2017
08.02

藁焼きみかん@博多

仕事を終えたダンナが合流したのは21時30分をまわった頃。すごい湿気でふうふう言いながら登場。一息入れたらその足で飲みに行きます。こちらは22時からでも入店可能だそうなので助かるわ。人気店のようでこの時間でもほぼ満卓、まあ金曜日ですからね。予約は1ヶ月前から受け付けておいでで、もちろん私も予約しておきました。


これは帰る頃の写真。店内があまりに満席だったので、ひとが引けてから1枚撮らせていただきました。木調で統一された小綺麗な雰囲気なのでやはり女性客多いわあ。


この日のメニューはこんな感じ。日本酒も多くありまする。


お通しは2皿別々なものをくださいました。こういうのって気が利いてる。仕事のあと飛行機で飛んできたダンナは、空港のラウンジで軽くおかきをつまんだくらいで、おなかぺこぺこ。


藁焼きのファイヤーがあがり、多分うちのオーダーだねと話しながらわくわく。


まずは刺し盛り!上品な量ですが、これがどれも大変美味しい。さすが博多の魚だねえ~と満喫。藁焼きのかつお、生本マグロ、寝かした白身などなど。ちょっと炙ってあるヤツの香ばしいこと、皮の旨味がたまらん。、


居酒屋のメニューにあると、ついつい頼んでしまう出汁巻(600円)。ここのは箸で持っただけでおつゆがしたたりそうなくらい。そしてふっくらと柔らかく、味付けも好みだわ。調合もあるだろうけど、このプロの火加減はまねできないなあ。


お店名物だという「鴨もものほうば焼」(1400円)をダンナは注文。この味噌がまた美味しくて、鴨を食べ終わったあとでもこれだけで日本酒が進みそう。


日本酒のあてに、「モッツァレアチーズづけ」(600円)も頼みました。ここんちの食べ物はどれも美味しいなあ。


ダンナは日本酒を3合ほど。珍しくお燗にしたのももらってました。お会計は10400円、安くはないけど、どれも納得のお味です。お店の方も親切で明るく、気持ちよく飲めましたわ。


ホテルに帰る道すがら、「博多の屋台」を見ました。ダンナは出張で何度もこの地に来ているけど、私はお初。韓国にもこういうのあるなあ、たくさんあるからはしごが楽しそうだなあと思いつつ、今回は試さず。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top