2017
07.04

ニュージーランドとオーストラリアで買ったもの

TWININGS(トワイニング)は英国王室御用達の紅茶として世界中で発売されていますが、その国だけの限定版があります。ニュージーランドではNew Zealand Breakfast(ニュージーランド・ブレックファースト)とNew Zealand Earl Grey(ニュージーランド・アールグレイ)を売ってました。どちらもお土産に差し上げてしまったので、味は不知。
右の缶は自分用に買ってきたもの。オークランドに向かう途中のハミルトンという街のそばにある「Zealong Tea」という農園で買いました。


ダニーデンにあるチョコレート工場のCadbury(キャドバリー)は、お天気のせいで予定変更を余儀なくされ、立ち寄ることができなくなりましたが。。。こちらの工場は2018年に閉鎖が決まったそう。あら見学できる最後のチャンスだったのにね。ここのチョコはニュージーランド国内だけでなく、オーストラリアでも(果ては東京でも見かけてびっくりしました)売ってるのに、残念に思うひとは多いんじゃないかな。お土産用に大量に買いましたが、自分たちは食べてないっていう。


Whittaker’s(ウィッタカーズ)は、1896年創設の老舗菓子メーカーだそう。こちらはダンナの会社へのばらまき土産として購入。個別パッケージなので配りやすい。1袋5.29NZDでしたが、お会計後にレシート見ると0.79NZD引きで4.5NZD(400円弱)になっていました。彼の部署は人数が多いので毎回いつも悩んじゃうわ。4袋買いました。


ニュージーランドで買うべきものと言えば、マヌカハニー。その抗菌力と殺菌力は有名ですね。ニュージーランドでは病院で処方される医療用マヌカハニーというのがあるくらい。日本では結構なお値段ですが、こちらではスーパーでも売っている。とりあえず家族用に2つ買ってみました。次の冬は毎日摂るようにしようっと。
よく耳にする「UMF」というのはマヌカハニーの抗菌活性成分が同じ濃度の消毒薬(!)のフェノールと同じ抗菌作用があることを示しているそう。現地ではUMFだけでなく、MGO、UMF、TA、MGSなどの表示も使われていて何がなんだか。消費者は混乱しないんだろうか、成分表示は統一して欲しいものだわ。そのほかにも「POLLEN COUNT(花粉含有率)」の方が重視すべき数字だと書いているひともいるし。。。左は15.49NZD、右は31.99NZDでした。


無添加・無着色の “オーガニックが売りのCookie Timeは、ニュージーランドから原宿にすでに上陸(2013年12月)してましたが、知らずに買ってきちゃった。パッケージが可愛いので娘にお土産。4.99NZIDでした。


こちらはシドニーで買い足したTWININGSで、Australian Afternoon(オーストラリアンアフタヌーンティー) ですわ。お土産にしましたので飲んでいませんが。2.70AUDです。


一度食べて以来忘れられないタスマニアのレザーウッドハニーを入手したく、シドニー市内でずっと探していたのですが見つけられませんでした。やっぱりナチュラルフードの専門店に行かないと難しいのかな~とあきらめていました。が、しかし空港で見つけまして大喜び。お値段16.95NZDです。


オーストラリアの定番お菓子といったらこれなんですってね。アーノッツ社製造のTimTam(ティムタム)です。現在発売されている種類についてはこちら。Original、Classic Dark、Whiteなどの定番5種類のほかに、限定販売の商品があります。Salted Caramel & VanillaとChoc MintとCoconut & Lycheeの3種類を買ってきました。これらはオーストラリアで人気のGelato Messina(ジェラート メッシーナ)とコラボした商品なんだそうですよ。1個3.65AUDでした。
これは1袋だけ自宅用に死守しました。ついついもう1枚と後を引きますが、ちょっと甘過ぎかなあ。


スーパーで見つけた瞬間にわしづかみにしてしまったのが、これ。Yorkshire Tea(ヨークシャーティー)じゃない。ミルクティにして飲むとおいし~いの。15年くらい前かしら、千趣会で扱ったのを買ったことがあったのよね。また欲しいと思って都内の輸入食品店をずいぶん探したけど、当時はどこにも売ってなくて。今じゃAmazonでさくっと買えるから、感慨深い。ティーバッグ100個入りで5AUDですって。


小分けにして、説明文をつけて、ちまちまラッピングしまして。布教活動(笑)を兼ねてお友達に配りました。


もともと食料品をあれこれ買ってきてしまう傾向はありましたが拍車がかかっているかも。こうしてみると蜂蜜とかチョコとかお茶とか消え物ばっかりですね。最近はお洋服や家具や本なども積極的に処分しているので、せっかく海外だから記念にとか、国内より安いから買っておこうとか、なくなってきたなあ。むしろ現地で美味しいごはんを食べるとか、普段は買わないちょっといいワインを買うとか、国内ではできない体験にお金を使うとか、段々そういう方向にシフトしてきたような気がします。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top