2017
06.20

オークランド散歩、Chuffedでコーヒー

久しぶりに大きな街に来た!ブランチがてら市内でごはんを食べようと、ちょっと早めに車でお出かけ。事前に調べておいたので、時間制のパーキング(Victoria Street Car Park)にさくっととめて、街歩きに。パーキングのシステムは日本と同じで、チケットもらい~の、帰ってきた時に1階エレベーター脇の機械で精算し~の、でした。


Sky Towerのすぐ下にきました。お天気がいまいちだったので、上まで登るのはやめました。


高所恐怖症には拷問かと思うようなアトラクションがいろいろあります。シドニーでも恐ろしいものを見ましたが、100万円もらってもイヤです。


さすがバンジー発祥の地(バンジーとはニュージーランド方言でゴムひものこと)だけあり、街中に普通にこんなんありました。ベンチに座って、上空に発射されるヤツです。まあ観光客しか乗らないだろうけど。


古い建物がいろいろある。これは教会かな、石造りが見事でした。


路地裏もうろうろしまして。歩く機会はありませんでしたが、夜は思わぬような場所が賑わっていそう。


ダニーデンもそうだったけど、オークランドも坂が多いです。急勾配を行ったり来たりしているうちに、ダンナは膝が痛くなってしまったわ。この時期だからよいですが、真夏は結構しんどいかも?


歩道はゆったりしていて、ウィンドウショッピングが楽しむにはいいですねえ。


時間帯が合わなかったので素通りしてしまいましたが、ここは「The Occidental Belgian Beer Cafe」という、ムール貝のお料理で有名なお店。ガイドブックにも載ってましたっけ。


歩き疲れたので、ちょっとお茶でもしようと、Googleマップで探すと、近くによさげなお店が。「Chuffed」というカフェです。


お店の奥の方のインテリアがすごく素敵だったけど、使えるのは食事をするひとだけみたい。なのでカウンター横の2人座席をGETです。メニューを見に行ったけど、「ラテ」とか「カプチーノ」とかではなく、「ブラック」と「ホワイト」の区別しかない。ラテがない訳ないし。。。と勇気を出して言ってみたら、「ホワイト」の中の1種類だったようです。


ダンナはカプチーノ、私はラテをそれぞれ頼んで、8.30NZDでした。ここのコーヒーはニュージーランドで飲んだ中で一番だったな。まろやかな中にも香りと風味が生きていて、素晴らしかった。


街のいたるところにカフェやテイクアウトの専門店があり、美味しい上に、お値段も高くない。日本でこじゃれたサードウェーブとかのカフェに行くと1杯500円くらい平気でするもの。うらやましい。


地ビールの広告がおもしろいので1枚パチリ。「くまだぞーーー」ビールとか、「人食い鮫が出たーーー」ビールって、どんなお味なのかな。


ぶらぶら散歩しながら、海沿いのQuay通りまでやってきました。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top