2017
07.14

名古屋ぶらぶら

Category: ├国内小旅行
お寺に行くのは午後からだったので、一度も歩いたことのないホテルの周りを探索してみることにしました。


若い頃名古屋に暮らしていたダンナも、このあたりは全く来たことがないそうだ。これは「円頓寺(えんどうじ)商店街」。信長が清洲から名古屋に移ってきた時に共についてきた商人の町だそうで、下町の雰囲気がありますね。


ひっそりと小さな金比羅神社がありました。


商店街は日曜日の朝とあって、まだ静かでひともまばらです。


今風なゲストハウスなんかもあったし、夜にはしごしたら楽しそうっていう小さな店がたくさん。まあ、でも名古屋に滞在する時は100%山猫軒に行くので、残念ながらその機会はなさそう。。。


まだつぼみの紫陽花の下には猫が昼寝。そこはきっと涼しい風が通るんだろうね。


お昼をどこで食べようか、まったく決めていなかったのですが、一休のレストラン検索で探したらよさそうなのでタクシーに乗って来てみました。「一穀一枝(いちごいちえ)」さんです。コンビニに寄るためタクシーを半端な場所で降りてしまったので、お店までちょっと歩くはめになり。予約時間ぎりぎりだったので焦って入口を見逃しましたが、反対側から来ればこんなにわかりやすかったのね。


一休から予約したのは「【お試しランチ】前菜・メイン・デザートなど食材にこだわった和の食材を使用したフレンチ」で2700円の税サ込みのコース。前菜として高知の天然平政が出ました。殺菌した牛乳に酸味をくわえて作ったリコッタチーズやマンゴーペーストを添え、平政の骨を乾燥させて作る塩で味付けしてあるそう。外は暑かったので、ひんやりしたこういう前菜がとても嬉しい。


続いてスープ。この日はビシソワーズでしたが、今まで飲んだどんなビシソワーズとも違う。名古屋コーチンのコンソメとじゃがいもでできているこのもったりしたスープは、クリーミーで甘く、ひたすら濃厚。グラタンをイメージして作ったとのこと。塩分は上にかかっているチーズと自家製パンチェッタ(私のには入っていません)だけだというから驚き。この辺でここのシェフすごいひとかも。。。と思い始める。一休に乗せてるのが不思議な感じ。


メインはお肉かお魚から1つ選べます。お魚は明石の天然真鯛。HPに「魚介類は主に北海道・北陸・九州よりその時期一番状態がいい天然ものを取り寄せています」と書かれていましたが、嬉しいことです。鯛には白子で作ったソースが添えてあります。全体的に味付けは素材の持つ味を生かして最小限、バターやクリームを多用したお料理ではないので、くどくもない。「肉類は世界各国、主にヨーロッパより取り寄せています。日本国内には無い珍しい肉料理もご用意しています」とのことなので、こちらのシェフは肉料理の方が得意っぽい。追加料金がかかるものもありますがランチは「静岡 満州豚」「京都 丹後黒地鶏(+1200円)」「大分牛 そともも(+2800円)」「フランス シストロン産仔羊(+4800円)」の4品から選べました。


お米と牛乳を炊いたものに、キャラメリゼしたアーモンドにサマートリュフをたっぷり乗っけて。果物やチョコレートのソースと一緒にぺろりと食べてしまう。もともと軽いコースではありますが、重くないので食後ももたれないわ。


食事と一緒に出されたパンは自家製で、開店前に焼き上げているとか。これだけを買いに来られるお客さんがおられるとか。バゲットだと置いているうちに固くなってしまうので、そうでないパンを提供したい、なおかつバターをつけなくても美味しく食べられるよう考えて作ったものだそう。どのお料理も繊細さと驚きがあって楽しませていただきました。法事の前だったのでワインを飲めなかったが残念。ここはまた名古屋に来る時は再訪しよう。


お寺まではタクシーで向かうのですが、来た道々に興味をそそるような建物が多くありまして。もともとここら辺は武家屋敷街で、戦争の時にも焼けなかったので古い建物が残っているのだそう。まだ少し時間があったので、ここを見学していくことに。


この洋館を建てた陶磁器商井元為三郎さん。ご商売がうまくいっていたんでしょう、ロサンゼルスに行かれた時にダチョウに乗ってみた的な写真が展示してありました。昭和3年に、48歳で、ですよ。為三郎さんてば、お茶目。


ダンスホールやしぶいステンドグラス、当時のままのタイルなど、みどころがたくさんあります。


明治時代から戦前にかけて欧米に大量に輸出された陶器は、今見てもとても美しくて素晴らしいクオリティ。以前ジョグジャカルタに行った時にオールドノリタケをたくさん見かけたっけな。重くてかさばるし割ってもいやだから買わなかったけど、今は値上がりしているんだろうなあ。


貴重なものを手に取らせていただきましたが、とても薄くて軽い。陽に透かすと、芸者さんの顔が浮かび上がります。これは外国人向けのお土産として作られていたティーカップだそう。


お台所にあった釜は、なんと当時の一般家庭としては画期的だったろうガス釜。


敷地内にある蔵や茶室、本館の和室やこのお庭も貸し出ししているそうで、この日も焼き物の個展として開放されていました。もともと食堂のあった場所は無料で入れる喫茶室になっているので、雰囲気を味わいたいひとは訪問してみてもいいかも。


これだけの建物が燃えてしまわなくて本当によかった。なんでもつい目の前の公園までは火が来ていたというから。ここは割と最近までご子孫の方が住んでおられたのですが、あまりに広すぎるからと名古屋市に寄贈なさったそう。当時使われていたガラスや建具は味わいがあって、見ているだけでもほっとします。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top