2017
07.26

鎌倉ぷち散歩

Category: ├国内小旅行
鵠沼海岸駅から小田急江ノ島線に乗り、藤沢まで戻りました。ここで乗り換えれば東京駅まで1本なのですが、ふと寄り道したくなっちゃって。せっかくここまで来たし鎌倉でランチしていこうかってことになりました。
始発駅ですが、列ができていて座れなかったわ。ことこと江ノ電で海を眺めたり、住宅街を抜けたり。


途中から鬼のようにひとが乗車してきて、車内は朝の通勤ラッシュかと思うほど。鎌倉駅ではこの有様ですよ。


駅の構内では入場制限をかけてました。なぜかっていったら、今の時期は紫陽花目当ての観光客が多いからだわ。長谷寺、北鎌倉の明月院、極楽寺の成就院なんかはえらいことになっているに違いない。私が以前長谷寺に立ち寄った時は入場まで3時間待ちって言ってたものなあ。


紅葉でも、桜でもない、静かな時期の鎌倉に来てみたい。江ノ電の乗り放題の切符であちこち散策するのもよいし、前々から狙っているレストランもあるから。


Googleマップで探したこの店でランチしていくことにしました。有名店はどこも長蛇の列でしたが、ここは10分くらい並んですぐ入れて。


居食家 灯り(あかり)さんのランチは、土曜日13時過ぎのこの時間帯だとすでに売り切れてしまったメニューもありました。「アジの梅しそフライとオニオンフライの定食 ¥1100」とか「豆腐ハンバーグとしょうがご飯定食 ¥1050」とか「限定 熊本馬刺しと揚げ物の定食 ¥1700」とか「国産やわらか若鶏)のから揚げ2ピース定食 ¥950」とか、どれも美味しそう。
私は「限定 オホーツク産 生ホタテ丼と揚げ物定食 ¥1200」にしました。


ホタテがこんなにぎっしり入ってるのが嬉しい。いささかこぶりで甘みがいまひとつですが、このお値段でそれを言うのは贅沢ですな。


ダンナが頼んだのは、「マグロのユッケ丼と揚げ物定食 ¥1100」です。いままで食べたどのユッケよりも甘い味付け。最初は美味しいと思うんだけど、次第にくどく感じるようになってしまう。若いひとにはいいのかなあ。。。ここの店のイチオシは揚げ物だと思った。玉ねぎと茄子のフライはどちらもかりかりで、中はジューシー。茄子なんてとろけるようでしばらく熱くて食べられないの。


一度藤の季節に来てみたいものよのお~と思ってたスタバは鎌倉駅からすぐ近く。この鎌倉御成町店はまさに鎌倉の一等地。「フクちゃん」の作者の漫画家横山隆一さんの邸宅跡地に建てられたものだそう。横山さんが生前愛した桜の木、藤棚、プールなどをそのまま残してあるのですって。ここは始発で来ないとテラス席には座れないかな~。


紫陽花の咲く小道を脇に入り。


住宅街の中にあるのは「Latteria BeBe Kamakura(ラッテリア ベベ カマクラ)」さん。ランチはピザやパスタを出しているみたいで、待っているひとの数がすごい。。。私たちはチーズを買いに立ち寄っただけですが、食事しようと思って来たらびっくりしただろうなあ。


せっかくクーラーボックス持参だったので、冷蔵品も買っちゃおう!ということで。地引き網の網元さんが海岸の方のお店で売っていたしらすと鰺の酢締めを買いました。その晩はおうちで思いっきり贅沢なしらすご飯を満喫。スーパーで買うのとはまったく味が違うからなあ。


鎌倉駅の隣にある東急で、北海道フェアをやってまして。一正蒲鉾の「小樽てんぷら」という練り物を買いました。限定枝豆入り。


「ラッテリア ベベ カマクラ」さんで買ったブッラータは1つが150グラムで950円くらいだったかな。私、ブッラータが大好物だけど、これはお豆腐と一緒で鮮度が命。。。絶品なブッラータを食べる機会はそうそうないのですよね(札幌ではこんなの食べました)。店内の工房で毎朝手作りしているこちらの店なら、できたてのフレッシュなものが食べられます!ナイフを入れると生クリームがあふれ出す瑞々しさに感動。オリーブオイルと軽く塩胡椒するだけで、素晴らしく美味しい。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top