛フィレ肉のグリル、仔羊の香草グリル、牛ホホ肉の赤ワイン煮込み、仔牛レバーのヴェネチア風というラインナップです。ここまではまあまあ無難にきたお料理ですが、メインが運ばれてきた時、私は固まってしまいました。

帆立はたった1個、しかも加熱して縮んだ直径2センチくらいのこれ、それをプチトマトを盛ってごまかしているとしか思えない貧弱さ。メインがこれ???とちょっと呆然とする。


デザートの盛り合わせはこんな感じ。私の苦手なセミフレッドが入ってる。。。ぼそぼそした感じの食感がイマイチ。


食後の飲物は、ドリップコーヒー、エスプレッソ、マッキャート、カプチーノ、紅茶、フレッシュハーブティ(+250円)から。


ヴェネチアで400年以上続くバーカロ(ヴェネツィア風居酒屋)を再現しているそうですが、やはりチケッティ(cichetti)つまみながらワインを飲むような店という位置づけでいいんですかね。コースを頼んだ私の選択ミスか~。道理でみなさんパスタランチ召し上がっている訳だわ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top