2017
08.08

隆盛@博多

大ファンのブロガーさんが福岡に来る時に、たまにおいでになっている「さつま珍味隆盛」。福岡に行くことになった時、まっさきにブックマークした店のひとつでした。予約時間の少し前にお店に到着したのですが、直前まで店内で料理教室をなさっていたようでした。


壁にはいろいろメニューが書いてあるけど、おまかせでいただけるというのでもちろんそうしちゃいます。まずはめひかり南蛮漬けとめかぶ・アオサの小皿。


有明のまじゃく(アナジャコ)、茶豆 イカに生麩を詰めたものが豪華に並びます。


ここらでダンナは和歌山の純米酒黒牛、私は芋焼酎(白玉の露などをお店オリジナルでブレンド)に切り替えました。
刺し身は5種類盛りでして。600グラムくらいの鯖を軽く〆たものが絶品で。それにシマアジの昆布〆、鱧の湯引きに梅肉乗せたもの、そして2種類並んだ鯨のベーコンは全く味が違うの、片方はご主人のお手製だそう。


私たち、つみたての生の海苔というのを初めて口にしました。なんて鮮烈な潮の香りだろう!とても美味しいけど、痛みも早いだろうなあ、流通ルートには決して乗らない貴重な海の幸でした。そのあとは甲羅に山盛りの香箱蟹と、蟹の甲羅酒も頂きました。


こちらのお店は和食かと思いきや、ご夫婦でヨーロッパにお出かけになっては食材を仕入れてきたりなさるらしい。突然に洋風のこんなお料理も混ざるのが嬉しいわ。焼酎や日本酒だけでなく、ワインも置いてあるのですって。アスパラと枝豆のスープは素材の味がする優しいスープ。


女将さんお手製の昆布の佃煮は絶品で。 昆布が柔らかい~、濃すぎない、いい味付け。思わず持ち帰りさせてもらいました。こちらも初めて食べる真シャコの塩辛と、塩辛酒也。


イスタンブールでサバサンドを召し上がったおふたりが、「美味しくない!」と考えたお店のサバサンド。これを食べるためにまた飛行機に乗りたいくらいだ。隠し味に使っているペーストが抜群の効果を生み、さっくりしたトーストと燻製したサバの組み合わせがたまらない。


オーダーした私たちのために、土鍋でごはんを炊いてくださった。高菜のおにぎりの美味しいこと。思わずもう1個追加で頼んでしまったくらい。シンプルなのになんでこんなに美味しいんだろ。夢中で食べ、言葉が出ないです。


お店に来たひとはみな召し上がっていくという貝汁。選りすぐった大きなあさりがたっぷり入っていて、しみじみ堪能しました。


さすがあの方が通ってらっしゃるお店だけある。。。彼のブログを見てこちらに来る方も多いそうだ。お会計は持ち帰りの昆布佃煮も含めて2万3500円でした。お話好きな女将さんと、寡黙だけど優しいご主人にほっこり。初めて伺ったにも関わらず、とても居心地がよいお店でした。「次はこちらから予約してね」って、ご主人の携帯番号を書いたお名刺を頂戴しました。またぜひ寄らせてくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top