2017
07.01

住民税をnanacoで払う

Category: ■雑談
退職したあとの、何が恐ろしいかっていったら、住民税ですよね。去年の年収から計算された分がしっかり請求されます。今までは勤務先が各市区町村へ納付してくれていたので面倒なことはありませんでしたが、今年からは自分で支払わなくてはいけません。6月末から2ヶ月ごとに4分割して払っても結構な金額、話には聞いて覚悟はしていたけどネ。


ちょうど同時期に固定資産税の請求もきておりまして、こちらはJALカードでさくっと納付してしまいましたが、住民税はそうはいかないし、でも少しは得になるような方法ないかな。。。と思って調べてみました。nanacoと楽天カードを使ってコンビニ支払いする方法が一般的みたい(リクルートカードとかYahoo! JAPANカードを使うのも可能)。
nanacoも楽天カードも、どちらも持っていないワタクシは、ネットでいろいろ検索してまず仕組みからお勉強。まずは楽天カードを入手せねばなるまい。そしてはたと思う、私無職だけどカードは作れるのかな?と。ままよと申し込んでみると、ダンナの収入がある無職女性に関してはほぼ無審査なのか?と思うほど、あっさり発行されました。これじゃあご主人が知らんうちに借金こさえちゃう女性が多い訳だ。。。こうやって安易に借金ができるような仕組みにも問題があるよとつくづく思う。申し込んで手元に届くまで1週間だものね。


nanacoに関しては、8のつく日に無料で発行してくれるというので、近所のヨーカドーへ出かけてみました。1000円の現金チャージが条件でしたが、申し込み用紙に記入してすぐに発行してくれました(nanacoカードじゃなくても、nanacoモバイルを使うという手もありますが、iPhoneには対応していないので、私は使えないのデス)。チャージする前にnanacoにクレジットカードのひも付けをしておかなければならないのですが、これがまた面倒なしばりがありまして、「nanacoカードは入会から10日後でなければクレジットカードの事前登録不可」というではないの。めんどう。。。

実際は10日を待たずしてクレカの登録はできましたが、登録をしたら実際にチャージするまで更に24時間の待機が必要です。24時間が経過した翌日に、クレジットカードチャージをしてみました。1枚のnanacoカードで支払いをするには、数回に分けて手続きをしないといけないみたい。
私の6月末までの支払いは5万8700円だったので
1 スマホからナナコのサイトにログインして、まず2万9000円チャージする
2 同様に2万1000円チャージする
3 セブンイレブンでもヨーカドーでもnanacoの使える機械やレジで残高確認をする
(↓がチャージした5万円が入っている状態)

4 更に9000円チャージする(この時点ではセンター預かりになっている)
5 セブンイレブンのレジに行き、まず5万円を支払う
6 レジで残高確認をしてもらうと、マネー残高は9000円
7 これで残りを支払う
という方法で、無事完了しました。レジのひとが要領をわかっていれば話は早いです。私は最初自宅に一番近いセブンイレブンに行ったのですが、店員さんたちがおばあちゃんだったので別の店に行きましたわ。

楽天はホテルやレンタカー予約など旅行に使うことが多く、クレカを作ったりチャージしたりでポイントがつくので、現金で支払うよりはいいかと思って。私は一度ダンナの扶養に入りましたが、雇用保険の失業給付金の受給が始まると、また扶養を抜けなくてはいけません。ってことは、国保や国民年金の加入しないとならなくなり、こちらの支払いにもnanaco+楽天カードチャージが使えますね。でもこれホントに面倒なんで、普通にJALカードで払いたいわ、もう。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top